メロディについて質問なのですが、メロディとは主旋律の事ですよね。
メロディ=旋律(歌) コード=伴奏 アルペジオ=ベース音、コード(和音)、メロディ だと思われますが。

ここからがお聞きしたい事なのですが、耳コピをする際に私の場合は
まず歌っているメロディを頭に残して、唄いながらギターを弾いて
伴奏していくのですが、コードからメロディは見つけ出せるでしょうか?

例えますと、ラララ~ラララ~ラララ~♪
というメロディ(歌)があるとします。その歌を歌いながら伴奏を
つけていくやり方でコピっているわけですが、現状としては
そのままラララの部分の音がわかりません。

伴奏と同じように一音一音確かめていく方法しかないのでしょうか?
スケール(音階)の場合はコードを押さえるという形も変わってくると
思うのですが・・・

わかりにくい質問ですが、簡単にいいますと
自分はコードから耳コピしています。
メロディからコピるにはどのようにすれば良いのでしょうか?
また、コードからメロディは割り出せますか?
という事です;;

どなたかご回答の程、お待ちしておりますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私の質問の意図としては、メロディ(歌)からメロディを耳コピできない


のかなぁ?と思っているわけです。(コードならできますので)

どうも、質問の意味がわからない・・・のは、私だけでしょうか? (^^;

「メロディ(歌)」から・・・
「メロディ」を耳コピ・・・

とは?

ただ、そのまま、五線紙にかけばいいように思うのですが・・・

「耳コピ」・・・? の解釈が違うのかな・・・
「採譜」・・・のことですよね???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風邪を引いてしまい、返信が遅れてしまいました。
申し訳ございません。

質問しているこちら側もちょっと質問の仕方を間違った感が
ございました。申し訳ございませんでした。

>ただ、そのまま、五線紙にかけばいいように思うのですが・・・
とございますが、メロディは覚えられるのですが(耳コピができているのかわかりませんが)それを五線譜に表す事が・・・トホホ

>「採譜」・・・のことですよね???
という事は結局1音1音メロディを唄いながら書いていくしか
方法はないわけですね。

ご丁寧にお答え頂いてありがとうございます。

お礼日時:2006/12/08 17:28

コードもメロディも結局は一心同体なので、慣れてくると同時に分かると思います。



誰もが耳コピに必要なのは「聴く力」だと思ってるようですが、実際には、楽曲を理論的分析する「知識」の方が重要だと思います。聴いたり思いついたメロディを、頭の中でキーを決め、スコアに書き留めるくらいの分析力があれば、耳コピは瞬時に可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>コードもメロディも結局は一心同体なので、慣れてくると同時に分かると思います。

慣れるまで続けて行きたいと思います。

>スコアに書き留めるくらいの分析力があれば、耳コピは瞬時に可能です。

スコア(五線譜)には表した事がまだありませんので、これからは
実践して参りたいと思います。

風邪体調不良なので、駄文などございましたら申し訳ございません。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/08 17:59

簡単にいうと、メロディをコピるのは、ラララ~にあわせて鼻歌です。



あと、私も詳しいわけではありませんが、6弦を鳴らして曲のキーを探したほうが早いと思います。キーがわかれば、しぼれますからね。
ポジションについては、色々鳴らして見当をつけるしかないですね。

見当ちがいな回答ならすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>6弦を鳴らして曲のキーを探した方が早いと思います。

ベース音でキーを探す方法ですね。前々からその方法は知っていた
のですが、今まで敬遠したおりました。これからは実践したいと思います。

>ポジションについては、色々鳴らして見当をつけるしかないですね。
こちらはコードのポジですよね?私が知りたいのはコードではなく、
単音のメロディ音なのです。。

>簡単にいうと、メロディをコピるのは、ラララ~にあわせて鼻歌です。

このラララ~のメロディ部分を弾きたいわけなんですよね。。

ご解答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/08 17:53

メロディを弾きながら歌を歌うといった奏法も


あった御様子でしたので、そちらをチャレンジしたいと思いまして・・・

・「◆対旋律」・・・のことですか?
「カウンターメロディー」「オブリガート」ともいいますが・・・

・「主旋律(メロディー)」に対し「◆副旋律」を作りたい・・・? のかな?

もっと、別には、「インベンション」の「◆2声」の作曲方法ですかね?
(メロディーが、同時進行する。2つあるんですが・・・)
「◆対位法」・・・なんかもありますが???
    • good
    • 0

メロディからコピるにはどのようにすれば良いのでしょうか?



ちょい、まちがえました。

メロディ・・・は、「耳コピ」できるんですよね?
そのメロから、「コード(伴奏)」の判定は、「感覚的」には、できるんでしょうか?

できれば、おおまかなコード進行は、わかるので、
伴奏の「耳コピ」しにくい、速い部分や込み合っている部分は、
和声として、とらえれば、まったく、同じ音でなくても、特に、
歌謡曲。ポップスなどなど・・・なんかなら、十分ですね。

クラシック・・・などのように、「1音1音」耳コピが、必要な場合なら、大変ですが・・・

まあ、クラシックは、普通、「コード」は、表記しませんが、
当然、コード進行にすることは、できますので、メロを先に。耳コビしてから、コード進行を割り出して、そのコードの和声を軸に、さぐるとりやすいですが・・・

この回答への補足

遅くなりまして、申し訳ございません。
ただ今帰宅致しました。レス感謝ですm(_ _)m

>メロディ・・・は、「耳コピ」できるんですよね?
>そのメロから、「コード(伴奏)」の判定は、「感覚的」には、できるんでしょうか?

こちらですが、メロディの耳コピというか歌を聴いてその歌を
唄いながら「コード(伴奏)」をつけていくという耳コピ法です。
私の質問の意図としては、メロディ(歌)からメロディを耳コピできない
のかなぁ?と思っているわけです。(コードならできますので)

別の質問の方ではメロディを弾きながら歌を歌うといった奏法も
あった御様子でしたので、そちらをチャレンジしたいと思いまして・・・

一音一音探るよりは、コードからメロディを割り出せる方法は
ないかなぁと思い質問させて頂いた次第ですが、解答を見てみますと
どうやら無限にある御様子ですね。。

とりあえず、新解答をお待ちしておりますね。

補足日時:2006/12/07 18:11
    • good
    • 0

作曲には、


「メロ先(先に、メロをつくり、それに対し、コードを付ける)」と
「伴奏先(先に、コードの流れをつくり、そのコード上に、メロを考える)」があります。

伴奏していくのですが、コードからメロディは見つけ出せるでしょうか?
「見つけ」・・・? というのは、どういう意味でしょう。

耳コピしたい、対象の曲は、無理です。
なぜなら、無限に、メロは、存在するからです。

コードの流れは、「機能(T。S。D)」で、考えると単純なものですが、
なので、同じコード進行は、よくあります。

コードパターン・・・などは、その代表です。
なので、単純に、コード進行から、対象の曲のメロは、割り出せません。

「作る(作曲)」・・・のであれば、当然、できます。
アドリブも、そうです。

メロディからコピるにはどのようにすれば良いのでしょうか?
できません・・・   (T_T)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターの耳コピの練習で、テレビを見ながらCMソングの耳コピをしています。 有名なギタリストで、この

ギターの耳コピの練習で、テレビを見ながらCMソングの耳コピをしています。

有名なギタリストで、この練習を実践していた人はいますか?

Aベストアンサー

今の様に映像はない、楽譜はない、そんな時代(70年代中期辺りまで)のギタリストは皆そんな感じで耳コピで成長した人ばかり。頼りは自身の耳だけだから、実際は違う場所でコードを押さえていても音は同じなんて事は日常茶飯事。しかし、そこから個性が生まれた。

同じ映像を見て、楽譜を見て真似るのとは出発点が違う。

続けて下さい。

Qクラシックギターでメロディの耳コピ+伴奏音

アコギとエレキギター持ってましたが、売ってしまいました。
ゆったりとした感じの曲をクラシックで弾きたくなってきました。

それで、耳コピでクラシックギターを弾きたいです。
クラシックギターは楽譜の暗譜が基本の様ですが、暗譜能力が無いです。
アコギでスケールを当てはめてのメロディーの耳コピはそれなりにできます。
クラシックの場合ベース音があるためどのスケールポジションで弾い良いかわからない感じです。
また、ベース音の耳コピ、というより自分なりにベース音を当てはめて行くには
どう言う方法があるのでしょうか?

動画サイトでクラシックギターを耳コピで弾いたものを聴きましたが、
とても上手で、自分でも弾けないものかと考えています。

耳コピしたメロディに伴奏音を付ける方法を伝授してほしいです。
和音を付ける方法等もとてもできそうにありませんが、
方法論として教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

コード弾きにメロディーを乗せる方が断然簡単だと思います。
またギターの特性的に言うと、初めのうちはKeyがGかCあたりの方がメロディーを乗せやすいです。

従いまして、
1.目的の曲のコード譜を探し、
2.そのKeyがGかCでなければ移調して、
3.まずはコードで弾けるように練習する。
4.コードにはベースも和音も含まれているので、そのうえでメロディーを乗せる
という順でトライしてみてはいかがでしょうか。

・まずは簡単なメロディーの曲から。
・コード構成音はメロディーが引き立つように適当に間引く。
と良いです。

Q耳コピする曲は普段から聴き込んでおくと耳コピしやすくなりますか?

耳コピする曲は普段から聴き込んでおくと耳コピしやすくなりますか?

Aベストアンサー

好きな曲 耳コピ 早  嫌いなジャンル 全くダメ  私の場合 
これ当たり前かも
才能の ある無しが 問題ですね

Q主旋律と主旋律並みに動く副旋律の、上手な共存法

ファイナルファンタジー1(ファミコン版)の
「オープニング・テーマ」という曲なのですが、
http://chobi.net/~piacere/mid/ff1-2/(←1番上にある曲です)

この曲は三音で作られています。
高音の主旋律、低音のベース、
そして疑問に思ったのが真ん中で動いている
もうひとつの副旋律(という呼び方でいいのでしょうか?)のようなパートです。

ハモリでもなく、伴奏でもなく、、。
主旋律並に音の動きがあるのに、主旋律と上手く共存し
主旋律を際立たせています。
私が同じような事をしようとすると、どちらが主旋律なのか
わからなくなってしまいます。

作曲理論で言うと、どの辺りを勉強したらこのような
上手な副旋律を作りだすことができますか?
また、どのような事に気をつけて作っていけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

通称「裏メロ」というヤツですね。

あくまでも僕のアレンジ経験だけでお話させてもらいますと、このアレンジ技は出来るメロディと出来ないメロディがあります、コードの和声音を多く踏むように作られたメロディラインの場合に考えられるアレンジだと思います。

経験上、コードの和声音を同時に2音以上外すと不協和音が発生します、これを防ぐために、2つのメロディをよく聴いて、

○メロディが和声音を外している瞬間は、裏メロは和声音を踏むようにする。

○逆に裏メロが和声音を外している瞬間は、メロディは和声音を踏むようにする。

のように、緻密な計算なのかずば抜けた感性のなしえる技なのか、両方を心地よいメロディで仕上げるのはまさに植松さんならではと言ったところですかね。

だから必要な勉強は「和声法」ってことになると思います、でももっと必要なのは「同一進行内に2つのメロディを共存させられるだけのセンス」ではないでしょうか?

Qギター(コード)の耳コピについて

ベースラインを耳コピするには、大体ベースは単音で演奏されるし そのままベースの音を拾えばいいと考えています。

ですが、ギターでコードの音を判断するためにはどうすればよいのでしょうか?
コードは単音じゃないから聞き取りづらいし…

『ベースラインをコピーしてからだとコードを割り出しやすい』
『最初に聞こえたコード音の中心となる音を聞き取って、そこからコード表に合わせながら(中心の音を聞き取ったコードの)高音・低音を聞き取る』

みたいなことをきいたのですが、結局どのように練習すればコード音をコピーできるようになるでしょうか?
当方かなりの初心者なので、あまり専門用語は使わずに教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

耳コピについては、聴いた音について、どのポジションでそれと同じ音が出せるか推測できることが必要です。そのため、そのコピーしようとしている楽器について、総合力を問われる部分もあります。耳コピのための練習を想定する場合、そこに含まれる具体的なトレーニングの方法は多岐に渡るでしょう。

ギターパートの耳コピを意識して練習する場合、まずはギターでどういった音が出るのかをよく知る必要があるでしょう。それを知る上では、まずはギターを通じていろいろな音を出してみるのが大切だと思います。いろいろな種類のコードについて、自分の手でギターを通じて実際に音を出し、その響きを聴き取るようにして覚えていくと良いでしょう。また、コードブックなどを参照してみて、いろいろなコードやそれぞれのコードフォームを覚えたりするのも良いと思います。また、ギターの指板上の各ポジションの音の配置について、具体的に配置図などを作成して覚えるのも有用でしょう。どのポジションを押えるとどの音程が出るのかを知ることは、とても重要な基礎になります。
余裕ができてきたら、それぞれのコードについて、どういった音で構成される音の集合なのか、あるいは逆にどういった音が集まった時にどういうコードネームが振られるのかの決まりについて、考慮してみるとより良いでしょう。コードがどういう仕組みで名付けられるかを知ると、いろいろと応用できます。
まずは、自らギターで音を出し、その音を聴き取ることから始めるのが良いと思います。自ら出した音について記憶していき、それと聴こえる演奏の音とを比較して近い響きを手繰り寄せていくのが、耳コピをする上では妥当でしょう。

たくさんの曲をスコアを利用するなどして演奏してみることもお勧めします。いろいろな曲を実際に演奏してみることで、曲の感覚を掴むのも手です。曲の構成の仕方には、ある程度の決まりやお約束があるので、いろいろな曲を知ることでそうした仕組みを知り、コードの音程を類推する手掛かりにするのも、一つの手ではあります(ただし、そうした手法に頼りすぎるのは、楽器演奏の腕を洗練する上では若干の疑問を残します)。
また、スコアを入手できる曲については、スコアを使って練習し、スコア通りに弾けたことで安心せずにその時点からその曲の音源を聴いて、自分の演奏と比較してみると良いでしょう。もし、音源の演奏と自分の演奏とに食い違うところがあると感じた場合は、音源の演奏に似るように試行錯誤してみるのが良いと思います。これは、耳コピと同じ作業をすることになるため、耳コピのための具体的かつ直接的な訓練ともいえます。スコアでおおよその演奏内容を知ることができるため、曲全体を耳コピしようとするよりは負担は少なく、それでも耳コピの時に必要な感覚を鍛えることができるので、スコアを利用した上で音源に似るように練習することはお勧めです。

簡潔にまとめると、まずはギターでいろいろなコードを鳴らしてみて、それぞれの響きを記憶していくことと、たくさんの曲について、スコアを利用してもいいので演奏できるように練習していくのが良いでしょう。耳コピについては、そうした経験の総合として、次第に身についてくるものと思います。


なお、コードの響きをコピーする上では、はじめの内は実際にギターでいろいろとコードを鳴らしていき、コピーしようとしている部分の音の響きと比較して合っているかどうかを比較するような方法になるのが自然だと思います。コードブックなどを利用して、コードのバリエーションを参照しながら総当りするのも、少々スマートさには欠けますが、実際的な試みといえるでしょう。
コードを推定する場合、まず大きな手掛かりとなるのはベースラインの音と言えます。特に小節始めの一発目のベースの音は、その小節のコードのルートないしベース音と一致することが多いので、それを目安にコードの推定を進めていくのが良いと思います。小節頭でベースがC(=ド)であれば、その小節のコードはC系のコードか、Cをベース音とするオンコードと候補を絞り込むことができるでしょう。
コードを類推する上で次に手掛かりになるのは、コードの響きの長短です。メジャーコードなのか、マイナーコードなのか、あるいはsus4コードなのか、コードの響きの聞いた印象から推定するのが良いでしょう。とりあえず、コードのルートとメジャー/マイナーの別を推定できれば、コードの推定の大部分はこなせると思います。それだけでも対応できる曲も少なくないかも知れません。
あとは、テンションノートの有無や、5thの変化形(ディミニッシュコードやオーギュメントコード)などの特殊なコードについて考慮すれば、大抵の曲には対応できると思います。ただ、それらの一癖あるコード群については、少し時間をかけて、先述の通りどういった響きがそのコードなのかを記憶して対応できるようにしていくのが良いでしょう。

参考まで。長々と乱文失礼しました。

耳コピについては、聴いた音について、どのポジションでそれと同じ音が出せるか推測できることが必要です。そのため、そのコピーしようとしている楽器について、総合力を問われる部分もあります。耳コピのための練習を想定する場合、そこに含まれる具体的なトレーニングの方法は多岐に渡るでしょう。

ギターパートの耳コピを意識して練習する場合、まずはギターでどういった音が出るのかをよく知る必要があるでしょう。それを知る上では、まずはギターを通じていろいろな音を出してみるのが大切だと思います。...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報