これからの季節に親子でハイキング! >>

計算ができなくて困っています。
最終的に普通の換気扇と全熱交換ユニットを取付けた場合ではどれくらい金額にして節約できるかの計算をしたいと思っています。
ただ数学が苦手で困っています。
換気量     A 150m3/h
空気密度    B 1.24×10-3g/cm3 ←(1.24×10のマイナス3乗です)
1)空気の質量D =換気量×密度(A×B)=186 Kg/m3

空気の定圧比熱 C 1.006 KJ/Kg・℃
空気の質量    D 186 Kg/m3
温度差      E 8 ℃
運転時間     F 1000 h (年間です)
2)換気による損失熱量G=空気質量×定圧比熱×温度差×運転時間
G=186×1.006×8×1000=1496928 KJ(←通常換気扇の熱量です)

これに対して70%の熱量の回収ができる全熱交換ユニットを付けようと思っています、通常換気扇と比べたいと思っています。
熱損失の差=G×0.7=1047849KJ
空調機なので成績係数は4で 1047849÷4=261962KJ
最終的に電気量金額にしたいので1KW(10円)=3600KJ
261962÷3600×10=727.6円
年間727円の節約は少なすぎると思うので計算が間違っていると思っています、単位が違うと数学ができないので良く分からなく困っています。分かりずらい説明ですがお願いします。





              
           

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

小生 SI単位でなく古い単位ですが計算します


1) A 150m3/h、8℃、比熱 0.31Kcal/(m3.℃)1000h
   150 * 8 * 0.31 *1000= 372000kcal/h

2)1kwh=860kcal,エアコンの成績係数 4
372000 ÷ 860 ÷ 4 = 108 kwh の消費電力
3)回収熱量 70%であれば
   108 * 0.7 =75.6 kwh
4)単価 10円/kwh で
       756円/年間の損失減少

まとめ 答えは合っています、但し 電力単価10円は安いですね、工場の高圧受電の単価ですね、家庭であれば概ね23円/kwh です。
1)空気の質量D =換気量×密度(A×B)=186 Kg/m3
        150m3/h *1.24kg/m3=186kg/h ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅くなりました、さっそくの回答ありがとうございます。
わかり易く説明ありがとうございます。
最近工場に移動になったばかりで、これからも何かあったらよろしくお願い致します。

お礼日時:2006/12/03 13:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング