【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

伊勢丹の店内アナウンスの中国語とハングルの文章が知りたいです。

日本語は
「本日も伊勢丹○○店にお越しいただきまことにありがとうございます。閉店時間は○時です。」等なんです。

自分で聞き取れたハングルは、
「オヌルド チョヒ イセタン ペッグァ~ジョンネ ○○ テダニカムサハムニダ」
くらいなんです。(間違っているかもですが。)

中国語は
「 ファンイン グゥアンリン.イーシーダンウェイ バイフォーゴンスー ・・・」
くらいなんです。(間違っているかもですが。)


中国語もハングルも勉強中です。
このアナウンス文章を覚えたいのでどうぞわかる方がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

半分しかわからず中途半端ですいませんが、わかったところだけ。

。。

”ファンイン グゥアンリン”は 『歓迎光臨』と書き、意味は”いらっしゃいませ”です。
”イーシーダン”は『伊勢丹』の事なので、その後にきているものが、「閉店時間は○時です」と思いましたが、それらしき単語が思いつきませんでした。
参考URLにあるような言葉がうしろに来ていないか見てみてください。
綺麗に聞き取れているみたいなので、URLを見たら pandarin07さんならわかるかもしれません。

参考URL:http://zhongguohua.web.infoseek.co.jp/page117.html
    • good
    • 0

ヒヤリング力、すごいです!


残念ながら今、田舎に住んでいて、伊勢丹カードも解約したし、そのアナウンスは聞いた事がないのですが、日本語からするとこうではないかと。
オヌルド チョヒ(チョイ) イセタン ペックワァジョメ ワジュショソ テダニ カムサハムニダ
(今日も 私ども 伊勢丹 百貨店に お越しくださり まことに ありがとうございます)

ページョム シガヌン ○シ イムニダ
または
ページョム シガヌン ○シガ トゥウェゲッスムニダ(テゲッスムニダ)
もしくは、閉店(ページョム)は、閉館(ペーグワァン)と言ってるかもしれません。
 実際に聞いてないので後半は想像ですみません。

 こういう断片的な単語や文章の知識の積み重なりが、結局は語学力になって行くものですよね。私も昔たまたま知った歌の題名や歌詞の一部とかのちょっとした知識が、あとでものすごく学習に役立った経験があります。
 例えば、1980年頃流行した「ヌグラド クロハドゥシ(誰もが そうであるように)」という題名の歌を知ってたので、「ヌグラド ~(誰もが・誰でも ~)」という文が出てきた時に、例文を作らなくてももう自分の物になっていたし、「~ ドゥシ(~ のように)」という文も。
 他にも、「ミンドゥルレ チョロム トラオジ アナヨ(たんぽぽのように 帰ってこないです)♪」という一節を知ってた為に、「~ チョロム(~ のように)」の使い方もすぐにわかったし。
 私もまだまだ勉強中ですが、おたがい、がんばりましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国語での館内放送

中国でも昨今ではサービスが重んじられるようになりました。
そこで、現在国内で実際に使われている館内放送の文句が知りたいのですが、

とりあえず
・本日はご来館まことにありがとうございます
・お客様のお呼び出しを申し上げます
・○○様、お連れ様がお待ちです

などはどのように言えば良いでしょうか。
他にも館内放送で使われる文句があれば挙げて頂けますか。

もちろん、作文すればそれらしくはなるとは思うのですが、
日本のデパートや施設ではほとんど決まった文句が用いられるように、中国で使われる文句が知りたいです。
もし何か良いサイトなどご存知でしたらお教えください。

ちなみに空港では「各位旅客、請注意」と最初に付けますが、
観光施設などで館内放送するときも「各位遊客…」などとつけたほうが良いのでしょうか??

国内事情に詳しい方、ぜひよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 ふたたびNo.2です。丁寧なお礼を拝見しました。ありがとうございました。

 申し訳ありませんが、「館内放送・館内アナウンス」自体、中国語でなんと言うのか、今ちょっと思いだせません。やはり「博物館内的広播」や「図書館内的広播」などのように、具体的な場所の名前を付けて言う方が多いかと思います。総合名詞のイメージを受ける「館内」という日本語は、中国語にそれにふさわしい表現がないかと思います。

 「お呼び出し」の件ですが、もう一度考え直しました。やはり何かつけた方がいいですね。以下のような二つのパタンでどちらでも行けると思います。

1.「各位遊客、請注意!現在播放一個通知。請王林先生聴到広播後,速到一楼服務台来。nin2的朋友李蘭小姐現在正在一楼服務台等nin2。」

 「通知」は名詞のお知らせという意味です。「各位遊客、請注意!現在播放一個通知。」はすべてのお客様に言う言葉です。「請王林先生聴到広播後,速到一楼服務台来。nin2的朋友李蘭小姐現在正在一楼服務台等nin2。」はこのお知らせの内容です。

2.「王林先生、請注意!王林先生、請注意!請nin2聴到広播後,速到一楼服務台来。nin2的朋友李蘭小姐現在正在一楼服務台等nin2。」

 こちらの方が理解しやすいかもしれませんね。王林様という特定の人に言う言葉です。

>もし良ければ、観光施設(物の販売が目的でない見学施設)の場合、「どうぞお楽しみください」という意味のアナウンスはどんな感じが良いか、もし良ければネイティブのお立場から教えていただければ幸いです。

1.「歓迎光臨〇〇〇!」

2.この観光施設についての簡単な紹介文
 
 二三文でいいです。要するに、〇〇〇はどんなところなのか、簡単に観光客に紹介してください。

3.
「〇〇〇祝nin2玩得愉快!」(〇〇〇は貴方が楽しく遊べるようにお祈りします。)

「〇〇〇祝nin2在zhe4里度過美好的一天!」(〇〇〇は貴方がこちらで楽しい一日を過ごせるようにお祈りします。)

 ということで、1+2+3というパタンでいかがでしょうか。穏やかなメロディと一緒に流されると、もっといいですね^^。

 日本語がまだまだ下手なので、自分の意味がうまく伝えられない時はよくあります。理解できないところがあれば、ご遠慮なくまたお聞きください。応援しています。

 ふたたびNo.2です。丁寧なお礼を拝見しました。ありがとうございました。

 申し訳ありませんが、「館内放送・館内アナウンス」自体、中国語でなんと言うのか、今ちょっと思いだせません。やはり「博物館内的広播」や「図書館内的広播」などのように、具体的な場所の名前を付けて言う方が多いかと思います。総合名詞のイメージを受ける「館内」という日本語は、中国語にそれにふさわしい表現がないかと思います。

 「お呼び出し」の件ですが、もう一度考え直しました。やはり何かつけた方がいいですね。...続きを読む

Q靴のサイズ 36とは何センチ?

女性の靴やサンダルで外国物の36と言うのは何センチのことか知ってる方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【靴のサイズ表】

●Japan
22…22.5…23…23.5…24…24.5…25
●USA
5…5.5…6…6.5…7…7.5…8
●UK
3.5…4…4.5…5…5.5…6…6.5
●Europe
35…35…36…37…38…38…39

ですから36というのは、ヨーロッパの品で
日本でいう約23cmのことです。


ρ(・д・*)コレも参考にして下さい♪
      ↓ インポートもの買う時はきっとお役に立ちます。

参考URL:http://www.diyer.com/info/tools/sizechart.html

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q空港でのアナウンス(中国語)

中国語初心者です。
浦東空港などでの乗客への案内放送のことですが、ところどころの単語ぐらいは聞き取れるのですが、全体としてどんな文章をアナウンスしているのか、とても気になります。ほとんど決まった言い回しだと思いますが、全体が解かる方、教えて頂けないでしょうか。
女士們,先生們,…
還没有旅客…
登机口,登机。謝謝。
とか、いうヤツです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

女士們,先生們、日本航空公司JLXX号、前往東京的旅客、請注意。nin坐的飛機已経開始登機了。

還没有登機的旅客、請在xx号登機口登機、謝謝。


完全ではないのですが、
「日本航空JLxx便東京行きのお客様に申し上げます。ご搭乗機はすでに搭乗を開始しております。
まだお乗りになっていないお客様は、xx番ゲートよりご搭乗下さい」

みたいな事を言ってました。

北京、上海でも多少違っていたような気がします。

Q自然な接客英語を知りたい!PLEASE HELP ME!

こんにちは。
私は最近レストランでアルバイトを始めたのですが、予想以上に外国のお客様が多いのです。
せめて基本の接客用語だけでも英語で話せたらと思うのですが、
挙げてみると意外にもたくさんあることに気付きました(汗)
辞書で調べたような言葉は「自然な」英語ではないと思うので、
自力ではどうしようもありません・・・

どうか、お詳しい方、お力を貸してください!!!

以下の流れを部分的にでもいいので自然な英訳をお願いします。
ちなみに、あまりかしこまらない感じの元気いっぱいな雰囲気のお店です。

「ようこそいらっしゃいませ!」
 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
「何名様ですか?」
「禁煙席でよろしいですか?」
「少々お待ちください」
「お待たせいたしました」
「こちらへどうぞ」
「こちらがメニューでございます」
「ご注文はお決まりですか?」
「失礼致します」(テーブルへ近寄る時と離れる時に主に使います)
「かしこまりました」
「お足元にお気をつけください」
「こちら○○でございます」
「どうぞ」(お料理をお出しする時)
「デザートはいかがですか?」
「お飲み物のご追加はいかがですか?」
「お皿が熱くなっておりますのでお気をつけください」
「どうぞごゆっくりお楽しみください」
「○○でよろしいですか?」
「お済みのお皿をおさげ致します」
「コーヒーのおかわりはいかがですか?」
「トイレは地下にございます」
「恐れ入ります」
「どうもありがとうございました」
「申し訳ありません」
「またのお越しをお待ちしております」
「お気をつけて(お帰りください)」

・・・以上です。
あともう一つ、何かして差し上げて「ありがとう」と言われた時の受け答えがあれば教えてください。
お料理をお出しした時に「ありがとう」と言われて「どういたしまして」というのはおかしいように、
you are welcomeは違うんだろうなぁと思っているのですが・・・。
つまり、当然のサービスに対しての「ありがとう」に対する受け答えを知りたいのです。

どうかどうか、宜しくお願いします!

こんにちは。
私は最近レストランでアルバイトを始めたのですが、予想以上に外国のお客様が多いのです。
せめて基本の接客用語だけでも英語で話せたらと思うのですが、
挙げてみると意外にもたくさんあることに気付きました(汗)
辞書で調べたような言葉は「自然な」英語ではないと思うので、
自力ではどうしようもありません・・・

どうか、お詳しい方、お力を貸してください!!!

以下の流れを部分的にでもいいので自然な英訳をお願いします。
ちなみに、あまりかしこまらない感じの元気いっぱい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私の夫や友は日本のレストランに行くたびに、従業員サービスの素晴らしさにいつも驚き感動していますが、下の方も仰るように、余程の高級店でない限りは基本的に接客はカジュアルです。
言葉/文化の違いによりますので、ご質問の一部にあるような日本的な表現をそのまま訳して使うような事が出来ない/不自然なものもあります。

◆「ようこそいらっしゃいませ!」 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
“Hello. / Good morning, afternoon, evening. / How are you?”
レストランでお客様を迎えるときに「Welcome!」「Welcome to ○○」といった表現は通常使われません。

◆「何名様ですか?」
“How many?”
きちんとした一文ならば、“How many are there in your party?” なんてなりますが、通常は“How many? / How many are there?” です。

◆「禁煙席でよろしいですか?」
Would you like smoking or non-smoking? / Do you prefer smoking or non-smoking?
単純に“Smoking or non-smoking?” だけももちろん問題ないです。

>「少々お待ちください」
“Just one moment, please.”

◆「お待たせいたしました」
“Thank you for waiting.” と訳すことが出来ますが、例えば日本のレストランでのように、料理をサーブするときに必ず言われるような「お待たせいたしました!」として、これを使うのは不自然です。
込み合った状況で、入り口でテーブルが空くのをかなり長時間待っているお客様に対して
“Thank you for waiting. Your table’s ready.”といった形で使うのはありでしょう。
料理をサーブするときに使う日本語での「お待たせいたしました」は、英語では “Here you go.”(どうぞ)や、“Green salad.” などと料理の名前を言う、といった言い回しが一般的です。
※Here you go. (Here you areとも言えます)は何かを差し出すとき、渡すときなどに使われる表現です。

◆「こちらへどうぞ」
This way, please. / テーブルへ案内するときなど “Follow me, please.”


◆「こちらがメニューでございます」
Here’s your menu.
もしくは、上記のようにHere you go / Here you are. としてメニューを差し出す、というのもありです。

◆「ご注文はお決まりですか?」
“Are you ready to order?”
Are you~が一般的ですが、“May I take your order now?” などもあります。

◆「失礼致します」(テーブルへ近寄る時と離れる時に主に使います)
英語ではテーブルへ近寄る時や離れる時に何かを言うことはありません。
注文をとり終わってテーブルを離れる前であれば、“Thank you.” といいますが、ご質問の「失礼いたします」のニュアンスではなく、単純にオーダーをもらったことに対する礼です。

◆「かしこまりました」
“Certainly. / Sure.”
“Certainly” は丁寧で一番無難な表現ですが、文頭でも触れたように、こちらのレストランでの接客対応は基本的にカジュアルです。 “Sure” の一言でも失礼では全くないですし、バーや気さくなダイナーなどでのかなりカジュアルな表現ですが、“You got it.” なんて表現も良く使われます。

◆「お足元にお気をつけください」
“Please watch your step.”

◆「こちら○○でございます」
“This is ○○ restaurant.”
電話での対応などでしょうか?
“Good evening, this is ○○ restaurant.”などと通常言います。この後に“May I help you?”などを付けたり、です。

◆「どうぞ」(お料理をお出しする時)
上の通り、“Here you go. / Here you are.” もしくは“This is your green salad.”などの料理名を言うことでも表現できます。

◆「デザートはいかがですか?」
◆「お飲み物のご追加はいかがですか?」
“Would you like some desert?”
“Would you like another glass / Bottle?”
“glass of white wine / bottle of Asahi” などとすればなお丁寧です。
“Would you like something to drink? / How would you like your steak?” などなど・・・ “Would you like~”はサービス業では非常によく使われる表現です。

◆「お皿が熱くなっておりますのでお気をつけください」
“Please be careful with the plate. It’s very hot.”

◆「どうぞごゆっくりお楽しみください」
“Enjoy your dinner. ”
“Enjoy.”一言でもありますし、Enjoy your ○○. といった感じでサーブしたお料理名と共に言われることもあります。

◆「○○でよろしいですか?」
ごめんなさい、これの意味(何に対してよろしいかのシチュエーション)が解りません。

◆「お済みのお皿をおさげ致します」
“May I / Shall I take these dishes? ”
こちらはお済ですか? といった感じでは、“Are you finished (with this)?” などという感じで確認することも出来ます。

◆「コーヒーのおかわりはいかがですか?」
“Would you like some more (coffee)? / Would you like another cup of coffee?
Would you like a refill?”

◆「トイレは地下にございます」
“The bathroom is down stairs.”
すぐ下でなく、地下2階などであれば、上記に“B2F.” などと付け加えればよいかと思います。

◆「恐れ入ります」
ごめんなさい、これの意味も何に対してなのかのシチュエーションが解りませんのでお答えできませんが、日本での「恐れ入ります」といった類の概念は、こちらではあまりないように思います。
状況に合わせて、“Excuse me. / Excuse me, but...” “Thank you, sir./ Ma’am.” などは考えれないこともないですが。

◆「どうもありがとうございました」
“Thank you very much.”

◆「申し訳ありません」
オーダーミスなどのこちらの過失に対するお詫びは、“I’m (so / very) sorry.
穴があったら入りたい感じの大恐縮なミスであれば、 I’m terribly sorry.”などで、語尾に“sir./ Ma’am.”をつけるとさらにかしこまった丁寧なニュアンスになるかと思います。

◆「またのお越しをお待ちしております」
◆「お気をつけて(お帰りください)」
Thank you. / Good-bye. / Good night.
「いらっしゃいませ!」 と同じように、上記2つ共に、“Looking forward to seeing you again!”“Please come back soon!” みたいなことは通常言いません^^。
ディナー時であれば、“Thank you. You have a good night. Bye.” といった表現が普通で、基本的には“Thank you.” と“Good bye.”“Good night.” などの使い分けでオッケーです。

最後のありがとうに対する「どういたしまして」ですが、“You're welcome.”でもおかしくないですし、“No problem.”なども使われます。

ご参考になれば幸いです♪

こんにちは。

私の夫や友は日本のレストランに行くたびに、従業員サービスの素晴らしさにいつも驚き感動していますが、下の方も仰るように、余程の高級店でない限りは基本的に接客はカジュアルです。
言葉/文化の違いによりますので、ご質問の一部にあるような日本的な表現をそのまま訳して使うような事が出来ない/不自然なものもあります。

◆「ようこそいらっしゃいませ!」 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
“Hello. / Good morning, afternoon, evening...続きを読む

Q韓国語で「お越しくださりありがとうございます」

「本日は東京スカイツリーにお越しくださいまして、まことにありがとうございます」

は、韓国語でどのように言えばよいでしょうか。

オヌルン、東京スカイツリーへワジュショソ、チョンマル カムサハムニダ

みたいな感じでいいのでしょうか

(意味的には伝わると思いますが、なるべくビジネス敬語というか、正式な言い方が知りたいです)

ご指導よろしくお願い致します

Aベストアンサー

정말 감사합니다より진심으로 감사 드리겠습니다.の方が良いかもですね。


人気Q&Aランキング