【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

現在、デザイン会社で勤務しています。
学校案内パンフレット作製などの各種印刷物の営業活動を考えているのですが、知人からこんなアドバイスをもらいました。

アドバイスによると、小学校に関しては地元企業のみが取引しているらしく、新規企業が足を踏み入れる事は
不可能との事でした。

それは事実なのでしょうか?
それぞれの営業に関して、アドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

小学校の教員です。


地元企業が…というのは、まあ半分、本当です。
他の企業がいきなり電話したり訪問しても、お話しする時間がないことがほとんどですし、門前払いですね。

ただ、カタログやPR広告をおいていけば、何かの際に検討してもらえる可能性もあります。
うちの学校では、高いものは特に、数社で見積もりをとって検討するように言われています。

印刷物で言えば、例えば学校が出す文集などで、もちろん地元企業も考えに入れますが、
保護者負担になるものなら、やっぱり一円でも安いほうがいいし、サービスのいいところを選びたいですし。

小学校は特に、イベント事などの時期がありますから、いきなり契約お願いしますではなくて、自分の会社のPRをするといいと思います。
    • good
    • 0

一般的な営業では、開かれた場合と一部に対応する閉じた場合が有ります。

実際 学校には行かれましたか?相手の顔が役所か銀行(少し前の)の人みたいでなかったですか!
今や「安かったり良ければ、話を聞くよ」というスタイルが増えてるようですが古い社会(学校や古い会社、大きい会社など)ではそうではありません。過去のつながりが大切なのです。初めての相手と仕事をすることはリスクがあります。実際信頼できる人の紹介以外仕事しない業務も多いのです。
ですから、こうした繋がりを作る方法を検討するのは大切だと思います。現実的には「地元企業」と取引ではなく 一部企業と取引だと思います。これは1 誰かの関係か、2 過去の長い取引実績が大きいなどの理由です。
1では 関係者異動がチャンスです。但し異動した後ではダメです。異動前から既にコンタクトして候補企業となる必要があります。そこまで校長・教頭先生や理事会の情報が取れる場合は効果的です。
2では 安い料金か商品・サービス簡便性が武器となることが有ります。そうしたアピールや資料提出が大切です。また信頼性も重要です。取引会社や新聞記事、財務資料、競合校採用実績で何か信頼につながるなら何でも提出した方が良いです。資料も単なるコピー用紙でなく製本したりファイルを付けたり手間がかかってしっかりしている雰囲気を作り出しましょう。
更にこれらを定期的に、上司の人まで、文書かeメールで渡すことが重要です。形に残して、決定権者に意識に残す。これはまっとうなやり方で手間がかかります。うまく行ったときの成果を想定して、作業対効果で判断されるてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校への営業

小・中学生の卒業製作や美術の教材として商品を学校に売りこみたいのですが。どのような方法があるか教えてください。また、決定権は校長先生にあるのが担当の先生にあるものなのでしょうか。それと、個人営業なので相手にされないか心配です。とりあえずは校長先生宛てにDMを出して連絡があればサンプルを送るか持参するつもりでいます。小売店への販売も考えていますが、やはり一度の注文数が多く毎年購入してくれる可能性があるので是非販売したいのです。
商品は私が考案したものでどこにもない、子供達にとっても意味のあるものと思っています、コンセプトはコミニュケーショングッズで半完成品を子供達がつくるものです。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

個人での学校教材の販売は、それなりに難しいと思います。ただし、可能性がまったくない訳ではありません。公立の小中学校では、その自治体の教育委員会(○○市等であれば、市の教育委員会)に業者登録が必要な場合があります。市役所等の教育委員会の学事課、もしくは、物品購入担当課へ問い合わせてみてください。ただこの場合、備品購入については入札制度をとっている場合が多いです。
その他のアプローチとして、学校では、例えば30万前後を限度に教材備品を購入できる独自予算というものを持っている場合が多いので、それをターゲットにする方法もあります。この場合決定権は校長ですが、窓口としは、事務室の備品購入担当者となります。但し、出入りの業者も多く日頃から担当者とはコミュニケをとっている事も多く、なかなか新規参入は難しいのが現状です。
それと美術担当教員へ直接アプローチも可能だと思います。教員から学校側へ予算請求をしてもらう方法です。但し、一般の出入業者と違って個人訪問という形になるので午後4時以降じゃないと訪問出来ませんという制限を設けている学校も多いようです。あとは、PTAを利用した形での紹介等が可能であれば、PTAの取りまとめ役として、ほとんど教頭先生が兼務している場合が多いので、そのルートを開拓するのも一つの方法ですし、ケースバイケースですが、PTA側から卒業記念に今年は是非これをやりたいという要望があれば、すんなりと学校側も動く事もあります。学校の職員は定期的に転勤がありますので、口コミで商圏が広がる場合もありますし、他校の評判も(特にPTAから見た評判)がよければ、是非うちでもってこともあります。そういう意味で、キーマンをどれだけ作れるかがポイントですが、学校の先生といえども、結局は人間ですので、ものを売る前に人間を売らないと、まずは成功しません。事務室の事務員に対しても、○○先生と呼ぶようにして下さい。ある意味物品購入の決定権を一番握っている場合が多いです(実質校長が一任している事もあります)学校という現場(特に私立)は、まず、門前払いされるのが当たり前と思って下さい。競争相手も当然いますので、その辺りは他の商売となんら変わりません。今後のご検討を祈っております。

個人での学校教材の販売は、それなりに難しいと思います。ただし、可能性がまったくない訳ではありません。公立の小中学校では、その自治体の教育委員会(○○市等であれば、市の教育委員会)に業者登録が必要な場合があります。市役所等の教育委員会の学事課、もしくは、物品購入担当課へ問い合わせてみてください。ただこの場合、備品購入については入札制度をとっている場合が多いです。
その他のアプローチとして、学校では、例えば30万前後を限度に教材備品を購入できる独自予算というものを持っている場合...続きを読む

Q学校への営業

はじめまして。
私は今月から営業職に就いたばかり新人営業マンです。

私が営業で売ることになる商品ですが、学校向けの事務局支援アプリケーションです。
今はテレアポを中心に行い、アポを頂いたところに上司と共に営業に行っているのですが、
どうも普通の法人営業とは違い学校の担当の方が特にコスト面に興味が無いように思います(公立は特に)。

学校で営業するにあたって注意する点は、どのようなものでしょうか?
また、興味をもってもらえる情報は何でしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 私立の学校については分かりかねるのですが、公立の学校でしたらそもそも学校に営業に行かれることは、効果が疑問です。

 以下理由なのですが、

・学校も役所の組織の一つですから、学校での経費支出については設立主体(自治体ですね)の予算に拘束されます。
 つまり、予算が付いていないと購入できないということです。

・勿論、鉛筆など安価なものを購入する予算は、「需用費」という費目でひとくくりになっていますからその範囲で購入すればよいのですが、「事務局支援アプリケーション」ということはそれなりの予算が必要となると思われますから、実務的には教育委員会に購入費用の令達(予算をもらうことです)を交渉することになります(学校についている予算ではなく、教育委員会から予算をもらうことになるので、コスト面に余り興味が無いわけです)。

・学校に関する予算は、教育委員会が自治体の予算調整部署に要求して、その結果付いた予算は教育委員会が執行管理します。
 つまり、学校には直接予算を要求する権限がありません。あくまでも教育委員会が財政担当部署から配分を受けた予算を、さらに配分してもらっているに過ぎないということです。

・ですから、営業されている「事務局支援アプリケーション」が、ある程度の費用がかかるものでしたら、教育委員会に営業して、翌年度の予算として要求してもらう方が効果的です。
 地方自治体ですと、今の時期でしたら既に予算要求の期限は終わっていると思いますから、少なくとも夏までには営業に行っておかれる必要があると思います。

 こんにちは。

 私立の学校については分かりかねるのですが、公立の学校でしたらそもそも学校に営業に行かれることは、効果が疑問です。

 以下理由なのですが、

・学校も役所の組織の一つですから、学校での経費支出については設立主体(自治体ですね)の予算に拘束されます。
 つまり、予算が付いていないと購入できないということです。

・勿論、鉛筆など安価なものを購入する予算は、「需用費」という費目でひとくくりになっていますからその範囲で購入すればよいのですが、「事務局支援アプリ...続きを読む

Q営業!企業への営業方法について(飛び込み&アポ)どうしたら?

今まで営業職として中小企業、個人企業(ファッションブティック、カーディーラー)に飛び込み営業、アポ取り後の営業をしてきて、そのスタイルでずっと今まできましたが、最近組織の方針変更のため、大企業や企業への営業展開をすることになりました。 今までは、中小企業向けでしたので受付でのシャットアウトなども比較的なく、決裁権を持つ方に割合スムーズに会え(もちろん努力はしております)、契約をとってきましたが、これからのターゲットは、担当者に会う前からのプロセスの段階で(受付のアポ取り、電話など)の段階で、勝手が違うように
思います。
 みなさんは企業への新規営業はどのように担当者、決裁者まで辿り着く営業をしておられますか?自分は、電話で「~の関係のご担当者様は
お手すきでいらっしゃいますか?よろしければお話させていただけないでしょうか?」みたいなトークから始めてアポ訪問したり、飛込みではとりあえず名刺と資料を渡し、後日連絡、という形で入り込んでいきました。(大)企業でもそれが通用するのかどうか?営業の基本はどんなターゲットにも応用できるのか?
皆様の意見をお願いいたします。

今まで営業職として中小企業、個人企業(ファッションブティック、カーディーラー)に飛び込み営業、アポ取り後の営業をしてきて、そのスタイルでずっと今まできましたが、最近組織の方針変更のため、大企業や企業への営業展開をすることになりました。 今までは、中小企業向けでしたので受付でのシャットアウトなども比較的なく、決裁権を持つ方に割合スムーズに会え(もちろん努力はしております)、契約をとってきましたが、これからのターゲットは、担当者に会う前からのプロセスの段階で(受付のアポ取り、電話...続きを読む

Aベストアンサー

大企業だからと言って基本のスタンスは変わりません。
確かに受付、セキュリティ、誰が担当者か?悩む点はあるでしょうが、まずは自社製品がその企業に対して少なくとも利益または「面白い」と思わせる用意周到と自信そして「ブレ」ないことです。
そしてしつこ過ぎる(何でも過ぎるのは良くないですが)1,2度行って脈なしと自分で結果を出してはいけません。とにかく行きます。そして名刺は汚すというかメモを書くこと。この曜日、時間帯の良し悪し、人物の特徴とか。
>名刺と資料を渡し、後日連絡、という形で入り込んでいきました。
これが他社の資料もあった時、自社のほうが優れていると思いますか?
インパクトです。初対面は。
>よろしければお話させていただけないでしょうか?
今はこれでいいですが、大抵相手はよろしくないです。
是非、お時間割いて頂けませんか!!自信があって御社に来ました!!
位言いましょう。
後は今までの経験と一緒場数です。
そしてお礼はその日のうち。電話でも担当者不在としても熱心さを伝える。少しずつことが運べば手書きの礼状です。

頭でっかちにならずまず行くことです。
まずのお薦めは大手がテナントに入っている企業を最上階から飛び込みです。時間の無駄なく勉強出来ます。
大手だろうが中小だろうが自信を持ち、相手にオドオドせず堂々と行きましょう。それからのプレゼン、自社商品のプランニングはお任せします。
健闘祈ります。

大企業だからと言って基本のスタンスは変わりません。
確かに受付、セキュリティ、誰が担当者か?悩む点はあるでしょうが、まずは自社製品がその企業に対して少なくとも利益または「面白い」と思わせる用意周到と自信そして「ブレ」ないことです。
そしてしつこ過ぎる(何でも過ぎるのは良くないですが)1,2度行って脈なしと自分で結果を出してはいけません。とにかく行きます。そして名刺は汚すというかメモを書くこと。この曜日、時間帯の良し悪し、人物の特徴とか。
>名刺と資料を渡し、後日連絡、という形で入...続きを読む

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

Q営業の方法を教えてください!

皆さんどうぞ宜しくお願いします!

ベンチャー企業や中小企業の方などで、
大企業へ自社製品の営業をかける時、
そのルートってどうされていますか?

やっぱり人脈を探して行きますか?それとも、
直接大企業に電話してアポとって行きますか?

たぶん凄く営業戦略って難しい事だと思うのですけど、
大企業の体質によっても変わるのでしょうか。
逆に悪い相手なら小さい会社を潰しにかかるんじゃ
ないかとも、心配しています。

中小企業や、ベンチャー企業の方で、
大企業にどうやって営業をかけたか?、
皆さんの成功談・失敗談含めて、
是非今の世相を教えてやってください。

簡単なご回答でも嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

再回答です。
お褒めいただくほどの回答にはなっていませんでしたが、一般向け商品(物品)を前提にお答えしたので、ソフトウエアとなると少し方法も違ってくると思います。

>分野としては、情報通信の通信インフラを持つ企業(大企業の方が有利に展開できるので)へ、コンテンツの提供としてプレゼンしたいと考えています。
コンテンツ内容は“人気のある業界の付属コンテンツ”のような感覚のものです。
今まで“大企業への人脈を繋ぐ方向”で頑張って動いて来ましたが、しかし、「力関係の下、大企業に有利に事を進めてゆけるルートの確保」ができていません。

同じソフトでも、一般向け(B2C)の製品化されたパッケージソフトなら、物品と同じような発想でいいでしょうが、営業の対象が「情報通信の通信インフラを持つ企業」と限定しているとなると、第1種電気通信事業者となるのでのでしょうか。その場合は事業者数も数えるほどですから、不特定多数を相手にする一般的なマーケティング手法では合わないと思います。
あいにく私はその分野の事業構造に詳しくないので、もしこのサイトで質問するなら「業務ソフト」などのカテゴリーで改めて質問されてはどうでしょうか。より正確な回答が得られると思います。

>今までワードで絵説明のようなプレゼン資料を作ってきましたが、パワーポイントの使い方が分からずそのままです。

そのようなものなら、別にパワーポイントにする必要もないでしょう。ただ、企画書としては、その効果や利点を明確に表現できていれば、十分だと思います。
また、見本(プロトタイプ)ができているなら、客観的な効果が分かる実験データなどの数値的な裏付けがあるとないとでは説得力が違いますし、アイデアとしてのビジネスモデルということなら、開発投資額やメリット(収益見込みやコスト削減見込みなど)が具体的であることが必要でしょう。
ちょっと気になったのは、コンテンツそのものが相手企業に受け入れられるものなのか、検索エンジン上に乗せるようなものなのか、後者ならホスティングサービスなどをするISP事業者向けのホストベースのアプリケーションソフトになりますから営業の方向もまた少し話が変わってきますし、コンテンツを加工して納品するならそのソフト開発を行うソフトメーカーと提携・協力して営業することも手法のうちとなります。
コンテンツの内容次第と言うこともあるので、特許の公開ができてから再質問という手もあると思います。あまり参考にはならないかもしれませんが、一応回答できる範囲で止めておきます。

再回答です。
お褒めいただくほどの回答にはなっていませんでしたが、一般向け商品(物品)を前提にお答えしたので、ソフトウエアとなると少し方法も違ってくると思います。

>分野としては、情報通信の通信インフラを持つ企業(大企業の方が有利に展開できるので)へ、コンテンツの提供としてプレゼンしたいと考えています。
コンテンツ内容は“人気のある業界の付属コンテンツ”のような感覚のものです。
今まで“大企業への人脈を繋ぐ方向”で頑張って動いて来ましたが、しかし、「力関係の下、大企業に有利...続きを読む

Qマスコミに取材してほしいときは?

マスコミに取材してほしいときは?

こんにちは。僕らの所属する「社会人のボランティア劇団」を新聞社やテレビ局や雑誌に取材してもらいたいのですが、
インターネットで新聞社などのサイトを見ても、取材を受けつけてもらえそうな様子(ご意見はこちら等)
が見当たりません。
取材依頼というのはどうすればいいのでしょうか?

劇はボランティア活動ですし、子供向けの劇もしています。

Aベストアンサー

質問文から察するにまだ行動を起こしていないと思われます。
まず飛び込んでみるのが先決かな?

テレビ局ならば報道相手、制作相手、営業相手によって
やりかたは違ってくるかとおもいます。

#7さんの企画書も一つの手ですが、忙しいテレビ局の人は
企画書をなかなか見ません。報道、制作は特にそうです。
「見ます」と言ったにしても見ません。

そこで在京キー局相手の制作会社は難しいと思われますが
地方の制作会社に企画提案を持ち込むのも手です。

地方では局からの制作発注が減ってきていて
制作会社も待っているだけでは中々仕事が回ってきません。
制作会社も日々ネタを探して、局に提案、仕事を得なければなりません。

御社会人のボランティア団体の趣旨にもよりますが
局とのパイプが強い制作会社に提案してもらえば
可能かもしれません。制作会社もいけると思ったら
積極的に局に企画提案するでしょう。
制作会社が特番として提案するならば、他のネタをプラスして
より魅力ある番組提案を考えるでしょう。

またボランティアの劇団は多数あるだろうし、ニュースバリューが
あるとすれば、例えば視覚聴覚障害の方にも楽しんでいただける
創作劇をやっているとか、子ども向けであれば、孤児院などを
中心にまわっているとか・・・。
以前、全国の刑務所を中心にコンサートをしている歌手の
ニュース企画を見たこともあります。

お住まいの市や道府県の行政特番にかける手もあります。
行政の広報番組です。この場合は、該当行政の広報課に
アピールしておくのです。
市民団体の草の根的な活動を紹介する、行政がスポンサーの特番は
県庁所在地の町ならあるのではないかと。
僕は制作会社勤務なのですが市制特番や警察特番で
何度もいろいろな市民劇団を取材、紹介したことはあります。

いろいろな手が考えられますが、頑張ってみてください。

質問文から察するにまだ行動を起こしていないと思われます。
まず飛び込んでみるのが先決かな?

テレビ局ならば報道相手、制作相手、営業相手によって
やりかたは違ってくるかとおもいます。

#7さんの企画書も一つの手ですが、忙しいテレビ局の人は
企画書をなかなか見ません。報道、制作は特にそうです。
「見ます」と言ったにしても見ません。

そこで在京キー局相手の制作会社は難しいと思われますが
地方の制作会社に企画提案を持ち込むのも手です。

地方では局からの制作発注が減ってきて...続きを読む

Q公共の場所(駅前の広場や歩道等)でビラ配りは違法

 公共の場所でビラを配布する場合は何処かに
届けをする必要がありますか。 無断で行った場合
どのような罰を受けますか。 配るビラは商業目的
でも許可されますか。 政治家を批判するビラは許されますか。 誰が良いか悪いか判断するのですか。

Aベストアンサー

ビラの内容があきらかに違法なもの、通常の生活上で不安感・嫌悪感を感じるものは無論ダメ。これは大前提。


公共の施設またはその敷地内であれば、#1の方とだいたい同意見です。しかし絶対的な線引きがあるわけではないと考えます。思想が偏っていようがいまいが、“それだけ”の理由で拒絶したら「表現の自由」にかかわります。

要は、施設管理者またはその施設を一時的に使用している(集会・催しなどの)主催者の判断によります。催しの批判ビラだったら主催者が認めるはずがありません。肯定的なビラや関連性の高い商業ビラなどであっても、収拾がつかなくなるおそれがある場合は、禁止または制限(催し終了後に限る等)をすることはありえます。


公道であれば、原則的にいえば道路管理者や地元警察への届出が必要です。しかし特に政治宣伝ビラの場合、何百人もがいっせいに配るとかは常識はずれですが、届出を要すること自体が「表現の自由」との関係で逆に問題になりえます。不当な介入ともとられかねません。
実務上、たとえば駅頭であれば届け出なく配布していることが多々あります。駅の敷地内はまずいですが、一歩敷地内から道路に出ていれば、駅の管理者が禁止する権利はありませんし、「表現の自由」をたてにすれば、警察も文句はいいにくいものです。「通行者の邪魔にならないようにして下さい」と言われるくらいでしょう。
日常的にそこで政治宣伝するのが当たり前の雰囲気になっていれば、とくにおとがめはありません。政治的な力関係もあるでしょう。


少しそれますが・・・
いったん手渡されたビラは受け取った人の保持範囲になるので、その後そのビラが投げ捨てられようが放置されようが、宣伝者側に責任はないのでしょう。しかし一般的マナーとして、宣伝終了後には、たとえば駅のコンコース内に放置されたビラは一応回収するなり、きちんとゴミ箱に入れるなりしてほしいなあと、特に支持している団体のビラが放置されているのを見ると、そう思います。

ビラの内容があきらかに違法なもの、通常の生活上で不安感・嫌悪感を感じるものは無論ダメ。これは大前提。


公共の施設またはその敷地内であれば、#1の方とだいたい同意見です。しかし絶対的な線引きがあるわけではないと考えます。思想が偏っていようがいまいが、“それだけ”の理由で拒絶したら「表現の自由」にかかわります。

要は、施設管理者またはその施設を一時的に使用している(集会・催しなどの)主催者の判断によります。催しの批判ビラだったら主催者が認めるはずがありません。肯定的なビラや...続きを読む

Q人工(にんく)について

工事の見積を業者からとったのですが、単位がm(メートル)などではなく人工(にんく)で記載されていました。普通、1人工あたりの金額はどのようにして決めるものなのでしょうか?見積書の項目によっては、『0.33人工×単価(一人工)』と、なっています。
分かりやすく説明していただけると助かります。お願いします。

Aベストアンサー

>1人工あたりの金額はどのように?

簡単に、
『一人の人が一日労働するのに、会社としてどのぐらいの原価になるか』です。
0.33人工というのは、8時間(通常の1人工)の1/3ということで、約2時間40分の作業ということを表します。

単価/人工は会社の規模で間接経費がまったく違うため、大きく変化します。
小さな会社ほど、工事面積当たりで計算した方が有利な傾向にあります。

大雑把に言えば、設計・管理¥30000
        一般技術者¥20000~24000
        実務者  ¥15000~18000
ぐらいになっているのかな?
(業種によっても違いますので、かなり大雑把です)

Q第一章→第一節・・・その次は?

よく目次で
第一章○○○
 第一節△△△
 第二節□□□
第二章◇◇◇~
とありますよね?その第一節をさらに分けたい場合、第一何となるのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま手元に「公用文作成の手引き」という冊子があります。
役所で使用する文書規定の本です。

これによると、章、節、項までは皆さんのおっしゃる通り。

さらに、「項目を細別する見出し符号は以下による。」とあります。

第一章 第二章・・・
 第一節 第二節・・・
  第一項 第二項・・・
   第1 第2
    1 2 3
     (1) (2) (3)
      ア イ ウ
       (ア) (イ) (ウ)
        A B C
         (A) (B) (C)
          a b c
          (a) (b) (c)

注1:「第1」を省略して「1」からはじめても良い。
注2:「イ」「ロ」「ハ」「ニ」は用いない。


以上のように書いてありました。
しかし、何にせよ法律で決まっているわけでもないし、通常は
自分の好みで選択して、問題ないと思います。

Q法人営業について

法人営業について教えてください。

法人を相手とした営業は、普通の営業とどこがどう違うのでしょうか?

(「普通の営業」という言葉は、適切ではないかもしれませんが)
普通の営業と比べての、法人営業の良い所と悪い所を教えてください。

業種は問いませんが、差し支えなければ業種の方もお応え願います。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

法人営業・・・これは、単に「会社」を相手にしている営業です。それに対する言葉としてあまり使いませんが「個人営業」でしょうか。そして「法人営業」という言葉の響きには、「一軒一軒飛び込みの個人を相手とした訪問の仕事では、ありません。 リスト化された会社を相手に訪問する営業です」ということになると思います。 

生命保険なんかは、個人宅を中心に回っている会社もあるかと思います。これは、それなりの人脈や地盤が無いと枯れ果ててしまいます。それならもっと効率的にと某保険会社などは、「法人営業部」なる部隊で企業を中心に効率よく回ります。実体は、同じなんでしょうが訪問を受ける側としては、企業を相手とした「法人営業部」なる名刺を頂いた方が何かと専門的で悪い気分がしません。

また「法人営業」と言う言葉にその会社が「法人を相手にした営業の会社ですよ」と見栄を張る意味合いもあります。(社員募集などの時) 営業の実体は、会社への単なる飛び込み訪問なんですが如何にも「データーベース化された法人を相手営業していますよ。」と言われれば何か立派な営業会社にその会社が見えるわけです。 ただリストと言ってもそれが「電話帳」ということもあります。 その会社に個人や官庁を相手する部門があっての「法人営業」であれば意味がありますが何もなくてただ法人営業って意味があるのでしょうか? かっこいいだけかも知れませんでした。 

私の会社も法人や官庁も相手にしますが「法人営業」と言葉は、あまり使いません。営業=法人営業という考え方の図式だからです。個人を相手にする場合もありますけど。

さらに「法人営業」に飽き足らない会社が(失礼!)訪問先の法人をより満足される名称として「大手営業部」とか称する場合もあります。 「御社のような規模でしたら今後は、弊社の大手営業部が担当させていただきます」と・・・・

こんにちは。

法人営業・・・これは、単に「会社」を相手にしている営業です。それに対する言葉としてあまり使いませんが「個人営業」でしょうか。そして「法人営業」という言葉の響きには、「一軒一軒飛び込みの個人を相手とした訪問の仕事では、ありません。 リスト化された会社を相手に訪問する営業です」ということになると思います。 

生命保険なんかは、個人宅を中心に回っている会社もあるかと思います。これは、それなりの人脈や地盤が無いと枯れ果ててしまいます。それならもっと効率的にと某保...続きを読む


人気Q&Aランキング