痔になりやすい生活習慣とは?

「たんぽする」という言葉を政治家や評論家やお役所の人がよく使っていますがどういう意味でしょうか?
広辞苑で引いても「担保」の項目から「たんぽする」の意味や使い方がよくわかりません。
「担保」をとる・・・・ならわかりますが、昔からこういう言い方、使い方があったのでしょうか? 教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「担保を取る」という場合は、「担保」を名詞として使っていますよね。

多くの場合、土地とか建物など借金する場面で使います。

一方、「担保する」というように「担保」を動詞として使う場合は、「公正な取引を担保するため」とか「品質確保を担保するため」など「保証」とか「後ろ盾」とか「裏付け」などの意味で使います。ちょっと硬い言い方ですよね。行政の政策立案などで多く用いられます。

No.2様の、保険での「不担保」というのは、自動車保険で「30歳未満不担保特約」(30歳以上の事故のときのみ保険金が下り、30歳未満が起こした事故の場合は一切保険金は払いません。その代わり保険料は安いよ、というやつ。運転者を限定することで保険料を安くするもの)
とか、入院医療保険で「4日以内不担保特約」(4日以内の入院の場合は保険金は払いません。その代わり保険料は安いよ。)
などでよく見ますね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
「動詞」としての使い方を自分が日常でしないものですから、意味は話の内容で理解できていても、「担保する」の言い回しにとても違和感がありました。(あります)
文学の中ではあまり見た記憶がありません。行政の政策立案などでよく使うということで納得しました。
テレビの討論番組の中で多用していますね。このごろ、とても多くなった気がします。
ありがとうございました。
これでスッキリしました。

お礼日時:2006/12/12 01:07

『大辞林』


たんぽ【担保】
 (1)〔法〕 債務不履行の際に債務の弁済を確保する手段として、
   あらかじめ債権者に提供しておくもの。
   質権・抵当権などの物的担保と保証人などの人的担保がある。
 (2)抵当。かた。しちぐさ。「―に取る」
 (3)保証すること。また、保証人。〔明治時代につくられた語〕

この(3)の用法ですね。明治時代からということです。
保険の契約などには必ず登場します。補償しない場合は「不担保」。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
話の内容で(3)の意味として受け止めていました。
明治時代からあるんですね・・・・
私が初めて聞いたのは、7年ぐらい前、市の会議の中でした。
私の周りでは動詞での使い方はあまりしないので、“「担保」は「取る」でしょう”という感じがしました。(します)
文学の中ではあまり見たことがありませんでした。
保険の契約も細かい字で書いてあって、最後まで読んだことがありません。(反省)
ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/12 01:36

保証するとか、裏付けを取るという意味です。



直近のニュースで言えば

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061207AT3S06 …
与党の求める道路整備をどのような表現で担保するかが焦点になる。

与党の求める道路整備をどのような表現で保証するかが焦点になる。

いつごろからこういう用法があるかは不明
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、有難うございました。
言葉の意味は話の内容で、「保証する」という意味にとっていました。

「担保する」という言い方がこのごろ多くなった気がします。
テレビの討論番組でよく耳にします。「保証する」と言うより、なんだか専門的な知識も持った人の発言のような(錯覚)感じがします。
聞くたびに、「保証すると言ってください!!」って思います。
ニュースもつけていただいたのでよくわかりました。

お礼日時:2006/12/12 01:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「担保する」という言葉は適切か?

政治家や企業のお偉いさんなどが、コメントの際に「~を担保する」や、「~が担保されない」という表現をしばしばしますが、この表現は日本語として正しいのでしょうか?

安全を例にすると、担保とは保証という意味ですので、「安全が担保されない」と言わずに、「安全が保証されない」と言ったほうが、一般的にも分かりやすい表現だと思います。

そもそも、「~が担保されない」という表現は日本語としておかしくないのか? おかしくないのであれば、どうして分かりにくい表現をするのかが知りたいです。

ご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「担保する」は、少なくとも法律関係者の隠語ではありませんよ。
例えば、民法には次のような条文があります。

第三百四十六条  質権は、元本、利息、違約金、質権の実行の費用、質物の保存の費用
及び債務の不履行又は質物の隠れた瑕疵によって生じた損害の賠償を担保する。ただし、
設定行為に別段の定めがあるときは、この限りでない。

第三百五十一条  他人の債務を担保するため質権を設定した者は、その債務を弁済し、
又は質権の実行によって質物の所有権を失ったときは、保証債務に関する規定に従い、
債務者に対して求償権を有する。

この他に民法だけで、ざっと数えても30回以上、「担保する」「担保すべき」のような表現が
使われています。
むしろ、民法のような基本的な法律にこれだけ出てくる言葉を、広辞苑が法律用語としてでも
載せていないことのほうが不思議です。

なぜこのような表現をするのかについては、まだ出ていない理由として、なんだか政治家の肩を
持つようですが、単純に法律の勉強しているから、つい普通に使ってしまうということも
あるのではないでしょうか。
議員は法律を審議するのが仕事ですし、企業の偉い人だって、たとえ法学部出身でなくても、
真面目な人ならそれなりに法律を勉強するはずですから。
あとは、政治家の言葉が軽いと思われていることを肌で感じているから、「保証する」等よりも
重々しくて裏付けがありそうなイメージの、「担保する」が使われるのかもしれません。

「担保する」は、少なくとも法律関係者の隠語ではありませんよ。
例えば、民法には次のような条文があります。

第三百四十六条  質権は、元本、利息、違約金、質権の実行の費用、質物の保存の費用
及び債務の不履行又は質物の隠れた瑕疵によって生じた損害の賠償を担保する。ただし、
設定行為に別段の定めがあるときは、この限りでない。

第三百五十一条  他人の債務を担保するため質権を設定した者は、その債務を弁済し、
又は質権の実行によって質物の所有権を失ったときは、保証債務に関する規定に従い、
...続きを読む

Q「担保する」とはどういう意味?

よく文章などで、
<設置者の信頼は「担保」できていない。>
とか
<安全性が「担保」できていない。>
という文章を目にするのですが、
この場合の「担保」とはどういう意味なのでしょうか?
「確保」と同じような意味なのかなぁ…と
個人的には思うのですが。

※広辞苑では「債務の履行を確保するため債権者に提供されるもの。」
とあります。いわゆる住宅ローンでの家みたいなものです。
この意味しか私は知りません。

Aベストアンサー

>いわゆる住宅ローンでの家みたいなものです。

その解釈とおりでしょう。

ただし、債権以外に関することで一般的に使われているのは、もっと広い意味での「保証する」という意味だと思います。

「担保」に含まれる「保証」の語感
保証されるべきモノAに対して、そのAを保証するための「ほぼ等価」な別物Bがあり、その価値関係は
A≒B (egs. ローン残高≒家)
のようになります。
他の例だと、
・新幹線の安全≒ATS
・Windows Vistaの安全≒Windows Defender(たとえです^^;)
・我社の信用≒社員の質
などが考えられるでしょうか。この場合、それぞれの右辺の項目が左辺を保証する、つまり担保ということになります。
《用例》
・「新幹線の安全を何で担保するのか?」「はい、それはATSが担保します」
・「我社の社会的信用は君たち社員一人一人の優秀さが担保する」

したがって「確保する」の意ととれる場合でも、あいまいな、単なる確保という意味ではなく、そこに具体的な保証がなくてはならないようなときに使うのだと思います。
(参考:『岩波国語辞典-第五版』)

>いわゆる住宅ローンでの家みたいなものです。

その解釈とおりでしょう。

ただし、債権以外に関することで一般的に使われているのは、もっと広い意味での「保証する」という意味だと思います。

「担保」に含まれる「保証」の語感
保証されるべきモノAに対して、そのAを保証するための「ほぼ等価」な別物Bがあり、その価値関係は
A≒B (egs. ローン残高≒家)
のようになります。
他の例だと、
・新幹線の安全≒ATS
・Windows Vistaの安全≒Windows Defender(たとえです^^;)
・我社の信用≒社...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「平準化」と「標準化」の使い方の違い

「平準化」と「標準化」の使い方の違いを教えてください。
辞書等で調べましたが、明確な使い分けがわかりません。

Aベストアンサー

仕事をするときに使う言葉として説明します。

複数の人が同じ仕事をするときに人によって仕事の仕方が違うと混乱が生じます。
そこでやり方を1つに決めてみんなでそれを守るようにするのが標準化です。

一方、仕事の量が毎日あるいは季節的に変動するときにこれをうまくならして処理して行くと言うのが平準化です。↓
「白い恋人」や「赤福」の問題は季節的に大きく変動する需要に対して工場の稼動を「平準化」させようとして
作り置き→製造日改ざんが起きています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%CA%BF%BD%E0&kind=jn&mode=0&kwassist=0

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング