下のような作家が好きな人にオススメの作品を教えてください。

宮城谷昌光/陳舜臣/佐藤賢一/犬飼六岐/海道龍一朗/澤田ふじ子/福田栄一/大崎梢/菅浩江/浅暮三文/坂本康宏/池上永一/田中哲弥/藤崎慎吾/八杉将司/野尻抱介/小川一水/平谷美樹/P.G.ウッドハウス/マイケル・ムアコック/エリザベス・ムーン/スティーヴン・ブルースト/ジョージ・R.R.マーティン/ロビン・ホブ/デイヴィッド・ソズノウスキ/ジーン・アウル/リチャード・モーガン/ウィリアム・ギブスン/グレッグ・イーガン/ニール・ゲイマン/R.A.ラファティ/レイ・ブラッドベリ/ジャック・リッチー

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。

私は池上永一さんの著作は全部読みました。はっきり言って沖縄病です・・・。

池上氏の作風とはまったく関係がないのですが、思い切って長編はいかがでしょうか?

北方謙三「三国志」全13巻を読み、今までの三国志観をガラっと変えていただき、酒見賢一「泣き虫弱虫諸葛孔明」で世の中の天才軍師諸葛亮孔明観をも変えてしまう。もし三国志の世界にハマってしまったら漫画ですが王欣太「蒼天航路」(←悪役と認識されている曹操を主役にしてます)もオススメですよ♪

漫画はさすがに図書館では借りられませんが、北方「三国志」と酒見氏の「孔明」は私は図書館で借りましたよ。面白すぎてそれぞれ3回づつぐらい借りてしまいました・・・。
    • good
    • 0

あまり知りませんけれど、それでも「だいぶバラバラですね(笑)」と思いました・・・



レイ・ブラッドベリを見て、菅浩江!と思ったら一緒に挙がっていたんですね。
私はイーガンやギブスンはあまり好きじゃないみたいなんですが、ブラッドベリと菅さんは好きみたい。

作家はわかりませんが、『渚にて』というのもなかなか良いかと。
ええと、ネビル・シュートさんでした。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488616 …
強いて言えば『火星年代記』的?
淡々としています。

P.K.ディックはいかがでしょうか?単に自分が好きなだけなんですが。
既読で嫌いだったらごめんなさい。

『パーキーパッドの日々』(短編集)
『高い城の男』
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』
『火星のタイムスリップ』
などなど。
話が分かりにくいといえば分かりにくいんですが、この人。
なんとなく世界観が好きです。
たいてい暗いんですが、珍しく明めなのは『ドクター・ブラッドマネー』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4488696171/sr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
実は私が好きな本ではなくて(諸事情で暇してる、本好きだけど本買えない)ある人の持っている本なんです。好ききかどうかも・・・自分で本棚を見て「バラバラ(笑)」と言っていたのですが、やはりバラバラなんですね。
既読かどうか確かめて持って行きたいと思います。

お礼日時:2006/12/07 06:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSF小説『ニューロマンサー』(ウィリアム・ギブスン)の位置について

今、SF小説『ニューロマンサー』を読んでいて、もうすぐ読み終わりそうなのですが、自分の知っている他のSF小説よりも、すごく細かいところまで作り込まれていて、とても作者のウィリアム・ギブスンだけが作った世界には思えないほどでした。
それに、日本の漫画家の士郎正宗の作品などは、すごく影響を受けているのではないかと思いました。

それで、質問があるのですが、『ニューロマンサー』のような小説世界は、ウィリアム・ギブスンがはじめて作ったものなのでしょうか? 
そうではなくて、他にウィリアム・ギブスンが参考にしたり影響を受けた作品などがあるのでしょうか?
あるいは、あれだけの世界が出来上がるまでには、ウィリアム・ギブソンの他の作品にそこにいたるまでの経緯があるのですか?
または、SF小説の歴史のなかに、ああいう世界へ繋がる伏線のようなものがあったのでしょうか?

SF小説や、SF小説の歴史について詳しい方がもしいたら、ぜひ教えてください。参考になるガイドブックやウェブなどの紹介でも結構です。おねがいします。

※まだSF小説にはまりはじめたばかりなので、SF小説をたくさん読めていません。もしかしたら、すごく見当違いの質問をしているかもしれません。(そうでしたら、ご指摘おねがいします。)

今、SF小説『ニューロマンサー』を読んでいて、もうすぐ読み終わりそうなのですが、自分の知っている他のSF小説よりも、すごく細かいところまで作り込まれていて、とても作者のウィリアム・ギブスンだけが作った世界には思えないほどでした。
それに、日本の漫画家の士郎正宗の作品などは、すごく影響を受けているのではないかと思いました。

それで、質問があるのですが、『ニューロマンサー』のような小説世界は、ウィリアム・ギブスンがはじめて作ったものなのでしょうか? 
そうではなくて、他にウ...続きを読む

Aベストアンサー

#1さんが端的にまとめられていますが、せっかく書いたので^^;

まず、SF史における『ニューロマンサー』の位置付けですが、
一般的には「サイバーパンクの代表的作品」ということになっています。

サイバーパンクというのは、80年代に流行したSFのスタイルあるいは運動のことですが、
その定義や呼称については当時から様々な立場があり、私にまとめる力はありませんので、
とりあえずWikipediaを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AF
(私の感覚では『接続された女』や 『AKIRA』はサイバーパンクの範疇から外れるように思います)

>『ニューロマンサー』のような小説世界は、ウィリアム・ギブスンがはじめて作ったものなのでしょうか?
これは難しい質問ですね。"『ニューロマンサー』のような小説世界"をどう定義するかによります。
サイボーグや電脳化といった個別の要素についてであれば、必ずしも『ニューロマンサー』が初登場、というわけではありません。
しかし、『ニューロマンサー』の世界設定や描写・文体が大きな反響を呼んだのは確かですし、
サイバーパンクという用語自体
 "ウィリアム・ギブスンの小説を表わすために、ガードナー・ドゾアが造りだした造語"(ルーディ・ラッカー)であり、
 "これらのSFを『ニューロマンサー』派SF、すなわちニューロマンティックと呼ぼう"(ノーマン・スピンラッド)
と言われていたくらいですから、『ニューロマンサー』のような小説世界が、全体として、極めて画期的で前例のないものであったのは確かです。

>日本の漫画家の士郎正宗の作品などは、すごく影響を受けているのではないか
上記リンクでも『攻殻機動隊』に触れられていますし、『攻殻機動隊』の著者あとがきにもサイバーパンクについての言及があります。
士郎正宗が直接『ニューロマンサー』の影響を受けたかどうかは別にして、サイバーパンクという潮流の中に位置することは確かだろうと思います。
ちなみに"身体改造(サイボーグ)","電脳空間","ミラーシェイド(ミラーサングラス)"はサイバーパンクの特徴的な小道具です。

>ウィリアム・ギブソンの他の作品にそこにいたるまでの経緯があるのですか?
ギブスンの"もっともポピュラーなデビュー作"(山岸真)である『記憶屋ジョニイ』は
『ニューロマンサー』と同じ世界を舞台にしていますから、『ニューロマンサー』はその延長線上に書かれたものだと言えます。

>SF小説の歴史のなかに、ああいう世界へ繋がる伏線のようなものがあったのでしょうか?
これも"ああいう世界"をどのような世界と捉えるかによりますが、とりあえず参考として…
S-Fマガジン'86年11月号(No.345)のサイバーパンク特集に、「サイバーパンク作家に行ったアンケート」の結果がありました。
「サイバーパンク的な面で影響を与えた人をあげてください」という問いに対して、
複数のサイバーパンク作家が名前をあげたSF作家として次のような名前が挙がっています。
・J・G・バラード
・ハーラン・エリスン
・ノーマン・スピンラッド
・コードウェイナー・スミス
・サミュエル・R・ディレイニー
・ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
つまり、サイバーパンク運動は、こういった作家の影響を受けて成立した、と言えるでしょう。

>参考になるガイドブックやウェブ
申し訳ありませんが、具体的にはちょっと思い当たりません。
サイバーパンク作家と言われている作家の作品を実際に読んでみるのが一番かと思います。
80年代のS-Fマガジンがもし手に入れば、この系統に関する小説・評論等多数掲載されていますので、参考になると思います。

雑駁ですがご参考まで。長乱文陳謝。

#1さんが端的にまとめられていますが、せっかく書いたので^^;

まず、SF史における『ニューロマンサー』の位置付けですが、
一般的には「サイバーパンクの代表的作品」ということになっています。

サイバーパンクというのは、80年代に流行したSFのスタイルあるいは運動のことですが、
その定義や呼称については当時から様々な立場があり、私にまとめる力はありませんので、
とりあえずWikipediaを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3...続きを読む

Qキュンッ><泣ける;;ジーンの本?

じっくり読めて・・・
・初恋を思い出すようなキュンとする本
・愛(恋愛)ってすばらしい!!と思える本
・じわじわ、ジーンとしてくるような本
恋愛・純愛・初恋・片思い・失恋・・・系の本でお薦めがあれば教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。

現在、「いま、会いにゆきます」の映画化で話題ですが、その原作を書かれた市川拓司さんの本
「恋愛写真」がおすすめです。

初恋、純愛、片思い、失恋、ジーン…全部詰まってます!
久し振りに泣けた本でした。
未読でしたら、是非。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31139000

Q宮城谷昌光さんの著書でオススメは?

たまたま宮城谷昌光さんの本を手に取ることがあり、それからいくつか読んでいるのですが(孟嘗君・楽毅・青雲はるかに・太公望)次に読むとしたら何がオススメですか?

文庫で三国志を読み始めようとしたら、2巻でとまってしまったので、ハ~ドカバ~で追いかけるか、それとも他の作品に行こうか悩んでます。三国志が抜けてオススメなら読んでみますし、年代別に追っているわけでもないので「管仲」「重耳」「香乱き」のどれかに行こうかな?とも思います。好みの問題もあるので、なんとも言えませんが、コレはオススメというのがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

主に中国の古典を題材に独自の視点で新境地を開いたと
いうべき宮城谷昌光さんですが、
やはり、彼の出世作といえる

「天空の舟」「沈黙の王」は氏の作風がもっとも色濃くでている
作品だと思いますので、一読をお勧めします。


一応、中国史を題材にしたものは全部読みました。
できれば、旧い順(発表順)に読むほうがいいと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E8%B0%B7%E6%98%8C%E5%85%89

Q伊坂幸太郎のこの文章を、三文雑誌のエロ小説みたいな文章と言ってる人がいたのですが

伊坂幸太郎の小説の一部の文章です。「兄の贔屓目で言うのではなく、弟の外見は人並み以上だった。鋭さを備えた眼に、官能的な曲線を描く涼しげな眉、鼻は高く勇ましさもある。寡黙でありながらも敏捷な獣、たとえば豹さながらの力強さが滲んでいる」
性的描写はほとんど無い普通の小説ですが、そういう風に思えますか?

Aベストアンサー

#5欄にいただいた「捕捉質問」とは下記2点のことでしょうか。

>まあ、この小説をお読みになっていなければ答えようがないかもしれませんが、この文章だけ、エロっぽいだけで、他の文章はまともという事もありますよね?

はい、他の文章はまともという事もありますよ。前回、そう示唆したつもりです。ただし、三文が「まともでない」とは一言も言っていませんが。

>上手い文章ではありませんが、三文は言い過ぎでは?(笑

上手い文章ではないんですか? 私は、三文っぽさを出した上手い文章だと思いますし、前回も前々回もそう書いたつもりです。三文は「言い過ぎ」なんですか? 文脈から察するに、「三文は、けなし過ぎでは」と、あなたは質問していらっしゃるのですよね? その質問は、その批判を言った人に聞いてください。その人がどんな憎しみを込めて言ったのかは私にはわかりません。私は三文な感じが嫌いではないので、「けなし過ぎ」かと聞かれても困ります。

どうも、私の文章力が乏しいせいで、これまでの私の回答の真意がうまく伝わっていないような気がします。できるだけお役に立ちたくて、今日一日、どう答えるべきか考えていたのですが。

#5欄にいただいた「捕捉質問」とは下記2点のことでしょうか。

>まあ、この小説をお読みになっていなければ答えようがないかもしれませんが、この文章だけ、エロっぽいだけで、他の文章はまともという事もありますよね?

はい、他の文章はまともという事もありますよ。前回、そう示唆したつもりです。ただし、三文が「まともでない」とは一言も言っていませんが。

>上手い文章ではありませんが、三文は言い過ぎでは?(笑

上手い文章ではないんですか? 私は、三文っぽさを出した上手い文章だと...続きを読む

Q科学・生物・化学・物理関係の本でお薦めはないですか?

学校で、科学・生物・化学・物理関係の本をどれか一冊読んで、感想を書くという課題が出ました。
ちなみに小説では駄目とのことです。(物語みたいなやつのことです。)
科学・生物・化学・物理関係の本で何かお薦めの本はありませんか?
ちなみに今、高1です。

Aベストアンサー

国語の課題ですか?理科の課題ですか?(笑)おもしろいですね。

私のお勧めは
「ゾウの時間 ネズミの時間-サイズの生物学」
中央公論社 中公新書
大きい生き物は寿命が長い。小さい生き物は寿命が短い。
じゃあ寿命が短い生き物はかわいそう?ところがね・・・。
って本です。

あとは
「ウイルス進化論-ダーウィン進化論を超えて」
早川書房 ハヤカワ文庫
ダーウィン進化論曰く。
「キリンはキリンの先祖が上の枝のえさを取ろうとして頑張ってるうちに
首が伸びていったんだよ。」
でもそうじゃないかも。
「ある日、キリンの祖先が突然「首が長くなっちゃうウイルス」に
感染したんだ・・・。」って本です。

いずれもアマゾンのサイトで案内を見る事が出来ます。よろしかったらどうぞ。

高校一年、いいですね。
下の方のご回答にもあるようにどんどん本屋アンド図書館に入り浸って
たくさんの本を手にとってみてください。
その年齢の間しか感じられない感性ってのがあります。トシとると
痛切にそれを感じるんですよねー。
ぜひその感性をお持ちの間にたくさんのすてきな本に出会って下さい。

国語の課題ですか?理科の課題ですか?(笑)おもしろいですね。

私のお勧めは
「ゾウの時間 ネズミの時間-サイズの生物学」
中央公論社 中公新書
大きい生き物は寿命が長い。小さい生き物は寿命が短い。
じゃあ寿命が短い生き物はかわいそう?ところがね・・・。
って本です。

あとは
「ウイルス進化論-ダーウィン進化論を超えて」
早川書房 ハヤカワ文庫
ダーウィン進化論曰く。
「キリンはキリンの先祖が上の枝のえさを取ろうとして頑張ってるうちに
首が伸びていったんだよ。」
でもそうじ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報