位置情報で子どもの居場所をお知らせ

高次脳機能障害についていろいろと調べているのですが
その起こりうる原因で教えていただきたいです。

主に「脳への損傷」とあるのですが、例えば交通事故で多量の
出血に伴い一時ショック状態に陥ったことがある場合は
その「損傷」に含まれるのでしょうか?
脳へ充分な血液・酸素が行き渡らなかった事による後遺症であれば
高次脳機能障害かと思ったのですが…

交通事故だと脳外傷というキーワードしか見つからず、わからなくなってしまいました。
稚拙な文章で申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

交通事故で多量の出血に伴い一時ショック状態に陥ったことがある場合等は、脳神経外科の専門医が判断されると思います。


私は18歳の時に交通事故に遭遇して事故の前と後の1ヶ月記憶がありません。
それは後で専門医に聞きましたら逆行性健忘症という病気だといわれました。
その時代の脳外科の技術は今の状態ではありませんでした。
事故にあった頭の治療は半月あまり氷付けでしたから・・・
(52歳の時に)10年前に脳出血で半身付随になり、1年間のリハビリの訓練を受けていたことが記憶に残っていません。(この時は手術をして点滴をして治療をしました)
これらも高次脳機能障害のいとつではありませんか?
下記のホームパージを見られたいいと思います。

参考URL:http://park6.wakwak.com/~achk/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありません。
丁寧なご回答ありがとうございました。
ホームページ、参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/02/01 22:21

高次脳機能障害といわれるのは、脳へ充分な血液・酸素が行き渡らなかった事による脳の部位の損傷の後遺症を言います。


脳には、考える部位の損傷、歩くことの部位の損傷、言語の部位の損傷と色々ありますが生命を維持する部位の損傷などが特に高次脳機能障害に入ると思います。
交通事故の脳外傷の他には脳出血や脳梗塞等等でも起こりうることの総称の病状ではないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありません。
丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/01 22:28

高次脳機能障害という病名があるわけではありません。



高次脳というのは大脳のことです。
大脳が、低栄養低酸素状態や外力・病気等々によって器質的損傷を受けたり萎縮したりして、それで機能が損なわれた状態が生じれば「高次脳機能障害」です。

「脳の損傷」といっても、基本的に「大脳ではない部分の損傷」による障害の場合は、高次脳機能障害とは言いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありません。
丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/01 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳梗塞発症後の性格の変化について

こんばんは、22歳女子です。
宜しくお願いします。

今年の4月に、母が糖尿病による脳梗塞で倒れました。
右半身の軽い麻痺と言語障害が残りました(歩行は可能です)。
一ヶ月ほど入院したのち退院し、現在は家におります。
まだ料理など家事で出来ないことが多く、私が仕事を辞めてこなしている状況です。

今回の相談なのですが、タイトルにもあるように母の性格の変わりように戸惑っております。
倒れる前から気は強かったのですが、現在のほうが感情の起伏が激しく些細なことでも怒り出します。
そのせいで父と喧嘩することが多くなりました。
父はぶっきらぼうな性格なため、誤解されやすいことは確かです。
なので、そういう点があれば私から父に気を付けてほしいと言うのですが、
別に何ともないと思うようなことでカチンとくるらしく、もうどうしていいか分からなくなる時があります。
まさしく今がそういう状況で、泣きたいけど頭の中はいっぱいいっぱいで混乱し過ぎて泣けないという感じです…。
また、人前で涙を見せるような人ではなかったのですが、良く泣くようになりました。
特に生き死に(特に死)に敏感なようで、そういった場面をテレビで見てしまうと号泣してしまいます。

そういった性格の変化に、ついていけなく辛いです。
もっと重い障害が残ってしまった方達からすれば贅沢な悩みかもしれないのですが、
私にとっては毎日が辛く、苦しいです。
友達もこういった経験をしている子はいないので、相談しても「大変だね」とだけ言われて終わってしまい、
身勝手ながら腹が立って余計苛々してしまっています。

こういった性格の変化は、時間が立つにつれ治るものなのでしょうか?
また、家族として気を付けるべきことなどあるでしょうか?
ご助言宜しくお願いします。

こんばんは、22歳女子です。
宜しくお願いします。

今年の4月に、母が糖尿病による脳梗塞で倒れました。
右半身の軽い麻痺と言語障害が残りました(歩行は可能です)。
一ヶ月ほど入院したのち退院し、現在は家におります。
まだ料理など家事で出来ないことが多く、私が仕事を辞めてこなしている状況です。

今回の相談なのですが、タイトルにもあるように母の性格の変わりように戸惑っております。
倒れる前から気は強かったのですが、現在のほうが感情の起伏が激しく些細なことでも怒り出します。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

母が、3年前、脳梗塞で倒れたことがあります。

私の母も身体的な障害はほとんど残らなかったのですが、性格、というか、物事の感じ方や、対処の仕方が変わってきます。
高次脳機能障害、というらしいです。
ネットで、高次機能障害、で検索すると、たくさんヒットすると思います。
先生には、認知症と似た症状が出る、といわれました。

私の母は、右脳にダメージを受けました。
倒れた当初は、幻覚や幻聴があったようです。
時間感覚がなくなったようです。
人の顔の判別が、難しくなったようです。(新しく知り合った人の顔がおぼえにくいらしい)
一度にたくさんの情報を、処理できなくなったようです。(大勢の人の中にいると、どうしていいか戸惑っていることが多いです)
整理整頓が苦手になりました。
涙もろくなったり、急に不愉快なことを思い出して不機嫌になったり、ちょっとしたことでも笑い出すこともあります。これは、感情失禁といって、脳梗塞や、脳疾患の後遺症の1つだそうです。

これらの障害は、年々軽くなるものもありましたが、変わらないものもあります。
最初の1年は回復の幅が変化が大きかったです。
家族としては、以前との変化に苦しみますが、病気なんだからしょうがない、と受け入れて、回復を長い目で見守るしかないと思います。
私も最初は苛苛しましたが、今は、母の出来ることと出来ないことを理解して、出来ることをたくさんやってもらって、優しい言葉をかけて、母の心を平静に保てるように心がけています。
現在は、他人には母の変化はわからないようです。

私の母は倒れたとき、既に75歳以上だったので、先生は「ほとんど回復はしないでしょう、次にまた発作がおこれば、命の保障はありません。」と仰っていました。
一番のリハビリは、生活の中で、お料理をするとか、掃除をするとか、家事をすることだそうです。

質問者様のお母様は、右に後遺症が残ったのですね。
ということは、左脳にダメージがあるのでしょう。
私の母とは違った傾向があるのかもしれませんね。
お母様は、おいくつでしょうか?
75歳過ぎの母でも、最初の頃から比べると、回復したと思います。
少しでもお若ければ、血管の再生などもスムーズでしょうから、回復する可能性も高いのではないでしょうか?
発作前のお母様とは違ってしまって、お辛いお気持ちは良く分かります。
どうぞ、お大事になさってください。

母が、3年前、脳梗塞で倒れたことがあります。

私の母も身体的な障害はほとんど残らなかったのですが、性格、というか、物事の感じ方や、対処の仕方が変わってきます。
高次脳機能障害、というらしいです。
ネットで、高次機能障害、で検索すると、たくさんヒットすると思います。
先生には、認知症と似た症状が出る、といわれました。

私の母は、右脳にダメージを受けました。
倒れた当初は、幻覚や幻聴があったようです。
時間感覚がなくなったようです。
人の顔の判別が、難しくなったようです。(...続きを読む


人気Q&Aランキング