出産前後の痔にはご注意!

 皆さんは今まで生きてこられた中で「偶然」をたくさん経験されていると思います。私もそうなのですが,最近はそういった「偶然」が単なる偶然ではなく,何かの意味があり,誰かの導きであると思えるようになってきました。ごく最近では「奇跡」とも思えることすらありました。今ではあらゆる出来事が必然のようにも思えてきています(こうやって質問していること自体もです。)。
 そこで質問なのですが,こういった動機で神を信じたりするのは不純(というか変)でしょうか。「あなた,頭おかしいよ」といった叱咤でもかまいません。親しい友人は風俗にでも行ってこい,と言ってくれました。

 また,実際上記のような動機でキリスト教を信じるようになった方にお聞きしたいのですが,なぜキリスト教を選択されたのでしょうか。神(またはこれに似た意思のようなもの)の存在を感じられたとしても,他の宗教の神でも八百万の神々でもよかったのではないでしょうか。こういう疑問を抱いていること自体もうダメなのかもしれませんが・・・。伝聞,推測でも全然かまいません。

 なんだか巷間のオカルト体験談のようになってしましましたが,お時間がございましたら,ぜひともよろしくお願いいたします。

A 回答 (4件)

私は信者ではないんですけど、中高大学とプロテスタントのキリスト教の私立の学校に通いましたのでかなり知らないうちにこの宗教を深く学んでいる気がします。



洗礼を受けて信者になろうとまでは思いませんが、この教えで私が感じたことは修行とかが必要というわけではなく、自分の気持ちの持ち方がいつも問われるというか、「自分が絶対ではない」=「神の存在」ということが根本のようなのでそこは気に入っています。ただし教えが私にとってはガマンが必要な事が多くて(誰にでも親切で天使のような心は私にはストレスが溜まって無理ですが^^;・・。)穏やかな人格形成には役立ったような気がしますが世間の荒波には弱かったりしています・・(中途半端な精神だからですがね、ちゃんと信仰している人は昔の隠れキリシタンのように強~い心を持っているでしょう)

どの宗教を選ぶにせよ人への感謝とか食べ物への感謝とか戒律のようなものはありますが、キリスト教では他の宗教に比べて階級とか(大司教とかわいますが^^;)修行とかないし、まろやかというか、賛美歌であったり、人間は自分だけが大切なのではなく病める者も貧しいものも生きとし生けるもの皆平等で心を開けばその時点で救われるという教えや何にでもやたらに感謝するというのが実に平和的で入りやすく、判りやすくていいとは思います。

すべて偶然じゃなくて必然かどうかはその人の考え方次第と思いますが、宗教も自分に合う合わないがあると思いますので興味を持たれた神?があったならそれでいいと思いますよ。
キリスト教の授業で「いわしの頭も信心から」ということを習った記憶があります・・なんでも信じれば自分にとっては神になると^^;。

だから自分を司っている何かがあっていろいろな事が起こっていると感じるならばキリスト教的に言えば周りへの感謝や普段の行いがそのような事をもたらしてるとなり、仏教で言えば輪廻転生みたいになるのではないかと思います。生きていれば不思議な体験をする事もあることですし、生命の謎なんて誰にも分からないのだからそれが理由で信心しても何もおかしくない立派な動機だと思いますよ。

これを機にキリスト教徒になれば更に優し~い人になるのではないでしょうか^^;?回答が質問の趣旨とずれていたらゴメンナサイ。
何か参考になればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なご回答ありがとうございます。
>自分の気持ちの持ち方がいつも問われるというか、
>「自分が絶対ではない」=「神の存在」ということが根本のようなので
そうです!今までそれなりに葛藤なり試練めいたことなりがあって、自分自身の力でそれを乗り越えてきた、と考えてきたのが傲慢だったなあ、と思います。このあたりを、m3o3mさんの仰るとおり、「何にでもやたら感謝」したいのです。
その感謝の相手は、今まで折に触れて親であったり友人であったり配偶者であったりしますが、質問欄で記載したような経緯から、神様ではないか、と思えてきたのです。

仏教でいう因果律や縁起や、いわゆる共時性も、言われてみれば確かにそうかなとも思えます。しかし仏教については私の理解不足なのですが、「優し~い人」ではなく無気力な人になっちゃう気がして怖いです。共時性については信仰心や感謝とは無縁の世界ですので、これもちょっと違うな・・・。と。

お礼内容なのに延々と書いてしまいましたが、m3o3mさんに触発されたところは今後も色々考えてみます。質問の趣旨とはずれていませんよ。重ねて、ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/06 21:16

No.1さんmNo.2さんでおおよそ解決済みかと思います。

どちらもクリスチャン的心情のようですけれども。
「いわしの頭も信心から」昔から言われていることですがそうですよね。ある面自分の運命なんて、馬が自分の頭から鼻先にぶら下げた人参のようなものです。食べようとして右を向けば右、左を向けば左に人参が移動するために、右往左往しながら進んでいくのでしょう。しっかりまん前を見据えれば、まっすぐに進める。
しかし、人間なかなかな真っ直ぐ進めないからないから、何かにさがいたいし助けを求めることになる。そのひとつが信心かもしれませんね。
 神の使わしたキリストが生誕してからたかだか2千年。その前の何千年かに人々の安泰は無かったのでしょうか。悪人を滅ぼされたと聖書にあるが善人に変えたとはなっていないところもある。善人悪人があっての世の中なかなか難しい。(悪口ではなく)
愛が無いような目には目を歯に歯をと、一見闘争的なイスラムの教え。戦争は終わらない。どの宗教も一部を突っついていけば信ずるに足らなくなってしまう。
 もっと素直な気持ちで信ずる者になって生きたいものです。ただし、売れっ子タレントのだれだれさんが、お笑いの誰さんが、女優の誰さんが入信しているから、○○○会に入ろうかなどという、安易な気持ちで信仰に入るのだけはやめたほうが賢明です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 暖かいご回答ありがとうございました。

 自分は無神論者でも不可知論じゃでもいられるほど強くはなく、また、人類と宗教の歴史に思いを馳せられるほどの余裕も知性もありません。なんだか絶望的な気分になってきていますが、aakireiさんの示唆も含め、回答してくださった4名の方に感謝します。

 「素直な気持ちで」信じる者になる。というのは全く同感です。もっとも、タレントの某が、というのは全くありません。
 しかし、いわゆる「プロ倫」に見られるような世俗的な成功や、身の回りの色々な出来事に意味を感じることや、何かに一生懸命になる動機にするとか、自分の利益のために信仰をすることには若干罪悪感を感じています。

 今日聖書が届きました。気分が落ち着いたら幼稚園の頃お世話になった教会にでも行ってみようと思います。

お礼日時:2006/12/07 19:45

クリスチャンでもプロテスタントでもありませんが、どちらかといえば


キリスト教を信仰しています。
理由は単純で、子供(小学校低学年)の頃「教会学校」に通っていたからです。
なぜ通っていたかと言うと、、、、不明です。。。
気がついたら、日曜の朝、近所の友だちと連れ立って通っていました。

子供心にも、日々の糧を分け与えたキリストに感動いたしました。
それがとても印象に残っていて、未だにお願い事をするときには、
無意識に手を組んでしまいます。

最初に神の教えにふれたのが「キリスト教」だったので、私にとって神と言えば「キリスト様」です。

洗礼を受けられたキリスト教徒の方のお叱りを受けそうですが、
私にとっての神はやっぱり「キリスト様」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な体験談、ありがたく拝読させていただきました。ありがとうございます。

私も、プロテスタント系の幼稚園に通っており、小学校2年生まで日曜学校(確かそういう名前でした。)に参加させていただいておりました。kona-coffeeさんと同様、神様と言えばキリスト教の神様を思い浮かべる理由は、このあたりにあるかもしれませんね。

kona-coffeeさんのご経験にしても、私の経験にしても、理由はともかく、自己決定の範疇外での出来事だと思います。こうった偶然(私は必然だと思うのですが)に感謝して生きていこうと思います。
有益な示唆を賜りました。重ねて、ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/07 04:24

これといった宗教を信仰する私ではありませんが、母方は代々の仏教家庭ですが、親父はプロテスタント系の教会に昔よく礼拝に行っていたことがあります、親父の親(僕の祖父)は所謂お坊さんで、先の大戦でお寺に空襲があり亡くなっています。

親父の兄弟は、疎開で血縁関係で田舎のお寺に避難しました。そんな、親父が教会に通い始めた大きな要因は、親父が長期入院をした時に親身になって世話をしてくれた人がクリスチャンだったようで、でも、その人は、自分の宗教のことは一切、親父が聞き出すまで言われなかったし、そんな雰囲気もなかったとのことです。まあ、親父の場合は、自分が入院で、気が沈んでいるところを、すっくってくれた人の宗教に興味を覚え、教会に足を運ぶようになったとのこと・・・・
やっぱり、人間、心の中に、善と悪が共存していて、罪の意識を感じるときに、救いを精神的なものに求めたくなった時に、そーっと手を伸ばしてくれるのもが、宗教だと思います。仏さんにしろ、神様にしろ、信じる心一つで、色々なこと(現象・思想など)が一つの必然的な繋がりの中にある場合と、心が満たされないとバラバラに感じる様になるのではないでしょうか。その心を満たすために、物欲などに走らずに心(精神)を大きく(伸ばす)するのが宗教だと感じます。
ただ、日本の社会は仏教を中心に神道の国ですから、なかなかキリスト教やイスラム教と言ったユダヤ教系の宗教はまだまだ理解されずらい環境で、オギャーと命を授かったら、宮参り(神道)で結婚式はヨーロピアン風のチャペル(キリスト教)で、亡くなれば、お坊さんがお経を唱える(仏教)というおかしな国ですから、他の人の考えよりも自分が信じられそうだ、仕えられそうだと思う宗教を選択すればいいと思います。
だって、僕はそういう環境に育ったからか、道路で猫や狸が轢かれて死んでいると、手を合わすより先に十字を切る癖が付いていて、子供から不思議がられています・・・・

回答じゃないですが、ふぁ~と読んでいただければと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 丁寧なご回答ありがとうございます。
 親父さんの世話をなさったクリスチャンにしてもそうですが、自分からは話さないといった謙虚さに大変惹かれます。親父さんが聞き出して初めて言われる、信じる者の心から生まれる教えといいますか、うまいこと表現できないのですが。
 2段落目の宗教についてのsanga12さんのお考え、大変わかりやすいです。内容にも大変納得しました。「信じる心一つ」なのでしょうね。こうやってsanga12さんが丁寧に回答を付けてくださるのも、「一つの必然的な繋がりの中にある」のだ思いました(sanga12さんの自由意思を否定するとかではないです。)。
 「回答じゃない」とのことですが、私にとっては十分回答になっています。重ねて、ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/06 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教の人と結婚したらどうなる?

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、私自身キリスト教系の学校に通っていた為、なじみが全く無いわけではありません。特にキリスト教に対する偏見などもありません。

ただ、先日神社であったお祭りに出かけた時「お参りする?」って聞いたら「宗教が違うからしないほうがいいような気がする・・・」と言われ、これが宗教が違うと言う事なのか!と実感してしまいました。
またクリスマスもやはり毎年ミサに参加しているそうで、「良くある『ホテルで2人でディナー』とかは出来ないの?」と聞くと「親戚とか集まるからクリスマス位は・・」ということでした。イヤ特にホテルのディナーに行きたいわけではありません。私も去年のクリスマスは子供と一緒に近所の教会へ行ってみたほどなので。ただそういった「宗教的行事」などは強制参加になるのでしょうか?

お付き合いしていく分には特に支障はないようなのですが、今まで自分が当たり前にやってきた宗教行事(お葬式、法事等)とかけ離れた世界の事が日常的に繰り広げられてるようで結婚後の想像がつきません。
また宗教が違うと結婚の際もめたりする事は考えられるのでしょうか?何か体験談等ありましたらお聞かせください。

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、...続きを読む

Aベストアンサー

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなのに出席する。奉仕で教会の掃除をする。教会の運営に携わる。などでしょうか?また、結婚式の仲人も神式だったら引き受けないとか、身内の結婚式でも神式だったら式場の外で待っているとか、お葬式でお焼香はしないし、手を合わせたりの行為(人を拝む)はしないとか、お供えものは頂かないとか、初詣もしないし、七五三もしない。お祭りや地蔵盆も拒否っていう人も。

私のクリスチャン生活。礼拝に出席する。聖書は時たま。寝る前にお祈りする。食事の前のお祈りはおなかがすいているので出来ない(笑)。勉強会は気が向いたとき。奉仕はしない。教会の運営にも携わらない。結婚式は何でも出席する。お葬式も数珠持って拝むし、お焼香ももちろんする。お供え物は頂ける物はなんでも!初詣もするし、息子はきっちり三歳と五歳に七五三しましたよ。お祭り大好き!地蔵盆も息子と行きました。(これを読んで怒るクリスチャンの方もいらっしゃるかと・・・)

と、言うように一般にクリスチャンといっても千差万別。また、カソリックやプロテスタントとの違いもあります。彼はミサというのでしたら、カソリックでは?プロテスタントではミサとは言いません。

彼と彼の家族がバリバリのクリスチャンだったら、あなたと子どもさんも宗教行事に参加でしょうね。でもあくまで自由参加。私の夫も行ったり行かなかったりです。でも教会の人達は「ご主人も参加してもらおうね」とか言ってきます。心の中で「大きなお世話!」と言ってしまっている私がいます。(主よ お許しください)その辺を彼がどう思うか、彼の家族がどう思うかによって変わりますよね。

具体的に話が進んで行っているのですね。お幸せに。

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなの...続きを読む

Qキリスト教に入信したいので以下の点を教えてください

・カルト教団はいや。キリストを使う新興新教もいや(なので、入信するとなるとカトリックかプロテスタントということになるのでしょうか?)。


・キリストの生き様は好きだが、無心論者です。ですが、「祈り」の力を信じてみたい。

・住んでいるところは、東京都練馬区です。近所がいいです。

・お金をとったり、なにか布教活動をしなければならない所はいやです。

・気が向いた時だけ、お祈りできたり説法? が聞ける所がいいです。

以上の用件を満たしてくれる教会などはあるでしょうか?

ご教授いただきたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

まず、神を信じるという信仰を持つ、という事と入信する(教会のスケージュールや規則に従う)という事は違います。
もし、あなたがイエスを信じたいという。信仰を持っているならどこの教会でもいいでしょう。
布教活動や献金など、基本的には強制しません。
教会は出るも入るのも自由な場所です。好きなところに行きましょう
ただ神様の教えは人を通じて行い、そして、それぞれ、神父、牧師等の
信仰のあり方、個性がでますので maruhase様が望んでいる話が聞けるかどうか?です。聞き方を変えてしまえば信じさせようとしている。という感じに聞かれる事もあります。
また牧師、神父によってやさしい話をする人、難しい話をする人
色々いますのできをつけてくださいね。
一度下のHPを覗いてください。初心者向けになっています
榊原先生なんかすごくわかりやすいと思います

参考URL:http://pba-net.com/index.html

Qプロテスタントにおける求道者とは?

 プロテスタント(キリスト教新教)における求道者とはどういう人のことをいうのでしょうか?私は縁あって昨年から毎週…とまでは行きませんが,つき2,3回プロテスタントの教会での礼拝(毎週日曜に実施される)に出席し,それ以外の行事にも可能な限り出席していますが,洗礼は受けていません。左様な私が求道者であるというのは問題ありでしょうか?

Aベストアンサー

私の教会では、洗礼を受けている人は信者と言われ、信仰を未だ持ってないで集われる方を大まかに求道者と呼んでいます。もしかすると、その辺りは宗派・教会によって違うかと思いますが、その程度の事です。
つまり、教会とは信者だけが集まる場所では無い(生また時から信じてクリスチャンでいる方はいない)ので、今、聖書に触れたい、神様を知りたい、救いが欲しい、なんとなく興味がある・・・等々、どんな理由にせよ心に弾き付けられるものがおありでしたら、いろいろな集会に出席を続けられたら良いのではないでしょうか。
確たる信仰を現時点で持っていようがいなかろうが、洗礼を受けていようがいまいが・・・そんな事は気にしないで下さい。
でもそのお気持ちは判ります。私もそうでした。
でも、あなたに最善の時に、信じる気持ち、洗礼を受けようと思う気持ちを、神様が与えられるでしょう。
教会の皆さんもそれを祈って、神様の定められた時をお待ちでしょう。

Qクリスチャンになるにはどうしたら・・・・・・

クリスチャンになるには、どうしたらよいのでしょうか?地元の教会の門をたたいてみるのがいいのでしょうが、そこがカルト的な教団だったらと思うと積極的になれません。信徒として教会に所属するとなると、その場合、どのようなことが要求されるのでしょうか。その奉仕は自分にも可能なものでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちわ。西日本福音ルーテル教会というプロテスタントの教団に所属しています。
伝統的なキリスト教会にもカルトに走る要素はありますが、キリスト教会の看板を掲げているところなら、質問者さんが心配されるような集団ではないと思います。
さて、私の教団(ルター派)の場合、教会が信徒に要求する奉仕は原則としてありません。強いて強要されることを挙げれば、イエスを救い主と心から信じなさいということですが、イエスを救い主と信じるということは主に仕えることを意味し、結果、教会には腐るほど奉仕があります。
まず献金。什一献金といって、聖書(マラキ書)に基づいて収入の1/10の献金を勧められます。その他には礼拝毎に礼拝献金、会堂維持献金、特別献金、特別事業献金など、いくつもの献金袋が回ってきます。原則として献金をするしないは個人の自由ですが、「献金は信仰のバロメーター」を合い言葉に、教会内には信仰の厚い人なら、何をさておいても献金をするはずだという風潮が満ちています。私の教会の信徒さんを例に挙げれば、ご主人には月500円しか献金していないと嘘を言い、実際は毎月2万5千円を捧げている方がいます。これをどのように解釈されるかは質問者さんに任せます。
献金以外には掃除、草刈り、各種集まり(交わりといいます)の際の厨房係(人数が多いので大変です)、冠婚葬祭のお手伝い、教会の修理(ペンキ塗りとか)などが一般信徒に要求される奉仕です。
役員(執事)となると教会運営のための会議や、教会員のケアなどが求められます。教会には役員会の他に様々な委員会があり、よほど大きな教会でない限り役員と委員は兼任ですので、会議に出席するだけでも結構大変です。教会員のケアとは主に信徒の方からの愚痴や相談などに対する対応です。
これらの奉仕が質問者さんに可能かどうか、それは質問者さんにしかわかりません。そして、こうした奉仕を通して、質問者さんが喜びを得られるかどうかも質問者さんにしかわかりません。しかし、イエスはその人が負いきれない荷物は負わせないと言います。そして、イエスが負わせる荷物は軽いとも言います。この意味をお知りになりたければ、お近くの教会の門を叩いてみてください。

こんにちわ。西日本福音ルーテル教会というプロテスタントの教団に所属しています。
伝統的なキリスト教会にもカルトに走る要素はありますが、キリスト教会の看板を掲げているところなら、質問者さんが心配されるような集団ではないと思います。
さて、私の教団(ルター派)の場合、教会が信徒に要求する奉仕は原則としてありません。強いて強要されることを挙げれば、イエスを救い主と心から信じなさいということですが、イエスを救い主と信じるということは主に仕えることを意味し、結果、教会には腐るほど奉...続きを読む

Qキリスト教・カトリック・プロテスタント 3つの違いは?

こんにちは。

先日、アメリカのmixiのようなサイトを見ていた時、わからない点がありました。

プロフィール欄で10個くらいある宗教の選択肢の中に、キリスト教・カトリック・プロテスタントという選択肢があったのです。

私はキリスト教が大まかにカトリックとプロテスタントの2つに分かれていると思っていたのですが、そのサイトの解釈だと、キリスト教はカトリックとプロテスタントとは別物のようでした。

3つの宗教の違いを教えていただけないでしょうか?
生活に関係するルールや習慣などを教えてもらえるとありがたいです。

私の知人の生活を見ると、、、

<カトリック>
・神父さんがいる教会(ほとんどのカトリック信者の知人が毎週日曜日にミサに通い、行かなかった日は良くない事をしたと思っている)
・お酒・たばこは禁止
・恋人はいても婚前交渉は禁止(避妊も禁止)
・夕食の前にお祈りをしている

<プロテスタント>
・牧師さんのいる教会(気が向いた時に行く)
・お酒・たばこOK
・婚前交渉OK(避妊もOK)
・夕食のお祈り(する人としない人がいる)

<キリスト教>
?キリスト教ってカトリックとプロテスタントのことじゃないの?
他の少数派のグループのこと?

といった印象です。よろしくお願いします。

こんにちは。

先日、アメリカのmixiのようなサイトを見ていた時、わからない点がありました。

プロフィール欄で10個くらいある宗教の選択肢の中に、キリスト教・カトリック・プロテスタントという選択肢があったのです。

私はキリスト教が大まかにカトリックとプロテスタントの2つに分かれていると思っていたのですが、そのサイトの解釈だと、キリスト教はカトリックとプロテスタントとは別物のようでした。

3つの宗教の違いを教えていただけないでしょうか?
生活に関係するルールや習慣などを教...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。カトリック信者ですので良かったら参考にして下さい。
 キリスト教という宗派の中で様々の教派があると思ってください。例えば仏教というくくりの中に、真言宗とか浄土真宗とか日蓮宗とかがありますよね?あれと同じです。キリスト教の中には大きな教派があり、カトリック、プロテスタント諸派、正教会の3つです。諸派と書いているのはプロテスタントは様々な教派が沢山あるのでプロテスタントという教派ではないためです。多分プロテスタントの方でもルター派とかカルヴァン派とか長老派とかバブテスト、メソジスト、聖公会など沢山あります。その中には狭義的な所で1教会しかないものもありますし、大きなもの、ゆるやかにカトリックと一致しているものなど様々です。
 カトリックはヴァチカンを中心とした1教派です。そこから正教会が最初に分かれ(ロシア正教とかギリシャ正教などです)、さらにカトリックの腐敗のためにルターがプロテスタントを立ち上げます。プロテスタントとは抗議するものという意味もあるそうです。大きな派としてはこの3つが主流になると思います。

 質問者様の印象では、カトリックは非常に厳しいように見受けられますが、多分知人の影響じゃないでしょうか?カトリックは代々信仰している人が多く、あまり熱心にというか声高に自分がカトリックだと主張しない人が多い傾向にあります。傾向にあるというだけで、中には非常に熱心で視野の狭い人もいますが、大体がおおらかというかあまり他宗教を排斥しない傾向にあります。神父(司祭)がいるというのはまあ当てはまりますが、ミサは毎週参加する人もいますし、しない人もいます。しないからといって咎められませんし、クリスマス&復活祭だけに来る人もいます。来るもの拒まず去る者追わずの印象です。お酒タバコや全然咎められませんよ。司祭の方でヘビースモーカーの方いらっしゃいますし、お酒大好きな人もいます。ビアガーデンにいったりとか、普段でも飲酒をたしなむ人はいます。ただ今は四旬節ですので節制した生活を送りますのであまり酩酊するほど飲まないと思いますが。婚前交渉はまあその考え方ですが、あまりガチガチの人っていないんじゃないでしょうか。夕食のお祈りは私はしません。むしろカトリック信者はロザリオの祈りを熱心にすると思いますよ。つねにポケットにいれて祈っている人は割と多いです。
 プロテスタントの方は数人しか知りませんし、先程述べましたように教派が多岐に渡っていますのでこれという印象をつけるのは難しいですが、牧師さんがいらっしゃって、妻帯可能ですので牧師さんのご家族がいらっしゃる人は大勢います。聖書をよく読んでいるという感じで、ちょっとした手紙にも聖句が書かれてあったりします。数人で集まって聖書を読む会などもよく行われていて熱心に勉強しています。お酒タバコは同じくOKですし、夕食の祈りはむしろプロテスタントの方がよくやってるんじゃないでしょうか?友人などで夕食前に祈っている人知ってますので。教会も熱心によく行ってます。カトリックはミサといいますが、プロテスタントは礼拝といいます。礼拝に参加した事は1度ぐらいしかないのですが、カトリックは儀式的なのに対して(ある程度形が決まっています)、プロテスタントは説教を非常に重んじていて自由な雰囲気があります。ゴスペルなんかもプロテスタントですよね。
 正教会はわかりません。私の住んでいる地域にはありませんので。ニコライ堂などがそうです。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。カトリック信者ですので良かったら参考にして下さい。
 キリスト教という宗派の中で様々の教派があると思ってください。例えば仏教というくくりの中に、真言宗とか浄土真宗とか日蓮宗とかがありますよね?あれと同じです。キリスト教の中には大きな教派があり、カトリック、プロテスタント諸派、正教会の3つです。諸派と書いているのはプロテスタントは様々な教派が沢山あるのでプロテスタントという教派ではないためです。多分プロテスタントの方でもルター派とかカルヴァン派とか長老派とかバ...続きを読む

Qなぜ日本ではキリスト教の普及率が悪いのか?

 ありきたりですが、気になるのでよろしくお願いします。もともと仏教だから、といった紋切り型の理由ではやはり説明できそうに思えません。まず、韓国の爆発的な普及、台湾や中国など。日本人はキリスト教の福音活動の話を聞こうともせず、はなから拒絶するのに対し、彼らは一応耳を傾ける傾向があります。これはオウム真理教などの影響もありそうですが・・・しかし、占いなどや細木和子は信奉できるというのも、不思議に思います。
 できる限り、感情的返答は避けていただきたいと思います。できれば、学問的に宗教社会学・哲学などの手法で、お答えをいただきたく存じます。

Aベストアンサー

 むしろ、何故、韓国や台湾でキリスト教が人気があるかを考えるべきです。

 各国に昔からある宗教というのは、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められた歴史を持っています。韓国や台湾では、歴史的に中国本土の支配者の圧政を受け、社会構造的に、国民は、伝統的な仏教は自分たちに何もしてくれなかった、自分たちを支配してきた、という思いが強いのではないでしょうか。従って、自分たちを、より自由にし平等に扱ってくれそうな、外来のキリスト教を理想化して期待しているのだと思います。

 しかし、西洋では、キリスト教は、実際には、当初(ローマ帝国時代)から支配者によって人々を支配するために創作され、歪められ、利用され、戦争の原因でもありました(現在も)。「三位一体」、聖母マリアの処女懐胎、最後の審判、も創作されたものですよね。

 日本は、国際法に反してキリスト教国のアメリカから原爆を落とされ、アメリカはそれをいまだに正当化しています。欧米のキリスト教では、非キリスト教徒の日本人を対等な人間と見ていないでしょう。・・・日本人にはキリスト教に対する不信感があります。そのような尊敬すべからざるキリスト教徒に自らなろうとは思わないのではないでしょうか。日本人は、キリスト教国の経済的な豊かさにあこがれているだけです。

 キリスト教は昔から福音活動に熱心ですから、日本人はその内容を皆おおかた知っていると思います。しかし、上述のように、キリスト教も、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められいますから、イエスキリストの教えが、どの程度、聖書にもとのまま残っているかは、分かりません。日本人はそのことを知っているのです。欧米のキリスト教の多くの研究者でさえ、聖書の大部分が事実でないと考えます。

 キリスト教の神を信じれば悪人でも天国に行くことができ、信じないものは善人でも地獄に落ちる・・・そのような、日本人の長い歴史にわたって体験してきた因果応報の法則に反し非常識で不道徳な教えは、日本人には通じないのだと思います。

 また、日本人は、元々、自然を崇拝し、多神教でしたから、人間のように嫉妬する尊敬できない絶対的唯一神に強い違和感を持つのだと思います。

 今や、ニューエイジの時代です。質問者様、キリスト教にこだわることなく、「プレアデス+ かく語りき」バ-バラ・マーシハニック(太陽出版)、「テオドールから地球へ」ジーナ・レイク(たま出版)、「シルバーバーチの霊訓」アンドゥーリー(潮文社)、「神との対話」ニール・ドナルドウォルシュ(サンマーク出版)をお読み下さい。日本において、なぜキリスト教が浸透しないのかを、より深くご理解いただけると思います。

 むしろ、何故、韓国や台湾でキリスト教が人気があるかを考えるべきです。

 各国に昔からある宗教というのは、支配者によって人々を支配するために利用され、そのように歪められた歴史を持っています。韓国や台湾では、歴史的に中国本土の支配者の圧政を受け、社会構造的に、国民は、伝統的な仏教は自分たちに何もしてくれなかった、自分たちを支配してきた、という思いが強いのではないでしょうか。従って、自分たちを、より自由にし平等に扱ってくれそうな、外来のキリスト教を理想化して期待しているのだ...続きを読む

Qオナニーは、キリスト教では罪になりますか?

宗教のカテゴリーがないので、こちらで質問させて頂きます。

キリスト教では、オナニーは罪になりますか?
もし、罪になるとしたら、その根拠として、聖書のどの箇所にどの様に書かれているかも含めて教えて頂ければ、有難いと思います。

Aベストアンサー

こちらをご参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%8B%E3%83%BC

私はカトリック信者ですが、
神父さん曰く、「そんなもん罪なわけないでしょ」とのことです。

Q教会の日曜礼拝の献金の額について、他の相談の回答に500円~1000円

教会の日曜礼拝の献金の額について、他の相談の回答に500円~1000円とありました。私も その位かなと思っていたのですが 
教会に縁があり、会員ではありませが、日曜礼拝に通っています。先日、子ども達に牧師先生が献金の額は、高校生は最低200円、親は1000円と はっきり言われました。
私達は会員でないので 高校生は100円、親は500円くらいでいいかしら と考えて いたので、戸惑ってしまいました。
はっきり言われてからは、その額を献金していますが、月に三回だとして3600円。高収入ではないので、なかなか厳しい金額です。

教会員でない場合の 献金額は はやり牧師様が言われたのが 常識なのでしょうか?

Aベストアンサー

教会もそれぞれ財政の事情が違うとおもいます。
建物の維持、水光熱費、人件費などの必要経費に対する教会員の人数付属幼稚園からの収入などで少子化高齢化の影響も少なくありません。
牧師がみづからおっしゃると言うことは、相当厳しいのでしょうね。

内も右にならえで皆さんだいたい礼拝献金は1000円ですね。
私は教会では礼拝が最も大切だと思っています。ですから抵抗はありません。
その他月定献金、特別献金、感謝献金など教会にささげるお金は、
生活費の中からあらかじめ取り分けています。

教会員以外の方には牧師は一応の目安としておっしゃったのではないかと思います。
必ず守らなければならないと言うことはないでしょう。
只教会を維持するためには、大変な費用がかかっている事をご理解していただければ有難いです。

Qクリスチャンではないのですが教会の礼拝に参加してもいいのでしょうか?

クリスチャンではないのですが教会の礼拝に参加してもいいのでしょうか?

悩んでいます...(長文です。)
アメリカ在住なのですが、つい最近クリスチャンの友人が出来ました。(日本人の方です。)
とても優しく、尊敬できる良い方で仲良くさせて頂いています。
その方はクリスチャンのようで毎週教会に通っておられるのですが、
ひょんなことから教会の話になり「教会に興味がある」と伝えると
「もしよければ一度一緒に」と誘って頂きました。

先週早速連れて行ってもらい、教会のみなさんには歓迎して頂き、説教もわかりやすく
とても良い印象を受けました。無理やりな勧誘や献金等も特に無く、
「興味があればぜひまた行らしてください」というような雰囲気でした。
既に次の集まりにもお誘いを頂いています。

ここでふっと思ったのですが、クリスチャンではない人間が教会に行って説教を聞いたり、
礼拝をしたりするのは良くないことなのでしょうか...?
礼拝や賛美歌のときは下を向いて静かにしているか、周りの人に合わせて歌っています。

私自身は洗礼もなにも受けておらず、家族は仏教徒です。
私は自分はキリスト教徒だとも仏教徒だとも思っておりません。
どちらかというと思想的には無神論者に近いと思います。
しかし神様を信じる人を特におかしいとも思いませんし、信仰が人を救うことがあるのも
確かだと思います。

私は純粋にクリスチャンの方の考え、教会はどんなことをしているのか、聖書はどういうものなのか、
「せっかくアメリカにいるのだから教会に行ってみたい」「聖書を読んだり、説教を聞いたり、
教会で他の人と交流するのは英語の勉強にもなる」等という理由で教会に行ったのですが、
こういう理由は不純でしょうか?

私はどちらかというと宗教としてより学問や教養としてキリスト教に興味があります。
なので今のところ特にクリスチャンになりたいとも思っていません。当然聖書も持っていません。

皆様に質問なのですが上記のような理由で教会には行かない方がいいでしょうか?
それとも私がそう思っていないだけで、教会に行っている時点で既にクリスチャンなのでしょうか?

教会の方からは特に「キリスト教の信者か?」というようなことは聞かれなかったのですが、
「教会に来ている時点で信者だと思われているのでは?」という不安と、
実は自分はクリスチャンではないという申し訳なさで一杯です。
小さな韓国系の教会なので、みなさんに名前を覚えられ始めています。
友人からの紹介という形で行っているので、失礼があったらその友人にも迷惑になると思うと
心配でなりません。それにもしかしたら友人自体も私がクリスチャンではないということを
知らないかもしれません...

失礼にあたるようなら、友人には理由を話し教会に連れていってもらうことは次回からは
丁重にお断りしようと思います。

ぜひクリスチャンの方、そうでない方、両方からのご意見をお伺いしたいです。
回答よろしくお願い致します。長文失礼致しました。

クリスチャンではないのですが教会の礼拝に参加してもいいのでしょうか?

悩んでいます...(長文です。)
アメリカ在住なのですが、つい最近クリスチャンの友人が出来ました。(日本人の方です。)
とても優しく、尊敬できる良い方で仲良くさせて頂いています。
その方はクリスチャンのようで毎週教会に通っておられるのですが、
ひょんなことから教会の話になり「教会に興味がある」と伝えると
「もしよければ一度一緒に」と誘って頂きました。

先週早速連れて行ってもらい、教会のみなさんには歓迎して頂き、説教...続きを読む

Aベストアンサー

一般のキリスト教のお話はクリスチャンでなくても、とてもためになります。

自分がどういう立場にいるか、自分の寄って立つ所が分かっていれば気にすることはなく、教会に行けばよいと思います。クリスチャンになるのかならないかは、ずっと先のことです。ヨハネの福音書に書かれてあるように、クリスチャンは神に選ばれるものだという言葉がありますから、そういう時が来るか、来ないかは、自力の問題ではないようです。

一度教会に行ったとしても、気が進まない時には、自分の気持ちははっきり伝えるべきですね。私は、10代の頃に、統一教会の教会の説教を聞いたことがありますが、もう既に宗教教育は受けていたので、彼らの理屈をもう認めることは出来ませんでした。彼らの教えには、一般キリスト教にないものが多く含まれているからです。ただし、まだ霊感商法のない時代ですが、すでに社会問題には発展していました。

ご友人に、自分の気持ちをはっきり伝えて、その人が離れていくなら、それは、その人自身が宗教のために近づいたということだけにしかならないと思います。

私個人は、団体には、今は、どこにも属していないけれども、多少のキリスト教の知識は持っているつもりです。ただ、とても、一部の米国系のキリスト教とは考え方が一致するとは思えません。

だからといって、一般的なキリスト教のお話を聞けないわけではありません。また、私は、キリスト教の考え方は米国が主流だとは決して思っていません。私の知っているキリスト教の考え方とは、かなり開きがあります。私は、あるキリスト教学者を尊敬していますが、先生は日本の伝統的キリスト教の考え方ですが、ドイツにそれに近いもので、神秘主義を一切排除した所を出発点にしていらっしゃいますので、かなり違った印象を受けます。

また、一部、米国キリスト教は、日本バッシングや親イスラエルを聞かされることがありますが、とても、そのまま彼らの話を受け入れるわけにはいきません。日本人に対する無理解の中傷だけでは、その人たちを認めるはずがありません。彼らの中には、日本人は、偶像崇拝だとか、無神論だと、自分たちを中心にした概念の範疇で批判する人たちがいますが、それは、単に、日本の宗教史に詳しくないだけでなく、異文化圏に対する宗教についての接し方を知らない人たちです。

日本人のいう仏教を基盤とした「無神論」というものと、英語の"Atheism" とは、まったく異なるものぐらいの知識は必要です。日本の宗教が、アニミズムだと言われるもの、やはり無知によるものです。むしろ、密教の影響のせいか、汎神論(Pantheism)と言ったほうが、良いかもしれません。うかつに、"Atheism" や、"Irreligion"という言葉は、よほど思想体系を持たない限りは言わないほうがよいと思います。日本人でも、明確に神(仏)を否定するような人は、よほどの変わり者です。不思議なことに、日本では、仏が、概念とはまるで違うのに、神格化しているのです。キリスト教と大きく違うのは、全ての人に救いのチャンスを与えています。

日本人の宗教というのは、生まれながらのままで、自覚をしない宗教だと思います。生まれながらの宗教は、もう一度宗教に目覚めないと、本当の信者にはなれないのです。ほとんどは、一度も宗教に目覚めないままに、死んでいきます。宗教は、本来、その人自身の死生観の問題ですから、キリスト教であれ、仏教であれ、イスラム教にしろ、そういう問題は最期の最後に決めても遅くないような気がします。

日本人は、明治以降だけでも、本当に、宗教には、さんざんに翻弄されてきたわけですし、戦後の新宗教の問題にしろ、昭和・平成になってからでも、日本国民が無宗教・無信仰と言わざるを得ない気持ちに、一定の理解を示しても良いと思いますし、他の国の人たちに説明しても悪くはないと思います。

いろいろ経験してみるのは良いことだとは思います。

ただ、いずれにしても、どこの国でもありますが、カルト系の団体には気をつけたほうがよいと思います。

一般のキリスト教のお話はクリスチャンでなくても、とてもためになります。

自分がどういう立場にいるか、自分の寄って立つ所が分かっていれば気にすることはなく、教会に行けばよいと思います。クリスチャンになるのかならないかは、ずっと先のことです。ヨハネの福音書に書かれてあるように、クリスチャンは神に選ばれるものだという言葉がありますから、そういう時が来るか、来ないかは、自力の問題ではないようです。

一度教会に行ったとしても、気が進まない時には、自分の気持ちははっきり伝えるべきです...続きを読む

Qクリスチャンと恋愛・セックスについて

私は30代♀精神疾患ありの数年前に改宗し、洗礼したクリスチャンの者です。私には45歳になる同じ精神疾患ある、デイサービスの仲間の男性と、お付き合いしてます。ノンクリスチャンですが、少しご友人の勧めで別の教会に通っていた時期もあるそうで聖書も持ってます。今は通ってなく日曜日は、もっぱら友人らと普通に交遊してます。 私は付き合い始めは、今まで付き合い出した男性とは身体の関係あり次こそ止めよう!!と誓うなか欲求や雰囲気に負けていて、神様との関係のあり方から外れ罪を重ねてました。今回も最初は、彼に私がクリスチャンで結婚前までしたくないことを伝えました。彼も、その時は分かったと言ってくれましたが、キスやディープタッチのみにしてました。挿入をだけは、避けていたのですが、しかし彼も我慢しきれず、私もココロが揺れて遂に今回も、信仰の薄さ故に負けて身体の関係を持ってしまいました。私は正直sexは好きな方だと思います。それか普通か。でもクリスチャンとしては、異端者なのは判ってます。聖書の教えや、先輩の方は簡単にsex間違いという事も知りつつ、いつも男性と付き合うとクリスチャンと、sexの壁に当たり悩みます。結婚前のsexがダメなら私は一生、付き合う事を諦めて神様や弱い人を愛しボランティア的な生き方を決意しなければ負い目と苦しみの繰り返しの人生になるのではと思いもします。彼がいくら避妊してくれても、婚前前交渉には変わりないし、子供できる可能性もありますよね!?彼は、今は結婚は考えてないです。私は彼を選んだことから間違えたのでしょうか?最初からクリスチャン同士で付き合えばsexなどの障害は乗り越えて神様の前に忠実に、祝福され平和な付き合いができるのでしょうか?どうすれば、クリスチャンとしての苦しくない恋愛ができるのでしょうか?それとも私のような者は、ハナからクリスチャンにならなかった方が良かったのですか?私は施設に入居中で、彼は、生活保護で一人暮らしですが、医師から仕事は無理とのことです。結婚しても経済力は求めらられません。辛いです。先輩クリスチャン特に改宗してから、お付き合いされてる方やクリスチャンの性の悩みの経験のある方、この様な罪深く思慮の浅い、愚かな者ですが真剣に悩んでますので、長文と、まとまらない文脈ですが御教示の程お願い申し上げます。辛いです。

私は30代♀精神疾患ありの数年前に改宗し、洗礼したクリスチャンの者です。私には45歳になる同じ精神疾患ある、デイサービスの仲間の男性と、お付き合いしてます。ノンクリスチャンですが、少しご友人の勧めで別の教会に通っていた時期もあるそうで聖書も持ってます。今は通ってなく日曜日は、もっぱら友人らと普通に交遊してます。 私は付き合い始めは、今まで付き合い出した男性とは身体の関係あり次こそ止めよう!!と誓うなか欲求や雰囲気に負けていて、神様との関係のあり方から外れ罪を重ねてました。今回も最...続きを読む

Aベストアンサー

イエスも馬小屋で生まれました。
まずしくとも子育てはできると思いますが、クリスチャンとしてどうすべきなのでしょうか。
キリスト教では、堕胎も避妊も本来はタブーだと思います。
籍をいれるかどうかはともかく、彼と二人で神様に誓うことができるでしょうか。
できるのなら、そこに罪はないと思います。彼に誠意があるかないかということも、実は関係ないと思います。
イエスはユダもマリアも受け入れるわけです。
心穏やかにすごしたいなら、人を信じても頼りにはしないことです。
万が一子どもができて、彼が「一緒には育てられない」などと言いだしても、許すことです。
彼の悪意のなさを信じ、罪を許し、彼の罪を代わりに背負えば良いのです。
キリスト教徒なら、生まれによるわけ隔てなく子どもも受け入れるはずです。

実は、私は、以前教会で、尋ねたことがあります。
「結婚して母になる人と、聖職者になる人はどうやって決まるのですか??」
そして、今の私には明確な答えがあります。
行為の中に、彼しか見えていないなら、質問者様はますます辛い地獄に追いやられることと思います。
その一方で、母になるということは、我慢するということだけではなく、力を与えられることだと思います。
そして、質問者様は、授かろうとしているわけです。
今はまだ、彼のことしか見えないかもしれませんが、全ては、質問者様がこれから神様から授かるものにつながっていることと思います。それが、母になる喜びであるか、禁欲の果てに神に仕える喜びであるか、
まだ分からなくて当然だと思います。
質問者様の心の中にしか、答えはありません。

彼に何とかしてもらおうと思っている。その一点のみ。彼に罪を償ってもらおうと思っている。
大げさに言うと、彼の罪を許せずにいる。
その一点のみが、質問者様を苦しめているように思えます。

イエスも馬小屋で生まれました。
まずしくとも子育てはできると思いますが、クリスチャンとしてどうすべきなのでしょうか。
キリスト教では、堕胎も避妊も本来はタブーだと思います。
籍をいれるかどうかはともかく、彼と二人で神様に誓うことができるでしょうか。
できるのなら、そこに罪はないと思います。彼に誠意があるかないかということも、実は関係ないと思います。
イエスはユダもマリアも受け入れるわけです。
心穏やかにすごしたいなら、人を信じても頼りにはしないことです。
万が一子どもができて、彼...続きを読む


人気Q&Aランキング