ヨハネの黙示録とはどういう内容か教えていただけますか? 人間がうぬぼれるようになり、人間にとって何が一番大切なのかをだんだん忘れてきた(神の存在)ので神がバビロンを倒したんでしょうか?結局言いたかったことは、神の存在を忘れるなでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

(続き)


「小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が『来たれ』と言う声を、私は聞いた。
そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は『死』と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、飢饉と、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。」(同6:7~8)

青白い馬とは,ブルーブロード「Blue blood」,直訳すると「青い血」を指します。
 慣用句としては「貴族・王家の家柄」,「高貴な生まれ」,「名門の出」という意味で,スペインのsangue azulの直訳です。

欧州貴族とそれらを支配する英国王室による人類削減計画を指します。
    • good
    • 1

追記しておきます。


「小羊がその七つの封印の一つを解いた時、私が見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で『来たれ』と呼ぶのを聞いた。」(ヨハネの黙示録6:1)
 小羊こと、イエス・キリストが封印された巻物を開くと白、赤、黒、青白の馬が次々に現れます。

「そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。
そして、それに乗っている者は、弓を手に持っており、また冠を与えられて、勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけた。」(同6:2)
これは教皇(ローマ法王)の認可を受けて、イエズス会の指導の下、白人列強がアジア、アフリカ、南アメリカを植民地支配して、さらにIMF(国際通貨基金)や今回のようなTPPで世界を支配していく事を指します。
金融(借金)と貿易の統制による世界支配です。

「小羊が第二の封印を解いた時、第二の生き物が『来たれ』と言うのを、私は聞いた。
すると今度は、赤い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、人々が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、また、大きなつるぎを与えられた。」(同6:3~4)
これは共産主義が貧富の格差の解消を訴えて、大勢の人を殺しまくった事を指します。

ソビエトも中国も北朝鮮もナチスも、国旗は赤地ですね(^.^)。
文化大革命や大躍進政策の失敗を入れると毛沢東は中国民衆を8千万人から1億人殺しています。

「また、第三の封印を解いた時、第三の生き物が「来たれ」と言うのを、私は聞いた。そこで見ていると、見よ、黒い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、はかりを手に持っていた。
すると、私は四つの生き物の間から出て来ると思われる声が、こう言うのを聞いた、『小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな』。」(同6:5~6)

これは、オイル・ダラー、つまり石油産油国やロスチャイルドらの支配下の(三大メジャー)石油会社の投機資本を指します。
株式や商品先物取引で貧富の格差がひろがり物価上昇などで第三世界の人たちが飢える事を預言しています。

(続く)
    • good
    • 0

第一次大戦の始まりは1914年(終了は1918年)


第二次大戦の始まりは1939年(終了は1945年)
この間25年


チェルノブイリ原発事故1986年
福島原発事故2011年
この間も25年


先に
“第一の天使がラッパを吹くと第一次世界大戦がはじまり,第二の天使がラッパを吹くと第二次世界大戦が,第三の天使がラッパを吹くとチェルノブイリ原発事故が起きたことが預言されていた。”
と説明しましたが,世界大戦が二回,原発事故が二回。
共に対岸の事と思っていた一回目の災難が,二回目に日本にも降りかかってきたわけです。

そうすると,今回の福島原発事故はひょっとして第四の天使が告げる災いなのでしょうか?

>>
第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、これらのものの三分の一は暗くなり、昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。
以上ヨハネの黙示録8-12
    • good
    • 0

私の手元にある何冊かのキリスト教の本には


次のような解釈が出ていました。

●ヨハネ黙示録は紀元81~96年頃、ローマ皇帝ドミティアヌス帝に迫害されていたキリスト教徒に、「バビロン(ローマ)」の崩壊と、キリストの勝利を予言と象徴とをもって確信させる目的で書かれたもの。

●世の終わりにお出でになる勝利の君、裁き主イエス・キリストの働きをしるしている。キリストは神の小羊としてお出でになり、サタンと戦い世を裁き、神の国を完全に実現されることを主題としている。

参考URLで日本基督教団の牧師さんがヨハネの黙示録のいろいろな解釈について説明しています。

ここからは横レスになって申し訳ないのですが、下のkayaezawaさんの回答にあるURLに書いてあることは「トンデモ本」の類いの解釈のように私は思います。

参考URL:http://www.valley.ne.jp/~irifune/sekkyou01_24.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。 とっても参考になりました!

お礼日時:2001/01/09 21:27

新約聖書の巻末に収められているのが、ヨハネの黙示録です。

これは、ヨハネが今から約1900年前の晩年に小アジアで書いたものですが、特に4章から22章において神の最後の審判について書かれており、これがこの二十世紀末から二十一世紀初頭の時期のことを予言していると言われています。
 この黙示録のヨハネは十二弟子の一人の福音書のヨハネとは別人です。彼とは、一世代後に生まれ、キリスト教の布教に努めた後、パトモスという島に流され、そこで神の啓示を受けてこの黙示録を書いた人です。
下記URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.d1.dion.ne.jp/~yamato__/yohane.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/01/09 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人を救う神の存在(大いなる疑問)

先日のなんばのビデオルームで火事があり、15人もなくなりましたよね。その中に、そういった安い宿泊設備を使いながら、訪問介護をしていた人がいましたよね。

弱い人間のために一生懸命働いている人の命が、自殺願望の放火によって奪われてしまったのを知り、「神はいない!」と心の中で叫びました。

世にある宗教の神の存在に関し、こんなむごいことが起こった場合、如何に神の存在を説明しているのですか?試練とか何とかいうのですか?
その前に、何故命を救ってあげないのですか?!

どなたか宗教に詳しい方、お教え下さい。

因みに長男は福祉介護で働くために、専門学校に通っています。

Aベストアンサー

この場合注意したいところは放火したのは神様ではなくて人間だということです。
つまり、神様が放火したのではなくて、人間のなした悪行ということです。

神様もそのような悲惨な事件が起きているのをみていたく嘆かれているだろうと思います。
神様は人間を愛して下さっており、助けて下さろうとしております。
人間の方が勝手な生き方をしてみずから苦しむような出来事を起こしているのです。

自殺願望の放火であって神様がなしたものではないです。
弱い人間のために一生懸命働いている人の命が無くなったことは
悲しい出来事に相違い有りません。

そのようなむごい事件が起こったのは神様がなしたわけではなくて。
至らない人間のなした業に過ぎません。
神様は人間を愛して下されてありますし、救って下さろうとしてくだれてあります☆
それを分かって頂きたいです☆

何故命を救ってあげないのか。
神様だけでは救いようがないのです。
人間が勝手な生き方をしていたら神様もどうしようもないです。
人間が真の信仰をして神様とともにある生き方が出来れば。
神様が人間を助ける働きを十分になすことが出来るのです☆

神様は人間に真の愛を向けて下されてある、それは真実です☆

この場合注意したいところは放火したのは神様ではなくて人間だということです。
つまり、神様が放火したのではなくて、人間のなした悪行ということです。

神様もそのような悲惨な事件が起きているのをみていたく嘆かれているだろうと思います。
神様は人間を愛して下さっており、助けて下さろうとしております。
人間の方が勝手な生き方をしてみずから苦しむような出来事を起こしているのです。

自殺願望の放火であって神様がなしたものではないです。
弱い人間のために一生懸命働いている人の命が無く...続きを読む

Qあなたが神(創造主)の存在を信じる理由、

あなたが神(創造主)の存在を信じる理由、
または神を知っている理由、証拠、
信じるようになったきっかけなどを聞かせていただけませんか?m(_ _)m
こういう神様を信じているというのもよかったらお願いします。
明確な理由など無いけど信じているという方もよろしければご回答ください。



以下補足というか蛇足です(笑)

私は今現在神の存在を信じてはいませんが
いない証拠も無いので絶対にいないとも考えていません。

ただもし存在したとしても全知全能(何でもできるってことですよね?)では無い。
もしくは人間が考えるような完全な善い意思などは持っていないと考えます。
(そもそも神が全知全能で完璧な存在であると教える宗教は存在しないのかもしれませんが
日本で一般的に考えられてる一神教の神様のイメージってこんな感じですよね?)

こう考える理由は、もし全知全能と完善な意思の双方を併せ持つのならば
もっと日常茶飯事に奇跡を起こして干渉してもいいはずだと考えるからです。
というわけで神がいたとして神の能力、または意思には限界がある、
もしくは意思を持たないと考えています。


蛇足の蛇足ですがもしこの世界を作った神に意思が存在するのならば
この世界は実験場かゲームのようなものなのではないのだろうかと思っています(笑)

あなたが神(創造主)の存在を信じる理由、
または神を知っている理由、証拠、
信じるようになったきっかけなどを聞かせていただけませんか?m(_ _)m
こういう神様を信じているというのもよかったらお願いします。
明確な理由など無いけど信じているという方もよろしければご回答ください。



以下補足というか蛇足です(笑)

私は今現在神の存在を信じてはいませんが
いない証拠も無いので絶対にいないとも考えていません。

ただもし存在したとしても全知全能(何でもできるってことですよね?)では無い。
もしくは...続きを読む

Aベストアンサー

どうもはじめまして。カトリックのクリスチャンで有神論者の者です。

1点目:神を信じる理由について
難しい哲学や神学のには詳しくないので、私個人の認識レベルになってしまうのですがお答えします。
信じる理由、ですが、旧約聖書「知恵の書」13章がちょうど私の考えている認識に一致しています(存在そのもの、というところが特に私の考えることと一致します)。

(以下、聖書「知恵の書」13章1節~3節)
神を知らない人々は皆、生来むなしい。彼らは目に見えるよいものを通して、存在そのものである方を知ることができず、作品を前にしても作者を知るに至らなかった
かえって火や風や素早く動く空気、星空や激しく流れる水、天において光り輝くものなどを、宇宙の支配者、神々と見なした。その美しさに魅せられてそれらを神々と認めたなら、それらを支配する主がどれほど優れているかを知るべきだった。美の創始者がそれらを造られたからである。

(長くなってしまうので全部は引用できなかったのですが、こちらから聖書協会のページから検索できます。とても豊かな描写で自然、神を捉えています)
http://www.bible.or.jp/vers_search/vers_search.cgi


2点目:補足について

>こう考える理由は、もし全知全能と完善な意思の双方を併せ持つのならば
>もっと日常茶飯事に奇跡を起こして干渉してもいいはずだと考えるからです。
>というわけで神がいたとして神の能力、または意思には限界がある、
>もしくは意思を持たないと考えています。

⇒momonemu様の考えておられる神は「汎神論」という立場に近いかと感じました。
私もその点についてはmomonemu様のような思いを感じることはありました。
正直なところ何が神の意思で、何が神の意思でないのか、神様と私たちではあまりにも次元が違いすぎて、理性での理解に限界を感じるところです。時に、神の存在を疑いたくなるような出来事に遭遇すると、この点を自問せざるを得ない状況に至ります。

結論としては私にとって神様というのは「こういう存在だ」と断言することはできない方です。意思がある、とも言えない、ないとも言えない。ただ、消去法ですが、こうではないはずだと考えることはできます。もし全能なら、、、きっと悪い方ではないはずだと。そして善なる方であるとするなら、未熟で限界のある私たちが考える善悪とは異なる尺度で、私たちをもっと良い方向に導かれるのではないかと思っています。そう感じることは日常でもよくあります。我が子に欲しいものを何でも買ってあげることも愛情ですが、そうせずに節制を学ばせる事も大きな愛情です。何が本当に人にとって良いものか、私たちが理解できない、もっと深い次元で、導かれる方かなと思います。次の言葉がそれをよく表現しているかなと感じたので引用します。

ヘブライ人への手紙 / 12章 11節
およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのです。


決して答えにはなっていなくて恐縮ですが、一有神論者の考えとして参考になればと思います。

どうもはじめまして。カトリックのクリスチャンで有神論者の者です。

1点目:神を信じる理由について
難しい哲学や神学のには詳しくないので、私個人の認識レベルになってしまうのですがお答えします。
信じる理由、ですが、旧約聖書「知恵の書」13章がちょうど私の考えている認識に一致しています(存在そのもの、というところが特に私の考えることと一致します)。

(以下、聖書「知恵の書」13章1節~3節)
神を知らない人々は皆、生来むなしい。彼らは目に見えるよいものを通して、存在そのものである方を知...続きを読む

Q神は存在しないと思う瞬間 3連休の迷走

3連休でもあるし、時間もあるし、神様についてでも考えようか、とココロにもないことを思ったりいたします。日常生活やニュース番組などで、どのようなものを見たとき神の存在が疑わしくなるのでしょうか。決定的なものをどなたか教えてください。

Aベストアンサー

>神は存在しないと思う瞬間

1945年8月9日、長崎県は浦上教会(カトリック)で日本人キリスト教徒たちが、キリスト教の神に祈りをささげていた正にその最中、キリスト教国のB29爆撃機から投下された原子爆弾で殺されてしまった歴史的な事実を知ったときですね。

それ以来アブラハムの宗教で讃える神など存在しなと確信するようになったので、ガウダマ・シダールタの教え(=仏教)の方に流れました。仏教では「神はオワします」などと、嘘偽りを言わないので良いですね。

Q悪魔、または悪神、邪神というものは存在するのでしょうか。

悪魔、または悪神、邪神というものは存在するのでしょうか。
悪魔が存在するとして、それはキリスト教が考えるような元天使だったのでしょうか。

Aベストアンサー

持論ですが、
悪魔や神などはそれを信じている者の意識の中に存在しているのだと思います。
例えば、キリスト教信者じゃない人間が悪魔に取り憑かれることはないということですね。

Q地球に人間が存在する意味はなんだろう?

人間がいることによって、
他の生物がどんどん絶滅に追い込まれ、
自然もどんどん破壊されています。
地球を悪い方向にもっていっているとしか考えられません。

人間は何のために存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

人間は地球の自然や資源を食いつぶしています。しかし人間がいなかったとしても他の生物がいつかは資源を食いつぶすでしょう。人間はそれを早めているだけだと思います。
たとえ資源が食いつぶされなかったとしても、地球(やその他の全ての星)にも寿命があります。いつかは生物が住めない状態になり消滅します。
なので地球の資源を消費することは悪いことではありません。ただ、無駄使いをして消費を早めてはもったいないのでやめるべきですが。

人類がどんなにがんばったって地球が永遠に存在するわけではないし、人がどんなにがんばっても100数十年以上生きれるわけではありません。どうせ死ぬのだからその中で快適な暮らしができる程度に自然や資源を消費しても悪いことではないと私は思います。
人間の目的を言い出すと宗教論になってしまいますが、宗教は人間が自分達を正当化するために作り出したもの とも言えると私は思います。
私は、No.1さんと同意見で、人間に目的があるわけではないと思っています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報