今日からはじめる健康美ライフの秘訣は?>>

歴史についていろいろと問題がありますが、韓国人と日韓の歴史について話し合い、相手を納得させられたことのある方はおられますか?やはり無理なんでしょうか?
また、他国の方は日韓の歴史についてどう思っておられるのでしょう?日韓の歴史について興味をもった外国人が書いた本や、サイトなどご存知の方おられましたらぜひ紹介してください(できれば英語の)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

もう、何も言うこと無しです。

皆が言い尽くしてくれてますね。この時代になっても、国に教え込まれた歴史を信じ、抗日運動する朝鮮人はいったいなんなんでしょう???おそらく何割かは、真実を知り愕然としているのでしょうが、今更口に出して言えないのでしょうね。言ったら同胞に袋叩きでしようから。韓国ご自慢の産業も心臓部は全て日本製です。それより、未だに真実を歪めている日本国内の勢力を何とかする事を考えましょう。61年前なら、非国民、売国奴の連中をね。
    • good
    • 0

前の方も書いておられますが、当時の朝鮮半島と日本の写真を見比べると


よくわかると思います。
この頃、過去の悲惨な時期の写真を出されると「それも日帝のせいだ!」
と言い張りますが、時期が合いません。
朝鮮半島の近代化は日本の力によるものです。
情緒的な反対論は「百害あって一利なし」ですので、聞くときはお気を付け下さい。
http://photo.jijisama.org/

参考URL:http://photo.jijisama.org/
    • good
    • 0

日韓で共通の歴史認識、なんてのが欺瞞そのものです。

だいたい朝鮮半島を近代化させたのは日本人の功績ですよ。

さらにペコペコと土下座外交に終始してきた社会党、共産党、自民党の歴代の代議士の責任ですが、かれらのお陰で韓国人が増長しちゃったんですね。

イギリスがインドに「植民地にしていてごめんなさい」って毎年謝りますか? アメリカはインディアンの居住地を襲って自分のモノにしましたが、謝ってますか? スペイン・ポルトガルは南米を侵略し虐殺していますが、謝ってますか? イスラエル問題なんてイギリスがウンキャルスケレシ条約ほか二枚舌なことをいうから、こじれちゃったんですけど、イスラエル・アラブで人が殺されたからと、ブレア首相が謝って金払ってますか?

あまりに日本人がナイーブで世界常識がなく、世界史に無知なため、ペコペコ土下座すりゃ、金やりゃいい、と思ってきたのが失政なんです。

朝鮮半島を日本が守ってやらなけりゃ、朝鮮民族はロシアに抹殺されていたでしょうよ。日本統治前の朝鮮の写真がありますから見て下さい。
また麻生太郎の、創始改姓の話を聞いてみて下さい。

お隣の国だから仲良くしましょう、なんてのは世界の非常識です。英仏、独仏、どこも仲が悪いのが常識です。韓国なんて相手にせずに、欧米を相手にしようと福沢諭吉も言ってます。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/hidenori753/
    • good
    • 0

「中国の王朝と冊封関係を結んでいた周辺の国家の右総代が朝鮮王朝でした。

 科挙の制を採用し、優れた文官を歴代育成し、大変賢い国民でした。 しかし、武力を持たなかったため、19世紀の西欧列強の植民地主義に巧く対応出来ませんでした。 さらに、親分の清朝がアヘン戦争に敗れ、イギリスを初めとする列強の植民地化の餌食となり、李朝朝鮮も衰退を余儀なくされたのです。」

李氏朝鮮では政治と言えるようなことは全く行われていず、朝鮮国は荒廃を極めていました。19世紀末の英国人旅行家バード女史の下記の本で詳細にレポートされています。

朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30437617

国民の多数が奴隷身分で、教育も法律も医療も全くありませんでした。国防体制も全くなく、貴族だけが良い生活を楽しんでいました。首都である現在のソウルさえ、汚物と悪臭に満ちている状態でした。

バード女史はロシア領内に逃れた朝鮮人が作った村も訪れています。朝鮮国内の悲惨な状態とは全く違う清潔な村で朝鮮人農民が勤勉に働いているのを見て「この村に朝鮮の希望が見える」と述べています。バード女史は明治初期の日本も訪れていますが、朝鮮よりははるかにましな状態だったと書いています。

李氏朝鮮は日清戦争の後は清国の冊封(サツホウではなくサクホウ)を捨てて「大韓帝国」と名乗りましたが、国家を維持できない状態となり日本の保護国、次いで日韓併合に至りました。韓国を熟知した韓国統監伊藤博文は日韓併合に反対していましたが、伊藤が韓国人に暗殺された結果として日韓併合が実現してしまいました。残念ながら現在の韓国人は日韓併合の前の自国がどんな状態だったが全く知らないようです。

「日韓の歴史について興味をもった外国人が書いた本や、サイトなどご存知の方おられましたらぜひ紹介してください(できれば英語の)」

バード女史の本の原書は現在もペーパーバックで入手できます。
http://www.amazon.com/Korea-Her-Neighbours-Narra …

19世紀の文章ですから現代人にはちと難しいですが、韓国人の知り合いに教えてあげると良いでしょう。
    • good
    • 0

相手の韓国の方が、歴史について「優劣」を付けたがるような人でしたら、例え議論上、徹底的に論理立て、証拠を提供しても、「日本人が言う事は信じられない」で終わりますよ。



例えばサッカーの試合で、日本が勝利した場合に、審判の判定は必ずやり玉に挙がりますし、韓国が不利になる判定があって(もちろん誰が見ても正しい判定)、その判定を妥当ですよと解説した韓国人解説者が、番組を降ろされてしまうようなお国柄です。

「政府が正しいとしたものを信じなさい」「それ以外の情報を信じてはいけません」と言う「正史史観」で700年間過ごした国ですから、止めた方が良いと思いますね。
    • good
    • 0

●日韓の歴史



こんにちは。 

私は65才の男性です。 企業の海外業務、ODAのコンサルタントとして40年、海外と深く係わって来ました。 当然、韓国や北朝鮮とも係わっています。 

朝鮮半島の歴史を知ると、中国の歴代の王朝との関係がわかります。 『冊封関係』(さっぽうかんけい)という特別な外交関係を結んでいます。 中国と臣下の関係を結ぶことによって、朝鮮半島における統治を保証されています。 

しかしそのため、過度の軍備は許されず、軍事力の弱い王朝となっています。 満州の女真族、倭寇による侵略等を再三にわたって受けています。 倭寇(わこう)といっても、実際は日本人の海賊ではなく、中国南部、上海辺りを拠点とした漁師兼海賊だったようです。 942回も国の存亡に係わるような国難を経験しているのです。 

中国の王朝と冊封関係を結んでいた周辺の国家の右総代が朝鮮王朝でした。 科挙の制を採用し、優れた文官を歴代育成し、大変賢い国民でした。 しかし、武力を持たなかったため、19世紀の西欧列強の植民地主義に巧く対応出来ませんでした。 さらに、親分の清朝がアヘン戦争に敗れ、イギリスを初めとする列強の植民地化の餌食となり、李朝朝鮮も衰退を余儀なくされたのです。

日本と同じく長らく鎖国していました。 しかし、日本が長崎の出島でオランダと交易し、世界の最新の技術を積極的に学んでいたのに比べると対応の遅れが目につきます。 日本は幕藩体制といって、徳川幕府のほかに各藩も経済的に自立しています。 いずれの藩も子弟の教育に大変力を注いでいたのです。 

明治維新前後に来日した欧米の外交官や技術顧問は、日本人の清潔感、進取の気風、礼儀正しさに驚きのコメントを残しています。

韓国が日本の植民地となったのは、彼らにとって大きな屈辱だと思います。 しかし日本でなかったら、多分ロシアの植民地になる運命にあったはずです。 李氏朝鮮の末期は清朝と歩調を合わせるように急激に衰退して行ったのです。 いつも目が中国の歴代の王朝にのみ注がれ、西洋に向けられることがなかったのです。 そのため、急激に力をつけた欧米列強の強さを知らなかったのです。 ここが19世紀の日本との最大の違いです。 

こんな話をご存知ですか。 1860年、勝海舟に率いられた咸臨丸の使節団が米国西海岸に到着した折、早速最新の技術として、蒸気機関車の見学に案内されたのです。 

その物体を見た日本の使節団は驚くことなく、こう質問したのです。 『この乗り物が所定の速度で一里(4km)走るのに、石炭とかいう燃料をどれくらい使用するのか。』

彼らはオランダ人を通してワットの蒸気機関の論理は知っていたのです。 ですから、その道の専門家しか出来ない質問(燃料原単位)が出来たのです。 既に日本中の藩校でもこの理論は教えられていたのです。 これを聞いたアメリカの大統領は日本人の知識の豊富さに驚き、数十年後には自分たちの強力なライバルに成長するだろうと側近に語ったそうです。 そして事実そうなっています。

韓国のお友達は、我々日本人の知識欲とか宇宙観をご存知ないと思います。 私はこれまで世界約50カ国訪問しました。 やはり、日本人の物事を瞬時に判断する能力は優れており、一種独特です。 微妙な四季の変化の中で身につけた感受性の豊かさは他に類を見ないほど優れています。 ですから、余裕を持ってお友達と接していかれたらきっと良いお友達になれるでしょう。
    • good
    • 0

ビジネスなどで日本と深く関わっており、日本側の認識にも詳しい人達はたいてい納得してくれます(少なくとも納得しているように振舞ってくれます。

) 英語での日韓関係は添付URLが参考になると思います。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Category:Japanese-K …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング