位置情報で子どもの居場所をお知らせ

日銀は公定歩合操作、公開市場操作、預金準備率操作を行って景気を安定させている、と学校で習ったのですが、なぜ好景気のときに景気を沈静化させる必要があるのでしょうか?
幼稚な考えですが、素直に考えたら好景気のままにしておいたほうがいいような気がするのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

それぞれの国には、景気の巡航速度というものが存在していると考えてください。

この速さで景気が拡大しているのなら問題はないのですが、好景気の時には得てして巡航速度を超えた生産活動が行われがちです。
単純ですが、景気が良いと見たら、経営者は儲けようとして物を多く作ろうとします。自由経済の下では、各社が競って増産に入ると需要以上に物が溢れ、売れ残りが発生します。在庫が多くなります。物が売れ残ると景気の後退が起こります。このように景気は良くなったり悪くなったりを繰り返す、つまりサイクルがあると考えられています。景気のサイクルには、在庫のサイクルや設備投資のサイクルがあると考えられています。(参考URL)
 好景気は好ましいですが、自由にほっておくと行き過ぎて、やがて景気は後退します。景気後退は好ましくありません。景気変動の振れ幅が大きいと景気後退のときに、社会不安が増大するおそれがあります。したがって、景気の振れ幅を出来るだけ小さく押さえること、つまり巡航速度になるように景気をコントロールすることが良いとされています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AF%E6%B0%97% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そういえば学校の教師もそんなことを言っていた気がしますが、hossyouさんの方が分かりやすいですね(笑)

お礼日時:2006/12/09 22:11

 基本的に、好景気だという理由で公定歩合を引き上げたり、買いオペをしたり、預金準備率を引き上げたりしません。


 通常、好況の最終局面には資産インフレが起こり易いこれは消費に対し通貨供給量が増えすぎるため行き場を失ったお金が投資という名の投機に走る結果ですが。ちなみにこの通貨の過剰の状態を過剰流動性といいます。又、実態を超えた資産インフレの事をバブルといいます。
 そこで、この過剰流動性を吸収するためにお金の流通を妨げる作用をする必要があるとお考えください。
 尚、生産力の大きな現在は好況による人件費の高騰によるインフレは起こらなくなっています。それに対して昨今起こったのは、資源の枯渇或いは資源の生産力不足による資源インフレです。
 また、金融政策は景気の抑制には効果がありますが不況の克服には効果はありません、それはバブル以降の失われた十年で証明済みだと思います。それは、古典派経済学が好況の経済学、ケインズ経済学が不況の経済学と呼ばれていることにも通じます。
 後蛇足になりますが、古典派の経済理論がなぜイギリス・アメリカでもてはやされたかというと、1970年代後半の英米では不況時の物価高つまりスタグフレーションであったためです。つまりコストプッシュインフレ下でなおかつ国際競争力の喪失状態にあったわけです。そこで国際競争力を回復するには規制を緩和し、金利を上昇させ競争力の無い企業を市場から退出させなおかつ外国から資金を集める。それによって金融国家としてやっていく。それは今までのところ成功しているように見えます。ただそれは、国際的なマクロバランスを崩壊させ経済の不安定化を加速していると考えられます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/09 22:17

アメリカの1929年の「ブラックマンデー」を考えればいいのかなという気がします。

「ブラックマンデー」が起こる前までは、第一次世界大戦の「戦争景気」による「特需」がありました。しかし「戦争の終結」により、「過剰投資」が顕在化し、突然「大恐慌」となったのです。しかも「世界恐慌」はアメリカのみならず、様々な国に波及し、やがて「ドイツ」「日本」などの「ファシズム」にみられるように、政治的にも不安定になり、やがて「第二次世界大戦」という、新たな悲劇を生み出しました。たしかに「好景気」が「持続」すればいい気がする、という「素朴な質問」は分かりますが、「過剰投資」が発生してしまうと、上記のようなことが起きるため、「日銀」はそのようなことを行っているのです・・・・。
と、私は習いました。余談ですが、現在、好景気に沸いている「中国」は、数年後はどうなっているか?興味もあり、また「恐く」もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

過剰な好景気が戦争を引き起こすこともあるのですね・・・。勉強になりました。

お礼日時:2006/12/09 22:08

好景気の後にやってくる、急激な不景気を防ぐためではないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

好景気がずっと続くというわけではないのですね・・・。

お礼日時:2006/12/09 22:06

http://www3.boj.or.jp/kids/

インフレを防ぐため
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

参考URLが少し子供っぽくて恥ずかしかったですが^^;

お礼日時:2006/12/09 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q景気が良過ぎるとどう悪いのですか?

景気が良過ぎるとどう悪いのですか?
良く言われる、オジサンは言う「昔は良かったナァ」はバブル期の頃の事だと思うのですが。
失業もないし簡単に就職も出来る。給料は良い。
なのに何故引き締める必要があるのか。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

景気が良過ぎるとどう悪いのですか?

景気が良過ぎるとどう悪いのですか?


★回答


悪いことはないよ

景気が良過ぎると・・・馬鹿 ダニ が出現します
これがよくないです


・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★説明


儲かってると だれも文句がなくなるので

みんな値上がりします 株 土地 家 生活商品みんな上がる

年金なんか文句言いません 銀行預金の金利でOK
老人死ぬまで使いきれません 墓石買うのも限界があるし

その間隙をついて

馬鹿公務員が登場します
マスコミが賞賛します(前回は平成の鬼平)

税金を還付して金利をいじくり 土地税制をいじくり
はじけさせます

バブルだったーっと馬鹿マスコミが騒ぎます

民間のビジネスモデルが崩壊します
公的資金(われわれの税金) 金融機関だけ税金を投入します

もともとはじけさせなければバブルじゃないです
長期で見れば小さな変動で問題ないです

バブルがはじけたと言い
別の馬鹿公務員が登場します
財政が悪化したので 欠陥税制(消費税など)
を導入します
バブルに びびって チキン官僚となります
少し景気が上向きになると
国民から欠陥税制でまきあげます
景気は長期低迷します
世界の笑いものになります

日本は技術はあるけど 経済金融音痴で ラッキー
一人勝ちされるとこだったねー・・・・と他国は クスクス

・・・・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長期グラフで見て確認 以下URLをブラウザーに入れる
統合チャート(日本 イギリス アメリカ ドイツ)
日本のバブルって どこですか~っ グラフで確認 小さくてみえねーよWWW

http://finance.yahoo.com/charts?s=^N225#symbol=^n225;range=19890731,20140802;compare=^dji+^ftse+^gdaxi;indicator=dividend+ud+volume;charttype=area;crosshair=on;ohlcvalues=0;logscale=off;source=undefined


・・・・・・・・・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★結論 馬鹿を抹消すればもどりますよ

政府と 財務省あたりに うじょうじょいると推定できます

景気が良過ぎるとどう悪いのですか?

景気が良過ぎるとどう悪いのですか?


★回答


悪いことはないよ

景気が良過ぎると・・・馬鹿 ダニ が出現します
これがよくないです


・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★説明


儲かってると だれも文句がなくなるので

みんな値上がりします 株 土地 家 生活商品みんな上がる

年金なんか文句言いません 銀行預金の金利でOK
老人死ぬまで使いきれません 墓石買うのも限界があるし

その間隙をついて

馬鹿公務員が登場...続きを読む


人気Q&Aランキング