プロが教えるわが家の防犯対策術!

先週放送された「氷点」の後半(日曜日放送分)を見逃してしまいました。
他の方の質問の中で、実は陽子は殺人犯の子供ではなかったようなのですが、結局最後はどのように終わるのかがわかりません。
ドラマを見た方、ぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ドラマと原作が違うので回答します。


自分は殺人者の娘だと思ったまま、自殺をはかります。
しかし助かり、実は、加来ちかこ(役名忘れました。)の子だと知ります。しかし、不倫によって産まれた子だったことから、どのみち、自分は背信の中で生まれたと、自分を責めます。それからは、飯島直子ともうまくいきますが、人間不信もあり、また、自殺間際、最後に会いたかったのは、お兄さんであることから、彼氏には別れを告げます。そこに、札幌で地震が起き、彼氏は足を失います。それを見て、どう感じたのか、自分が支えなければいけないと感じたのか、陽子は、兄貴に別れを告げ、元カレに戻ります。
その話と同時進行的に、実の弟(かくちかこの子供)と、同じ大学に入学したことから、最終的にかくちかこに会います。しかし、一生許せないと言い、決別しました。
しかし、その後、自分が殺人者の子だとの罪を背負い、自分のせいで、たくさんの人を苦しめていたことが、少し前まであり、許してくださいと、あんなにも願ったことがある、それはかくちかこも同じだったのではないかという気持ちから、かくちかこを許すのですが、結局、会いに行く機会も失い、おばあちゃんになってしまいます。(平成18年)
その年、かくちかこは、亡くなり、旦那さん経由で、へその緒と、自分の本当の名を知り、また凹むという話です。
ざっと、こんなんですが、陽子ではない、実のさいしの子が出てきたり、ほんじょうまなみが生きていたりと、脇役の絡みも実際あります。
詳しくは、再放送でもあったとき、見てください。
ひらがなばかりですいません。(変に漢字間違うよりいいかなと)
期待してたより、氷点は面白かったです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

tsukkyさんは実際に放送を見られたのですね。見逃した私でもだいたいの話が掴めました。後半も盛りだくさんの内容だったのですねー。再放送に期待したいです。
わかりやすく説明してくれてありがとうございました。

お礼日時:2006/12/01 13:52

日曜日放送分は、原作の「続・氷点」にあたります。


ドラマのラストは「現在の陽子(60歳くらい)」が出てくるオリジナルなものでしたが、わたしは原作のラストのほうが好きです。ちょっとドラマのラストだと救いがなくて・・・

原作は、朝日新聞社と角川書店から文庫本が出ています。「氷点」「続・氷点」それぞれ上下巻なので、全部で4冊になります。読み応えのある作品だと思いますので、ぜひ一読を。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

今回の放送は続編になるんですか~。結構ドロドロとしたドラマが好きなので、初めて見ましたがおもしろいと思いました。読書は苦手なので、他の回答者さんから教えてもらったDVDを探してみたいと思っています。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/01 13:39

No. 1 のものですが、補足です。



「氷点」では No. 2 の方の回答のように、陽子は殺人犯の娘ではないけれど罪深さを感じて自殺を図り、未遂で助かります。遺書で、兄徹が自分の愛する人だったと書きます。

私の書いたのは「続氷点」です。陽子と徹は愛し合い、結婚を決意します(戸籍上は兄妹なので正式の結婚はできませんが)。

No. 1 で書いた「実の弟」は、もちろん殺人犯の子ではありません。陽子は不倫の子で、陽子の父の知人の医師が赤ん坊のときに引き取って殺人犯の子だといって陽子の父に渡します。「実の弟」は陽子の実の母の実子(ああ、ややこしい)です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ドラマと原作では少し違うのですね。結局は、徹のことが好きだったのかー。本当にややこしい話ですが、おもしろかったので原作も見てみたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/01 13:45

 こんにちは。

はじめまして。
 三浦 綾子氏の作品の中では、「氷点」に一番関心があるので、テレ朝様のドラマは見ていないのですが、ビデオは買って観ました。
 40年前の1966年前のもので古いものですが、事実、陽子は犯人の子供では無いのですが、勘違いをして、ルリ子が殺された河原で自殺を図るのですが、命をとり止め、回復をしていくところで終りました……。
 三浦氏の作品は、自分には信仰(キリスト教)色の強い作品で難易度が高くて理解が出来ないので読みませんでしたが、原作を読まれるのもいいと思いますよ(´∀`*)
 わたくしが観た映画「氷点(1966年)のDVDのURLだけ参考URLに貼り付けさせていただきますねo(*^▽^*)o~☆

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD21883/index …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「氷点」という作品があることは知っていたのですが、今回の放送を初めて見てこういう話なんだなということを知りました。読書は苦手ですが、DVDならいいですね。ビデオ屋さんで探してみたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/01 13:32

ドラマは見ていないのですが、原作ではこうなってます。

ドラマのネタばらしにはなりませんが、原作のネタばらしになってますね。記憶違いがあったらごめんなさい。

陽子は実の弟の存在を知り会いたくなって、こっそり実母の生活を覗きに行きます。弟がそれに気付いて争いになります。

真の殺人犯の娘は別にいるのですが、その娘が兄徹(という名だったかな)を好きになります。その娘も陽子のかっての恋人も、陽子と徹が愛し合う心を知って身を引きます。

しかし、実の弟が誤解によって陽子のかっての恋人に襲い掛かり、不具にさせます。陽子は徹を諦め、一生恋人の世話をする覚悟を決めます。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Q(今更ですが)ピーチガール最終回が・・・

普段あまりマンガを読まない私ですが、ピーチガールはすごく好きで単行本をずっと読んでいました。
ついに最終回を迎えて終わってしまいましたが、私は納得いきません。
私はカイリよりとーじが断然好きだったので、ももちゃんがカイリを選んだのがすごく腹が立つんです。
カイリは本命がいるのにモモちゃんと付き合って「やっぱりももちゃん」と言いながらも本命の操ちゃんを気にしてるようだし、
とーじは1巻からずっとももちゃんのことだけを見てきて1番ももちゃんのことわかってくれているし、
ももちゃんはとーじと一緒になる方が絶対に幸せだと思います。
皆さんは結末に納得されているんでしょうか?
怒っているのは私だけなのかなぁ?

Aベストアンサー

こんばんは。
私もピーチファンですが、完全に納得しているかというと…そうでもありません。
とーじとくっつくのかなぁ?と思っていましたし。とーじが優しすぎて捨てられるなんて信じられません。
でもまぁ、カイリもいつも岡安兄に彼女を取られてしまったというかわいそうな過去があるし、兄の誘惑に唯一乗らなかったももチャンまでとーじのモノになってしまうのは可哀想かな~。とか思いつつ無理矢理納得しました。

とーじはずっと自分を犠牲にしてまでももチャンを守ってきたけど、カイリも、ももちゃんが辛かった時サエから守ったりリベンジに協力したりしていたので、まぁ…なんとか…許す!!ってかんじに考えています。

とーじってこのマンガで一番可哀想ですよね。両思いになれば、サエに邪魔され、つき合わされ、解放された途端にふられ…。そう思うと納得でき無い…カナ。

というわけで、50%50%かなぁ。長々と分かりにくくて、すみません。しかも結果出ず。

Q残酷な神が支配する(※ネタバレ注意)

萩尾望都の最新作、残酷な神が支配するを全巻読み終えたのですが、疑問点が一つあります。
<以下ネタバレ>

ジェルミはサンドラの日記を読んで、サンドラは自分とグレッグの関係を知っていながら助けてくれなかったと言っていますが、これはつまりサンドラはグレッグがジェルミに対して性的虐待をしていた事実を知っていたという事が前提ですよね。
ということは彼女はジェルミが虐待されているところを実際に見たわけでもないのに、ビビからの手紙だけで「息子が虐待されている」と考えたのでしょうか?それとも、作者が敢えて明確に描かなかっただけであり、本当は虐待を目撃したのでしょうか(まぁそれはないと思いますが…)。

私が読んだ限りでは、サンドラが知っていたのは「ジェルミが虐待されていた」ということではなく、「ジェルミが自分の夫とセックスしていた」ということのように感じられました。
もし後者なのであれば、ジェルミの言う「助けてくれなかった」とは、どのように解釈すればよいのでしょう…。

長くなりましたが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、サンドラは、ジェルミとグレッグの関係について疑惑を抱いていたし、二人に性的な関係があることも気づいていたものの、ジェルミが性的虐待を受けている所を、実際に見聞きした訳ではないと思います。そんな所を目撃したら、サンドラの性格からして、平然と生活できるとは思えないからです。

ただ、二人の関係がどこまで深いものなのかや、ジェルミがあんなに惨い目にあわされているとまでは、サンドラは知らなかった。二人の関係を確かめるのをためらっている節や、認めたくないような節もあります。そして、疑惑を確かめようとした所で事故に遭ったのではないかと思っています。

しかし、ジェルミにとっては、母が感づいていたのに確かめようともせず放置していたことは、母が傍観していたに等しい。
普通の親なら、「虐待」か「同意」かに関係なく、夫がわが子とセックスしていたら、やめさせようとするのが当然とるべき反応じゃないでしょうか。
なのに、サンドラは気づいていながら、グレッグを失うことばかりに気をとられ、確かめることを躊躇している間に、ジェルミを追い詰めてしまった。

手元に『残酷な…』がないので、日時的な裏づけがとれませんが、少なくとも、サンドラが日記に不安な思いを記した頃に、すぐ何らかの行動(=「助け」)を起こしていれば、ジェルミはその後エスカレートする一方のグレッグの虐待を受けることだけは免れたし、殺意を抱くまでには到らず、結果的にサンドラも巻き添えになって死ななくて済んだのではないでしょうか。
私は、サンドラが気づいた時に何もしなかった弱さが、この漫画における人々の運命を決めたと思います。
ジェルミが日記を発見する件の辺りで、
『何もしない善人は“悪人”である』
そんな言葉を思い出しました。

例としてですが、年中電車で見かけるチカンのおじさんがいて、もう目がイッちゃってて、騒ぐと刺されそうな感じなんです。
で、怖くて逃げたくても隅に追い詰められてて逃げられない時、隣にいる母親がそれに気づいていながら、助けてくれるどころか、危ないオヤジだから巻き添えになりたくないわと見て見ぬふりをしたとしたら、赤の他人にされるよりよっぽどショックですよね。
(注・うちの母がそんなことをしたわけではないですよ。あくまでも例としての話ですが)

嫌な話ですが、経済的理由や配偶者の暴力を恐れて、我が子への虐待(性的虐待を含む)を傍観している親は、皆無ではないのです。

ジェルミにしてみれば、実母がそ知らぬふりをしていたに等しいわけで、ショックだし、それまで自分が精神的に脆い母を身を呈して守ってきたという思いがあるだけに、深い葛藤が生じたと思います。

ジェルミの
「助けてくれなかった」
というセリフは、性的虐待を指すだけでなく、どんどん追い詰められ、精神の均衡を失って転がり落ちていく自分を、ただ一人、自分を救う鍵を握っていた人間(この時点ではお気楽なイアンは三人の関係に気づいていないので)が
「助けてくれなかった」
という思いから出たのではないかと思います。

私は、サンドラは、ジェルミとグレッグの関係について疑惑を抱いていたし、二人に性的な関係があることも気づいていたものの、ジェルミが性的虐待を受けている所を、実際に見聞きした訳ではないと思います。そんな所を目撃したら、サンドラの性格からして、平然と生活できるとは思えないからです。

ただ、二人の関係がどこまで深いものなのかや、ジェルミがあんなに惨い目にあわされているとまでは、サンドラは知らなかった。二人の関係を確かめるのをためらっている節や、認めたくないような節もあります。そ...続きを読む

Qドラマ・氷点のあらすじを・・・

こんにちは!
毎年のように氷点のドラマをやっていますが、これって小説か何かなんでしょうか?
こんなに頻繁にやってるって事は、有名もしくは、いいドラマなんだろうと
今回初めて見ていたのですが、実家に居たのでところどころ見ていないため、
話がちょっと切れてしまい、「???」と思うところがあります。
おおまかでいいので、どなた内容を教えて頂けませんか?
一番に気になるのは「ようこ」は誰の子供だったのですか?三井ってどういう関係?
昨夜だと、父(仲村トオル)も犯人の子供だと思っていたんじゃないでしょうか?
すみません、きっといいところを見てないんでしょうねぇ。
父がうるさくって・・・こんなドラマのどこがいいんだ!お茶を・・・とか、
チャンネルをかえたり、姉妹VS父みたいになっていました。ほんとにうるさいです。
と、すみません、どうぞ宜しくお願いします。
あと、何がいいたかったドラマなのかも知りたいです。

Aベストアンサー

三浦綾子さんの小説「氷点」と「続氷点」をドラマ化したものです。

長い小説なのであらすじを…というのは難しいですけど、
辻口(仲村トオル)と夏枝(飯島直子)の娘ルリ子が殺され、そのときに飯島直子が不倫っぽい行動に出ていたことを恨んだ辻口が夏枝に復讐するためわざと高木(陣内孝則)の乳児院からルリ子を殺した犯人の子供・陽子をもらいうける(夏枝には内緒で)ということから始まります。

最初は夏枝は殺人者の娘と知らず、陽子を育てるのですが、そのうち夫の日記を読んで知ってしまい、それから娘を恨み続け、いじめ…そのうち陽子自身も自分の出生の秘密を知って自殺を図ります。陽子の意識が回復しないうちに高木が来て「実は犯人の子ではない」と告げます。
殺人者の子じゃなかったけど、実は三井という家の夫人の不義の子だったと知って陽子はまた苦しむ…

という、ずーっと何かに苦しんでいるような小説です。
テーマは人間の「原罪」だそうです。

私は前にこの小説を読んで、そのときはとても興味深くすらすらと読んだのですが、最近読み返してみたら苦しくて読み続けられませんでした。
なので、あらすじ、途中からちょっと怪しいかも…ご興味があれば、文庫でもいろいろ出てますので…
http://asianblue.info/christ/hyouten.htm

三浦綾子さんの小説「氷点」と「続氷点」をドラマ化したものです。

長い小説なのであらすじを…というのは難しいですけど、
辻口(仲村トオル)と夏枝(飯島直子)の娘ルリ子が殺され、そのときに飯島直子が不倫っぽい行動に出ていたことを恨んだ辻口が夏枝に復讐するためわざと高木(陣内孝則)の乳児院からルリ子を殺した犯人の子供・陽子をもらいうける(夏枝には内緒で)ということから始まります。

最初は夏枝は殺人者の娘と知らず、陽子を育てるのですが、そのうち夫の日記を読んで知ってしまい、それ...続きを読む

Qチャールズがカミラさんにこれほど惚れたのは何故?

イギリス王室の世紀の結婚式を拝見してました。
もし、ダイアナさんが生きてらしたら何処の席で息子さんの結婚式を
ご覧になってたんでしょうか?
いつも疑問に思ってたのは何故美しいダイアナさんよりあの下品なカミラ
さんと長い間不倫を続け、愛を注いだのでしょうか?
男女間のミステリーを感じます。
不誠実な夫に耐えかねた妻の最後はあまりにも悲劇的、それなのに
カミラはちゃっかりとイギリス王室の一員となってしまった。
カミラの前の夫が彼女は凄い床上手だと発言したのを記事で読んだ
事があります。
"君のタンポンになりたい”という信じられない言葉を盗聴されてしまった
チャールズ。
そこまでカミラを愛し続けたのは何故?相性?同じ趣味?価値観?
真面目に答えて欲しいです。

Aベストアンサー

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠れする方みたいですが、伝統を破るほどの革新的な王子ではないそうです。

ダイアナは正直、自分の言いたい事を言う、好きな時に好きなことを楽しみといった自由人で強く、暖かい人情のある方だったそうです。
しかし一般的な母性はあるとしても極端に甘えさせてくれるなどの懐の深さはなかったようです。

チャールズの母であるエリザベスは王女だった為にチャールズに対して母として接する機会があまりなく愛情不足だったと思われます。
チャールズは気難しく理屈っぽい。正直さ、率直な振る舞いが特徴です。
伝統や格式を担う公人としては適役と思われます。

そして問題なのが、公人としてダイアナを妃にした事としかしダイアナは公人としてでは無く私人として愛して欲しかった事です。
ダイアナは彼を変えられると幻想を抱いてたのかもしれません。
ダイアナは言いたい事を言う性格ですので、キレて文句を言う日々が続いたのかもしれません。
しかし、チャールズはグッと考え込んで大事な事だけ発言するタイプです。
ですから元々の性格は真逆だったと思われます。
その為チャールズはダイアナに寄りつかなくなったのかもしれません。

もちろんダイアナは理屈を理解しようと努力をした事は伺えるのですが・・・理解は出来ても許容する事が出来なかったと思われます。

そしてカミラの場合は難しい理屈などは置いておきたい人のようです。
カミラにとって重要な事は自分を求め愛してくれる人がいること。
ドロドロとした三角関係にあってもチャールズの事を理解しそして許容する事が出来る方のようです。

気難しい彼に対してデリケートな部分を刺激したりしない、とても尊重してくれる方だと言われてます。
そして最大の彼女の魅力は強い母性愛です。
愛する男性を子の様に慈しみ、命を捧げて生涯を守るほどの古典的な母たる姿勢を崩さなかった事と周りから何を言われても誇り高く、強い女性であった為にチャールズにとっては不可欠な女性だったのだと思います。

長くなりましたが、カミラとダイアナでは性格が真逆であることは一番の原因だったのではないでしょうか?
ただ、誰が悪いとかでは無いと思います。

私も最初は否定派でしたが、現在はお二人の関係を暖かく見守って差し上げたい様な心情です。

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q芯が残ったまま炊けてしまったご飯どうしましょう

水が少なすぎたのか・・・ご飯に芯が残ったまま炊けてしまいました(T▽T)
たくさん炊いたので捨てるのはもったいないので、なんとか美味しく頂きたいのですが、いい方法はあるでしょうか?
ひじきご飯を失敗してしまったのでショックですっ゜(゜´Д`゜)゜

こうしたら、普通に炊いたご飯みたいになるよ・・・なんてことはないでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

驚かれるかもしれませんが、あとこれ位お水があれば良かったなと言う水の量を、炊飯器のご飯の上から全体にまんべんなく追加します。

その後、もう一度炊飯ボタンを押してみてください。

二度炊きする焦げ焦げになると思いきや、普通に炊けますよ。
そして見事に芯は消えています。

ただし加える水分量が多すぎると、逆にベチャベチャになるのでご注意ください。

Q名香智子さんの漫画

この頃、名香智子さんの漫画にハマりだしたのですが違う出版社から沢山コミックが出ていますよね。
けっこう、登場人物が他作品に重複しているとも聞きますが・・。

どの作品から読んでいけば良いか繋がっている作品を
教えて下さい。
又、名香さんの作品で面白かった作品も教えて下さい。

名香さんの作品は「桃色浪漫」は読みました。
「パンドラ★パニック」は面白そうだったので只今、注文中です(~o~)

Aベストアンサー

こんにちは
美女姫シリーズは実は、もっと他につながっていて、コミックスになっているのだと、「樹海の虜」「黄金の少年」「こちらこの世の天国」でしょうか。
特に「樹海の虜」「黄金の少年」は、これを読んでいないとシャルトル公爵シリーズの一部によくわからないところが出てきます。
「こちらこの世の天国」は美女姫シリーズの外伝と言ったところ。
ただ、どれも現時点で新刊で入手可能かはわかりません。なにか文庫に入っていたような気もするのですが…。

他の作品ですが、もし「桃色浪漫」がお気に召したなら、「グリーンボーイ」もよろしいかと思います。ドタバタですが似たタイプの作品です。
あと、単行本で買っているので現在まだ連載中かどうかわからないのですが、「マダム・ジョーカー」も好きですね。
ご参考まで

参考URL:http://www.naka-tomoko.com/

Q京極夏彦「絡新婦の理」における蜘蛛について(もろネタバレ)

「絡新婦の理」を読んで、なんだか分からないことが一つあります。真犯人(というか蜘蛛)が誰なのか、とかは読めばはっきりと分かるのですが、
蜘蛛の動機って結局なんだったのでしょうか?
 
業を背負った自分の一族を根絶やしにして、かつて自分に淫行をはたらいた男を抹殺して・・・。そこまでは、まあ、いいんですけど志摩子
たちを殺した(死に至らしめた)理由がよく分かりません。蜘蛛は過去に売春組織(AAだったかSAだったかってやつ)にいて、そこの同僚
だったんですよね?その過去を消すためなのでしょうか?そもそもなんで売春組織に入ったんでしょうか?お金も家もあるでしょうに。

そこがどうしても分かりません。しかも、中禅寺は「あなたはこのような結果になるのを知らなくてやったんですね」とか言ってましたよね?蜘蛛はど
こまで予測して何を期待してあんな行動を起こしたのでしょうか?

このいくつかの私の疑問に対して(部分的にだけでも)「こうなのでは?」というご意見のあるかたのお返事を待っています。たいしたことではないよ
うですが、気になりだすと気になるものでけっこう困っています。どうかよろしくお願いします。

「絡新婦の理」を読んで、なんだか分からないことが一つあります。真犯人(というか蜘蛛)が誰なのか、とかは読めばはっきりと分かるのですが、
蜘蛛の動機って結局なんだったのでしょうか?
 
業を背負った自分の一族を根絶やしにして、かつて自分に淫行をはたらいた男を抹殺して・・・。そこまでは、まあ、いいんですけど志摩子
たちを殺した(死に至らしめた)理由がよく分かりません。蜘蛛は過去に売春組織(AAだったかSAだったかってやつ)にいて、そこの同僚
だったんですよね?その過去を...続きを読む

Aベストアンサー

茜さんは自分の居場所が欲しかったわけですよね。
それが柴田財閥の御曹司の嫁の座だったわけです。
柴田財閥の御曹司の嫁になるためには売春組織にいたという過去は都合が悪すぎますね。なので、彼女がそうゆう処にいたということを知ってる人たちを抹殺したわけです。
茜さんが売春組織にいた理由は、たぶん、薬学の学校の学費か何かのためじゃないかと私は思ってました。織作の家から出て、織作からの援助なしで自分一人で何か手に職をつけるにしても、大変な時期だったと思いますし。
絡新婦としての狙いは、売春組織にいた同僚・上司・
あとは自分の父親探し、じゃないでしょうか。
渡辺小夜子の父親も麻田夕子の父親も、茜さんの父親ではなかった、と京極堂は言ってましたし。
けれども、そのループを越えて犯罪はどんどん次の犯罪を生み出してしまった。それでも、葵と碧は殺さないと、柴田の嫁の座は彼女たちに奪われてしまうでしょうから仕方なかったんだと思うんですけど。
殺すはずじゃなかった人ってのが誰か、逆に解らないですけどねえ。(^^;

私はこうゆう風に解釈してます。

Q世界で一番優しい音楽の最終話について

「世界で一番優しい音楽」の最終章で菫子と豊上さんが
結婚式をあげ、お腹には赤ちゃんが、、というシーンで
終わりますが、
第一話では、のんのんが高校生になり、きょうだいはいない様子で
菫子はシングルマザーで、ほかの男性から
告白されているシーンがあり、話が続いていなくて
疑問に思っています。

結婚式後の続編があるのでしょうか??
ご存知の方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

コミックの最終巻(16巻)に、番外編(特別楽章)が載っています。
その特別楽章1で、第1話はのんのんの見た夢として扱われています。

5巻と10巻の後書きにあるように、第1話と第2話はもともと読み切りだったため前後の構想もなく書いた作品だそうです。
それが連載となったため、つじつまが合わなくなったしその後の展開を縛ってしまうことになってしまった訳です。
ということで、その第1話と第2話は別ヴァージョン「もしスウが豊上さんに出逢わなかったら…」編だそうです。


人気Q&Aランキング