大正ロマンの雰囲気が味わえる小説を探しています。

当時書かれたり、当時のことが書かれたり、
風俗や文化、歴史など思いっきり堪能できる小説をぜひご紹介ください。ジャンルは問いません。またカテゴリ違いですが映画も補足としてお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2005年に妻夫木聡さんと竹内結子さんの主演で映画化された


<原作>三島由紀夫の『春の雪』はいかがでしょうか?
※1965年(昭和40年)から1967年にかけて
月刊雑誌「新潮」に連載発表されたものです。

参考URL:http://www.harunoyuki.jp/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。

原作読んだあと映像の方も見ました。
これは三部作なのでこれからすべて読もうと思ってます。映画は三部作全部描かれているのかと思ったら一部のみですね。続編も映画化されればと思います。

お礼日時:2006/12/14 16:18

他の回答者様と比べると若干通俗寄りの傾向となるかと思いますが


小杉天外の「魔風恋風」(まかぜこいかぜ)なんていかがでしょうか?
明治30年代に大人気となった新聞連載小説ですので「大正」というとちょっとズレるのですが、主人公の女学生が当時普及しはじめたばかりの自転車に乗る姿が当時の最新流行「ハイカラ」と関連して話題になったそうで、若者の風俗方面に興味があるのでしたらお薦めできます。

参考URL:http://www.ebookjapan.jp/shop/title.asp?titleid= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。

小杉 天外という作家さんは初耳です。
リンク先のあらすじを読んだのですが、面白そうですね。
登場人物や話の展開の多さが現代劇のようですね。でも当時の作家さんで当時書かれたものなんですよね。
風俗小説として楽しめそうですね。

お礼日時:2006/12/14 15:59

泉鏡花『日本橋』はどうですか?


確か大正時代にかかれた花柳界の芸者さんの話です。
泉鏡花自体明治~昭和にかけての作家さんなので、彼の作品全般に
大正ロマン(時に怪奇幻想・耽美寄り)的な雰囲気が漂ってるように思います。

この回答への補足

お礼が遅くなりすみません。
これは戯曲でしょうか?

補足日時:2006/12/14 15:51
    • good
    • 1

私は明治も大正も昭和(戦前)も違いがわからないのですが、そんな雰囲気というのであれば、



鈴木清順監督の諸作品。
けんかえれじい(1966年)
ツィゴイネルワイゼン(1980年)
陽炎座(1981年)
夢二(1991年)

小説なら谷崎 潤一郎なんでしょうね。
「細雪」、「春琴抄」。これら原作の映画もありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。

鈴木清順の作品は何本か見ています(「陽炎座」「夢二」「ピストルオペラ)。が、やはり難解です。でも「大正ロマン三部作」は確かに当時の雰囲気や風俗が楽しめますよね。

お礼日時:2006/12/14 16:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大正ロマン・古典柄について

着物の柄の表現ですが、大正ロマンとはどういう風なものを言うのでしょう?
全体に薔薇模様がほどこされているものを大正ロマンと呼んでいたり大柄の模様を呼んでいたり。
よくわかりません。

あと「古典柄」についてもよく分かりません。

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

まずは大正ロマン(大正浪漫)という言葉を正しくご理解ください。
明治と昭和の狭間のたった15年という大正時代ですが、政治や思想、文化がある程度の円熟期を迎え華やかなりし時代でした。
谷崎純一郎や芥川龍之介といった著名な作家が登場したり竹久夢二の歌や絵が大流行した時代です。
つまりはその時期に流行った着物に近い雰囲気を持つものが「大正ロマン風」と呼ばれるのです。

その大正ロマンを代表するものは何と言っても銘仙の着物です。
これは先染めの平織りの着物で大正期に染織技術が向上し、自由なデザインの織物を安価に作れるようになったことで大流行しました。
それまで例を見なかった華やかな色使い、大胆なデザイン、まさにモダン着物の先駆でした。
まるで映画女優気分になれる斬新な着物は当時の女性達をとりこにしました。
とくにこの柄という定義はありませんが今見ても実にモダンなデザインです。
ハイカラさんで有名な矢絣の着物もこの銘仙なのです。

もちろん銘仙だけでなく友禅にも大正ロマン風があります。
薔薇や百合や蘭といった洋花も盛んにモチーフに用いられました。
この時代の洋風でモダンな着物デザインを総称して大正ロマン風と言ってるようです。


そして言ってみればそれ以前のものが「古典柄」
古くは奈良時代の頃から続く正倉院柄などあり今でもすべての和服の基本デザインです。
http://www.kanaiya.co.jp/mame/08-03.gara.htm

まずは大正ロマン(大正浪漫)という言葉を正しくご理解ください。
明治と昭和の狭間のたった15年という大正時代ですが、政治や思想、文化がある程度の円熟期を迎え華やかなりし時代でした。
谷崎純一郎や芥川龍之介といった著名な作家が登場したり竹久夢二の歌や絵が大流行した時代です。
つまりはその時期に流行った着物に近い雰囲気を持つものが「大正ロマン風」と呼ばれるのです。

その大正ロマンを代表するものは何と言っても銘仙の着物です。
これは先染めの平織りの着物で大正期に染織技術が向上し、自...続きを読む

Q大正、昭和の時代が舞台の小説

朝ドラごちそうさんに似た小説をご存知の方いませんか?


今ごちそうさんにハマっています。あのドラマは原作が無いようなので、あのドラマに似た時代背景で男性が関西弁を話すような小説をご存知の方いませんか。

あまり暗い話よりは分かりやすい小説の方が入りやすいです。今は遅い流行りで 嫌われ松子の一生 を読んでいます。あの昔の生活や時代が今には無い良さがあってとても惹き込まれます。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

関西が舞台で映画化もされた昭和の有名な小説で
谷崎潤一郎 細雪 (上・中・下)
http://www.amazon.co.jp/dp/4101005125
http://www.amazon.co.jp/dp/4101005133
http://www.amazon.co.jp/dp/4101005141

大正時代が舞台で映画やTVドラマ、TVアニメ化もされた漫画作品で
大和和紀 はいからさんが通る(1~4)
http://www.amazon.co.jp/dp/4062600862
http://www.amazon.co.jp/dp/4062600870
http://www.amazon.co.jp/dp/4062600889
http://www.amazon.co.jp/dp/4062600897

Q大正ロマン

大正ロマン!?の写真集か雑誌、サイトを探しています。

趣味の枠で本か芸術か、悩んだ結果こちらで投稿させていただきました。
質問の場所が違っていたならすみません。

私は明治や大正あたりの日本で
西洋かぶれの家具などのデザインの事を、大正ロマンというのでしょうか?
上手に表現できないのですが、そういうデザインが好きなんですが、
何か良い本やサイトはありませんか?

鹿鳴館みたいな建物、その内装や家具などを見てみたいです。

何かお勧めのもの等があれば教えてください

Aベストアンサー

大正以前の西洋風邸宅や内装が見たい、ということでよろしいでしょうか。

現存する旧皇族旧華族もしくは旧財閥トップのお屋敷を見学するのが手っ取り早いかと思います。
全て見学可能ではありませんが、一部庭園を解放したり、レストランや美術館になったりしているところも多いです。

東京は戦時中大空襲に遭いましたが、それでも流石に首都なので上流階級の邸宅は結構残ってます。
有名どころだと旧岩崎邸とか。
確か鹿鳴館と同じ人が作ってるはずです。
上野の不忍池の近くです。

「東京 洋館」で画像をググるとどっさり引っかかりますよ。
お好みの所へどうぞ♪
書籍も「明治 洋館」のキーワードで探してみてください。

ただ、3月の震災で東京は地味に被災しています。
(九段会館のホール天井が落ちちゃったり)
建物が傷んで修理中の所もあるので、見学の際は事前に確認されることをお勧めします。

Q大正~昭和初期の舞台の小説を教えてください。

私は大正~昭和初期の舞台の小説が大好きです。

今まで読んだのは
菊池寛「貞操問答」「無憂華夫人」
谷崎潤一郎「痴人の愛」
吉屋信子「あの道 この道」「良人(おっと)の貞操」「わすれなぐさ」

もし、おすすねの小説がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたがすでに読まれたものの似た系統からおすすめ・・・
永井荷風「墨東綺譚」
梶井基次郎「檸檬」

Q大正ロマン

大正ロマンの雰囲気を感じることができる邦画がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」「夢二」がおすすめです。今、調べたら、『鈴木清順<浪漫三部作> プレミアムボックス <初回限定生産>』として出ているようですね。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=113510

Q小説について カテゴリ違うかも・・・

私に趣味で小説を書いている友人がいます。(あんまり聞かないかもしれないし、いないかもしれませんが・・・)

その友人は書くことが好きで、特に書いたものを本にして出版したいとかそういうのは無いそうで、ただ自分の趣味として小説を書いています。

そこでその友人から相談されたのですが、その友人は今、次の作品を考えていてどういう話しになるのかは聞いていないのですが、その作品の中に高校生(3年生)のカップルが2人だけで旅行に行く場面を描きたいんだそうです。
ただ、その高校生が現在在学中の高校生の設定で未成年になるので、社会的に問題は無いのかと相談されました。

私も高校時代に一人旅に行ったり、周りにそういう人がいなかったので分からなかったのですが、私がネットで調べると高校生だけで旅行に行くのは家出人と間違われて補導されるケース(夏休み等の長期の休みだったら大目に見てもらえることもあるとか・・・)もあり、宿泊先はビジネスホテルや宿のほうがいいという声もありました。

現実には家出人と間違われて補導されるということもあると思いますが、よくドラマや映画を見ていると「あり得ないでしょ」というような展開や設定がよくあるので、私は小説の世界なら別に細かいことは気にしなくてもいいのかなぁと思いました。

みなさん、どう思われますか?

カテゴリ違うかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

私に趣味で小説を書いている友人がいます。(あんまり聞かないかもしれないし、いないかもしれませんが・・・)

その友人は書くことが好きで、特に書いたものを本にして出版したいとかそういうのは無いそうで、ただ自分の趣味として小説を書いています。

そこでその友人から相談されたのですが、その友人は今、次の作品を考えていてどういう話しになるのかは聞いていないのですが、その作品の中に高校生(3年生)のカップルが2人だけで旅行に行く場面を描きたいんだそうです。
ただ、その高校生が現在在学中の...続きを読む

Aベストアンサー

なぜ、そこを気にするのでしょうかね?
気にしてもし駄目なら、その小説自体かけなくなるのでは・・・?

小説内の話しなのですから、別によいとおもいますけれども。。。

Qアジアチックではなく、大正ロマンの部屋を作るには

こんばんは。
オーストラリア在住者です。
自宅で日本語を教えており、教室を和室にして生徒がつかの間でも日本の雰囲気を味わえるようにできたらと考え中ですが、家具の手配が容易ではありません。家の作りも洋風なので、どうしようかと思っていたところ、和洋折衷の「大正ロマン」風にしてはどうかと思い至りました。そこで今日アンティーク家具の店など色々見てまわったのですが、バリなどのアジアンチックな雰囲気ではなく「大正ロマン」を意識するには、何をポイントにすればいいのでしょうか。写真など色々検索してみましたが、いまひとつ掴めません。何かアドバイスがありましたら、ぜひ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の勝手なイメージですが、大正ロマン=こげ茶色の重厚な家具&赤い絨毯、です。
竹久夢二の絵を飾ったら、それらしく見えるかも・・・?
「大正ロマン 家具」で検索すると、インテリア画像がたくさん出てきます。

オーストラリアの方々にとっては、和室=障子、襖、畳、が一般的だと思います。
フローリングに置き畳を敷いて、和風の衝立を置けば、それらしい雰囲気になりそうですが、
そういう簡易的なものではダメでしょうか。
アンティーク家具も良いですが、インテリア什器にも和風な物がたくさんあります。

http://www.nigiwai-dougu.com/category/017_japanesestyle/display/display.html

Qどんなジャンルにも属さない不思議な小説を教えてください。

どんなジャンルにも属さない不思議な小説を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、むすかしいごていあんです. ι(∵)

先にあげられている夏目漱石の作品に似た手触りで
§「絵のない絵本」
 ハンス・クリスチアン・アンデルセン・著

§「手品師の帽子」
 安野  光雅・著

§「ランゲルハンス島航海記}
 フリーゼル,ノイロニムス・ノドゥルス・著

§「パパラギ」
 ツイアビ/ダニエル・ケルン ・著

§「心の影」
 ロジャー・ペンローズ

§「ソフィーの世界」
 ヨーンスタイイン・ゴルデル

§北 杜夫さんの「さびしい」シリーズ

§ロバート・シーゲルさんの「クジラの歌」シリーズ

.....でも本屋さんのナビでは必ずどこかに分類されていますけれどね♪
どんなものでしょうか・おめがねにかなうかな?

Q明治や大正ロマンかおる、レトロな女性の人名

明治/大正ロマンかおる、レトロな女性の人名ってどんな名前がありますか?
袴をはいて女学校に通っていたようなハイカラさんの時代。
そんな時代に流行した、今では少し古風な雰囲気のする女性の名前をおしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
維新後にはそれまで皇室・公家・大名家などでのみ用いられていた「~子」型の名前が庶民にも広がっていきました。
明治五年生まれの樋口一葉の「夏子」、同八年生まれの大塚「楠緒子(なおこ)」、同十一年生まれの与謝野「晶子」、同十九年生まれの平塚雷鳥の「明子」などにもそれがあらわれているかと思います。
明治生命調べによると、その後大正に入り元年・四年には「千代」がその年に生まれた女性名の第一位だそうですが(「改元」の影響を受けての命名と思われます)、二年は「正子」、三年は「静子」、五年は「文子」、六年は「千代子」、七年は「久子」と、このようにずっと「~子」型の名前が一位を占めています。
何か特別「大正ロマン」の香りがする名前という感じでもないかもしれませんが、実際流行した名前はこういうものであったようです。
ご質問の趣旨に合うかわかりませんが、ご参考までに。

Qライトノベルのジャンルで時代小説を扱ったものを教えてください

ライトノベルのジャンルで時代小説を扱ったものを教えてください。

なるべく面白いものをお願いします!

Aベストアンサー

 コバルト文庫でもよろしいでしょうか?

 倉本由布さんの作品は、いかがですか?鎌倉時代から安土桃山時代ぐらいを舞台にした作品を多数書かれています。「夢紀行」シリーズ(いくつもの時代を書いています)や、「花くれない草紙-摩阿姫恋奇譚-」(前田利家の娘が主人公です)、「夢鏡(ゆめのすがたみ) 義高と大姫のものがたり」「雪の系譜 竹御所・鞠子」「鎌倉盛衰記」「千の夢を見る 義経転生幻想記」「華焔 義経の妻」といった、作品は鎌倉時代が舞台です。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報