会社の支店というのは、どの程度の権限があるのでしょうか?

具体的に言えば、海外(ケイマン)に本店があり、日本支店が存在する場合、
日本支店は匿名組合契約や、借入等の契約の当事者になることは可能でしょうか?

A 回答 (3件)

ケイマンというのは、タックスヘブン(税逃避国)として、有名な国名です。

この国に本拠があるような会社は本国で実体的に活動していない場合が多いので、慎重に取引をなされることを勧めます。
 商法で、外国会社が日本で取引をする場合は、外国会社登記が要求され、代表者は会社の営業に関する一切の行為をなすことが可能です(商479、78)。当然、いろいろな契約の当事者になることは他の国内企業と同じく可能です。しかし、外国の財産については、強制執行できませんので、何か、あった場合には、被害の回復には困難があります。このような会社と契約の場合は、代表者その他を連帯保証人にして、万が一に備える必要があります。この場合でも外国人なら、本国に帰ってしまえば、どうしようもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外国会社であっても、日本における支店が本社並に権限があることは初耳でした。
ありがとうございました。実はケイマンに本店を持つSPCを作り、東京支店を設けるのと、国内に株式会社をつくり、そこの株式をケイマンの会社に100%もたせるのとどちらが良いかを考えていたところでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/11 22:01

権限ということであれば、その会社の中で分掌事項を


どう決めているかが問題です。

単に名称が「支店」「支社」「営業所」「センター」とか
なっているかどうかで客観的に権限が異なるということは
ありません。

不動産業界における「本店」「従たる事務所」のように
位置づけが法令で定められている場合もありますが、この
場合でも名称は特に定めがありません。「本店」のことを
「本社」「本部」と呼んだり、「従たる事務所」のことを
「店」「営業所」「営業センター」など、自由になってい
ます。

また契約行為については、本来「法人」として有効に結ぶ
ためには「代表権をもつ者」が署記名・押印する必要が
あると考えるのが通常ですが、これも当事者間が良ければ
誰が署記名しても無効ということはありません。

法人が不動産を購入する場合などでも、「代表取締役」が
署記名せず「課長」とかでも善意の第三者には無効を主張
できません。
ただ逆に「間違いなく当社が契約したのだ」と主張したい
のであれば「代表権を持つ者」が契約したほうがいいとは
言えますが。

また借入の当事者になったりするときにも相手方が良けれ
ば誰でも通りますが、契約後に入金がされないなどの紛争
になった場合、ちゃんとしておいた方がいいとは言えます。
(この場合の「ちゃんとする」も法的な定義はないですが・・)

osap124でした。
    • good
    • 0

普通そのような場合、内部組織的には支店という事でも


現地法人を設立している物ではないでしょうか?
現地法人じゃないとしても、あくまで支店は事務作業を
するだけで支店が独立した法人ではないので契約自体は
法人とするので、支店と契約するわけではないように思
いますが。

この借用書、手が勝手にサインしたので私は知りません

てな訳にはいきませんよねぇ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q職務権限基準表を英語で

職務権限基準表を英語でなんというのでしょうか。

Aベストアンサー

tabuk1さん、こんにちは!

私の会社では Authoritiesと言っていますね。
それが表になっているのなら、
Table of authoritiesとか、
Authorities chartで良いのではないかと思いますが。

Q本店 支店 事務所

違いがよく分からないのですが
本店、支店は商業登記簿に
載った場合に使える言葉なのでしょうか。

主たる事務所や従たる事務所というのは
本店支店とはどう違うのか
イメージができません。

Aベストアンサー

本店、支店は、基本的に好きなように使うことが可能です。本店がいくつもある会社もありますよね(東京本店、大阪本店等)。

 一方、主たる事務所や従たる事務所というのは、法令上出てくることが多く、これは一定の基準で決まります。
 宅地建物取引業で言えば、経営上の根拠があるところ(登記上の本社)が主たる事務所として、それ以外の場所で、宅地建物取引業務を行う事務所があれば従たる事務所になります。
 この場合、登記されている支店であっても、宅地建物取引業を行わなければ、従たる事務所にはなりません。このあたりは、業務の実質で判断することになります。
 だから、同じ会社の支店・事務所でも、業務によって従たる事務所だったりそうでなかったりする可能性があります。

Q管理者権限を英語で(IT英語)

管理者権限がありません。と英語で表現するにはどういうのが適切でしょうか?

また、IT関連用語の英語を学べるサイトなど教えて頂けないでしょうか?ぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

administrative rightも一候補ですね。
http://vine-linux.ddo.jp/windows/domainremove.php

IT用語集 で検索すれば一杯ヒットします。
英/英サイトも参考にして下さい。
http://whatis.techtarget.com/

メーカーやベンダーのサイトにも用語集があります。

参考URL:http://yougo.ascii24.com/

Q既存の支店の管轄区域内への本店移転

既存の支店の管轄区域内への本店移転

お世話になっております。

会社の本店を、もともと支店の存在する管轄区域内へ移転した場合、旧本店宛の申請書と新本店宛の申請書を作成し、同時経由申請することまではわかりました。

しかし、もともと存在した支店宛に、さらに本店移転の申請をしなければいけないのか(新本店と支店の登記所が同じなのにさらに必要なのか)、それとも、その支店の登記は自動的に閉鎖されるのかが解りません。

どなたかお解かりになる方がおりましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>しかし、もともと存在した支店宛に、さらに本店移転の申請をしなければいけないのか(新本店と支店の登記所が同じなのにさらに必要なのか)、それとも、その支店の登記は自動的に閉鎖されるのかが解りません。

 支店の登記記録は、登記官が職権で閉鎖します。(商業登記規則第65条第4項)

Q管理者権限を英語で

管理者権限がありません。と英語で表現するにはどういうのが適切でしょうか?

また、IT関連用語の英語を学べるサイトなど教えて頂けないでしょうか?ぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

You have no privilege of the administrator.

「あなたはシステム管理者の特権を有しない」

こんな感じではどうでしょうか?

Q債権差押 第三債務者の宛名は銀行本店、支店?

色々調べましたが、意外と記載がないので質問します。


預金債権を差押する手続きの中で、「第三債務者の宛名を書いた封筒を作れ」とあるのですが、この宛名は第三債務者銀行の本店住所でしょうか?それとも口座があると思われる支店の住所を書くのでしょうか?


一応念のためにもう一点質問しますが、銀行の資格証明をあげると代表取締役の肩書の人が6人、7人といる場合があります。当事者目録に記載する際には、その中の任意の一名でいいのでしょうか???


色々済みません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「封筒を作れ」の封筒の宛先は支店です。
その債権差押命令の当事者目録には、本店所在地を記載し、その下に「送達場所」として支店所在地を記載します。
代表者が、6人おれば、その内の誰でもいいです。
その者を書く欄は、申立書の本店所在地のすぐ下です。その下に「送達場所」として支店です。

Q「業務分掌規程」、「職務権限規程」にあたる英語は?

上記規程を英文で作成したいと考えています。
それぞれに対応する英語訳は何になるのでしょうか。
また、それぞれの事例を集めた英文サイトあるいは書籍の
情報がありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

翻訳者です。

「業務分掌規程」:Policies of Dividing Duties
「職務権限規程」:Policies of Administrative Authority

でどうでしょう? 
「規程」(多くの条項で構成される)は、ほとんどの場合
"Rules and Regulations "と訳すことが多いようです。
が、
内容が限定的で条項が少ない場合は、一般的に「規程」ではなく
「規定」と書きますよね?
「業務分掌について」「職務権限について」とかなり内容が絞られて
いるようなので、これらは「規定」="policy"に近いと思います。

サイトや書籍については、すみませんが即答しかねます。

Q本人訴訟(両当事者訴訟代理人なし)で当事者尋問を裁判所の職権でやること

本人訴訟(両当事者訴訟代理人なし)で当事者尋問を裁判所の職権でやることに。


1主尋問    裁判所が原告に質問
2反対尋問   被告が原告に質問
3再主尋問


これで間違いないと思うのですが、
被告が相殺抗弁している場合どうなるのでしょうか?
相殺抗弁を当然、原告は否認したいわけですが、
1と2では原告は被告に質問できないようになってますが実務はどうなのでしょうか?


それとも
1´主尋問   裁判所が原告に質問、続いて被告に相殺抗弁事実の質問
2´反対尋問  被告が原告に質問、続いて原告が被告に相殺抗弁の質問


または
1
2
3
1  被告と原告入れ替わり
2      "
3


こんな感じでしょうか?

Aベストアンサー

両当事者に対し当事者尋問するということなら,ご質問文の一番最後のパターンで行われます。

片方の当事者しか当事者尋問しないなら,当事者尋問の対象になってない方に質問する機会はありません。

被告が相殺など何らかの抗弁を主張しているからといって,必ず当事者尋問を実施するわけではありません。他の証拠を総合して裁判官の必要性判断によるでしょう。

Q翻訳(日本語→英語)お願いいたします。

あるソフトウェアをインストールしました。
その結果をメーカーに英語で回答する必要があるのですが、
英語がまったくダメなため翻訳をお願いできればと思います。

--------------------------------
1)Administrator権限でのインストール ---> 問題なし
2)PC再起動 ---> 問題なし
3)"ソフトウェア"の起動 ---> 問題なし
4)ユーザ権限でのPC再起動 ---> 添付画像のエラー発生

エラーが表示されないようにしてください。
--------------------------------

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1. I installed the software with the administrator's permission. No problem, it worked.
2. I restarted my PC. No problem, it was successful.
3. I booted up the software. No problem. It started.
4. By right of the software user, I restarted my PC. Then the attached picture had an err.

I do not want to see the error message. How can I stop to it? Please help me.

以上でいかがでしょうか?

Q支配人の営業所廃止の登記・支店の廃止の登記について教えてください。具体

支配人の営業所廃止の登記・支店の廃止の登記について教えてください。具体例を挙げます。甲市の支店に置いたAを解任し、Bを同支店の支配人に選ぶ時でも、支店の廃止、支配人の営業所(もちろん支店と同じという前提です)は必要なのでしょうか?常識的に考えると、Bにとったら、同じ支店に支配人として、就職するのに、廃止されてしまうと、困るのではないでしょうか?

Aベストアンサー

株式会社の場合、支店を廃止するには、原則取締役又は取締役会の決議によらなければなりません。よって支配人Aを解任したからといって支店が廃止されることにはなりません。

支配人Aを解任して支配人B選任した場合

株式会社の本店の登記所に

登記の事由     支配人の代理権消滅
              支配人の選任

登記すべき事項   年月日支配人A解任
              支配人の氏名及び住所
               A県B市一丁目1番1号  B
              支配人を置いた営業所
               乙県甲市一丁目1番1号

といった登記を申請することになると思います。 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報