免震構造の家は、地震が来るとロックを外して、地面の揺れと土台を半ば切り離しますよね。
免震でない家は、地震と共にゆれます。
免震構造の家と、免震でない家を、行き来するためには、
短い廊下などを造って、取り付けをする事になると思いますが、
地震の時に免震の家の免新機能を発揮出来るような形で、非免震の家との取り付けを造るには、どんな方法がありますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2です。



#3さんの補足をすると、これは平面的に考えなければなりません。
PC画面上の上下方向でも相対変位が発生するからです。両方から伸びた部分が離れたりぶつかったりする方向にも変位差が生じるからです。
(これを考慮する必要があるので、#2では「ピストンシリンダーの平面版」と表現しておきました)。

あと免震のタイプにもよりますが、平面スライド形式の場合はあまり気にしなくともよいですが、円弧滑りタイプや積層ゴム形式の場合更に免震装置が横方向にずれることにより上下方向に僅かですが変形が生じますので、上下方向の変形にも対応する必要があります。

実際はかなり実現化は困難です。
あと、この種のものは免震建屋における設備配管(地面との変位差が生じるのでこのようなジョイントが必要)などのためにいろいろ特許など出されていますので、その点も考慮しないと特許を侵害する可能性がありますので要注意です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>上下方向でも相対変位が発生するからです

そうですね。そのとうりです。たしかに。
#3さんの床支点に上下方向に動けるヒンジでも付けたらどうかなあ?
でも上板が場合によってせり上がってしまう一瞬があるかも知れないかなあって思ったりしたりします。

お礼日時:2006/12/11 17:57

アイデア的には同一軸方向で吸収シロを設けるのではなく


ローラー支点を利用して互いにずれあう形の廊下でつなぐのはどうでしょう?

非免震側→□□□□∥□□□□←免震側   ではなく

非免震側→□□□□□□□□
           □□□□□□□□←免震側  のように

って一瞬思った発想です
あしからず^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

天才です。
>一瞬思った発想

一瞬で思いつくその能力が欲しいな。

図が解かりやすい。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/11 17:41

免震でない場合は、エキスパンションジョイントのように鋼製鉄板などを載せるだけの簡単な構造にしますが、免震の場合変位は過大ですので無理です。


免震建物の周りに花壇を造った建物を見たことがありましたが、実際地震の際に花壇は破壊されていましたね。

また地震の際に変形量の異なる木造と鉄筋コンクリート造を接続した建物を見たこともありますが、接合部が破壊して被害を受けていましたね。

蛇腹か、ピストンシリンダーの平面版ような過大な変形に対応する構造にするしかないと思いますが、いずれも雨じまいなど問題となりますね。
実際配管などにはそのような仕組みがあるので、無理ではないでしょうけど現実的でないと思います。

なお、通常異なる基礎の構造物を接続することは、先の例のように耐震性能を格段に悪化させますので(このようなことをしないのが建築設計の基本です)、普通は免震と非免震建物を接続するということは考えませんので、特別注文となります。よって費用はかなり覚悟しておく必要があります。

大地震の際には免震建物の変形により簡単に破壊してよい軽量簡易構造物でつないでおくという方法の方も考えられますが、実際どのようなものでつくるかはかなり検討が必要そうです(蛇腹のように変形するものか簡単に破壊するようなものでつながないと免震機能が発揮しない)。

いずれにしろ免震と非免震建物をつなぐというのは、よいアイデアではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>エキスパンションジョイント

スライドする床のようなものですかな?

>地震の際に変形量の異なる木造と鉄筋コンクリート造を接続した建物を見たこともありますが、接合部が破壊して被害を受けていました

非免震同士でも、捩れに対する強度の違いや、建物の揺れに対する特有の周期の違い迄も一致させる事は出来得ないという事ですね。

>蛇腹か、ピストンシリンダーの平面版ような過大な変形に対応する構造

蛇腹ってすごいですね。ピストンシリンダー平面版ってどんなものでしょうか?

>基礎の構造物を接続することは、先の例のように耐震性能を格段に悪化させます
>普通は免震と非免震建物を接続するということは考えません

防犯対策強度のある蛇腹みたいなのが苦しまぎれの理想?なところなのかな?

>簡単に破壊してよい軽量簡易構造物でつないでおくという方法の方も考えられますが、実際どのようなものでつくるかはかなり検討が必要

ヒューズのようなつくりということですね。現場にいたら怖いですが。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/11 17:38

>非免震の家との取り付けを造るには、どんな方法がありますでしょうか。



それは原則そういうことはすべきではありませんから、何故そのようなことをしなければならないのか(免震住宅と非免震住宅の接続)の事情によるでしょう。

免震機構によっては50cmも動くことを考慮しなければなりませんから(たとえば積水ハウスなどで採用しているIAUなど)、蛇腹などを使った特殊な通路でも作らなければとても対応できるものではないです。

この回答への補足

ありがとうございます。

>何故そのようなことをしなければならないのか

増築をした場合、昔の家はまだ使おうと思うからです。行き来の際一度外に出る事を避けたいのです。

>免震機構によっては50cmも動くことを考慮しなければなりません

なかなかの寸法ですよね。

>蛇腹

電車の連結部分みたいなという事ですね。
防犯が心配と思われる面もあります。
一長一短ですが、考えられますね。

すべてをクリアできる技術はございませんか?(これからお答えくださる方へも含めて)

補足日時:2006/12/11 11:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。

お礼日時:2006/12/11 18:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築構造でS造、RC造が主流ですが、RC造の場合は例えば床にアンカーを

建築構造でS造、RC造が主流ですが、RC造の場合は例えば床にアンカーを打つ場合、配筋があるので、
強度をもたせれるとか、聞きます。S造の場合は床がデッキでコンクリートを流しているだけなので、
アンカーが打てない(強度が弱い)と聞きます。

建築図を見ていると、デッキの図面に配筋がある様に思うのですが、RC造の様に強度を要するアンカー
等を打てないのは何故ですか?

Aベストアンサー

RC造における床はそれ自身で一定の強度を持ち、梁構造のゆがみを束縛する働きさえも担う重要な主要構造です。鉄筋もそれに応じて相当強度に入れられています。
これに対して、S造の床のメイン構造はデッキプレートであり、これはメイン構造にはならないものです。しかもその上に流されているコンクリートは、ただ床として平らな面を作るために入っているものです。そのため、これに入っている鉄筋は単にひび割れ防止の役割であって、それ以上の構造としての強度は一切担っていないものです。

Q①一条工務店の夢の家仕様は一条ハイブリッド免震構法は含まれていますか? ②また一条ハイブリッド免震構

①一条工務店の夢の家仕様は一条ハイブリッド免震構法は含まれていますか?
②また一条ハイブリッド免震構法以上の免震構造は同HMであるんですか?
③結局のところ、夢の家仕様とi-smart・i-cubeといったiシリーズでは地震に強いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

同社のWebサイトに「どの商品シリーズがどの工法を採用しているか」の情報があります。

http://www.ichijo.co.jp/technology/index.html

上記ページの「夢の家 I-HEAD構法」のくくりにある「耐震性能」の説明文の文言と、「外内ダブル断熱構法」のくくりにある「耐震性能」の説明文の文言を見比べる限りは前者の方が大きな地震に耐える性能を持っているようです。
また、前者には耐震機能とは別に免振機能もありますね。これは後者には無い機能です。
ということで、「外内ダブル断熱構法」を採用しているシリーズの家より「夢の家 I-HEAD構法」を採用しているシリーズの家の方が地震に強いと言えるでしょう。
なお、同社はこの二つの構法のどちらかに対応したシリーズで構成されていて、これ以外の構法を使用したシリーズは無い様です。

参考まで。

Q【主体構造部】軽量鉄骨造と鉄骨造の違い

 ど素人です。

 構造が軽量鉄骨造と鉄骨造では、使われている鉄骨(の厚さ)が違うため、分けられているのだと思いますが、具体的にどこで区別しているのでしょうか?

 私見ですが、
 (法人税とかの)償却の計算上で、主体となる鉄骨の厚さが4mm、3mmで区分けされているので、4mmを境に軽鉄造・鉄骨造を分けているのでは? と推測しました。あと調べましたが、分かりませんでした。

 大変基本的な質問と思います。
 基本的過ぎて、力が抜けられるかも知れませんが、ご存知の方よろしくお願いいたします」。

Aベストアンサー

>4mm、3mmで分けていました。(軽鉄造とか鉄骨造という言葉は使っていませんでした)

固定資産の件(だったと思う)で以前(と言ってもだいぶ前)に聞いた際には確か6mmで分けてるって聞いたのですが、現在は変わってるんですかね?
ただ、↓のページの「か行」から「軽量鉄骨」を調べてみたらやっぱり6mmでした。

ちなみに建築基準法上は「軽量」とか「重量」とかって一切分けてないんですが、建築業界の通例って感じではNo.2の方の言われる通りやはり6mmで分けてますね。

ただ、プレファブ等の型式認証(または認定)は別として余程特殊な工法でない限り、軽量鉄骨であっても普通に構造計算はできますよ。

参考URL:http://www.re-words.net/

QW造、S造、RC造、SRC造の定義

W造、S造、RC造、SRC造の定義はどこで規定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

W造 : 木造 W=Woodの略 木造一般住居など。
S造 : 鉄骨造 S=Steelの略 賃貸アパートの一部、スレート葺き工場建屋などの軽鉄骨構造や、高層マンションの重鉄骨構造など。 
RC造 : 鉄筋コンクリート造 RC=Reinforced Concreteの略 一般的なビルディング、学校の校舎など
SRC造 : 鉄骨鉄筋コンクリート造 SRC=Steel Reinforced Concreteの略 超高層ビルなど。頑丈だがコスト高。

ってのは、既にご存知なんですよね。

思いますに、建築工法を発明したのは、世界中の設計士、建築家、建設会社であり、名称も名は体をあらわすような、平易な単語で示されたのではないでしょうか。
そして、その数多くの工法から、流行り廃れが生まれ、デファクトスタンダード(事実上の標準)な工法に整理されていき、ひいては、建築基準法の中で工法を示す言葉が使用され、総合して定義となったのではないでしょうか。

ご質問の趣旨に答えるなら、「建築基準法にその言葉が定義されている」では、ダメでしょうか?。

Q免震構造、骨材のリサイクルについて。

免震構造と、その設計の考え方について教えてください。

あと、コンクリートの骨材(砂・砂利)のリサイクルって
可能ですか?? 可能ならその方法を教えて下さい。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

免震構造というのは、建物に免震装置を取り付けることによって、建物の固有周期を大きくし、地震の振動に共振しないようにしたものです。
地震の波の卓越周期は1秒前後といわれており、これに対して中低層の建物は1秒以下といわれています。地震の卓越周期に近い建物は共振現象をおこし、建物に大きな慣性力が加わることなり、最悪の場合倒壊することもあります。免震装置を設置し建物周期を3秒以上にすると、周期が3秒以上の地震波のエネルギーは小さいので、建物がうける影響はかなり小さくなります。

骨材のリサイクルですが、
現在破砕した古いコンクリートを骨材に使うコンクリートが実際あります。しかしこのコンクリートは今のところ構造体には使えません。建築基準法の使用材料の規定に引っ掛かるためだと思います。捨てコンや土間コンなどに使われているようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報