【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

これらの違いを教えてください。

また、これらのそれぞれの株価への影響を教えてください。

A 回答 (1件)

1.売り出し・・・大株主が持分を市場に放出する(既存の株の価値は下がらない)


2.公募増資・・・新規に株式を発行する(既存の株は価値は下がる)
3.立会外分売・・・売り出しの一種。一般に規模が小さく、需給へのインパクトも比較的小さい

株価へのインパクトがある(下げやすい)順に並べると
2>1>3 です。
ただし、売り出しや増資の規模にもよりますので上記がいつも当てはまるわけではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
ご回答とても為になりました。
それにしても、売り出しと立会外分売があるのは何故なんでしょうか?

返礼遅れまことに申し訳ありませんでした。m()m
忙しさに感けてとても遅くなってしまいました。

お礼日時:2006/12/30 08:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公募と立会外分売の違いについて

公募と立会外分売の違いについて、教えて下さい。

Aベストアンサー

公募するということは、新しい株式を発行する場合に、不特定多数の人に出資してもらうために募集すること、目的は新しく事業を起こすとか増資の場合なら、設備投資目的、借入れ返済など何らかの目的の為。

立会外分売というのは、既に保有している会社の大株主の持ち株の一部を証券取引所の立会外(時間外)に一般投資家に募集して買い上げてもらう、目的は市場に出回っている株数が少ない(浮動株という)と流通性に乏しく株の売買がされにくいのを改善する。時間外で売るのは、立会い場では商いが少ないため、売りさばきに時間が掛かるので、市場値より安くして一度に売却する。目的は先ほど言った株式の流動性を良くする、または売却で得た金を設備投資に当てるとか、借入れ返済若しくは何らかの目的があっておこなう。

Q貸借銘柄に選定

貸借銘柄に選定されたってどういう意味なのでしょうか?検索バーで調べてみたのですが、よく解りません。その銘柄を持っている人にとっては良い情報なのでしょうか?悪い情報なのでしょうか?

Aベストアンサー

>貸借銘柄に選定されたってどういう意味なのでしょうか?

証券会社が証券金融会社(株やお金を証券会社に貸し付ける専門の会社で「日本証券金融」「大阪証券金融」などがあります。)からその銘柄の株券を借りることができる銘柄になったということです。

あなたが信用取引で空売りをかける場合には、証券会社からその銘柄の株券を借りる必要があります。
証券会社は自分の手持ちの株券をあなたに貸すことになりますが、申し込みが多くなるとどこかから借りてこなくてはなりません。

そのときにその銘柄の株券を証券会社に貸してくれるのが証券金融会社で、貸すことが出来る銘柄になったというのが貸借銘柄に選定されたということです。

>その銘柄を持っている人にとっては良い情報なのでしょうか?悪い情報なのでしょうか?

これは非常に微妙な問題で、その銘柄に投資している投資家の考え方によります。

ただ、いえる事は投資スタイルの幅が増えるため出来高も増えるだろうと予想できます。
したがって、売却がしやすくなり投資金額を増やすことができるとは考えられますね。


人気Q&Aランキング