【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今までスキー経験はありますが、今年初めて板を購入しました。
買ったのはショートスキーなのですが、ゲレンデで使用する前にどういった手入れをしたらいいのかまったく分かりません。

調べたところ、はじめのワックスを剥がして、新たにワックスを塗るように理解したのですが、解釈としてはこれでいいのですか?
それで、自分でやる自信がないのですが、そのときはどこかに頼んででもやった方がいいものなんでしょうか?
自分は、現在埼玉にいるのですが、オススメのプレチューンナップをしてくれるところはないでしょうか?(できれば安いところが助かります;)
それとも、ある程度簡単であれば、自分でやったほうがいいものでしょうか?それならばその簡単にできる方法を教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現在購入新品状態で WAXが 塗られているのなら


ベースWAXという物です
これは 滑走WAXののりをよくする目的と 販売時の滑走面保護の目的で塗られているものです。
あまり ベースWAXを塗って売ってる板は見たこと無いですが。

なにはともあれ 初めに プラスティックスクレイパー
はがき位の大きさ(もう少し長方形)のヘラで 現状表面を
滑走面前方から後方に 斜めに寝かせてこする(剥ぎ取る感じ)
鰹節みたいなカスが出れば ベースWAXです。
汚れ程度のカスしか出なければ WAX未でしょう
ここで サンドペーパー掛けは必要ないとおもいます。
滑走用WAX 液体WAXや スプレーWAXを塗れば とりあえず使えます。
しかし簡易的なWAXなので 落ちが早いです。
ミニボトルや ウエットティッシュタイプのWAXをポケットにしのばせ 休憩後に塗ると良いですよ!

正式なWAXは ホットWAXという ロウのWAXを電気アイロンで
溶かし 滑走面にも熱を加え染込ませます 十分冷却後
上記スクレイパーで削ります。
ここまでやる人は少ないでしょう。(自分はやってますが)

詳しくは スキーメンテナンス用品売り場なのに チューンナップの本が売られてるので ちょっと見て下さい。

ネットでも スキーWAXとか検索すれば 詳しい説明が見れると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>滑走用WAX 液体WAXや スプレーWAXを塗れば とりあえず使えます。
これを聞いて少しほっとしました。できればしっかりやっておきたいですが、無理なら簡易のものでどうにかしようと思います。

お礼日時:2006/12/12 23:21

購入時に塗ってあるワックスは、滑走面を保護するためのワックスです。

おそらくベースワックスだと思いますが。
質問者様が、ご理解してる通りでよろしいと思いますよ。

自分は、専門家ではなく一般的なスキーヤーとしてお話をします。

やり方ですが・・・
そのベースワックスをスクレッパ(ワックスを削り取るプラスチックもしくは金物の板)で出来るだけ削り取り、さらにリムーバー(ワックス除去用)を塗布・吹付けをして、ワックスを取り除きます。
目の細かいサンドペーパーを木片などに巻きつけ、滑走面を磨きます。
次にベースワックスを溶かして、滑走面に塗ります。
ワックスアイロン(普通のアイロンでもOKですが、ひどく汚れます。ショップへ行けば、専用のアイロンが販売されてます)
で、ワックスを伸ばし滑走面に浸透させます。
スキーを冷まして、ワックスが硬化したらスクレッパで良くはがします。
これで、下準備が完成です。
エッジですが、トップとテール それからトップから20cm テールから10cmくらいのエッジは不要ですのでやすりで丸くします。
これで、不要な引っかかりなどが無くなりターンしやすくなります。
スキーに行く前日に、天気予報やネットのスキー場情報から気温や雪温に合わせた滑走用のワックスを塗ります。
塗り方は、ベースワックスと同じです。
最後に、ブラシをかけて仕上げます。(滑走面にストラクチャーという細かい溝が入ってるスキーが多いのでブラシで仕上げます。ストラクチャーが入っていなくても、ブラシをかけると効果があります)
簡易的なスプレーワックスや、リキッドワックスもありますが、短時間ならOKですが、効果は持続しませんし滑走性が劣ります。
スキーを手入れするのに、道具を揃えなければならないのでショップに持ち込んでやってもらうのも、手ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
なかなか大変そうですね。できそうなところから挑戦してみたいと思いますが・・・。がんばってみます。

お礼日時:2006/12/12 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新品のスキー板

新しいスキー板を買ったのですがwaxは必要なのでしょうか?本格的に滑る訳でもないので、別にそこそこ滑れば良いのですが。教えて下さい。

Aベストアンサー

サービスでHOT WAXを塗ってくれる販売店もありますが(蝋燭のろうを塗ったような状態、滑走前までにスクレーパー等で剥がす必要あり)、通常新品のスキー板の滑走面は何も塗られていません。
滑走面が木でできた昔のスキー板と違い、最近のスキー板はWAXを塗らなくても確かに滑ります。
しかしWAXを塗ると更に良く滑り、湿った雪や傾斜の緩い斜面では違いが良く分かります。

他の皆様がおっしゃる通り簡易WAXを塗られる事をお勧めします。
最近のものは良くできており、試合に出場するのでなければ、液体の簡易WAXで十分と思います。

私の場合山岳スキーをするので、滑走直前と滑りが悪くなった時にでワックシングしています。
通常の液体簡易WAXは現場でスポンジが凍ってしまうので、市販のペーパーWAX(液体WAXを紙に染み込ませたもの)を胸ポケットに入れています(使い終わった紙は持ち帰ります)。

また、リフト乗り場に撒かれる凍結剤(塩化ナトリウム)や車のキャリアー搭載時の泥汚れなどでスキー板は汚れますので、帰宅されたら水洗いで汚れを落として、滑走面保護のためにWAXを塗られる事を、お勧めします。

サービスでHOT WAXを塗ってくれる販売店もありますが(蝋燭のろうを塗ったような状態、滑走前までにスクレーパー等で剥がす必要あり)、通常新品のスキー板の滑走面は何も塗られていません。
滑走面が木でできた昔のスキー板と違い、最近のスキー板はWAXを塗らなくても確かに滑ります。
しかしWAXを塗ると更に良く滑り、湿った雪や傾斜の緩い斜面では違いが良く分かります。

他の皆様がおっしゃる通り簡易WAXを塗られる事をお勧めします。
最近のものは良くできており、試合に出場するのでなければ、液体の...続きを読む

Q[スキー]新品の板にチューンナップは必要ですか?

今シーズン、念願の新作スキーをゲットしました。
ここ数年はスキーボードに乗っていて、スキーボード=おもちゃ、という認識だったため、とくにメンテを行っていませんでした。(ワックスぐらいはしてました)
今回、長板ということもあって、大事に扱ってあげようと思うのですが、友人から、
「新品でも初滑りの前にチューンナップに出して、滑走面とエッジを処理してもらった方がいい」
とのアドバイスを受けました。今回は、このアドバイスについての質問なのですが、実際にその方がいいのでしょうか?チューンナップもそれほど安いものではないので、非常になやんでいます。(その友人はレーサーということもあって、一般のスキーヤー以上に板に気を配っていることは確かだと思います。)

Aベストアンサー

う~ん・・・
「大事にする」と言ってもあまり意気込んだり無理をしたりしたら長続きしないんじゃないかなぁ?
大事なのは「定期的に継続してやる」って事だと思うんですが・・・

私は最低限(と私が勝手に思ってる)の事をしてあげてるだけでもかなり違うと思います。

その最低限はエッジのダリングとホットワックスでのベースワックスと滑走用のワクシングです。
その二つは板の保護の意味だけでなく、滑るコトにも有効な事ですから。
友人の方が言ってる事もそういった意味合いなんじゃないかと・・・?

一口に「チューンナップ」と言っても滑走面の研磨からホットワックスまでいろんな事がありますよ。


ただ・・・表面に貼る透明の保護シート(テープ)は貼っておいた方がいいかもしれませんね。
新品の板・・自分で自分の板を傷付けると・・・泣くに泣けないですから・・。

Q泣きそうです! ボードのワックス!

先日、奮発して良い板を買いました!
初級者~中級者用の板なのですが、買った時にお店の人に「ワックスとか塗らなくても、今すぐにこのまま滑っても大丈夫なんですか?」と聞いたら「今すぐにでも大丈夫ですよ。シーズン終ったらしまう前に塗る必要はありますけど、今すぐには特にいらないですよ」と言われたのでそのまま安心して帰って来ちゃいました。

しかし、ボードに詳しい友人に話したところ、店で最初から塗ってあるそんな程度のワックスじゃ全然ダメだと言われてしまいました。

そこで別の店で上記の話をしてみたところ、「保存用に塗ってるワックスをいったん取って、時間とお金がないならとりあえず万能ワックス(滑走ワックス)だけでも塗っておけば大丈夫」と言われて、その通りにしました。

しかしまたもや友人に、「そんなの2,3本滑ったら取れてしまう!その程度で滑ってしまったら、板が傷む!良い板を無駄にしている!」と言われました(;;)

もう明日出発して滑ってくるので、今からホットワックスやらなんやら難しいのはかけられないのですが、本当に私の板は旅行を取りやめたほうがいいくらいひどい状況なのでしょうか?
お店の人に、そこまでワックスしなくても大丈夫だというように説明されたのを鵜呑みにしてたもので。。。

そもそも、初めて買った人が、全員そこまで何時間もかけてキッチリワックスを塗れるものなのでしょうか?

友達に、最初のワックスがけがやっていなければもう手遅れで、後からワックス塗っても痛んでしまうと言われ落ち込んでしまいましたが、そういうものなのでしょうか?

先日、奮発して良い板を買いました!
初級者~中級者用の板なのですが、買った時にお店の人に「ワックスとか塗らなくても、今すぐにこのまま滑っても大丈夫なんですか?」と聞いたら「今すぐにでも大丈夫ですよ。シーズン終ったらしまう前に塗る必要はありますけど、今すぐには特にいらないですよ」と言われたのでそのまま安心して帰って来ちゃいました。

しかし、ボードに詳しい友人に話したところ、店で最初から塗ってあるそんな程度のワックスじゃ全然ダメだと言われてしまいました。

そこで別の店で上...続きを読む

Aベストアンサー

特にワックスにこだわる必要は無いと思いますよ。
私はボード暦12年程になりますが、携帯用のワックスしか塗ったことがありませんし^^;
友人もみんなそんな感じです。

本当にワックスにこだわるんでしたら、雪質や温度でワックスも換える必要があるので、そんなにこだわる必要は無いかと思われます。

石の上を滑ったりでもしない限り、板が傷むことは無いと思います。

Qホットワックスをしたけど滑りませんでした。

今年板を買ったばかりです。
板を買うときにどうせならホットワクシングをした方が良いと言われ、セットを買いました。
ガ○ウムのセットを買い、ベースのピンク2回、紫1回、青1回をかけました。
滑走ワックスはかけていません。(レースに出ないなら必要なしと聞いたので)

斜面を滑るときは気にならないのですが、すごく緩い斜面を滑るときやスケーティングするときに滑りが悪いです。(リフト乗り場への移動等)
緩い斜面を他の人と同じスピードで滑っていてもこちらの方がすぐにスピードが落ちます。
スケーティングでも一漕ぎで進む距離が短く、抵抗を感じます。

ゲレンデは気温マイナス10度前後。雪はパフパフの新雪、乾いたサラサラの雪、もしくは凍りかけのガリガリの雪でした。

原因は何でしょうか?
ワックスのかけ方?ワックスの選定?
そもそもの板の問題?

考えられる原因と改善方法をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。
ラインナップを見るとガリウムのワックスセットを購入されたみたいですね。
確かに、このセットには滑走ワックスが含まれてませんね。
状況的に、ベースWAXだけの状態で新雪に対応し切れなかったんじゃないかなって気がしてきました。
ベース+リキッドも勿論ありです。僕もサークル時代合宿の時なんかに良くやってました。
出来れば、せっかく凝りだしたのだから滑走ワックスも塗ってあげてほしい所ですが、まずは楽しく気持ちよく滑る事が一番だと思います。

Qスキー板の手入れ、保管方法について。

今年、子供たちがスキーデビューしました。(小2と小1)
最初は1日スクールに入れて、2回目は緩やかな傾斜とムービングのあるゲレンデ(?)で練習。
どちらもレンタルを使用しました。
子供たちもとても楽しくなってきたようですが、レンタル代が高く、頻繁に連れて行くのは経済的に・・・(-_-;)
ということで、思い切って、購入しちゃったのですが・・・

手入れの仕方がわかりません。
ちなみに、私自身は膝が悪いため、スキーのことは全然わかりません。
どなたかアドバイスをお願いします。m(__)m


子供たちの板は、アルペンで一番安いものを購入。(ブーツ、ストックと合わせて16000円)
132cmの娘に130cmの板。125cmの息子に120cmの板を購入。
1シーズン5回程度使用し、2~3年使えればいいかと・・・・
そのあとは、できれば、末娘(現1歳半)に回すつもりです。

いつも付き添い用に主人も一緒にレンタルしてるので、主人用に30000円ほどのショートスキー(サロモン?)を購入。主人は初心者レベルだそうです。(^_^;)

さて、購入したはいいものの、どうやってメンテすればいいのか・・・
店員さんに聞きましたが、手入れをすればするほどいいが、実際には何もやってない人が多いみたいで、さび止めで、シーズン終了時にワックスを塗って、シーズン前にはがす程度でいいのでは?
と言われ、手入れグッズを何も購入しませんでした。

が、ここでいろんな方の書き込みをみると、多少なりとも手入れした方がいいのでは?と思ってしまいました。スキーのことがまったくわからない私にでもできる、最低限の手入れ方法・必要なものなどをアドバイスしていただけないでしょうか?
(子供たちのは2~3年使えればいいのですが、主人の分は長く使ってほしいです。)

それから、オフシーズンの保管方法ですが、屋外の倉庫に入れていてもいいのでしょうか?
室内の納戸や、ベッドの下等がいいのでしょうか?

ついでに・・・
現1歳半の娘、今はソリ専門ですが、いつ頃スキーデビューできますか?
よく売ってるプラスチック製の板って、どうなんでしょう?
初めから、ちゃんとしたスキー板をはかせて練習させた方がいいのでしょうか?
プラスチックでも、ゆるい傾斜で慣れる程度なら問題ないのでしょうか?


スキーに詳しい方、または同じような状況を経験された方など、たくさんのアドバイスをお願いいたします。m(__)m

今年、子供たちがスキーデビューしました。(小2と小1)
最初は1日スクールに入れて、2回目は緩やかな傾斜とムービングのあるゲレンデ(?)で練習。
どちらもレンタルを使用しました。
子供たちもとても楽しくなってきたようですが、レンタル代が高く、頻繁に連れて行くのは経済的に・・・(-_-;)
ということで、思い切って、購入しちゃったのですが・・・

手入れの仕方がわかりません。
ちなみに、私自身は膝が悪いため、スキーのことは全然わかりません。
どなたかアドバイスをお願いします。m(__)m


子供たち...続きを読む

Aベストアンサー

年に4、5回、2、3年の使用であればそれほど気にしなくても大丈夫かと思います。
子供用の安価なスキー板でしたら雪上で滑らせて引っ掛かるようなキズが滑走面に無ければまず大丈夫だと思われます。
滑りに行く前日あるいは現地に着いたときにスプレーワックスを塗れば子供の滑走距離なら大丈夫でしょう
リフトに何度も乗り、頂上から麓まで何度も滑り降りるとなると別ですが

大まかな説明になりますがアイロンを用いるホットワックスは作業するさいに固体のワックスを熱で液体としてそれをスキーの滑走面に垂らし、それをさらにアイロンで伸ばしつつ染み込ませその後冷ましてからスクレイパーと呼ばれるプラスチックの板で剥がすことが一連の流れです。他にもありますが、メインとなるのはこの作業です。
しかしこの作業は物凄く汚れるので車庫や物置などの作業で汚れても掃除しやすい環境がないとオススメできません。

具体的には溶かしたワックスがスキー板意外の場所に垂れる→すぐに固体化して固まり剥がす手間がかかる
スクレイパーで冷ましたワックスを剥がす際に、削りカスが出る。削りカスは軽いためくしゃみ程度でも舞います

他にも注意することがありますが、ホットワックスをかけることはスキー板の扱いに慣れていないと怪我や事故を招く恐れがあります。
スキー板のエッジは刃であり、鋭いため皮膚に強く擦れば簡単に切れてしまいます。
またアイロンはもちろん溶けたワックスも高熱です。
小さいお子さんがいる家庭での作業はオススメしません。

お父さんのスキー板についてはアルペン、または近くのスキーショップ、チューンナップショップなどに問い合わせてみるのがいいでしょう。
シーズン始まる前に滑るためのチューンナップ
シーズンが終わったら保管用のチューンナップ
と2回出すといいと思います。
チューンナップの種類にもよりますが、エッジの再調整、滑走面の修復、シーズン通してのためのベースワックスの浸透、最後に輸送の際に傷つかないようにするための保護ワックスを厚塗りしてくれます。
最後の保護ワックスは滑る前に自分の手でスクレイパーで剥がさないとスキーは全く滑らないです。
またビンディング、バインディングと呼ばれる部位の解放値は個人では調整してはダメ、というか手を加えた時点でPL法がどうのこうので自己責任となるという話を聞いたことがあります。
調整自体は大きめのマイナスドライバーがあれば簡単にすることが出来ますが、不安であれば購入したお店に持ち込みしましょう。
相談すれば無料でやってもらえるとは思います。

最後になりますが、自分ですべてやる場合にオススメの道具を紹介します。
メーカーはどこでもそこまで違いないと思いますがTOKO、SWIX、ホルメンコール、ガリウムあたりがワックスの会社ではよく耳にします。
まずはホットワックス入門編という感じで、アイロン、ワックス、ワキシングペーパー、スクレイパー、etc…
が入ったものを買えば一通りのものは揃います。
専用のアイロンは平面部が広いので、スキー板全体を塗りやすいです。
あとあると便利なのが1cmくらいの太さの平ゴム
ホームセンターなどで売っています。これでスキー板のブレーキを押さえると作業しやすいです。

長くなりすみません。

年に4、5回、2、3年の使用であればそれほど気にしなくても大丈夫かと思います。
子供用の安価なスキー板でしたら雪上で滑らせて引っ掛かるようなキズが滑走面に無ければまず大丈夫だと思われます。
滑りに行く前日あるいは現地に着いたときにスプレーワックスを塗れば子供の滑走距離なら大丈夫でしょう
リフトに何度も乗り、頂上から麓まで何度も滑り降りるとなると別ですが

大まかな説明になりますがアイロンを用いるホットワックスは作業するさいに固体のワックスを熱で液体としてそれをスキーの滑走...続きを読む

Qワックスのかけ方教えて下さい。

今週末、スキーに行く為初めて自分で簡単なワックスをかけたのですが、どうも納得がいかずこちらで教えて頂ければと思い、質問させていただきました。
自分が行った行程は…まず、リムーバーで古いワックスを落として、先にスポンジの付いているスプレーワックスでワックスを全体的にのばして、乾ききらないうちに一度布で軽く拭き上げ、もう一度スプレーワックスを全体的にのばして乾かしコルクで磨きました。コルクの使い方がいまいち分からず、ただピカピカになればいいのでしょうか?
それから家族で使えるようにとショートスキーを購入し、こちらも同じようにワックスをかけたのですが、エッジ部分に保護の為か、ロウのようなワックスのようなものが、やや厚めに塗ってあるのですが、これは剥がしてしまったほうがいいのか、そのまま使用していいのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

元、競技スキーヤーです。
スプレーワックスはそんな感じで良いです。
コルクもこすってワックスが伸びれば結構です。
よく、熱がでるまでつよくこするといわれたりしますが、ワックスが浸透するほどの摩擦熱はでません。


スプレーは、塗らないよりマシですが
やはり、すぐにはげちゃいます。
一日もちません。
滑走性を持たせるにはホットワックスを
憶えるべきです。
スプレー式のワックスしか味わったことない人に
ホットワックスをかけてあげると
その滑り安さにびっくりします。

あと、素人はエッジを自分でヤスリをかけない方がいいです。まるくなってアイスバーンが滑れなくなります。上手い人に見てもらいながらやるべきです。
でもホットワックスはマニュアル通りにやれば
だれでもできます。

>これは剥がしてしまったほうがいいのか、そのまま使用していいのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

はがした方がすぐに雪にエッジがかかりやすいのでいいですが、ほっといても滑ってるうちに自然にとれちゃいますよ。

参考URL:http://www.swans.co.jp/holmenkol/ski_tuneup_04.htm#14

元、競技スキーヤーです。
スプレーワックスはそんな感じで良いです。
コルクもこすってワックスが伸びれば結構です。
よく、熱がでるまでつよくこするといわれたりしますが、ワックスが浸透するほどの摩擦熱はでません。


スプレーは、塗らないよりマシですが
やはり、すぐにはげちゃいます。
一日もちません。
滑走性を持たせるにはホットワックスを
憶えるべきです。
スプレー式のワックスしか味わったことない人に
ホットワックスをかけてあげると
その滑り安さにびっくりします。

あと、素...続きを読む

Qスキー中級レベルでチューンナップって関係あるのよ?

 よく板のチュ-ンナップっていうけど、上級者やレースに出る人はとにかく、2級も取れないような、年間滑走10日程度のゲレンデスキーヤーにどれくらい影響あるの?
 小学生の子供たちはポールをやるし、1-2年で板が変わるのでいいのですが、親の分まで手間暇とお金が回りませんし、高いチューンナップ代出すくらいなら3-4シーズンで親の板も買い換えた方がいいような気がします。Hotwaxはくらいは家でやっています。
 (単なるショップの回し者的発言はご遠慮下さいませ。)

Aベストアンサー

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、シュテムターンを練習している頃かと思いますが、手入れをしていないと足が揃わなくても、きちんと手入れをした板なら足を揃えて回れますよ。

★手入れの方法
シーズンが終わったら、水分を取って、滑走面のワックスをきれいに落します。(専用のスプレーもある)
傷や穴があったら、補修材で埋めておきます。
エッジと滑走面に専用のヤスリをかけておきます。
エッジにミシン油などを塗って、板を新聞紙にくるんで、重ねずに保管します。
シーズン初めの使用開始前に、保管の時に塗った油をきれいにふき取ります。
白のベースワックスをかけ、削って、コルクでよ~くおさえます。
後は、スキーに行く度に、その雪質にあったワックスをかけて滑ります。

ワックスは必ずコテで溶かしながら塗り、余分なワックスをスクイーパで限界まで薄く削り落として、コルクでなめらかになるまでおさえます。

それと、スキー板の寿命は、ベンドが半分くらいになった時です。
つまり、板を平らなところに置くと、真ん中が膨れ上がっていますよね?
そのバネ状のものが、使うとだんだんたるんできて、バネ力がなくなってきます。
そして半分くらいになったら限界です。
目安としては50日くらい使った時ですが、板の固さなどによっても違います。

また、エッジが必要なのは、中央と後だけですから、エッジを研ぐ時に、板の先端から1/3くらいは角をとって、エッジを丸くしておいた方がよいですよ。
回転がものすごくやりやすくなります。

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、...続きを読む

Qスキー板のシーズンオフの保存方法について

シーズンが終わって、店にチューンアップに出した板が帰ってきました。
そこで、保存方法なのですが、どうすればよいのでしょうか。現在2本の板をだき合わせした状態で、ビニールぶくろに入っています。
以前、新聞紙をはさんで保存するとよいとも教えていただいたのですが、どう置けばよいのかわかりません。
ワンルームなので、収納もせまいので、横置きがよいと言われると実は困ってしまうのですが・・・
とりあえず、保存方法を教えてください。

Aベストアンサー

解放値を緩めるときは、ビンディングの一番小さい数字まで緩めてください。

来シーズンのシーズンインの際、同じ値まで戻してもらっていいのですが、自分の適正値が7.0なら、シーズン始めの足慣らし期間(3~4日)は6.5くらいにして、その後7.0に合わせる事をお勧めします。

その他、気を付ける事は特にありませんが、こだわるなら、解放値を合わせる際、
つるまきバネを使用している精密部品と同様に、自分の適正値が7.0なら、
4ヶ所とも6.8→6.9→7.0と一定方向から合わせてください。
ある所は7.1→7.0、別の所は6.8→7.0としない方がいいです。
数値が増える方向でも、減る方向でもどちらでもいいので、同じ方向から合わせるように、自分の中で決めておいた方がいいです。

Qド素人とカービングスキーと、ロッカースキー。

スキーに行かなくなって、もう10年以上になります。当時、まだカービングスキーは無かったようにも思いますが、定かではありません。あまり上達とは程遠い状況で、止めてしまいましたが、今またスキーを始めようと思っています。また、すぐに辞めてしまう恐れもありますが、ヤフーオークション等で、手軽に買えそうなランクには、たくさんカービングスキーがあります。もう少し出せば、ロッカースキーと呼ばれる、スキー板も視野に入りますが、両方知っているのは呼び名だけ。ロッカースキーは知らなくて当たり前ですが、カービングスキーとは違い、ズラすと聞きます。昔から、切る、ズラすはよく聞きましたが、当方が会得しているとは思えません。しかしながら当時は、カービングスキーというのは、切れがあり、いかにも曲がりそうなイメージでしたが、今、web等を読むと、かえってそれが難しいともあります。と、言う事は、ズラすロッカースキーは、ひょつとして、昔のスキーしか知らないものには、良いのではないか?と思いますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

従来のキャンバースキーに対してロッカースキーが出てきました。
スキーの前後部分が逆に(雪面とは反対の上の方へ)反った形状になっています。
これによりエッジが引っかかったりせずに容易にターンができるということです。

昔カービングスキーが出た頃はワールドカップの選手は見向きもしませんでしたが、今やSLは全てカービングスキーです。

世の中はより簡単にできるように進むので、もうすぐカーブ&ロッカーの時代になると思いますよ。

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む


人気Q&Aランキング