グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

通関士と社労士の試験に合格しましたが、資格に関連のない企業で関連のない職務に就いています。
ただ、職務は営業ですので話のネタのためにも、ぜひ資格名を名刺に記入したいと思っています。
通関士については、過去にも全く関連する業務をしたことも何もありません。社労士も同様で、合格後の指定講習もまだ受けていませんので、社労士会にも登録していません。
資格を名刺に記載してもいいのかご存知の方おられましたらアドバイスいただけませんでしょうか??
(次は行政書士を取ろうと思ってますが、行政書士についても教えてもらえれば助かります)よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 職務内容にかかわるものであれば記載しても問題ないと思います。


しかし、通常のものと違って国家資格で士業のものについては「○×士」と名乗るには法によって条件が定められていることが多いです。

一般に条件として多いものとしては職業団体(○×士協会等)に加入していることや個人事務所で開業していて雇われの身でないことなどがあります。

例えば行政書士は行政書士法によれば試験に合格しても登録をしなければ行政書士にはなれず、当然行政書士の名称を用いることが禁止されていますし、これに反すると懲罰があります(法6条、19条、19条の2、22条の4)。

したがって、記載される場合は各資格につきこれらを十分に検討する必要はあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり、きっちりと○○士会に登録しないと、○○士とは名乗っていはいけないんですね・・
いろいろと理由があって名刺に書ければ非常に便利だと思ってたんですが、登録をしないとダメですね。
よく分かりました。

お礼日時:2006/12/10 22:42

社労士、行政書士は試験に合格しただけでは、社労士、行政書士と名乗れませんよ。


社労士会、行政書士会入会が要件になっていますので、
それぞれ社労士試験合格とかしか正式には記載できません。
社労士等は名称独占なので、正式に社労士でない方が社労士といった場合、罪になりますのでご注意を
私も、社労士会入っていないので、厳密には社労士試験合格といっています。
名刺に書いてもあまり関係ない部署ではネタにならないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました
やはり○○会への登録が必要ですね

お礼日時:2006/12/10 22:43

参考になるかどうか分かりませんが、私の勤める会社では、名刺に記載できる資格は、その職務に関係する資格のみとなっています。


会社によっては記載できる資格に明確な規定があるところもありますから、まずは会社に確認してみてはいかがでしょう?
(それで会社側からOKがでたら、記載しても良いのではないでしょうか。)

ちなみに私が知る限りでは、名刺に、その職業と関係のない資格が書かれていたケースって記憶にありませんので、一般的には関係ない資格は書かない場合の方が多いのではないかと思います。

これはあくまで、私のごく個人的な意見ですが、確かに話のネタとしては良いと思うのですが、仕事に全く関係のない資格を名刺に記載されても、質問者様の意図が相手に伝わらない場合もあるのでは?
興味を持つ方がいる反面、「仕事に関係のないことばかり勉強しているようだけど、肝心の仕事に関する知識は大丈夫なのか?」と不安に感じる人も多いと思いますよ。
私も、仕事に関係のある資格+社会労務士が記載されているのだったら、まだ話は分かりますが、仕事に関係ない資格ばかり名刺に書かれていたら正直「この人に仕事任せても大丈夫なのかな?」って気持ちになるかもしれません。

ただ、私は質問者様の職業も分かりませんし、資格を記入することでどれ位その仕事にメリット、デメリットがあるかは断定は出来ませんので、実際に同じ職場で働いている上司や同僚に相談して意見を聞いてみるのが一番参考になるのではと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。No1の方の回答に記載しましたが、仕事に関係がないわけではないのです。すいません、質問が悪かったです。仕事内容はNo1の方の回答で記載したような内容で商社的な内容も含んでいます。日本在住で外国の会社に勤務しています。小さな会社で上司なども基本的に外人なので全く相談にならないのです。資格を記載することでのメリットは大きいです。

お礼日時:2006/12/09 12:25

やめておいたほうがいいと思いますよ。


その程度の資格では、その仕事についているならば
別として社会的に高い評価を受けるわけでもないですし、
話のネタになんかならないと思いますよ。
柔道3段とか、ソムリエならネタになるかもしれませんが。

学生相手なら「すごいですね。いっぱいもっていて」とか
言われるかもしれませんが、実世界では関係ない資格を
アピールしても不信がられるとおもいます。

営業でしたら、一般受けする話題「ゴルフ・野球・その地域の
おいしい店」などに精通したほうがいいと思います。

ところで何で行政書士なんか受けるんですか?
合格しても、高収入など期待できず専門性もないですよ。
高校入試に毛の生えた程度の試験で人生に影響与えられるはずが
ないのは当然です。
その時間が有るならば、仕事を疲れを取ったほうがいいのでは?
    • good
    • 0

 1:今お勤め先の仕事は営業とのことですが、名刺は会社の仕事で使用するものなので、名刺に記載する肩書きと内容は会社の上司の許可が必要ではないのでしょうか


(社費で作成していると思いますが?)
 2:個人的に使う名刺はお好きな様に作成して、仕事以外でお使いになったら如何ですか
(もちろん自費です)
◎私は1と2を使い分けています。1⇒仕事に、2⇒話のネタに
●余計なおせっかいですが、会社の営業職務では無く、日本の社会に役立ててほしい資格だと思いますが如何でしょうか?それとも失礼ですが資格マニアの方ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!個人的に使う名刺ですか。ありがとうございます。
すいません、質問の仕方が悪かったです。資格は社労士と通関士は、いまの業務に関連性があります。直接的に輸出申告に携わったり、社会保険の諸手続きを担当していないというだけで、直接的でなく間接的には関連しています。(たとえば、日本メーカが海外拠点で新しく工場立ち上げる際などの生産設備の輸出入業務。また、生産設備による事故対策としての労働基準法や労災に関する諸法令という部分で。)すいません、説明不足です。でも行政書士だけは、将来的に社労士と組合わせて仕事するには有利かなと思っただけです。取れるものなら取っておきたいというのも本音です。
いかがでしょうか?こんな現状なので名刺に書きたくって、と思い質問しました。

お礼日時:2006/12/09 12:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名刺に掲載できる資格って

ビジネスで使用する名刺に掲載できる資格と、できない資格、キャリアがあると聞きました。こんなルールあるんでしょうか?
私は金融機関勤務で、公的資格のほか、公的ではありませんが金融業界特有の資格(コンプライアンスオフィサーや個人情報保護オフィサー各1級)を有しています。対外的に信用をあるためにこれらを掲載してみたいのですが、一般的には公的資格しか掲載できないと聞いたことがあります。
法律などはないでしょうが、お詳しい方ご教授ください。

Aベストアンサー

私は金融機関勤務者ですが、二級ファイナンシャル・プランニング技能
士(きんざいのHPに正式な名称での名刺への載せ方が書いてあります)
と宅建(県へ登録し、免許証も個人で取得しています)の2つを載せて
います。コンプライアンスオフィサーや個人情報オフィサーも持っては
いますが、個人情報保護は金融マンなら当たり前の事なので、1級だと
しても、載せる方は皆無だと思います。

Q会社の名刺に資格、スキルを記載すること

会社支給の名刺が少なくなってきたので、追加発注を依頼しようと思いました。
その際、入社後、IT関連の資格を取得したので、新しい名刺に一行記載して
欲しいと総務部へ依頼すると、当社ではそういうことはしていない、個人の資格
については、会社が取得を求めたのでない限り、個人的なもので記載出来ない、
と言われました。

当方としては外部業者と商談する際、資格やスキルを示す記載があったほうが
何かとやりやすいのでは、と思っただけに、今回の会社の反応に逆にビックリ
しました。名刺作成の際、規定のフォーマットで文字数が多くなると、制作の
割増料金があるので、費用面で難色を示しているなら、自己負担してもよい旨を
伝えましたが、それでも拒絶されました。

そんなことくらいと思うのですが、中小ではこういう会社も現実に存在します。
単に個人的感情からキャリアを否定したいだけのように思えてなりませんが、
こういう会社の風土では、今後スキルアップしようというモチベーションがなかなか
湧いてきません。
たかが名刺ですが、自分のキャリアを示す大事なビジネスツールだと思うのです。
皆さんはどう思われますか?

会社支給の名刺が少なくなってきたので、追加発注を依頼しようと思いました。
その際、入社後、IT関連の資格を取得したので、新しい名刺に一行記載して
欲しいと総務部へ依頼すると、当社ではそういうことはしていない、個人の資格
については、会社が取得を求めたのでない限り、個人的なもので記載出来ない、
と言われました。

当方としては外部業者と商談する際、資格やスキルを示す記載があったほうが
何かとやりやすいのでは、と思っただけに、今回の会社の反応に逆にビックリ
しました。名刺作成の際、規定...続きを読む

Aベストアンサー

おかしな会社ですね.
そういうラベルは,社員のやる気を喚起するのに.

私,たんなる事務職員(正社員)ですが,とある国家資格(合格率が10%未満)を取ったとき,名刺に載せていいか聞いたら,二つ返事で「いいよ」って言われました.
でも,名刺交換する機会が,少ないのが,悩みです・・・.

上司に付いて,出張に行ったとき,とある電子機器メーカー(誰もが知っている,一般人向け製品を開発・設計・製造・販売している,東証一部上場)の,本社総務課長さんと,名刺交換したときは,いろいろな資格(なぜか第二種電気主任技術者などという,明らかに現業と無関係な資格)が,書いてありました.
それで,その資格について,聞いてみると,喜んで,話してくれました
結果,その人に対する印象が,変わりました.(当然,良い方に)
それに,私の名刺に書いてあった資格を見てそれを褒めてくださいました.(全然,格上の方から,褒められると,嬉しいよね)
それは,私の上司に対しても,「勉強家の部下がいる」という,好印象につながったと,上司が教えてくれました.

名刺に書いてある情報は,会話を広げる,一つのツールだと,思います.
「そんなの,なくて,営業できないなら,才能がない」と,言う向きも,あるでしょうが,ツールは,多いほど有利であることは,明らかです.
営業の才能のある方に,さらに,ツールが,プラスされることは,良いことです.
そういった(資格などを名刺に書くことなど)ことが,他の仲間のやる気に,つながれば,尚,良いと思います.

おかしな会社ですね.
そういうラベルは,社員のやる気を喚起するのに.

私,たんなる事務職員(正社員)ですが,とある国家資格(合格率が10%未満)を取ったとき,名刺に載せていいか聞いたら,二つ返事で「いいよ」って言われました.
でも,名刺交換する機会が,少ないのが,悩みです・・・.

上司に付いて,出張に行ったとき,とある電子機器メーカー(誰もが知っている,一般人向け製品を開発・設計・製造・販売している,東証一部上場)の,本社総務課長さんと,名刺交換したときは,いろいろな資格(...続きを読む

Q行政書士試験に合格したら、行政書士会への登録・独立開業しなくても資格取得になるのですか?

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。
そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。
☆質問☆
(1)行政書士試験に合格=行政書士の資格を取得と考えてよいのでしょうか?
(2)行政書士試験合格のその後には、行政書士会へ申請し登録すると開業できると言うことですが、公務員なので開業は考えていませんが、登録しなくても、行政書士資格取得となるのでしょうか?
(3)試験合格後、登録しないまま年月が過ぎても開業したいときに申請したら開業は可能なのでしょうか?
似ているような(?)内容3点になりますが、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても...続きを読む

Aベストアンサー

お分かりだとは思いますが、試験合格しても行政書士会への入会をしなければ、行政書士を名乗ることも行政書士業務を行うことも出来ません。

履歴書などには、
○年○月 行政書士試験合格
ですし、名乗っても行政書士有資格者です。

知り合いのそこそこ大きい士業総合事務所では、支店や業務責任者以外の有資格者は、名刺に○○士有資格者と記載しています。あくまで登録者の補助業務として業務を行うためお金をかけないためでしょう。

合格時の証明書や試験センターなどが発行する合格証明などがあれば、いつでも登録・開業は可能でしょう。

Q名刺に社会保険労務士試験合格者と記載することは違法

社会保険労務士試験に合格し、労務士登録を行っていない場合、名刺に「社会保険労務士試験合格者」と記載すると社会保険労務士法違反になりますか。もちろん「社会保険労務士」と記載(名乗る)ことは、違法であることは、知っております。

Aベストアンサー

こんばんわ。

さて、表題の件ですが、名刺に社会保険労務士試験合格者と記載することは問題ないと考えられます。
ご存知の通り、「社会保険労務士」という職業専門家であることを名乗ることに規制があるのであり、その他の名称を名乗ること、すなわち合格者であるという事実を名乗ることに規制はないからです。
私の働いている業界でも試験合格後に実務経験他の用件を満たさないと協会に登録をできないのですが、その場合の名刺には「~合格者」と記載しているようです。

Q行政書士になるのはなぜやめておいた方がいい?

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。
 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。
 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。
 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。
 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。
 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。
 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。
 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務...続きを読む

Aベストアンサー

行政書士は独占業務がないから。あっても付随的な業務だから。

この一言に尽きると思います。

私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。これは2次試験の選択科目免除のためです。登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。

会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。

Q(Excel)あるセルに文字を入力しただけで、同じブック内のほかのワークシートにも、同じ文字が自動的に入るようにするには?

こんにちは。
質問内容はタイトルのとおりです。

あるワークシートのあるセルに文字を入力すると、ほかのワークシートのセルにも同じ文字が自動的に書き込まれる方法を知りたいです(ブックは同じ)。複数のワークシートを制御するには、やはりマクロを使うのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

clam_chowderさん、こんにちは。

Sheet1のA1にたとえば「100」と入力しますね。
Sheet2のA1に、これと同じ数値を表示するには、
 =Sheet1!A1
でOKです。

数式をいれるのが苦手なら、
Sheet2のA1セルで「=」を入力すると、数式入力状態に入りますから、
ここでSheet1のシートタブをクリックし、
リンクしたいA1セルをクリックしてEnterすると、
自動的にさきほどと同じ式が入ります。

Q公務員の名刺

公務員の方は、名刺が必要な場合、自費で購入すると聞いたのですが、
本当でしょうか。
本当だとしたら、何故?

Aベストアンサー

41歳の公務員(男)です。
ホントウなんですよネー!!当然例外もありますが、殆どが自費制作でしょう。通常業務の他に、職務上の扱いとしての冠婚葬祭行事(起工式、竣工式、祝賀会、他)などへの出席もあるなど、この取り扱いは難しいですねー!

仕事だけに限定するのであれば、正直、自費対応は不合理だと感じます。ただ、現実的には、私用で使う機会も多々ある以上自費対応せざるを得ない状況だと認識しています。

大したお金ではないと、値段だけの問題で片づけれるのは、どうかな・・?と云う気がします。

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q公務員17年で行政書士

 ひょんなところから、国家公務員または地方公務員を17年やれば、行政書士の資格がもらえることを知りました。

 確かに日本行政書士連合会のHPをみれば、経歴とかの書類を提出すれば登録できそうな感じですが、本当に単に提出すれば全く無試験でもらえるのですか?

 また、実際に行政書士の資格を得た後、公務員をやめたり、またはOBで行政資格を用いて、実際に収益とかを得られたりできるものなのでしょうか?

 関連情報を教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

行政書士に関しては高卒公務員が17年で無試験で資格を貰えます。他の資格には公務員の優遇規定があるのですが試験が課されるのに対し、行政書士は完全な無試験です。これは行政書士が事務処理技能職であるとこが理由です。

ただ、試験を受けたにしろ特認にしろ、行政書士になって収益を上げられるかどうかは別問題です。行政書士会の調査や日経の調査でも、行政書士の年収は
100万未満・・・40.8%
100万~300万未満・・・22%
となっています。
これは他士業との兼業行政書士が半分近くを占める事を考えると、行政書士単独では9割以上が年収300万以下であるとも言えます。

Q年収が130万円を超えてしまった場合のペナルティについて

現在無職の主婦です。昨年の1月から、主人の健康保険組合の被扶養配偶者になっています。
昨年の1月~12月の派遣社員としての収入が、通勤手当を含めると130万円を超えてしまいました。総収入は148万円になります。
妊娠を機に3月末で仕事は辞めたので、現在は無職の状態です。

派遣会社の担当さんの話だと、通勤手当は収入に含まないので、大丈夫ですよ~と聞いていたので、今まで特に深く考えもせず、脱退の手続き等何もして来ませんでした。

先日、主人の会社から『健康保険の被扶養配偶者の確認のお知らせ』という通知が来た為、ふと不安になり、主人の健康保健組合に上記の内容を説明して確認した所、健康保険の収入には、通勤手当も含まれるので、本来なら11月の時点で健康保健から脱退する手続きをしていなければならないことが判明しました。

そして、今まで脱退の手続きをして来なかったペナルティとして、
「今後1年間は主人の健康保険に入れることはできない。」ときつく言われてしまいました。

私の知識不足でこのようなことになってしまったので、過去に遡って主人の健康保険組合を脱退をし、既に給付を受けてしまった医療費の支払いをしなければならないのは自業自得でしょうがないと納得しています。
ただ、『今後1年間は健康保険に加入できない』というのはどうしようもないことなのでしょうか・・・

色々自分でも調べてみたのですが、主人の会社での立場や、自分自身の
不注意でこのようなことになってしまったことを思うと、恥ずかしく、どこに相談したらいいのかわかりません。

自業自得なのでどうしようもないとは思うのですが、とても動揺しています。
あと2ヶ月で出産になる為、今から働きに出るわけにもいかず、今後の出産費用や産まれてくる子供の健康保険代、私の国民年金保険料なども考えると、不安で仕方がありません。

どなたか、アドバイスがありましたら、よろしくお願いいたします。

現在無職の主婦です。昨年の1月から、主人の健康保険組合の被扶養配偶者になっています。
昨年の1月~12月の派遣社員としての収入が、通勤手当を含めると130万円を超えてしまいました。総収入は148万円になります。
妊娠を機に3月末で仕事は辞めたので、現在は無職の状態です。

派遣会社の担当さんの話だと、通勤手当は収入に含まないので、大丈夫ですよ~と聞いていたので、今まで特に深く考えもせず、脱退の手続き等何もして来ませんでした。

先日、主人の会社から『健康保険の被扶養配偶者の確認のお知...続きを読む

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。

>派遣会社の担当さんの話だと、通勤手当は収入に含まないので、大丈夫ですよ~と聞いていたので

非課税限度内の通勤手当や雇用保険の失業給付などは非課税ですので、税金の処理の面では考慮しないくてもかまいません。
恐らくその担当の方は税金の面と健康保険の面をごっちゃにしているのでしょう。

>主人の健康保健組合に上記の内容を説明して確認した所、健康保険の収入には、通勤手当も含まれるので

一方健康保険では通勤手当も雇用保険の失業給付も収入とカウントされます。
その上でどこまでが扶養になるかは上記のように、各健保組合では独自に規定を決めることが出来るので必ず夫の健保に確認してからでないと問題がおきます。
政管健保と大多数の組合健保等を初めとした一般的に多くの健保では上記のように「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません。
ただ繰り返しますが各健保組合では独自に規定を決めることが出来るためにごく一部の健保ではその年のそれまでの収入や前年の収入を基準とすることがあります。
ですからかならず夫の所属する健保組合に確認することが大事です。

>本来なら11月の時点で健康保健から脱退する手続きをしていなければならないことが判明しました。

恐らくそういう規定の健保組合なのでしょう。

>そして、今まで脱退の手続きをして来なかったペナルティとして、
「今後1年間は主人の健康保険に入れることはできない。」ときつく言われてしまいました。

これもそういう規定の健保組合なのでしょう。

>私の知識不足でこのようなことになってしまったので、過去に遡って主人の健康保険組合を脱退をし、既に給付を受けてしまった医療費の支払いをしなければならないのは自業自得でしょうがないと納得しています。
ただ、『今後1年間は健康保険に加入できない』というのはどうしようもないことなのでしょうか・・・

健保組合がそういう判断を下したのならそう従わざるを得ないでしょう。
また遡って扶養の資格を取り消されるとなると、今後国民健康保険に入るとなるとその資格を取り消された時点から保険料を請求されると思います。
しかし保険が適用されるのは手続きをした時点からになりますので、健保組合に返還する金額については全て自己負担になると思います。
またいつの時点で扶養に再度認定されるのかを健保組合にきちんと聞いて、その時期が来たらすぐに申請を出して扶養に戻ることです。

>あと2ヶ月で出産になる為、今から働きに出るわけにもいかず、今後の出産費用や産まれてくる子供の健康保険代、私の国民年金保険料なども考えると、不安で仕方がありません。

生まれてくるお子さんについては健保組合は扶養と認めると思いますよ、一応質問者の方のこの問題とは別ですから。
ただ国民年金も資格を取り消された時点からの保険料の支払になるでしょうね。

大変お気の毒ですが、健保組合の決定であれば如何ともし難く、以上のようになると思われます。
起こってしまったことをくよくよしても仕方ありません、現実は現実として受け入れることです(といっても難しいでしょうが)。
出産と言う大事が控えているのですから、そのような気持ちでいることはよくないと思います。
気持ちを切り替えて丈夫なお子さんを生んでください。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養につ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング