12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

子どもの教育費と住宅ローンの負担が重たくなってきたので、現在38歳になる主人の生命保険を見直したいと考えています。

主人が入っている保険はソニー生命の終身保険(保険金額1,000万円、60歳払い済み、1999年に契約、現時点での解約返戻金は約130万円)ですが、心臓に先天性の持病(通常の生活では支障もなく、過去5年間で手術や治療もありません)を持っているため、割増保険料を含めて年間約26万円の保険料を支払っています。今の家計からこれからも毎年26万円払い続けていくのは、気が遠くなる思いです。

保障をできるだけ減らすことなく、掛け捨ての死亡保障の保険に切り替えたいのですが、可能でしょうか?可能であれば保険会社にどのように言えば良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

保障を確保したいのであれば延長定期が最適です。


現在の終身を1000万円の定期保険に変更することができます。何年間の定期になるかはSONYさんに問い合わせてください。恐らく60歳前後までになるでしょう。

延長定期に変更した場合IS終身はなくなり、保険料の支払いもなくなります。延長定期保険はIS終身の解約返戻金で一時払いの定期保険を購入することなので、満期が到来すると解約返戻金はゼロになります。

保険料の支払いが苦しいけど保障は確保したい、と言う方にはぴったりの方法だと思います。もちろん診査の必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。延長定期ですか?初めて聞きました。保障額をそのままに比較的に長く保障を続けられるのはとても魅力的です。家族収入の特約が60歳までついているのですが、延長定期にする場合はその特約はやめなくて大丈夫なのでしょうか?

お礼日時:2006/12/02 23:44

「払い済み保険」というのがあります。


解約返戻金が130万円あるとのことですので、これを元に以後の保険料を払わずに終身保険を続けることが出来ます。当然保険金額は1000万円より減りますので(払い済みにした場合の保険金額は保険会社に確認ください)、減った分だけ定期保険(これにも保険金額が毎年一定割合で減っていくタイプや月々一定金額が分割で支払われるタイプなどいろいろあります)に加入されてはいかがでしょうか。
あるいは、減額というのもあります。定期保険の保険料が終身保険より安いので終身の保険金額を減らした分だけ定期保険に加入されれば支払い保険料は少なくすみます。
どちらを選択されるかは無理のない保険料の範囲で決められたら良いと思います。
先天性のご病気があり特別条件が付いているとのことですから、加入できない可能性もありますので払い済み・減額するのは定期保険の契約が成立してからです。ご注意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にアドバイスありがとうございます。見直しにあたってはいろいろと注意しなければいけないこともあるんですね。保険会社さんには直接聞きづらかったので、とても助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/02 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学資保険、郵便局に加入後ソニー生命の方が有利と聞きました。乗り換えるべき?

昨年10月に、元本割れを承知で郵便局の学資保険に加入しました。
18歳満期、200万円、月払い、こどもは3歳です。
保険料を既に3ヶ月分(約3.5万円)納入済みですが、今頃になってソニー生命の方がずっと有利なことを知り、あせっています。

今すぐ郵便局を解約して、ソニー生命に乗り換えた方がいいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も同じ事を4年前にやりました。
全期前納(一括払い)でしたので郵便局に
結構な金額を落としてしまいましたが
それでもソニー生命の学資保険の方が
最終的に利率が良かったと記憶しています。
月払いでまだ3回ならば傷も浅いと思いますよ。
郵便局で解約返戻金を計算してもらって
シミュレートされると良いと思います。

Qソニー生命の積立利率変動型終身保険について

男31歳 払込期間60歳 終身最低保障給付金額600万 保険料月払11,622円 
老後資金の貯蓄目的で今月加入した積立利率変動型終身保険なのですが、加入時に特約『リビング・ニーズ』と『ナーシング・ニーズ』という特約が付加しており、担当のFPに特約は省きたいと問い合わせた所、「無料でおつけしている」との回答を得ました。

特約の分を省いて、保険料を安くするまたは浮いた分、最低保障金額を増やしたかったのですが、予め無料で付く特約とは本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

特約の内容と、支払い条件は聞かれましたか?
どちらも、一定条件の下で、主契約死亡保険金の一部または全額を、
前払いをするという特約です。

リビングニーズは、ほとんど各社取り扱っています。
ナーシングニーズは、ソニー生命が発売しました。

どちらも無料特約です。

FPにもいろいろおります。
本来FPは、ライフプラン、マネープランの作成と、必要保障額の算出等をするのがお仕事です。
生命保険の加入時の商品選定のプロではありません。
特に生保営業経験のないFPは、商品知識に乏しく机上の空論が多いです。

また、生保所属のFPは、自社商品販売のためのコンサルティングになります。

FPに作成してもらったマネープランや必要保障額を元に
総合乗り合い代理店に相談するとよいですよ。

もちは餅屋 ですよ。

Qソニー生命 変額保険A B について

夫の生命保険の加入を検討中の主婦です。
ソニー生命の変額保険終身型A、変額保険終身型Bについて質問です。

先日、ソニー生命のLP(ライフ・プランナー)の方に家に来て頂いて、設計をお願い致しましたら、「変額保険終身型Bが絶対良い!!」と断言されました。(設計書は、来週持って来てくださる予定)

そして、数日後、保険代理店にも相談に行きましたところ、代理店の方は、ソニー生命の変額保険終身型であれば、「Aを勧める!!」とおっしゃいました。ソニー生命からも「Aを勧めるように言われている」とのことでした。私が、ソニー生命のLPの方から、「B」を勧められたと申しましたら、「そのLPの方のお名前は何とおっしゃるのですか?!」と腑に落ちない、納得のいかない様子でした。おそらく、ソニー生命のLPさんと保険代理店の方は、同じ業界で、交流があるため、そのような言葉が出たのだと思います。

以下は、保険代理店の方からの説明です。
●変額保険終身型A → 積立機能重視(解約返戻金重視)

●変額保険終身型B → 保障機能重視(死亡保険金重視)

ソニー生命のLPの方が、Bを勧める理由は、
・解約をしてほしくない。
・できるだけ長く、保険料を預かっていたい。
のでしょうか?

保険代理店では、「A」を勧めるのが一般的なのに、どうして、LPさんは、「絶対Bだ!!」と断言されるのか、根拠が知りたいです。初めての生命保険の加入で慎重になっております。このLPさんを本当に信頼しても良いのでしょうか?あまり親しくない方からの紹介なので不安です。

こちらのコーナーでも、「おすすめはA!!」と回答が寄せられていただけに、不安です。お詳しい方に教えて頂きたいです。宜しくお願い致します。

夫の生命保険の加入を検討中の主婦です。
ソニー生命の変額保険終身型A、変額保険終身型Bについて質問です。

先日、ソニー生命のLP(ライフ・プランナー)の方に家に来て頂いて、設計をお願い致しましたら、「変額保険終身型Bが絶対良い!!」と断言されました。(設計書は、来週持って来てくださる予定)

そして、数日後、保険代理店にも相談に行きましたところ、代理店の方は、ソニー生命の変額保険終身型であれば、「Aを勧める!!」とおっしゃいました。ソニー生命からも「Aを勧めるように言われている...続きを読む

Aベストアンサー

変額保険の保険料が安いというのは、その通りで、中途解約せずに、死亡保険金を受取るならば、確かに担当者の言うとおりです。
しかし、大きな事故も病気もなく、高齢まで無事に過ごしたら、それは何十年後の話になるのでしょうか?

人生、その前に、お金が必要になることがたくさんあります。
住宅の購入、お子様の教育費、老後の生活費、介護費用……
死亡しての葬式などは、一番最後です。
そのためには、ライフプランに基いたキャッシュフロー表と言う、今後30年、40年間の毎年の収支、累計の収支を一覧表にしたものを作成します。
このキャッシュフロー表でシミュレーションをして、余裕たっぷりとなれば、今から終身保険に契約することも良いと思います。

Qソニー生命の積立利率変動型終身保険の解約

ソニー生命の積立利率利率変動型終身保険を契約しています。契約条件は以下の通りです。
・現在35歳
・保険金額:1000万円
・保険払込期間:60歳まで
・月々支払:約21000円(年間約26万円)
・契約してから1年2ヶ月経過

住宅購入によるローンの繰上返済を優先したいことや、もっと条件のよい別の保険への切り替えの為、解約を検討しています。
しかし、現在解約すると、ここまで支払った保険金額約30万円に対して解約返戻金は0円と、著しい損をすることになってしまいます。
解約して支払い済み保険金を無駄にしないため、月々の支払が限りなく小さくなるような契約変更や減額等の方法は取ることができるのでしょうか?
ぜひ、アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(Q)現在解約すると、ここまで支払った保険金額約30万円に対して解約返戻金は0円と、著しい損をすることになってしまいます。
(A)ソニー生命に確かめましたか?
1年が経過してれば、ゼロということはないでしょう。
一般的には、30%、40%という世界だとは思いますが。
ちなみに、ソニー生命のパンフレットによれば、
3年が経過すると、59%です。

(Q)解約して支払い済み保険金を無駄にしないため、月々の支払が限りなく小さくなるような契約変更や減額等の方法は取ることができるのでしょうか?
(A)最も良い方法は、払済保険にしてしまうことです。
以後の保険料の支払いはなくなり、終身の保障は継続して、
積立も利率分だけは、増えることになります。
ただし、払済保険にするには、最低金額というものがあり、
解約払戻金がその最低金額を上回らないと払込保険に移行できません。
現状の金額では無理でしょう。
それがいくらで、いつ、上回るかは、ソニー生命にお訊ねください。

Qソニー生命  危険? 安全?

ソニー生命についてです。
ソニー生命の生命保険に相続税対策で加入しています。

保険金はかなりの額です。
ソニー生命は、ソニーの関連会社ですよね?
ソニーは大幅赤字ですよね。
これから先、どうなるのか、、、と不安です。

Aベストアンサー

ソニーの決算をしっかり確認されているなら、おわかりだと思いますが、現在ソニーで唯一安定的な成長(赤字が断続的にではしますが、契約率は悪くない)をしているのは、フィナンシャルホールディングスです。

これらがなければ、ソニーは今以上に苦しくなるかもしれません。
といったところです。だからといって、安全か危険かというと、それは利用者がどのように判断するかです。周りと比べてみればまだ安定的と見ることができますし、人の価値観だけで見れば、危険かもしれません。準備残高などを見る限りは、問題はないですし、そもそもA以上の格付けがあるはずです。


まあ、第三者に判断を頼らなければならないなら、どの投資先(保険)でも危険度は常にあります。世界のファイナンス情勢は不安定ですから、ご自身でその会社の財務状況を逐次チェックしないなら、どの業者を選んでも同じことに悩むことになるのは、間違いないでしょう。尚、ソニー生命の22年度のバランスシート、及び信用情報は以下のソニー生命サイトに記載されています。
http://www.sonylife.co.jp/company/results/highlight/index.html
http://www.sonylife.co.jp/company/results/ranking/index.html

尚、これらをリスクとして見るのであれば、税金などの対策でも投資先は分散すべきでしょう。

ソニーの決算をしっかり確認されているなら、おわかりだと思いますが、現在ソニーで唯一安定的な成長(赤字が断続的にではしますが、契約率は悪くない)をしているのは、フィナンシャルホールディングスです。

これらがなければ、ソニーは今以上に苦しくなるかもしれません。
といったところです。だからといって、安全か危険かというと、それは利用者がどのように判断するかです。周りと比べてみればまだ安定的と見ることができますし、人の価値観だけで見れば、危険かもしれません。準備残高などを見る限りは、...続きを読む

Q主人の生命保険について。(利率変動積立型終身保険)

保険について全く知識がありませんので詳しい方宜しくお願い致します。
ご契約内容の概要を今見ています。
主人(36歳)が加入している生命保険が朝日生命の保険王の利率変動積立型終身保険なのですが、現在の保険料¥25、787で次回更新時には¥49、173と書いてあるのですが、高すぎてびっくりしてしまいました。(更新はまだ先ですが)

一般的に利率変動積立型終身保険に加入されている方は更新の度に高くなっていく保険料を払っていかれるのでしょうか?それともある程度になったら違う種類の保険にするのでしょうか?
利率変動積立型終身保険は専門家の方からみてどうなのでしょうか??

理想は、¥15、000から¥20、000まで、保険料の更新がなく、60歳で保険料を払い終わり、一生保障があるタイプなのですが。(こんな都合の良いものはないかもしれませんが)

これは主人が独身時代から加入しているものですが、社会人になってから知り合いに勧められるがまま加入したものだそうです。今までも担当者に言われるままに加入(保険の種類など)してきたようです。

昨年結婚し、ようやく落ちついてきたのでわたしの保険も含め見直しをしようとしているところです。

保険会社の担当の方に色々聞いてみようとも思っていますが、デメリットを聞けないようなきがして、こちらに投稿しました。

分かりづらい文章ですが、宜しくお願い致します。

保険について全く知識がありませんので詳しい方宜しくお願い致します。
ご契約内容の概要を今見ています。
主人(36歳)が加入している生命保険が朝日生命の保険王の利率変動積立型終身保険なのですが、現在の保険料¥25、787で次回更新時には¥49、173と書いてあるのですが、高すぎてびっくりしてしまいました。(更新はまだ先ですが)

一般的に利率変動積立型終身保険に加入されている方は更新の度に高くなっていく保険料を払っていかれるのでしょうか?それともある程度になったら違う種類の...続きを読む

Aベストアンサー

>一般的に利率変動積立型終身保険に加入されている方は更新の度に高くなっていく保険料を払っていかれるのでしょうか?

ややこしくて悪いのですが、積立利率変動型の終身保険は多数あるものの、利率変動積立型終身保険というのはそんなに無いので一般論でと言うのは朝日生命の保険王の一般論と言う事になるかもしれません。
保険王は定期保険系の特約により10年毎で保険料が上がっていくと思います。特約が期間10年と言う事は、10年後にその年齢の保険料で再計算されるので保険料が上昇します。
保険王に加入していると言う事はその前にも保険に入って転換していないでしょうか。そうすると場合によると保険料は毎月の保険料だけでなくアカウントから取り崩されていて実は負担がもっと多い、と言う事が無いとは言えないと思います。
希望があるようですが解決策はなかなか分らない、と言う状況と思いますので、一度相談に行ってみては如何でしょうか。最近は多数の保険会社を同時に扱う保険代理店が増えていまして、保険会社の良いとこ取りの提案をしてもらえる可能性もあります。(死亡保障はここ、医療はここ、がん保険はここ、と会社よって得意分野が異なります。)店員やプランナーの主観に左右されますが、少なくとも保険会社の論理で都合の良い保険を勧めるという事はないかと思います。
http://www.hoken-shop.info/

>一般的に利率変動積立型終身保険に加入されている方は更新の度に高くなっていく保険料を払っていかれるのでしょうか?

ややこしくて悪いのですが、積立利率変動型の終身保険は多数あるものの、利率変動積立型終身保険というのはそんなに無いので一般論でと言うのは朝日生命の保険王の一般論と言う事になるかもしれません。
保険王は定期保険系の特約により10年毎で保険料が上がっていくと思います。特約が期間10年と言う事は、10年後にその年齢の保険料で再計算されるので保険料が上昇します。
保険王...続きを読む

Qソニー生命学資保険 I 型・II 型について

生まれたばかりの子供0歳の学資保険加入を考えております。
学費は学資保険で1/3程度用意し、残りは貯蓄などをしようと思っております。

学資保険は、ソニー生命で年払い6万5千円程度の予定で、契約者は夫25歳です。
ソニー生命のホームページで試算したところ、返戻率はI 型で111%、II 型で114.1%になりました。
いろいろなサイトで学資保険について調べておりましたら、現在は低金利の時代なので、ソニー生命ならI 型を契約し、12歳と15歳で受け取る進学学資金を据え置くとよいと載っていました。
もともと学資保険は夫に万が一のことがあった時にと思い念のため契約する予定のもので、18歳満期で考えており、I 型で契約したとしても、受取りは全額18歳満期時にと考えております。
もちろん学資保険なので、銀行やその他の資産運用に比べて貯蓄性があまりよいとは言えないことも存じております。
とはいえ契約するなら少しでもよいものに入りたいので、今後の景気の回復の度合いはどなたにも確実にわかるものではありませんが、あくまでも予想で考えていただき、I 型とII 型はどちらがオススメか現段階でのご意見を伺いたいです。

また学費の2/3は、銀行などの貯蓄で考えておりますが、どこかよい預け先があれば、アドバイスいただけたらと思います。

生まれたばかりの子供0歳の学資保険加入を考えております。
学費は学資保険で1/3程度用意し、残りは貯蓄などをしようと思っております。

学資保険は、ソニー生命で年払い6万5千円程度の予定で、契約者は夫25歳です。
ソニー生命のホームページで試算したところ、返戻率はI 型で111%、II 型で114.1%になりました。
いろいろなサイトで学資保険について調べておりましたら、現在は低金利の時代なので、ソニー生命ならI 型を契約し、12歳と15歳で受け取る進学学資金を据え置くとよいと載...続きを読む

Aベストアンサー

投資効果について質問されているのなら、同じ会社が運用しているのですからどちらが有利・不利ということはないでしょう。

それより、使い勝手で選んでみてはいかがでしょう。
中学校・高校で、私立に進学した、塾や予備校の夏期講習に通うことになった、ホームステイしたいと言い出したなど、いつどんなお金が必要になるか分かりません。
だとしたら18歳まで待たないと現金が受け取れないタイプよりも、12歳以降いつでもお金が用意できるほうがいいと思いますが、どうでしょう。

Qあいおい生命の低解約型積立利率変動型終身保険

あいおい生命保険の低解約型積立利率変動型終身保険で
医療保険特約付で見積もってもらいました。

保険料払込期間:60歳迄
月額保険料:16,242円
入院給付金日額:5,000円
1入院限度日数:120日
通算日数:730日
手術給付金:病気入院日額の4・20・10倍
死亡保険金(主契約):300万円
総払込保険料:331.4万円
61歳時解約返戻金:356.6万円
81歳時解約返戻金:383.4万円 最高額
99歳時解約返戻金:356.1万円

総支払額に比べて解約返戻金の方がが多く
損しない保険として魅力を感じますが、
医療特約は一生続けたいと思うので
死ぬまで持ち続けるつもりです。

死亡保険金は300万円のままなのでしょうか。
それとも解約返戻金と同額が死亡保険金になるの
でしょうか?

ソニー生命はこの金額が高いほうと同額に
なりますよね。
同額であれば家族に残る事にはなりますが
損しない保険になりますよね。

あとわかれば、他の保険会社で同じ様な(実質無料の)
ものはありますか。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

死亡保障に、利率変動型の低解約払戻金型終身保険を使うことには
問題ないと思います。
しかし、それに、特約として医療特約を付加するならば、
話は別です。
つまり、お勧めしません。反対です。

質問者様ご自身が……
「医療特約は一生続けたいと思うので死ぬまで持ち続けるつもりです」
と、おっしゃっています。
ならば、解約をしないと言うことです。
つまり、この保険の利率変動が有効に働いて、
解約払戻金も増え、死亡保険金額も増えたとしても、
死ぬまで使えない、死ぬまで役に立たないということです。
500万円になったとしても、自由に使えないお金ならば
何の意味があるのでしょうか?
お金は、使ってこそ、意味があるのです。

保険を考えるときの基本は、何の為に、どんな保障が必要か
ということを考えることです。
なので、死亡保障と医療保障は、目的の異なる保障なので、
将来、それぞれのニーズが変わり、見直しが必要になるかも知れませんが、
同じ契約にしていると、見直しの自由が利きません。
つまり、目的の異なる保障は、別々の保険にしておくというのが、
基本なのです。

逆に言えば、保険会社にとっては、一本の保険にまとめておけば、
見直しが効きにくく、解約防止になるというメリットがあります。
また、見直しをする場合でも、転換などで、自社の保険を継続して
もらえやすい、というメリットもあるのです。

今回の大震災のように、災害は、いつやってくるかわかりません。
そのとき、このような保険は、解約払戻金が生活の建て直しに
使えるのです。
しかし、医療特約と一体となっていると、解約することができず、
目の前に人参がぶら下がっているに、ただ、眺めるしかない
という状態になってしまいます。
または、医療特約を捨てるしかありません。
しかし、このとき、何かの病気があり、医療特約を解約したくないと
なれば、話は元に戻り、やはり、解約できないことになります。

保険は、リスクを保障する商品です。
なのに、リスクが現実のものとなったとき、それに対応できないなら、
何の為の保険なのでしょうか?

アドバイス
死亡保障は、低解約払戻金型で良いですが、
医療保障は、別の保険にしましょう。

ご参考に……
低解約払戻金型の死亡保険は、他社にもあります。
独自の特徴を持っているものもあります。

医療保険は、解約払戻金のないタイプが主流になっています。

ご質問の「死亡保険の金額」ですが、
ご質問の保険が、「プレミアW」ならば、解約払戻金に応じて
保険金額が増加します。
ご参考に……
http://www.ioi-life.co.jp/kojin/shushin_p/index.html

生命保険専門のFPです。

死亡保障に、利率変動型の低解約払戻金型終身保険を使うことには
問題ないと思います。
しかし、それに、特約として医療特約を付加するならば、
話は別です。
つまり、お勧めしません。反対です。

質問者様ご自身が……
「医療特約は一生続けたいと思うので死ぬまで持ち続けるつもりです」
と、おっしゃっています。
ならば、解約をしないと言うことです。
つまり、この保険の利率変動が有効に働いて、
解約払戻金も増え、死亡保険金額も増えたとしても、
死ぬまで使えない、死ぬまで役...続きを読む

Q契約中のソニー生命変額保険について教えて下さい。

昨年11月にソニー生命の変額保険に夫婦で加入しました。夫婦ともに死亡保障300万、60歳払込、終身保障という内容です。

(1)その時にこの保険は最低300万からとFPの方がおっし ゃっていたのですが、こちらで見ていると200万で加 入されている方がいるようです。今から200万に減額 するのは可能でしょうか?

(2)また、現在は年払いで契約していますが、一括全納 ですと総支払額がかなり安いようなので検討してい ます。今からでも変更可能なのでしょか?

(3)現在の保険料は夫¥57,624/年、妻\49,236/年です  が、一括全納にするといくらくらいになるのか
 教えて下さい。

Aベストアンサー

ソニー生命の変額保険終身型の最低保険金は確かに以前は300万でした。
現在200万に変更されております。

もちろん、減額も可能です。

Q積立利率変動型と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

積立利率変動型終身保険と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険、どれがいいのかで悩んでいます。
それぞれのメリット、デメリットを教えてください。
またそれぞれでお勧めがあるようでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中途解約は不利。

変額終身保険
メリット:運用が上手く行けば、高い解約払戻金となる。
デメリット:運用が失敗すれば、低い解約払戻金となる。

リスクが低い=安全性が高いのは、利率変動型、次いで低解約払戻金型。
変額終身保険は、まったく別の商品で、ハイリスク・ハイリターンの投資商品に死亡保障が付いていると考えた方が良い。従って、投資の基本的な知識がなければ、手を出してはいけない商品です。
変額保険でもう一つ注意しなければならない点は、資金の引き上げが容易ではない点です。
例えば、株式投資なら危ないと思ったとき、売り抜けて、当面は普通預金に入れて様子を見るということができますが、変額保険では常に何かに投資をしていなければならない。資金の引き上げ=解約しかない点です。

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報