月はなぜあんなに明るいのですか?
太陽と違って自分で光を出していないのに、不思議なんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

月が光るのは、太陽の光を反射しているからです。


他の惑星もそうですが、月が一番近くにあるため一番明るいのです。月と太陽の位置関係によって月の満ち欠けが起こります。月が地球をはさんで太陽の正面にきた時が満月です。月が太陽の裏側にきた時が新月です。満月の月が地球の影に入ると月食が起こります。
この様な回答でよろしいですか?
もっと違う意味の質問(月の地表構成元素など)でしたらご容赦ください。
    • good
    • 0

月が明るく見えるのは、まわりが暗いからでしょう。


先に回答にあるように、月は太陽の光を反射していますが、太陽ほど明るくありません。

車のライトは、昼間に見たらまぶしくないですが、夜道で見たらまぶしいですよね。
それと同じです。

月が太陽くらい明るかったら、夜空に月はないですよね。
    • good
    • 0

確かに、夜空に浮かぶ月を見ているとこれは太陽からの反射光だけでなく自ら発光しているかのように錯覚してしまいそうなほど明るく綺麗に光って見えることもありますね。


月面の写真などを見るとデコボコでざらついてて灰褐色の地表がなぜ地球からみるとあのように綺麗に白く光るのか・・・
それは、身近なもので考えてみるとわかりやすいと思います。
たとえばパチンコ球ですが表面はツルツルで、暗いところで懐中電灯などの光をあて、見る角度を調節すればかなりの明るさに輝いて見えますね?
ところがこのパチンコ球も、顕微鏡などでそれなりの倍率にして見ると、表面の粗さが見えてきて、離れた位置から見たほどに輝いては見えません。
その理由は、距離が極端に近いとその個体が反射している全ての光のほんの一部しか見ることができないからです。
逆にその固体全体を見渡せる距離を置くことにより見ている方向に反射してくる光を全てとらえることができるためその光が収束(的確な表現ではないかも・・・)し、明るく見えるのです。
月もこれと同様で月面付近では粗い表面も距離を置いて見ることにより滑らかな表面として見ることができるため、あれほど輝いて見えるのだと思います。

ご質問の趣旨をとらえ違えていたら、すみません(^^;
    • good
    • 0

 太陽は-26.7等星。

満月は-12.7等星。(マイナスが付いていることにご注意。)
 星の等級というのは、5等級で100倍の明るさの違いに相当しますので、満月は太陽の1/40万の明るさです。満月は(模様が見えるのは別にして)真ん中も縁の方も大体同じ明るさに見えますよね。これは、月の表面で反射された光が四方八方むらなく跳ね返っていることの証拠です。(もし鏡みたいに特定の方向にしか光が反射しないのだとすると、満月は真ん中だけが光って、縁は暗いはずです。)このことを考慮すると、月が太陽の1/40万の明るさであるというのは、大変効率よく光を反射していると言えます。
 なお、地球から見る月より、月から見た地球の方が、大きい分だけ明るい。特に雲がたくさんあると明るくなります。このため、地球で反射した光が月に跳ね返って、太陽で照らされていない影の部分を僅かに明るくすることがあり、その結果(地球から見て)まれに三日月の暗い側がうっすらと見えることがあります。俗に「月がかげを抱いている」、専門用語で「地球照(ちきゅうしょう)」と言います。
 さて、満月は太陽の1/40万の明るさ。これって明るいでしょうか?月が煌々と照っているように感じられるのは、実は目の「暗順応」のせいでもあるのです。明るいところから急に暗いところに入ると、はじめは何も見えませんよね。それがしばらく(15-30分)するうちによく見えるようになる。目が暗いところに慣れる仕組みを持っているからで、これを「暗順応」と言います。月夜はやっぱり暗くて、目が暗順応しているんです。昼間より遙かに感度が高くなっている。それで、僅か1/40万の光でも結構明るく感じるという訳です。
    • good
    • 0

月が光るのは、太陽の光を地球に向けて反射しているからです。

月に限らず太陽系の惑星や彗星、衛星は、みんな太陽の光を反射するので光って見えるのです。

月と地球と太陽の位置関係によって、月が地球に返す光の量は変わってきます。それが、月の満ち欠けですね。まれに地球の影が月に映るのが、月食という現象です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽光発電をするにあたって、雨の時や太陽が出てない時は発電しません。その対策としてどのようなことがあ

太陽光発電をするにあたって、雨の時や太陽が出てない時は発電しません。その対策としてどのようなことがありますか?

Aベストアンサー

太陽が出ているときに発電したエネルギーの一部を蓄えておき、発電できないときに蓄えを取り崩して電気エネルギーにします。蓄える代表的な方法はバッテリーを使うことですが、蓄熱する方法もあります。

ウチの勝手口に付けている防犯灯(LEDです)は、太陽光発電で発電したエネルギーをバッテリーに蓄え、夜間の発電しないときにバッテリーに蓄えられた電気エネルギーで(人が近付いたら)点灯するようになっています。

発電所レベルの大規模なところでは、揚水型水力発電があり、余剰の発電エネルギーで水をダムの上に汲み上げて蓄え、発電量が減るとダムに蓄えられた水で水力発電します。

Q【太陽光発電の謎】太陽光発電というか電線と繋がっているのは1家に1本ですよね? 電力線は売電時は送

【太陽光発電の謎】太陽光発電というか電線と繋がっているのは1家に1本ですよね?

電力線は売電時は送り出し。電気消費中は送電で電柱の電線から電気を受け入れる。

電線は家庭引き込み電線は一方向しか送れないはず。

ということは売電中は蓄電器に溜まった電気で家庭電力を賄いそこからさらに電柱に送って売電してるってことですよね?

それとも太陽光発電の売電用に電線が2本になるんでしょうか?

売電中は蓄電器から送って、もう1本の電線から電柱から入電して家の電気が付く仕組みですか?

どうなってるんでしょうか。

Aベストアンサー

>電線と繋がっているのは1家に1本ですよね?

通常単相200Vですので、3本です。

>電線は家庭引き込み電線は一方向しか送れないはず。

そんな事はありません。双方向に送れます。
通常の電力計のまま発電すると、売電時は、逆回転します。
これでは、売電量が分からないので、買電メーターと、売電メーターの2つを付けて、
電柱から電力を受ける時は、買電メーターが回り、
太陽光などから電柱に電力を送り出す時は、売電メーターが回るようになってます。
 正確には、近隣の家が、太陽光の発電電力を使用します。
買電メーターと、売電メーターは、逆回転しないように、ストッパーが付いています。
上記のような機械式ではなく、電子式のメーターもあります。

Q太陽光発電と太陽熱温水器

比較すると、どうも光の方が効率も悪くコストが高いような気がします


太陽熱温水器で出来たお湯の熱エネルギーから効率よく電気って作れないものでしょうか?
コスト、ロス大きい?

Aベストアンサー

参考URLの記事を見つけました。
発電出来ないことはなさそうです。

ですが、下記の記事では太陽電池の効率は8%となってますが、実際は10~20%で、30%近いものもあるようです。

発電するには太陽電池の方が効率が高いと思われます。

これに対し、太陽熱温水器の方は効率を数値で表示しているものをみつけられず、比較することが出来ません。

太陽熱温水器の方が効率が良いとする根拠をご存じでしたらご教示願います。

参考URL:http://www.sankei.co.jp/eco/news/2004/08/04-1.html

Q太陽光発電と太陽熱発電

現在、太陽電池に関する論文を書いているのですが、以前なにかの新聞かニュースで
「○○大学が太陽光発電と太陽熱発電のハイブリット発電を研究しており、発電効率25%を目指す」
のような内容を見聞きした記憶があります。

しかしこの文章も数値も曖昧なので出典を探しましたが
なかなか見つけられません。


どなたかこのニュースや記事を知りませんか?
ネットであればURL、新聞であれば会社名と日付を教えていただきたいです。

また
「太陽光発電と太陽熱発電のハイブリット発電」
に当てはまればとりあえず教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

 かなり古い話ですが、電熱併給型ハイブリット発電という実験があります。

http://www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/51_2/035-040.pdf

Q太陽光と太陽熱の違いとは?

太陽熱、太陽光の発電の仕方には、違いがあるのでしょうか? 分けて書いてあったので・・・・。
もしよければ回答お願いします。

Aベストアンサー

光と熱は5感中心につけた曖昧言葉です。
だからなんとなく分かるような分からないような。
科学時代にもっと熱の定義をつけておくべき必要性を感じています。

そこで仕方がないから自分なりにまとめたものを紹介します。

 太陽熱
文字どうり太陽が照ると、暖かいですね。煮たり焼いたり、燃やしたりする範囲のものも、熱と言って実感しているから太陽熱と言っただけ。

 太陽光
同じ太陽なのに今度は、光 だから迷うのは当然ですよね。よく考えると、これ以上受けのよい呼び名はないとも思えます。名前を付ける人は、科学的より感覚的に民衆に受けのよい名をつけるのが上手といえましょうか。
近くは、燃料電池があります。水素電池、空気電池とでもいえばよいと思うのですが。

現在、科学的に分かったことは、光も熱も、電磁波の5感でつけた用語だと言うことです。

●電磁波とは

★+と-の静電気の粒子が放出する互に吸引反発する透明な 静電気の力。と、

★磁石同士が放出する互いに吸引反発する透明な 
     磁力

2つとも電気の力です。

●●電磁波とはこの静電気の力と磁気の力が直角に交って高速振動して空や、宇宙を縦横無尽意に飛び交っているものです。
それで静電気の「電」と磁力の「磁」を使って電磁波と言ったものです。
 歴史的経過と共に五感でつけて来た名前を、振動数の少ない方から概略、並べると、
電波、長波、短波、赤外線(熱線)、7色の可視光線赤黄緑紫菫(光)、紫外線、X線・・があります。


太陽熱
 赤外線は人体は熱を感じたので熱線とも言いました。太陽熱と言うのは、以上の理由から、赤外線付近の静電気と磁気の振動数(電気用語では周波数と言う)が人体の肉体分子に共鳴して振動させ、それが温かく感じるので、この太陽光線の中の赤外線の範囲のあたりを太陽熱と言っている。

太陽光発電
と言うのは、シリコンなどに、紫外線のように振動数の激しい大きい光線(目の視細胞を振動させ脳まで電流を流し、明かりや色を感じる振動数の電磁波のことを光と言ってきた)を照射して、シリコン素子パネルに効率よく発電させることを利用している現状を言うのに、曖昧用語の「光」を一緒にして太陽光発電と言ったもの。太陽発電と言った方がもよいかも??
 現在は、暗黙のうちに、光と電磁波を同じに使い、昔の明るくしてくれた光は、可視光線といって区別
するようになっているようです。

太陽(光)発電の
 一番の根拠は、アインシュタインの光電効果(ノーベル賞)の発見です、実験で、亜鉛板に赤外線を照射してもだめだったのが、紫外線を照射したら、電子が飛び出したことを発見し、光電効果として、ノーベル賞受賞し、TVカメラ、放射線測定器、シリコンの太陽電池・・に応用されてるのです。
太陽光発電と言うのは、太陽かは放射されてくる光線(あらゆる振動数の電磁波の意味)

の中で、シリコンパネル素子に効率よく電子をたたき出して発電効率のよい、紫外線以上の振動数の大きい電磁波※

(周波数の大きい、波長でいえば波長の短い電磁波、エネルギーでいえば、エネルギーの大きい★注、科学的には、振動数が大きいほどエネルギーが大きいことが分かっています)

※を利用して、シリコン素子をパネルに並べ、大規模に屋根に並べたり、広場や、途上国では砂漠や、山奥に設置して、電気機械器具装置を動かして利用する領域を、太陽光発電と言った。と、言うことです。
まとまりつきませんでしたが、これだけにします。

参考ー紫外線以上になると、人体を構成する肉体分子は、熱を感じ取れぬまま知らぬうちに破壊されます。これは赤外線の電気振動数は、肉体構成分子(分子はすべて電気で出来た原子と言う粒子がつながって出来ている)によく共振して振動するるから熱として感じ。
紫外線以上の振動数の大きい電磁波(波長でいうと波長の短い電磁波)になると、小さな原子を直接共振して激しく振動させて、分子のつながりを分解結合して、破壊するので、人体は感じ取れぬまま肉体分子が破壊され、白血病や皮膚ガンや火ぶくれを起こすのであろう。と自分なりに理解しています。

光と熱は5感中心につけた曖昧言葉です。
だからなんとなく分かるような分からないような。
科学時代にもっと熱の定義をつけておくべき必要性を感じています。

そこで仕方がないから自分なりにまとめたものを紹介します。

 太陽熱
文字どうり太陽が照ると、暖かいですね。煮たり焼いたり、燃やしたりする範囲のものも、熱と言って実感しているから太陽熱と言っただけ。

 太陽光
同じ太陽なのに今度は、光 だから迷うのは当然ですよね。よく考えると、これ以上受けのよい呼び名はないとも思えます...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報