グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

アメリカで見積書と請求書と領収書って何て言うんですか?
もしくはそもそもそんなものがないのでしょうか?

教えていただければと思います。

A 回答 (3件)

No.1、No.2の回答が既にありますが、多少追加補強します。



1.Bill
レストランなどでよく見かける請求書です。
2.Invoice
物品の納品書(送り状)+請求書の機能があります。商品など物品を伴うときは、Invoiceを使います。
3.Debit Note
物品の伴わない使用料やサービスの代金の請求書の表題に多く使います。

なお、余談ですが、Estimationは、評価したり、数字を予想・予測する「見積もり」であり、取引の申込みに行う見積書(提案書)には使いませんの、ご留意ください。この場合、Quotationです。Quotation(見積書)に対して、注文(Oreder)すると、両者の取引契約合意が成立します。単なるEstimationの見積もりとは違います。
    • good
    • 3

商業取引では、見積もり=Quotation、請求書=Invoiceという表現もよく目にします。



ご参考まで。

 
 
    • good
    • 0

Estimate , Bill , Receipt



どれがどれかは、辞書を牽いてみましょう。載ってます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Qビジネス文書の名前を英語に変更したいです。

突然ですが質問させて頂きます。


私はビジネス文書を日本語から英語へ変更しようとしています。

まず、以下6種類のビジネス文書の名前自体を英語に変更したいです。

私なりに英語に変更してみたのですが正解でしょうか?


1)見積書 → Quotation

2)発注書 → Purchase Order, Order sheet / form

3) 納品書 → Statement of Delivery

4)受領書 → Acknowledgement

5) 請求書 → Invoice, Bill

6)領収書 → Receipt


いろいろと参照してみると、納品書と請求書は両方ともInvoice、

受領書と領収書は両方ともReceiptという結果が多いのです。


混乱をさけるために全て別々の名前をつけたい場合、どの単語が最適でしょうか?

実際に多く使われている単語を知りたいので、是非アドバイスをください。

不明な部分や質問があれば補足致しますし、小さな情報でも結構ですので宜しくお願いします。

突然ですが質問させて頂きます。


私はビジネス文書を日本語から英語へ変更しようとしています。

まず、以下6種類のビジネス文書の名前自体を英語に変更したいです。

私なりに英語に変更してみたのですが正解でしょうか?


1)見積書 → Quotation

2)発注書 → Purchase Order, Order sheet / form

3) 納品書 → Statement of Delivery

4)受領書 → Acknowledgement

5) 請求書 → Invoice, Bill

6)領収書 → Receipt


いろいろと参照してみると、納品書と請求...続きを読む

Aベストアンサー

1)見積書 Quotation → OK

2)発注書 Purchase Order, Order sheet / form → OK

3)納品書 Statement of Delivery → 納品伝票の類と思いますが 普通の商品ではStatement of Delivery という言い方はしません。Delivery slip, Delivery noteぐらいです。Statement of Delivery とは土地建物とか大型機械の取引のように法律で決められていたりする時に使われる用語です。

4)受領書 Acknowledgement → 物品受領書のことと思いますが、それなら Goods Receipt (or Receipt of Goods)が適切です。acknowledgementではちょっと意味が広くなります。

5)請求書 Invoice, Bill → 消費税のある国(日本もそうですが)正式には Tax invoice とします。

6)領収書 Receipt → 4と差別化するため Payment Receipt (or Receipt of payment)が適当です。

1)見積書 Quotation → OK

2)発注書 Purchase Order, Order sheet / form → OK

3)納品書 Statement of Delivery → 納品伝票の類と思いますが 普通の商品ではStatement of Delivery という言い方はしません。Delivery slip, Delivery noteぐらいです。Statement of Delivery とは土地建物とか大型機械の取引のように法律で決められていたりする時に使われる用語です。

4)受領書 Acknowledgement → 物品受領書のことと思いますが、それなら Goods Receipt (or Receipt of Goods)が適切です。acknowl...続きを読む

Qinvoiceは領収書と同様の効力がありますか?

カフェ&雑貨店を家族でこじんまり経営しています。
アジアのメーカーから商品を購入し、出荷・支払いの手続きは一通り完了しました。
そこで、領収書の請求をしたのですが、メールで電子ファイルのinvoiceを送ってきたのみでした。invoiceというと、私の理解では請求書または納品書なのですが、日本の会計処理において、領収書と同等の証書になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは、invoiceの取り扱いですが、基本的に何時、何処で、何を幾らで買ったかと言う事が分かれば、経理上は問題が無く、税務署に対しても領収書が有ったに越した事は無いですが、税務署が調べるのはお金の支出先と目的ですから、それをinvoiceで証明出来れば大丈夫だと思います。
 極端な話、電車賃などで領収書が無い場合、ただの紙に何時・何処で・金額を記載していれば大丈夫ですので、最終的に支出を明確にすれば大丈夫だと思います。
 

Q「領収書」、「レシート」、「インボイス」の使い分け

 日本語を勉強中の中国人です。「領収書」、「レシート」、「インボイス」の使い分けを教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

レシート:
食事や買い物などで、レジスターから吐き出される、印字された紙
一般的には、税務調査で要求された時、レシートよりも領収書じゃないと認められないと言われてますが、法律的根拠はありません。
ただし、レシートには記述不足があったり、印字が消えたりするので、税務署対策にはあまり使われません。

領収書:
買い物や食事で支払った金額を、手書きで記載したもの。
会社での経理処理などではこの手書きの領収書を要求する会社が多いです。

インボイス:
請求書の事。買い物で支払いを要求するために商品と価格を一覧にし、合計金額を記述したもの。
税務処理上では、領収書とは分けて考えますが、支払処理後の印があれば、実質的に同じようなもの。

Qbill と invoice の違い

bill と invoice の違いがどうもわかりませんでした。

Aベストアンサー

もっと簡単に考えていいと思います。

bill 支払いが確約された請求書
invoice 支払いが証券化できる請求書
だと思います。

invoiceについて、#4さんが説明されているのが、その点で、invoiceは必ずしも、すぐに請求に結びつかないものの価格(#4さんのいう価額)を書いたものです。
ちょっと難しくなりますが、商法でいう相殺とか手形と同じような働きをする(できる)ものの価値をどこかの通貨で表したもの(もちろん為替の問題もあります)が、invoiceとされるものです。

billは、基本的に期日までに決済(支払い)をしなければならないものです。
まあ原則的にですので、必ずしもこの通りではないのでしょうが、ニュアンスは合っていると思います。

Q○○さんをCCに入れて…

英語での取引先のE-mailで、
先方に○○さんをCCに入れてくださいと
書きたいのですが、どう書けばいいのでしょうか。

こんなんでしょうか?
Please CC Taro-san next time.
Please add Taro-san as CC next time.

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。

これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your...続きを読む

Q英語の請求書の雛形がほしい

海外向けの請求書や納品書をはじめてつくるのですが、英語の請求書の雛形でいいものありませんでしょうか。

Aベストアンサー

https://www.miraiz.bz/Template/Index/
のなかの(経理書類)請求書(英語) というやつはどうでしょうか?

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q英語で「担当者」は?

一覧表で「担当者」という欄を英語で書くときに適当な単語をご存知の方いらっしゃいますか?「the person in charge」だと長すぎてしっくりこないし、「contact (person)」としても、連絡窓口というわけではないから正しくないような気がしていつも迷ってしまいます。。

Aベストアンサー

例えば,ビジネスでは,owner というのをよく使います.責任者の意味もあり,その仕事を lead して行く立場です.ex) product owner, project owner, 等.
文脈によっては,manager からある仕事を任せられた場合に,assignee という場合もあります.状況により,他にもいろいろあります.
一語の条件が無い場合は,key person というのも.プロジェクトの場合は,ライン管理者でなくとも project manager になることもあります.team leader もそうですね.

「担当者」というのはかなり広い意味合いですから,まずどんな担当者かを決める必要があります.極端には,指示にしたがって命ぜられた仕事をこなすだけの人も「担当者」ですから.

Q英語で「個数」「件数」は?

質問は単純です。
英語で「個数」や「件数」をなんというか、です。

とりあえず、思いついたのは、numberでした。
たとえば、「りんごの個数」は"a number of apples"ですか?
でも、"a number of"は「いくつかの」という意味ですよね。

「データの件数」は"a number of data"でしょうか?

私は英語はほとんど出来ませんが、numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

>「個数」や「件数」をなんというか、です。
>とりあえず、思いついたのは、numberでした。
意外に思われるかもしれまんせんが、語の選択はnumberであっています、と思います。

>「りんごの個数」
the number of (the) apples

>「データの件数」
the number of (the) data

>numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。
実は、昔、私も、「個数や件数はなんていうのかな、え、number? え、本当?」と、奇異に感じたことを、思い出しました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング