「千夜一夜物語」や詩人ハーフェズ、オマル・ハイヤーイ(?)やイスラムの楽器、イスラム教・イスラム教音楽について知りたいです。キリストではキリスト教とユダヤ教の違い、またキリスト教音楽について知りたいです。上記の質問のどれか1つでも結構ですので、できるだけ詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ぼくも中東の紛争を理解するためにユダヤ・キリスト・イスラム教の基礎的な知識が必要と思い、自分なりに勉強してみました。


違いというよりその歴史について、はしょって書いてみました(それでも長いです)。
参考になれば嬉しいです。



紀元前11世紀頃、今のイスラエルの地に住んでいたのはユダヤ人です。その頃からユダヤの民俗宗教であるユダヤ教が存在したようです。
その後、イスラエルの地はローマ帝国の支配を受け属領となりますが、そこに生まれたのがイエス・キリストです(キリストはユダヤ人です)。
キリストの教えはユダヤ教を元にしたものですが、民族や階級の差別がなかったため多くの信者を獲得し、後にローマ帝国の国教となります。

しかし、キリストの布教活動は基本的にローマ帝国の支配に対する挑戦であったらしく、その政治的な理由から十字架にかけられることになります。
また、ローマ帝国はユダヤ人をイスラエルの地から追い出し、この地をパレスチナと名付けました。ユダヤ人の後にこの地に住み着いたイスラム系アラブ人が、現在のパレスチナ人の祖先となります。

イスラム教は610年頃にマホメットが始めたユダヤ教・キリスト教を元にした宗教です。教典であるコーランにはユダヤ教のモーセやイエス・キリストも預言者として登場するそうです。そして、神のメッセージを伝える最後の預言者が自分だ、だから自分の教えが最も正しいという考え方なんだそうです。
当時の中東はやはりローマ帝国の支配下でしたが、ローマ人・キリスト教徒を追い出したマホメットとイスラム教は、アラブ人に大きな支持を得ることになり、現在に至ります。

ここで、2000年前にイスラエルの地を追われたユダヤ人は、第二次世界大戦後に続々と祖国に移住し始め(イギリスの二枚舌外交って聞いたことありません?)、パレスチナ人の理解を得ず一方的にイスラエル建国を宣言します。
そして現在もユダヤvsアラブ・イスラムという戦いが続いています。



参考文献:「90分でわかる宗教の読み方」岩澤亮 著:かんき出版(とても分かり易くてお勧めです)
    • good
    • 0

ユダヤ教とキリスト教の違いですが、ユダヤ教・イスラム教・キリスト教は「旧約聖書」が母胎です。

同じような宗教に見えて、実情は簡単ではないのはご存知かと思いますが、ユダヤ教は、天地創造主ヤハウェが唯一絶対神である「旧約聖書」を聖典とし、キリスト教はイエスの教えを言行録とした「新約聖書」を聖典としております。
ユダヤ教ではヤハウェが天地を創造し、宇宙で唯一神であるのに対し、イエスの安息日に対する旧約聖書との意見の違いや、自分は預言者である、などの言動が、ユダヤ教徒から見れば暴言であるため、イエスを異端児、反逆児として見て、相容れない関係になっています。
キリスト教は、基本的に人種も性別も関係なく、万人に布教されているの対し、ユダヤ教は「ユダヤ人のみ」の民族宗教となっています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報