中村紘子さんのプロフィール紹介で、よく使われる
「ハロルド・ショーンバーグが“The Great Pianists”の中でアジア人として唯一その名をあげている」
なんて文があります。ご存知の方も多いと思いますが、この、ハロルド・ショーンバーグが書いた“The Great Pianists”つまり、『偉大なピアニスト(たち)』という本ですが、気になったので洋書では手に入れ、英語にはちょっと自信があったので、そのまま読んでいたのですが、文量がものすごいので、時間がかかっています。

おそらく、著名な本だとは思うのですが、日本語訳というのは出版されてないのでしょうか?
Amazonやヤフオクでも見つけられなかったのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

英語が読めるならそのまま原書をお読みになることをお勧めします。

翻訳がひどすぎます。頁を繰っても繰っても誤謬に継ぐ誤謬で、一通りの理路をたどることさえたぶん常人には無理です。名著の誉れ高い原作の持つさまざまな美質は一つとして伝わらないと云わざるを得ません。

訳者たち(中河原理と矢島繁良)は日本語を知らず英語を知らず音楽を知らない。とくに音楽についての無知、不勉強には驚かされます。とくにひどいのは矢島で、この人は譜面さえ読めぬとしか思えない。とにかく両人ともに、楽譜をほぼ一切参照せぬままに翻訳作業を終えたことは疑い得ないところです。

タールベルクとかケージとか、そういうマイナーな人の楽譜を実見することは、昔のことではあるし、難しかったのかもしれないけれど、ショパンの革命についてこんな↓とんちんかんな訳文を作るとは一体どういう了見でしょう。

「激しさを表現するため、フリードマンは左手のアルペッジョを猛烈に速く弾く。そのため音符が同時に鳴るので、クライマックスの変ホ長調まで音符はスラーしている」

全体が馬鹿っぽいことになってますが、「変ホ長調」ってなんじゃそりゃあ、ですよね。これショパンの『革命』の演奏についてです。これはアルペッジョの頂点となる「変ホ音」に決まってるんで。明らかに矢島は意味が分からないまま訳してます。楽譜も見ず、フリードマンの録音も聞いていないから、ショーンバーグがここで何を伝えようとして熱弁をふるっているか、さっぱり分からない。もちろんここで著者が熱っぽく語っていることだって微塵も伝わりません。

あとは推して知るべし。やけくそか悪ふざけとしか思えない訳語の選択さえ見られます。「長年デュオを組んだ」とでも訳すべきところを「長年一緒に暮らした」なんてふうに。ピューニョとイザイ(超有名バイオリニストにしてものすごいデブ)のことですよ。ホモ関係にあったとでもいうのか!

中河原理はそれなりに名の通った音楽評論家で訳書も少なくないのに、これまた悲惨なものです。一例を挙げるなら、第六章にこんな一節があります。

「ちょうどエマヌエル・バッハが一七五〇年代のクラヴィーアの技巧を系統立てたように、クレメンティ以降の橋渡しのピアニストたちは、ピアノの技巧を集大成しようとした。しかしそれは栄光ある混乱と衝突を招来した。とはいえ、今日に到るまで、それがピアノ技巧にあっての法則なのである」

これは"glorious"の皮肉に気づかず、"rule"を直訳したために意味不明になっています。それぞれ「壮絶なる」「常態」と訳すべきところ。ピアノ演奏技術の実際について、著者と訳者の認識が正反対だからこんなふうになるのでしょう。原文ではピアノの弾き方には明確な規範がない、ということが繰り返し述べられているのに、訳者はまさかそんなことはないと頭から決めてかかっているからこういうちぐはぐで意味の通じない訳を作ってしまうのです。

ショーンバーグは翻訳に恵まれない人で、「グレート三部作」のほかの二編もひどい代物です。『大指揮者たち』はとっくに絶版、『大作曲家の生涯』は現役ですが、翻訳がやっつけ仕事で目を疑うような間違いだらけ、あまつさえ原稿のメモ書きがそのまま印刷に附されてしまっている部分があったりして溜息が出ます。それより何より、勝手に改行をとてつもない回数増やしているので読みにくくてしょうがない。

ショーンバーグの文体は平明さを大切にするもので、たいへん読みやすいものです。ちょっと荒っぽいところがあるのと、古いニューヨーク・タイムズ式の書き方を踏襲していて、すでにお気づきかどうか一人称単数の代名詞すなわち"I"を絶対に使わないという一大特徴がありますが。あれほど浩瀚な書物に一つも出てきませんから。いや、実を言うと一箇所だけ出てきます。著者本人を指すアイが。探してみてください。ああ、ここは使わざるを得ない、とニヤリとなさるかもわからない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか…

こういう本って確かに英語力以上に専門知識(この場合は音楽知識)が必要ですよね…。


ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/12/14 22:16

日本語訳の名前は「ピアノ音楽の巨匠たち」です。

青い色の本です。

http://www.78rpm.net/books.html

原書には写真がたくさん出ていますが、日本語訳本には写真が出ていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、今現在普通に店頭で手に入れることは不可能なようですね…。

ありがとうございました。助かりました。なんとかとりあえず手に入れてみたいと思います。

お礼日時:2006/12/14 22:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交響“曲”と交響“詩”、はては“管弦楽曲”の違いは何ですか?

こんにちは、お世話になります。このカテゴリーで幾度かお世話になりながら、
相変わらずクラシック音楽への取り組みに進歩の無い輩です。(苦笑)

最近、某国産自動車のCMに使われたことから、以下の2曲を好んで聴くようになりました。(笑)
○ドヴォルザーク 交響曲 ホ短調 作品95〔新世界より〕より第4楽章
※この曲は、今年の2月に“かの将軍様ご統治の国”でロリン・マゼール氏指揮による
ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の演奏でも話題になりましたが・・・
それから、もう1曲・・・
○スメタナ 連作交響詩〔わが祖国〕より第2曲:モルダウ

お二方のこの曲は、どう言う訳か、併記されることも多いようですが、それはさておき・・・

交響“曲”と交響“詩”の違いについて・・・
“交響曲”とは“多楽章”を用いて主に管弦楽によって演奏される大規模な楽曲、
(そのうちの少なくとも1つの楽章がソナタ形式であることが定義云々
などと言ったことは、当てはまらない事例も、まま有るとか・・・)
また、“交響詩”とは、文学的または絵画的内容をオーケストラで表現しようという音楽形式であり、
原則として“一楽章形式”のもので切れ目なく演奏される・・・との説明も多いようです。

たしかに、手持ちのCDの表記を見れば〔新世界より〕は4つの“楽章”に分かれていますし、
〔我が祖国〕は第1曲~第6曲の“パート”により成り立っていますが、
門外漢の輩としては、いずれも“オーケストラ演奏による名曲”として捉えてしまいます。(苦笑)
いずれも曲全編を通して聴いてみれば、一つのテーマ(曲名)に向けて、
言葉の違いこそあれど、それは叙情豊かな、かつ、壮大な演奏が繰り広げられるひとときであり、
また、心地よい空間、至福のひとときへのいざないでもあります。(笑)

また、そもそも“管弦楽”とは、オーケストラによる演奏そのものを指した言葉ではなかったか?・・・

交響“曲”と交響“詩”・・・“多楽章”と“複数のパートからなる一楽章”
はたまた“管弦楽曲”・・・何が違うの?とは門外漢ゆえの尽きぬ疑問、
申し訳ありませんが、よろしければお教え下さい。(苦笑)

なにぶん、持つ語彙の貧弱さゆえ、たいしたお礼も出来ませんし、
申し訳ありませんが、個人的都合により、お礼は遅れ気味になります。
どうか悪しからず、ご了承願います。それでは、宜しくお願い致します。

こんにちは、お世話になります。このカテゴリーで幾度かお世話になりながら、
相変わらずクラシック音楽への取り組みに進歩の無い輩です。(苦笑)

最近、某国産自動車のCMに使われたことから、以下の2曲を好んで聴くようになりました。(笑)
○ドヴォルザーク 交響曲 ホ短調 作品95〔新世界より〕より第4楽章
※この曲は、今年の2月に“かの将軍様ご統治の国”でロリン・マゼール氏指揮による
ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の演奏でも話題になりましたが・・・
それから、もう1曲・・・
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
すごい長文ですが,お許しくださいませ(笑)

基本的には,

☆交響曲
ソナタ形式を(普通は第1楽章に)もつ多楽章(普通は4楽章)形式の楽曲
19世紀後半以降にあらわれる例外のことはとりあえず除くと,交響曲と呼ばれるために最も重要な条件は「ソナタ形式の楽章を含むこと」です。第2楽章以降にもだいたいのお約束はあります。

☆交響詩
形式については特に決まりのない管弦楽による標題音楽
交響曲の発生からかなりあとの時代にできあがったもので,形式にはあまりこだわらず書きたいことを自由に書けばいいじゃないか,という感じでできあがったものだと理解しています。
(交響曲の中にも,ベートーヴェンの「田園」やベルリオーズの「幻想交響曲」など,交響詩へ進みそうな例外はかなり前からありましたが)

☆管弦楽曲
曲のタイトルの中に「管弦楽曲」とつくものは私の知る限りないと思います。
ジャンル分けのための便宜上の名称で,単純に,管弦楽で演奏される楽曲ということでしょうか。CD屋さんでは,交響曲あるいは協奏曲と名前のついていないオーケストラのための作品がこうやってまとめて分類されていることが多いようですね。
(どの楽器が入っていて,何人以上いたら管弦楽か,というのは,厳密な決まりはないようです。個人的には,複数種類の弦楽器と複数種類の管楽器が入っていて,ヴァイオリンのパートをひとパートあたり複数人数で演奏していれば,まあ管弦楽と言ってもよかろうとは思っています)


<ここから先は個人的な憶測がほとんどですのでご了承ください>
誤解をおそれずに言ってしまえば,18世紀末くらいまでの交響曲は,「美しく均整のとれた形式」を作ることが目的だったとしてしまっても,大きく間違ってはいないと思います。

ところが,19世紀にベートーヴェンという人があらわれまして,「大事なのは美しい形式ではなくてオレ様のこの熱いハートを表現することである!」・・・と言い出しました(すいません,変な口調で・・・^^;)。そうして出来上がったのが交響曲第3番「英雄」であり,ここが実質的なロマン派音楽の誕生とされています。

このとき,交響曲に対して,最初にあげた形式としての定義に加え,内容としての定義がベートーヴェンによって加えられたことになります。つまり,

「交響曲とは作曲家が自分の思いのたけをありったけぶちまけるための最も偉大な楽曲形式である」

ということです。ハイドンやモーツアルトの時代でどうだったかは分かりませんが,ベートーヴェンによって,交響曲というジャンルは他のジャンルから一歩抜け出た特権を与えられたような形になりました。(だから,ベートーヴェン以降の作曲家は軽い気持ちで交響曲が書けなくなってしまった)

私の個人的な印象では,19世紀中盤~後半以降の交響曲という名前は,作曲家がその作品に相当の覚悟を持って取り組んだのだ,というサインであるようにも思っています。
その上でどの程度古典的な様式に敬意を払うかは作曲家次第,という感じでしょうか。(古典的な形式を尊重したブラームスやドヴォルザークやチャイコフスキー,どこまでも形式が肥大化するブルックナーやマーラー,むしろ凝縮への道をたどったシベリウス,作曲家として「生き残る(文字通りの意味で)」ために形式という仮面をかぶったショスタコーヴィチ,などなど)
ただし,やはり「ソナタ形式」は,ほとんど残骸となっていても,ほとんどの交響曲の中ではしぶとく生き残っているものと思われます。


私の現段階での見解は,
 交響曲⇒「作曲家の覚悟とソナタ形式」
 交響詩⇒「特定の形式のない標題音楽」
です。

---
実際には,たぶん,

「作曲家がそう名づけたらそうである」

なんですけどね(爆)

こんにちは。
すごい長文ですが,お許しくださいませ(笑)

基本的には,

☆交響曲
ソナタ形式を(普通は第1楽章に)もつ多楽章(普通は4楽章)形式の楽曲
19世紀後半以降にあらわれる例外のことはとりあえず除くと,交響曲と呼ばれるために最も重要な条件は「ソナタ形式の楽章を含むこと」です。第2楽章以降にもだいたいのお約束はあります。

☆交響詩
形式については特に決まりのない管弦楽による標題音楽
交響曲の発生からかなりあとの時代にできあがったもので,形式にはあまりこだわらず書きたい...続きを読む

Q中村紘子と伊藤恵の挑戦?

大変お世話になった人生の大先輩(同時に無二のクラシックファン)から下記のようなおしゃれなハガキが届きました。いつも音楽にまつわる謎解きが盛られているのですが、今回ばかりは回答が思いつきません。どなたか「あんなコワイことって何か」そっと教えて下さい。//「ショパンもシューマンも生誕200年とか....いずれにしても伊藤恵も中村紘子もどうしてあんなコワイことを考えるのでしょうね?」//

Aベストアンサー

詳しいことはわかりません。単なる想像です。ネットで調べればわかると思います。
たとえば伊藤恵が1年のうちにシューマンのピアノ曲のすべてを演奏する計画をたてている、というような、途方もないプランのことではないでしょうか。

Q偉大な作曲家

バッハ、ベートーベン、モーツァルト・・・などのような歴史的な偉大な作曲家は
もう現代には現れる事はないのでしょうか?

Aベストアンサー

「偉大な作曲家」って、きっと、歴史を経てもなお「普遍性」が失われない作品を書いて、
後の世の人も世界中で作品を聴くような、そんな作曲家のことですよね。
あまりにも人間の本質を描ききっているので、民族とか時代を超えて人の心に届くことができるような。

いまの世の中は、世界中のしくみ(もちろん音楽も含めて)がとっても商業的になっていて、作曲家といえどもすぐ大衆に売れる音楽を書かなきゃいけない時代ですよね。
また、バッハやベートーヴェンの時代と違って、なんでも簡単に科学で説明することができるようになった時代、情報が溢れていて何でもどこかから答えがすぐもたらされる時代なので、
その時代に生まれ育った人には、そこまで音楽を深く深く描ききらなくては生きていけないというような強烈な表現のモチベーションは生まれにくいかもしれません。

200年、300年後も万人が聴いているような曲を書く作曲家を生み出すには、なんだかもう世界のスピードが上がりすぎちゃったのかもしれないなぁ…という気がします。

でもそんな世界のしくみとは無関係に「今まで想像すらできなかったような音楽」をかきまくる人が、神様のいたずらでこの世に出現しないとも限らないですね。
そんな作品を聴いてみたい気持ちはたしかにあります。

「偉大な作曲家」って、きっと、歴史を経てもなお「普遍性」が失われない作品を書いて、
後の世の人も世界中で作品を聴くような、そんな作曲家のことですよね。
あまりにも人間の本質を描ききっているので、民族とか時代を超えて人の心に届くことができるような。

いまの世の中は、世界中のしくみ(もちろん音楽も含めて)がとっても商業的になっていて、作曲家といえどもすぐ大衆に売れる音楽を書かなきゃいけない時代ですよね。
また、バッハやベートーヴェンの時代と違って、なんでも簡単に科学で説明す...続きを読む

Q戦場のピアニストで

戦場のピアニストという映画で、
主人公が目を覚ましたときドロタがチェロ?で弾いてた曲は何という曲ですか?
お願いします。

Aベストアンサー

http://www.voiceblog.jp/andotowa/362204.html
これでしょうか?

バッハ 無伴奏チェロ組曲一番ト長調

違ってたらすみません。

Qこのピアニスト誰でしたっけ!?

もう、おばあちゃんのピアニストで、外国の人です(フジ子・ヘミングさんではありません)。以前、CDショップの店頭で見てそれっきりでして、確か、彼女の全てのCDが2枚組みで、なおかつライブ録音でした。その時で、3枚、4枚くらい出ていたでしょうか。
何か日本のドキュメンタリー番組にも出たそうで、その時の映像が流れてました。

その時は持ち合わせがなく(2枚組みのため4200円くらいと普通よりも高かった記憶があります)あとでネットで買えばいいや、と思ってたらAmazonではヒットしなかったと記憶してます。
そのため、そのレコード会社のホームページか店頭であるときに買わないとダメなのかな…と思って今にいたってます(汗)

どなたかこれだけの情報でこのピアニストだ!っておわかりになるかた、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

ルース・スレンチェンスカ
Ruth Slenczynska 1925~

かな??

ラフマニノフの弟子だったときいたことがあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報