今日、日本は産業別労働組合よりも企業別労働組合が多いということを習いました。ちょっと気になったので調べてみると米国や欧州などは逆に産業別組合が多いということがわかりました。なぜ日本には企業別労働組合が多いのでしょうか?またなぜ外国には産業別労働組合がおおいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本の企業別労働組合の歴史的な原型は、戦争中にそれまでの労働組合が解散され、労使双方が参加して組織された企業単位の「産業報国会」に見い出すことができます。


これは、労使双方が参加して事業所別に作られる官製組織であり、労使の懇談と福利厚生を目的としたもので、内務省の指導によって産業報国会は急速に普及し、労働者の組織率は、1938年で既に4割を超えていました。
そして、敗戦後の民主改革で労働組合が承認された際に、この企業単位の産業報国会が企業別の労働組合に衣替えして、現在の組織形態につながっているのです。
さらに、戦後は終身雇用が普及したので、労働者全般が企業に対する帰属意識が強くなったため、労働組合についても企業単位で捉えることが固定化したのです。例えば、労働組合の幹部経験者が経営者に出世することも珍しくなく、企業においては、労働者も経営者も本質的には一体となっているわけです。

一方、欧米では、雇用の流動性が高く、資本家・経営者と労働者との間は明確に画されています。通常は、労働者が当然に経営者に出世するような階層の連続性はないのです。
ここでは、同一産業内での労働市場における労働者相互の競争を排除して、権利を享有するために、必然的に産業別労働組合という形態が形成されます。
例えば、同じ自動車産業なら、GMとかフォードとかの個別企業を超えて、互いに職を奪い合うのを避けるために、同じ産業の労働者であることを共通項にして連帯する必要があるのです。つまり、同一産業内においては、各々の経営者と労働者の集団が対抗関係にあるわけです。

結局、日本の企業別労働組合は、資本主義の労使関係の本質上、極めて特殊な形態であるとされています。
    • good
    • 2

日本は基本的に終身雇用だったので就職した企業を中心に考えるようになり、企業単位での労組が盛んです。


アメリカなどは転職率が非常に高いので企業別組合に入る意義が少ないのです。
当然日本でも産業別組合から全国組合連合まであり、それぞれ長所・短所があるので別々に活動しています。

しかし昔は労働者の60%が組合員だったのが今では20%にまで下がり、組合の存在意義がかなり無くなってます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語から別の外国語にアクセスするために

こんにちは。私はインドが大好きです。インドは英語が公用語になっているので、英語さえ知っていれば、何とか意思疎通はできますが、インドのことをもっとよく知るためにヒンディー語を覚えようと思います。
 ヒンディー語と言えば、英語やスペイン語と並んで地球上で約4億人の母国語になっているのに、日本ではヒンディー語の学習書は皆無に等しいです。そこで、英語からアクセスせざるをえません。しかし、英語で書かれたまた別の外国語の学習書を十分に理解できるか不安です。
 そこで、英語(または別の外国語)を土台に他の外国語を学習されたことのある方に質問です。
その為には、相当な英語力が必要だと思いますが、どのようにして英語のレベルアップされたらいいと思いますか。他にも英語を介して別の外国語、スペイン語を介してカタルーニャ語、ロシア語を介してウクライナ語、フランス語を介してクレオール語、ドイツ語を介してオランダ語などを学習された方がおられましたら、既習の外国語をベースに新しい外国語に臨む心得などを教えてください。

尚、当方の英語力は英検準1級で、英語力を十分にブラッシュアップさせてからヒンディー語に臨もうと思います。

こんにちは。私はインドが大好きです。インドは英語が公用語になっているので、英語さえ知っていれば、何とか意思疎通はできますが、インドのことをもっとよく知るためにヒンディー語を覚えようと思います。
 ヒンディー語と言えば、英語やスペイン語と並んで地球上で約4億人の母国語になっているのに、日本ではヒンディー語の学習書は皆無に等しいです。そこで、英語からアクセスせざるをえません。しかし、英語で書かれたまた別の外国語の学習書を十分に理解できるか不安です。
 そこで、英語(または別の外国...続きを読む

Aベストアンサー

英語からスペイン語にアクセスした経験があります。
(日本語も併用しました)
スペイン語からフランス語、イタリア語を覗いたこともあります。

英検準1級もあれば十分ですし、実際はそれより多少低くても問題ないでしょう。
おそらく中学3年くらいのレベルがこなせる程度でも大丈夫だと思います。
というのも、言語学習で必要なスキルはそれほど難しいものではないからです。
まず文法用語でしたら時制や品詞に関する単語を知っておくことと、
中3までの英語が日本語を介さずにわかるくらいの読解力、あとは
わからないことがあってもしばらく放置出来る包容力?と、その先に進む
勢いがあればなんとかいけます。
中にはその言語に固有の文法用語が出てくるかもしれませんが、例文の英訳と
辞書を頼りに取り組めば理解できると思います。

英検準1級や中3レベル、と書きましたが、受験に適した日本の学校の教科書とは違って
もう少し実践的に書かれていると思います。
文法書ではなく、会話で学ぶというような感じの本ならわかりやすいでしょう。

英語で書かれた英語のテキストをざっと見て、理解できれば大丈夫ではないかと思います。
また、いきなり書籍を購入するのではなくて、英語ベースのヒンディ語講座などを
利用してみても良いと思います。

東京外語大学の言語モジュールなら日本語で書かれています。
あらかじめざっと学習しておけば英語からのアクセス時の参考になると思います。
http://coelang.tufs.ac.jp/modules/index.html

英語からスペイン語にアクセスした経験があります。
(日本語も併用しました)
スペイン語からフランス語、イタリア語を覗いたこともあります。

英検準1級もあれば十分ですし、実際はそれより多少低くても問題ないでしょう。
おそらく中学3年くらいのレベルがこなせる程度でも大丈夫だと思います。
というのも、言語学習で必要なスキルはそれほど難しいものではないからです。
まず文法用語でしたら時制や品詞に関する単語を知っておくことと、
中3までの英語が日本語を介さずにわかるくらいの読解力、あとは
...続きを読む

Q日本には職能別労働組合はありますか

日本には職能別労働組合というのはあるのでしょうか。
あるのなら、代表的なところを数個教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

 
全港湾労組
全造船機械労組
運輸労連
 

Q会社別リストなどの「別」を英語で表現するのは

会社別取引レポートとか売上別一覧表などの「別」をどう英語で表現したらよいのか教えてください。
いちおう、DealingReports Of Each Companyとしてみたのですが...間違ってますか

Aベストアンサー

こんにちは。
業務上そのようなリストを使っていますが、
「Business deal reports by account (name)」
アカウントは私たちの会社では「顧客」という意味で使っています。
口座ではなく、取引のある各会社の事です。

もし顧客でないのであれば、
by supplier (name)
とすることも出来ます。
~ごとは大体byを使います。

売上別一覧表
これは売上別の何の一覧表かわからないので確かな事は言えませんが、
List by sales (figure/amount)
とかになるんでしょうか・・・。

Qアメリカには労働組合は多いの

アメリカには労働組合は多いのでしょうか?

Aベストアンサー

 質問者さんの着眼点によっては期待した回答ではないかもしれないことを前提で。

 日本に比べると組織化率の面からは低いようです。
 参考URLに2001年までですが、日米の組織化率の推移がグラフで記されています。
 2001年時点でアメリカ約13%、日本約19%程度です。

参考URL:http://www.jil.go.jp/foreign/labor_system/2005_9/america_07.htm

Q予備校で冬季講習のみ受けるのですが 分野別対策講座(数学や理科など) 総合講座(英語で文法読解作文全

予備校で冬季講習のみ受けるのですが

分野別対策講座(数学や理科など)
総合講座(英語で文法読解作文全部やる)
大学別対策講座(◯◯大学英語、医歯薬系数学など)
センター対策講座
オリジナル講座

で冬季講習のみでも大丈夫な講座はありますか?
河合塾か駿台予備校です。

Aベストアンサー

基本予備校の冬季講習は予備校生でない部外者でも受けられる様にカリキュラムが組まれているはずですから、冬季講習だけで大丈夫となっているのが一般的です。

Q米国はクェートがイラクに侵攻した時に多国籍軍でリーダーシップを取りすぐ

米国はクェートがイラクに侵攻した時に多国籍軍でリーダーシップを取りすぐに助けに行きました。ところがCIAは主権国家がその国の国民で自分たちの政府を作りあげる前からいろいろと工作活動を行い、親米国家になるようにさまざまな工作を行っています。反米国家には政権転覆の工作も行っています。このCIAの他国に対する工作活動はイラクのような武力による侵攻ではありませんが、明らかに内政干渉ではないかと思います。なぜ米国の内政干渉にはどこの国も何も言わないのでしょうか。

Aベストアンサー

1.多くの国がアメリカと同様に他国の反政府組織の援助(武器・資金・基地提供・軍事介入等)をした事があるか、現在しており、アメリカの内政干渉をとやかく言う資格がないからです。
俗っぽく言えば、アメリカを批判したら「お前もしてるだろ」と言われるだけです。
少し例をあげると・・・

アジアでは、カンボジア内戦の時、中国はカンボジア共産党を支援して政権をとらせましたし、同内戦では後にベトナムがカンボジア救国統一戦線を支援して政権をとらせました。

中東ではレバノン内戦時にイランはヒズボラを支援し、シリアはアマルを支援し、イラクは社会進歩党を支援し、イスラエルはレバノン軍団を支援し、それぞれがレバノンを支配しようとしました。

アフリカでは1994年のルワンダ内戦の時、ウガンダが反政府組織のルワンダ愛国戦線を支援し政権をとらせました。
そのルワンダは1996年のコンゴ内戦でウガンダやアンゴラとともにAFDLという反政府組織を支援し政権をとらせました。

南米では過去にコロンビアの反政府ゲリラ国民解放軍をチリが支援したり、そのチリの反政府組織、革命左翼運動をキューバが支援していたという過去があります。

こういった例は氷山の一角でしかなく、多くの国が隣国の反政府組織を支援し内政干渉にあたる事をしてるか、してきた過去があります。
また、フランスなどは、過去に内戦で武器禁輸が国連によって決められていたアンゴラに武器を密輸し、それも政府が関与していた事が発覚し問題になったような事もあります。

内政干渉してるのはアメリカだけではないのです。


2.小国の中には経済援助・武器援助をアメリカに求めている国が少なくありません。また現に援助してもらっている国もあります。
そういう国はアメリカとの関係を悪化させたくないので、露骨に批判するという事はまずありません。

1.多くの国がアメリカと同様に他国の反政府組織の援助(武器・資金・基地提供・軍事介入等)をした事があるか、現在しており、アメリカの内政干渉をとやかく言う資格がないからです。
俗っぽく言えば、アメリカを批判したら「お前もしてるだろ」と言われるだけです。
少し例をあげると・・・

アジアでは、カンボジア内戦の時、中国はカンボジア共産党を支援して政権をとらせましたし、同内戦では後にベトナムがカンボジア救国統一戦線を支援して政権をとらせました。

中東ではレバノン内戦時にイランはヒズボラを...続きを読む

Q英語を介して別の外国語を学習するために・・・・英語力の臨界点

こんにちは。英語を介して別の外国語を学習するということに関しての質問が過去にも何度かありましたが、論点を整理し、新たに質問させていただきます。

この学習の為には相当な英語力が必要ですよね。そして、ヴェー・ユプシロン・アインさんによると、そのような学習方法は非常に不合理だそうです。

“英語で書かれた別の言葉の入門書は、私たち日本人の為ではなく、英語を母語或いはそれに近い英語力を持った人々を主な対象として返済されております。従って、英語に沿った説明がされている筈です。と言うことは、日本人がと言うかどっぷり日本語に浸かったものの考え方や知識ではどうしても理解し難い場面に出くわす可能性があります。英語とドイツ語は2千年ぐらい前には同じようなと言うか極近い言語だったし、現在でも多くの共通点が見られますね。しかし、そこが落とし穴のような気がします。飽くまでも別の言葉として学ぶべきでしょう。”

私も半分は同感です。特に、和訳と訳読を中心とした古典的な学習をしてきて、とりわけ頑固な性格の人にはそうでしょう。

しかし、果たしてそうかなあと疑問に思うことが幾つかありました。

(1)英語がかなり出来る人が、英語で書かれた教材でデンマーク語やスウェーデン語を学習したら、スラッシュリーディングが非常に容易だったそうです。また、その人によると、日本語よりも英語の方が体系的に文法を知っているので、英語を起点に他の西洋の言語に訳す方がラクだそです。

(2)英語の通訳をしている人が、スペイン語を学習しようとしたが、日本人向けの学習書には文法、語法的には分かりきったことが書かれていることが多い割りに、英語とスペイン語の微妙な違いについては分かりにくかった。また、文法の説明は詳しいのに、発音に関してはそうでなかたったので、歯痒かったそうです。

(3)ラテン語を日本語で学習するのってどうなんでしょう。英語で漢文を読むのに似ているかもしれません。そもそもラテン語を学習するくらいの人は、英語だって相当出来ると思うし。

(4)中国語の普通話がある程度出来る人が、広東語を学習したら
結局、簡体字と繁体字と日本の漢字の比較ばかりに気を取られたりしないでしょうか?

ですから、一定レベルの英語力があれば、英語を介して他の外国語を学習するのは むしろ日本語を介するよりも覚えやすいと思いますが、このレベルというのは、やはりネーティブ並みの英語力が必要なので、普通の日本人には半ば無理なんでしょうか? それとも、語学の素質があり、努力すれば到達できるんでしょうか? また、その為には どうのような学習を進めればいいんでしょうか?

こんにちは。英語を介して別の外国語を学習するということに関しての質問が過去にも何度かありましたが、論点を整理し、新たに質問させていただきます。

この学習の為には相当な英語力が必要ですよね。そして、ヴェー・ユプシロン・アインさんによると、そのような学習方法は非常に不合理だそうです。

“英語で書かれた別の言葉の入門書は、私たち日本人の為ではなく、英語を母語或いはそれに近い英語力を持った人々を主な対象として返済されております。従って、英語に沿った説明がされている筈です。と言う...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、時々お会いしますね^^

全てのご質問にお答えすることはできませんがいくつか述べさせていただければと思います。

私の英語力、特に文法力はネィティブどころかおそらく高校生程度もありません。
ですが、英語で外国語のリファレンスを読んでも何ら問題はありませんでした。
「○○語学」を学ぶのでなければとりたてて難しい説明も例文・単語も出てきません。

おそらくインド・ヨーロッパ語族に限るのでしょうが、私自身は英語からアクセスしたほうが直感的にわかりやすいと感じました。
何故なら語順を気にしなくてよいこと、文法や単語に共通点が多いからです。
また欧米的な感覚・物の見方と日本のそれがかなり違っているように感じるので
英語からヨーロッパ語へのアクセスの方が楽に感じるのです。
中国語や韓国語などは英語よりそれらに共通点の多い日本語からアクセスしたほうがわかりやすいでしょうね。

どのくらいの英語力が必要かというと、辞書をほとんどひかなくても意味が理解でき、
あるいは前後関係で言いたいことがわかること。といっても先に述べたように
日常的な表現・語彙ばかりですから、それほど高度な知識がいるとは思いません。
ただし英文を日本語に置き換える力ではなくて、英文を感覚的に取り込める力は要ると思います。
英文を見て「ここが形容詞、これが副詞で、ここは関係代名詞。これは○○構文だから」
などとして理解している人ですと、どんなに語彙力があっても非効率でしょう。

私はヴェー・ユプシロン・アインさんの主張に反対しませんし、そのような考え・やり方の
人がいても良いと思います。
ひとつ言うならば
「日本人がと言うかどっぷり日本語に浸かったものの考え方や知識ではどうしても理解し難い場面に出くわす可能性があります。」
というところ、たとえばどういうことがあったのかなと思います。

私自身は、外国語を学ぶということはその国の思考方法を学ぶことだと思っているので、
日本語の感覚からは理解しずらいなと思っても「そういうものなんだ」と受容します。

多少わからないところがあっても気にせず進んでいける大らかさが
必要かもしれませんね^^

こんにちは、時々お会いしますね^^

全てのご質問にお答えすることはできませんがいくつか述べさせていただければと思います。

私の英語力、特に文法力はネィティブどころかおそらく高校生程度もありません。
ですが、英語で外国語のリファレンスを読んでも何ら問題はありませんでした。
「○○語学」を学ぶのでなければとりたてて難しい説明も例文・単語も出てきません。

おそらくインド・ヨーロッパ語族に限るのでしょうが、私自身は英語からアクセスしたほうが直感的にわかりやすいと感じました。
...続きを読む

Q米国企業の人事

現在日本企業で働いています。
日本企業ではお昼休みの過ごし方も、職員の評価の1部になっているところがあるかと思います。たまに一人で外食に行くと、何か仲間とうまくいかないことがあるのではないか、とか、それをわざわざ確かめるために、上司も時間をずらして昼食時に席に残って部下を見ていたりといったことがあると思います。
米国企業ではこのあたりは如何でしょうか?十把一絡げにはいかないでしょうが、米国企業で働いている方、あるいはその経験がある方がいらしたらご教示頂ければ幸いです。
社員同士のコミュニケーションは常にとっておいたほうが楽しいですし、仕事もうまくいくとは思います。ただそういったことが日本企業では深く人事評価に繋がったりするようで、時として腑に落ちない気持ちを覚えます。

Aベストアンサー

現在、米国系企業で働いている者です。

会社によって職場文化はかなり違い、ほとんど日本企業化しているIBMのような例もあれば、以前は日本文化への適応を熱心にしていたのに昨今は何でもアメリカ流がグローバルスタンダードだと思っているMSのような会社もあります。

よって、あなたが外資系に転職されるのであれば、ホームページから読み取れる会社沿革や、面接等の逆質問の機会で、会社ごとに雰囲気を探っていくしかありません。

また、株式交換による買収が解禁された今、入った時は日本企業だったのが、途中で外資に変われて企業文化が変わってしまったという例も出てくるでしょう。旧DDIポケットのように、米国投資会社のカーライルに買収されWillcomへとブランド変更したものの、社風は全く変わっていないという例もあります(カーライルは今評判の悪いスティールパートナーと違い、堅実に投資し、自分たちは通信については無知であることを自覚して、経営を日本人に任せ、新社長には日本IBMの出身者を引き抜いたのです)。

私の会社の例でいえば、規則では12:00~13:00が昼休みですが、エレベーターが一斉に混雑するので、時間をずらす人のほうが普通です。みんなバラバラの時間に、勝手に食べに行っても、評価が下がることはありません。私なんか、2時とか3時とかに昼を一人で食べるのが普通です。同僚のうち、一人は自宅から弁当を持ってきており、ひとりはいつもSubwayのサンドイッチを買ってきます。ただ、ある程度は昼飯を同僚と食べに行くようにしないと、会社内の噂に疎くなるというデメリットもありますが。

現在、米国系企業で働いている者です。

会社によって職場文化はかなり違い、ほとんど日本企業化しているIBMのような例もあれば、以前は日本文化への適応を熱心にしていたのに昨今は何でもアメリカ流がグローバルスタンダードだと思っているMSのような会社もあります。

よって、あなたが外資系に転職されるのであれば、ホームページから読み取れる会社沿革や、面接等の逆質問の機会で、会社ごとに雰囲気を探っていくしかありません。

また、株式交換による買収が解禁された今、入った時は日本企業だったの...続きを読む

Qそこでは、自分が別の世界に居るように感じられるだろう。 英語でお願いします

そこでは、自分が別の世界に居るように感じられるだろう。

英語でお願いします

Aベストアンサー

It will feel like as if you're in a different world there.

Q米国が外国人労働者を戦場で働かせていることについて

こんにちは。

英字新聞で、アメリカが発展途上国の人々を雇用してイラク戦争で出陣している兵士の補助などをさせているという記事を読みました。
トルコ人やフィリピン人が低賃金で働いているそうです。
彼らは兵士と同じリスクを伴っているそうで、殺害されることもあるそうです。
しかし、それに対する補償がアメリカ国民兵士よりも堅いものではなく、死亡した外国人の家族に質問する権利を与えなかったり保険に入っていたのに無視されてしまったりするようです。

英字新聞なので、自分の解釈が正しいか自信がありません。
このことは本当なのか確かめたくて質問します。
本当にアメリカは外国人を雇い戦場で働かせているのでしょうか。
そして、外国人労働者とアメリカ国民を不平等に扱っているのでしょうか(保険料や責任の重さの面で)。

どなたか教えて下さい。
よろしくお願いします。
また、このことに関する文献等ありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 結果から言えば正しいことですが、単純にアメリカが外国人を雇って戦所に送ることは少ない。下請け会社を通して、トルコの会社を介入して戦所で働かせるようにしています。これで死者が出れば、その会社のせいにもできますから。
 本当にアメリカの政府や会社がそんなことをすると、かなり批判されるからそんな馬鹿なことはしません。ちなみにアメリカが戦所に送って兵士などはアメリカ人ですが、彼らが戦死した場合、国民からの批判を回避するために、アメリカ国籍を取得した外国人を送ることで、遺族からの批判を減少させています。
 2年間、軍隊で働けば、大学の授業料を政府が払うという制度あります。アメリカは大学の学費は日本の数倍ですから、それで軍隊に入る若者も多いです。
軍隊に入るとそのような危険があることを分かって入るから良いじゃないか! みたいな回答がありますが、軍隊に入ればどこに配属されるか分かりません。アメリカ国内の事務をするかもしれないし、イラクに送られるかもしれない。皆は安全な所に送られると祈って、入るわけです。最初からイラクに行くと分かれば殆どの人、大学に行けなくなっても軍隊に入らないと思いますよ!

 結果から言えば正しいことですが、単純にアメリカが外国人を雇って戦所に送ることは少ない。下請け会社を通して、トルコの会社を介入して戦所で働かせるようにしています。これで死者が出れば、その会社のせいにもできますから。
 本当にアメリカの政府や会社がそんなことをすると、かなり批判されるからそんな馬鹿なことはしません。ちなみにアメリカが戦所に送って兵士などはアメリカ人ですが、彼らが戦死した場合、国民からの批判を回避するために、アメリカ国籍を取得した外国人を送ることで、遺族からの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報