平安京の羅城門・朱雀門、神泉苑は、異界に通じる場所だと聞きました。出雲や熊野にも黄泉に通じる穴があるといいます。みなさんの住んでいらっしゃるところに「異界に通じる場所」と言われているところがあれば教えてください。井戸・辻など小さな場所でもかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

やはり京都、奈良は古代から開けていた土地ですから色々と摩訶不思議な現象が起きる伝説があります。


あとは九州だとか・・・邪馬台国のある地として有名ですね。
日本神話の高天原はじつは北九州が舞台で、八百万の神々はその地を支配していた豪族や王などが元になったという説があります。
(あんまり関係ないかな?)(^^;)
鎌倉も見逃せない魔界都市です。
北、東、西の三方を山に囲まれ、気が留まり易い地形です。
東京も(と言うか江戸)も風水を基に家康が創りました。
    • good
    • 0

実際に訪れたことはないのですが、北海道上川郡比布にある“オマンルパロ”


と呼ばれている洞窟があるそうです。オマンルパロとはアイヌの人々の言葉で
「あの世に行く道の入口」という意味だそうで、アイヌの人々は近寄らなかった
といいます。
石狩川に突き出した山鼻にあり、石灰岩の採掘のときに発見されたらしく、
現在は本来の入り口から十数メートルほど掘り崩されいるそうです。
以下のような伝説があるそうです、ご参考までに・・・
その昔、二人の老人が狩りに来て、この付近で獲物を見失なった。そうこう
していると、この洞窟から一匹のムジナが出て来た、そして、その後を追う
ように一人の男が出てきたが、日の光を見ると慌てて洞窟の中に戻っていった。
不思議に思った二人の老人は、その男の後を追った、穴は次第に暗く狭くなり、
やがて突然広くて明るい所に出た。そこには山も川もある普通の村で、
たくさんの人々が暮らしていた、しかし、村の人々には老人たちの姿が見え
ないようだった。
狩りに連れてきていた犬があまりに吼えるので老人たちは帰ることにした。
ところが何かやたらと重い、よく見ると服のすそに死人がしがみついている
ではないか、老人は必死にそれを振り払い、ようやく外に出ることが出来た。
そして、一人の老人は良い所だったといい、もう一人の老人は嫌な所だった
言った。それから間も無く、良い所だったといった老人は死に、嫌な所だと
言った老人は長生きしたということです。
    • good
    • 0

大分県日田市刃連町の 鬼塚 にある、古井戸

    • good
    • 0

tootiさんの言われている神社は多分六道珍王寺だと思います。

珍王寺は小野タカムラ(ゴメンナサイ漢字が出ませんでした)冥府通いをしたという伝説のあるお寺で、京都市東山区にあります。場所は清水道というバス停から歩いて5分くらいのところで井戸は裏庭に現存するらしいのですが、裏庭に入る入り口が見つけられなかったので、見れるかどうかは疑問が残るところです。
 タカムラは昼はまじめな官吏だったが、夜には冥界に赴き閻魔大王の忠実な役人になったという伝説を持っています。ちなみに冥府通いの井戸は二つあり、ここのものは往きに通った物だという事で、還りの井戸は後の南朝系の天皇の本拠地(?)になった大覚寺の門前に明治まで在ったという福生寺の境内にあったとかでそのお寺は清涼寺山内の薬師寺と合併されて今はないそうですが、井戸の伝説は薬師寺に受け継がれているそうです。
 この還りの井戸は「生の井戸」とも呼ばれているとかで、1つの井戸の周りに左右3つずつの井戸があり合計7つもの井戸があるそうです。そのうちの6つは、六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上)に繋がるらしいのですが、後の1つは謎だとか。なおこの記述は梅原猛氏の「京都発見」という本によるものなので興味があったら読んでみてください。
 その他にも、昔の人は逢魔が辻という言葉が残るのでも判るように辻なんかも異界に通じる場所という考えがあったようです。あと丘陵のてっぺんや橋などの新たな視界の開けるところや岸をつなぐようなところも異界に通じると考えられていたらしく、それはもうありとあらゆる場所はいつそういった世界に入り込んでも不思議ではなかったらしい。古の時代には此岸と彼岸の距離は今よりもずっと短かったのですね。
    • good
    • 0

回答遅れてゴメンナサイ!その友達と話す機会がなくて…


聞いたらその子も人から聞いた話らしくわからないとか…
本当にお役に立てなくて申し訳ない!!(><)
京都のことならわかるんだけど、奈良は勉強不足です。そうそう、もうご存知かもしれませんが小野篁(おののたかむら)という有能な役人は、昼は朝廷で、夜はあの世で働いていたそうです。そして彼があの世に行くために使った井戸が京都の右京区にある(あった?)そうなんですよ。
平安時代では悪霊や疫病は道からやってくると考えられていたみたい。今でも鞍馬口などのように最後に口(ぐち)とつく通りがその名残です。言わずと知れた六地蔵巡りのお寺はその守護にあたってるんですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 う~ん、なんとも残念です。また、機会があれば、お願いします。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/11 09:51

私は京都人なんですが、京都は異界だらけですよ~。

平安京の異界ゾーンといえば、なんといっても比叡山延暦寺!ご存知の事と思いますが、平安遷都にあたり宮中の丑寅の方角(=鬼門)に造られたのがこのお寺。つまり正真正銘の「異界に通じる場所」になるんでしょうね。
また友達に聞いた話では、奈良でバイクに乗っているとトンネル前で首を絞められるらしい。あと学校では神隠しに良く遇うそう。奈良の方!どうなんですかー?
再び京都に戻ると、貴船神社や伏見稲荷大社なども。なんかあまりお役に立てませんで…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 中でも、京都よりも古い都の奈良に異界に通じる場所があることにとても興味を持ちました。さしつかえなければ、「神隠しによく遭う」という学校の名前、無理なら、だいたいの場所を教えていただけませんか。
 お願いします。

お礼日時:2001/01/30 10:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラストをネットから使用した本を刊行する場合、広報や教科書や著者不明のネットのイラストは無料ですか。

無料でネットのイラストを本に小さくのせて発行したいです。どのような問題が起こるでしょうか。
広報のイラストの場合は無料でしょうか。
教科書のイラストは どうでしょうか。
イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。

Aベストアンサー

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め、回収指示、著作物の機会損失金銭被害請求、慰謝料の請求など。
ようは泥棒です。

>広報のイラストの場合は無料でしょうか。
有料。頒布範囲が無制限なので高いです。利用料の計算は基本、利用料☓複製枚数。
>教科書のイラストは どうでしょうか。
有料。著作権の買い上げが必要。そうしないと教科書として採用されません。
>イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
金で解決すると思うなよ。他にも権利保有者がいるのです。
>イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。
許諾のとりようがないので、あなたの発行物は著作権侵害の汚名を拭えない窃盗剽窃物。
それはあなたに権利がない事と同様になります。

再度書きます。著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。
他人の褌で相撲を取るな。

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め...続きを読む

Q平安京の朱雀大路と東大宮大路について

平安京の道路で、朱雀大路と東大宮大路があると地図で見たのですが、朱雀大路は、現在の京都市を南北に走る千本通、東大宮大路は大宮通と同じと解釈してよろしいのでしょうか?大また、大宮大路というのはなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

朱雀大路≒千本通
東大宮大路≒大宮通
であります。
≒なのは、古代の都市計画による道路が、その後古代の衰退により、必要な道路だけ必要な幅で残った状況になります。平安末期段階で、すでに、六波羅という、平安京の外が繁栄したというような時代もあり、戦国末期の段階で、平安京自体も、上京と下京の二つの街に分離していました。
それを、秀吉が再構築したのが、現代の京都の原型となります。

町自体が東に移動していたために、センター軸が朱雀大路から東大宮大路に移動、西大宮大路は無くなっていたということになります。

Q無料のイラスト

よろしくおねがいします。

介護保険にまつわる、文書(リーフレット)を作成するところです。

おじいさん、おばあさん、介護スタッフ、家など図式化する際、わかりやすくするためにイラストを、と思っているのですが、なかなか無料でイラストを提供してくれるサイトがないようなのです。

もし、どこかご存知のサイトがございましたら教えて頂けたら幸いです。

イラストの素材集なども購入も考えたのですが、経費の都合上、出来たら無料で、を図々しいのですが考えております。

Aベストアンサー

ご希望のイラストがあるかどうか、わかりませんが・・・・・・
http://www.printout.jp/clipart/
かなり自由に使わせていただけるようです↓。
http://www.printout.jp/form/help/help_top.html

Q何時代の人とまで会話が通じる?

 私たちは会話で何時代の人とまで通じるでしょうか。
 幕末生まれの人と話した経験から推測すると、同じ地域の人であれば、江戸時代の最初くらいまでは通じると思いますが、あまり先の時代になると見当がつきません。
 古い時代の話し言葉の資料があれば、判断しやすいと思いますが、どれくらい先まで行けるでしょうか?

Aベストアンサー

タイムマシンに乗って昔の時代に行ったらどれくらい話が通じるのか、なんか夢があっていいですね。
明治時代以前の口語史料が残っていないと書かれている方がおられますが、とんでもないことです。口語史料はいろいろ残っています。詳しくは、橋本進吉『国語学概論』7 口語の變遷 を参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/hasi/hasi7.htm
このHPでも紹介されていますが、キリシタン時代の史料にはローマ字で記載されているものがたくさんあり当時のほぼ正確な発音がわかって貴重です。
 中でも、1593年に出版されたローマ字版イソップ物語をちょっと読んでみましょう。
ESOPONO FABVLAS
http://www.geocities.co.jp/bookend/9563/Esopo/esopo/mocurocu.html
この中の、「からすと、きつねの こと」を取り上げます。
http://www.geocities.co.jp/bookend/9563/Esopo/esopo/esopo450.html
この部分のローマ字を現代のカナ表記に直すと次のようになります。
      「からすと、きつねの こと」
  あるとき からす しょくを もとめえて、きの うえに
やすみ いるに、 きつねも しょくを もとむれども、
えいで ふぁしぇかえるとて、 からすの ふくんで いる しし-
むらを みて、 うらやましゅー おもい、なんとぞして これ
を たぶらかいて とらばやと たくんだが、からすの いた きの
もとに いってゆーたわ 「いかに しょちょーの なかの すぐれ-
て けたかい からすどの、ごふぇんの つばさの くろー かか
やくわ、 こんれおーの ぎょいか? またわ にしきか?
   どうですか? 当時の口語はだいたいこんなものです。
 この頃は、「はひふへほ」が「ふぁふぃふふぇふぉ」でした。まあ、これも慣れればかなりわかるのでは? 昔と現代では、通じない単語もたくさんありますが、基本語彙はかなり通じます。ゆっくり話せばなんとか話が通じそうです。 
 平安朝の日本語の発音については、金田一春彦博士の『朗読 源氏物語-平安朝日本語復元による試み-』(一九八六 大修館書店)があります。たしか、録音テープも制作されていたと思うのですが、聞いてもあまりわからなさそうです。平家物語の方ならかなりわかりそうなのですが。結局、鎌倉時代くらいまでならなんとか意思の疎通ができそうに思うのですが。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/bookend/9563/Esopo/esopo/esopo450.html

タイムマシンに乗って昔の時代に行ったらどれくらい話が通じるのか、なんか夢があっていいですね。
明治時代以前の口語史料が残っていないと書かれている方がおられますが、とんでもないことです。口語史料はいろいろ残っています。詳しくは、橋本進吉『国語学概論』7 口語の變遷 を参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/hasi/hasi7.htm
このHPでも紹介されていますが、キリシタン時代の史料にはローマ字で記載されているものがたくさんあり当時のほぼ正確な発音がわかって貴重です。
 ...続きを読む

Q無料で入手出来るイラスト

イベントの案内文のイラストに困っています。
白黒のイラストで無料で入手出来るサイトを教えてください。

リソグラフを使用して印刷する予定なので、
カラーイラストだときれいに写りません。
イラスト集も使い古された物が多く 新しさに欠けます

他に何か良い方法があったら、あわせてお願いします。

Aベストアンサー

「フリー素材」でネット検索すれば、イヤと言うほど出てきます。
イベントの種類(秋祭り、運動会、美化運動、文化祭、写真展、バザーなど絵柄が違います)、印刷したい大きさ(パンフレット、大きなポスター、はがきなど)などによって、欲しい絵柄は違うでしょうから、ここが良いとは言えませんが、探して見てください。

モノクロ素材を探すのは難しいでしょうから、画像処理ソフトでモノクロ変換することをお薦めします。
私はそうしていますよ。
カラーの素材を入手して、単色変換したり、複数の素材や風景を重ね合わせて使っています。

ひとつだけサイトを紹介しましょう。
ヒサゴ伝票(株)の「テンプレートバンク」です。

参考URL:http://www.templatebank.com/

Qいつの時代まで言葉が通じるのか?

言葉というものは時代の中で変化するものです。
平安時代ごろは現代と母音の数すら違っていたと聞きます。
ましてや縄文時代や弥生時代なら現代人からすれば全く別の言語でしょう。
では現代人がまず支障なく日常会話で意思疎通が可能なのは、何時代くらいからになるのでしょうか?
もちろん地域によっても違うでしょうが。

Aベストアンサー

日常会話でしたら、江戸時代後期の町人とは楽に通じるはずです。というのは、江戸末期に生まれ(1839年)明治時代に活躍した落語家三遊亭円朝の落語の口述速記録が残っていますが、これを読むと、ほとんど現代の言葉と変わらないことが分かるからです。
もちろん、お互いの「常識」が違いますから、行き違いは出るでしょうけれど、それは言葉の問題ではありませんから。

そのようにして、口語を記録した古文書を調べていくと、室町末期の日本人となら、お互いに何とか「簡単な日常会話」ができそうです。この頃は、キリスト教の宣教師が来日し、布教のために日本語、しかも口語を学習していました。彼らの日本語出版物(伊曽保物語など)や作った辞書(日葡辞書など)を読んでみると、もちろん今とは発音も単語の意味もずいぶん違いますが、基本的な語彙や使い方はそれほど変わりません。

例えば「「さればこそ まがいもない あれが 取って 食らうた もの ぢゃ、それ 打擲(ちゃうちゃく) せい」(やはり、まちがいない。あいつが取って食べたのだ。それ殴ってやれ)なんていう感じです。

また、この時代には狂言が成立しています。狂言は能と異なり、日常会話に用いる口語がたくさん使われています。台本の成立は室町末期から江戸初期が大半です。
「某(それがし)、訴訟のことござって、三年(みとせ)以前、西国へ下ってござるが、訴訟、思いのままに叶うてござるによって、このたび都へ上ろうと存ずる」(鈍太郎)と言われれば、何となく意味は分かるでしょう?
これを読めば(聞けば)ある程度意味は分かりますから、まぁ、江戸初期の人とは簡単な会話ができるだろうと思います。

日常会話でしたら、江戸時代後期の町人とは楽に通じるはずです。というのは、江戸末期に生まれ(1839年)明治時代に活躍した落語家三遊亭円朝の落語の口述速記録が残っていますが、これを読むと、ほとんど現代の言葉と変わらないことが分かるからです。
もちろん、お互いの「常識」が違いますから、行き違いは出るでしょうけれど、それは言葉の問題ではありませんから。

そのようにして、口語を記録した古文書を調べていくと、室町末期の日本人となら、お互いに何とか「簡単な日常会話」ができそうです。この...続きを読む

Qイラスト無料ありますか?

龍のイラストの無料ありますか?
大きく 引き伸ばしたいのです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

検索エンジンを使って
「龍 無料 イラスト」などで検索をしてみたらどうでしょうか?

Q現代の標準語は戦国時代の人に通じるか?

例えば仮に日本の戦国時代にタイムマシーンでワープしたとします。
そこでそこら辺の通行人に、現在の標準語で話しかけて、会話したとします。
そしたら、相手に日本語は通じるのでしょうか?マジ、パネェ、ガチで、とかの完全な現代語は話さないとして。
例えば、
「今日はいい天気ですね」 「そうですね、昨日は雨だったけど、晴れてよかったなぁ」
とかまともに会話できるんでしょうか?

Aベストアンサー

 ANo.3さんご紹介の録音は私たちの話し方と変わりませんね。

 質問は戦国時代ですね。
 その時代の発音や話し方を研究している人もいますよ。ある大学の教授ですが。
 その方は読経を材料にしています。そのほか国語学では何人かいますが、個人的に存じ上げていません。
 あと参考までにいうと、幕末の志士などは無論、剣術道場と言う議論の施設や場で長く居る人は通じ合えたが、そうでない人は通じなかったそうです。
 だから謡曲的に話し合ったそうです。
 山岡鉄太郎と西郷さんの会見はどんなだったでしょうね。まぁどちらも世間の広い人で、西郷さんも江戸に居た経験も豊富ですから。

 今も、近所の青森出身の方が郷里の方と話している内容は全くわかりません。日本語ではないような気にさえなります。

 ご近所のいろは四十八組の一番筒先の方に小学校の時に可愛がられました。
 お尻の割れ目とおちんちんを残して青と赤の彫り物(刺青は罪人にするもの)が鮮やかで、銭湯なんかうめていると、金魚がおよいでいらい。なんていってと水道を停めてしまう。
 舌使いや発音が違うので、同じことばでも慣れないとわからない。
 それが江戸職人のことばかもしれません。江戸の範囲も年々変わりましたが、地域と職業で言葉は全く違っていたのですね。

 戦災で浅草聖天町から隅田川や荒川などの川を越えたところにきて、子ども達の話し方はずいぶん違いました。
 無論気風も違います。
 学校に誘い合う呼び方だって、全く違う。
 ことばの変化は激しいものですね。戦国時代の日常言語の社会は私たちは入れないでしょう。
 古典の高座や芸能では何か偲べるでしょう。
 敗戦終戦後の映画を見ますと、昔の話し方が聞けてとても懐かしいですね。
 昔の世界、人間関係、そして生活が伝わってきます。

 ANo.3さんご紹介の録音は私たちの話し方と変わりませんね。

 質問は戦国時代ですね。
 その時代の発音や話し方を研究している人もいますよ。ある大学の教授ですが。
 その方は読経を材料にしています。そのほか国語学では何人かいますが、個人的に存じ上げていません。
 あと参考までにいうと、幕末の志士などは無論、剣術道場と言う議論の施設や場で長く居る人は通じ合えたが、そうでない人は通じなかったそうです。
 だから謡曲的に話し合ったそうです。
 山岡鉄太郎と西郷さんの会見はどんなだったで...続きを読む

Qホームページから無料で貰えるイラスト又はキャラクターなどはありますか?

ホームページから無料で貰えるイラスト又はキャラクターなどはありますか?

Aベストアンサー

そういったものは素材専門のサイトにありますので
そういうサイトを巡回してみてはいかがでしょうか?

Q【中世】二条城の南側の道は三条坊門小路(現・御池通り)です。坊門は条の

【中世】二条城の南側の道は三条坊門小路(現・御池通り)です。坊門は条の真ん中だとすると、二条城のあるところは三条なのでしょうか?

今の二条城や、同じく三条坊門小路沿いの信長・秀吉の二条城は、三条ではないのでしょうか?

中世の京都の二条と三条の範囲がよくわかりません。中世の条はどういう範囲のことなのでしょうか?

Aベストアンサー

先の答えは、条里制 → 条坊制の流れと矛盾します。
大通りに囲まれた区画を「坊」、坊が横に続いて「条」
が正しいのです。

従い南北は、二条大路と三条大路に挟まれ、東西の端は
東京極大路、西京極大路である、細長い区画が「三条」
です。  以下「九条」まで同様。
ご指摘のように二条城の大部分は「三条」内です。

古語辞典の付図の「平安京条坊図」で、二条殿が「三条」
内にあります。   私はこれで錯覚しました。

「三条」内なのに二条城というわけは、
足利義満の屋敷が二条通りに面していて、二条城と呼ばれ
以降、将軍家の屋敷は二条通りに面していなくとも、
二条城と呼ばれたとあります。
信長が足利義昭のために建てた二条城も同じです。

二条殿は摂関家の二条家の邸宅なので、そう呼ばれました。
この跡が、義昭の二条城、織田信忠が明智光秀に討たれた
二条御所となります。

家康は別邸ですが将軍なので二条城と名付けました。








   

参考URL:http://homepage1.nifty.com/heiankyo/heian/heian03.html

先の答えは、条里制 → 条坊制の流れと矛盾します。
大通りに囲まれた区画を「坊」、坊が横に続いて「条」
が正しいのです。

従い南北は、二条大路と三条大路に挟まれ、東西の端は
東京極大路、西京極大路である、細長い区画が「三条」
です。  以下「九条」まで同様。
ご指摘のように二条城の大部分は「三条」内です。

古語辞典の付図の「平安京条坊図」で、二条殿が「三条」
内にあります。   私はこれで錯覚しました。

「三条」内なのに二条城というわけは、
足利義満の屋敷が二条通りに面していて、...続きを読む


人気Q&Aランキング