私の父は、フジカシングルエイトという昔の8mmフィルムカメラ
(音声のない映写式ビデオ)で、私達姉妹の幼少の頃の映像を
撮影してくれていました。
その映像を大切に保管しておきたいと思い、そのフィルムを
VHSテープにダビングしたいと思っております。どなたか、
その方法をご存じの方、情報頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お住まいの地域にもよりますが、大型カメラ店などでは、


8mmフィルムからVHSへのダビングを有料で行っています。
私がやったときの値段は忘れましたが、そんなに高くなかった
記憶があります。
ちなみに東京地区で言うと、「ビッグカメラ」「キタムラ」「ヨドバシ」
などでそのサービスをやってらっしゃいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hal2001さん、素早い回答ありがとうございます。
大変嬉しいです。私の住んでいる地域には「ヨドバシカメラ」が
ありますので、早速明日連絡してみたいと思います。
大変助かりました。ありがとうございました。
どなたからもお返事いただけないのではと思っていましたので、
感激しています。また、何かありましたら、宜しくお願いいたします。
                         まあ

お礼日時:2001/01/09 23:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィルムと映写機の相性

自分が住んでいる街のミニシアターのHPに
>8月19日より上映予定の「ホワイトプラネット」は当館の映写機とフィルムのサウンドトラックが不適合なため、やむなく上映を中止する事となりました。

こういうことってあるんですか?てっきり映写機とそれにかけるフィルムって、世界共通のフォーマットだと思ってたんですが…(フィルム自体、古い場合はしょうがないけどこの映画自体新しいはずだし、「ディープ・ブルー」のときにはちゃんと上映できたし)

Aベストアンサー

上映用のプリントそのものは世界中共通なんですけど(横幅35ミリで一コマ毎のパーフォレーションは4穴)、収録されている音の方式が違うと、適応した映写機でないと映写できないので、そのせいだと思います。

一昔前はドルビーしか音の方式がなかったので、大半のフィルムは既存の光学音声とドルビーとのコンバーチブルでプリントを作っていました。
その後、音声のデジタル化に伴いドルビー、DTS、SDDSの3方式が現在では主流になっています。
これらはそれぞれ別途にプリントを作るので、制作側が例えばDTSとしか契約を交わしていないとDTSの音声方式のプリントしか作られません。
そのため劇場側の映写システムがドルビーのみにしか対応していないと、上映できないことになります。
ちなみにDTSはフィルムの音声部分にはシンクロ信号と補助用の光学録音部、音声そのものはシンクロ信号と同調するCDROMを使っています。
他の方式はフィルムの右端にあるかつての光学録音部分や、パーフォレーションとパーフォレーションの間にある数ミリの隙間に信号を入れています。

邦画だとDTSが使用料金が安いのでこのタイプを使用するものが多いようです。

最近のDVDに於けるブルーレイとHDじゃないですけど、映画の上映用プリントもどれかひとつに統一してもらった方がファンとしてはやっぱりありがたいですよね。

上映用のプリントそのものは世界中共通なんですけど(横幅35ミリで一コマ毎のパーフォレーションは4穴)、収録されている音の方式が違うと、適応した映写機でないと映写できないので、そのせいだと思います。

一昔前はドルビーしか音の方式がなかったので、大半のフィルムは既存の光学音声とドルビーとのコンバーチブルでプリントを作っていました。
その後、音声のデジタル化に伴いドルビー、DTS、SDDSの3方式が現在では主流になっています。
これらはそれぞれ別途にプリントを作るので、制作側...続きを読む

Qフィルムと映写機の相性 2

過去にこのお題で質問したのですがもうひとつ、疑問が出たので答えてほしいのですが…
昨日「ケロロ軍曹2」を観に行ったのですがその際に「ちびケロ ケロボールの秘密!?」と「深海のプリンセスであります!」との間に場内アナウンスで『映写機の都合で10分間休憩します』というアナウンスがありました。
この手のアニメ映画って一気に流すはずなのになぜ?って思ってしまいました。本当はバベルでの事故との関係?と説明を求めても店員ですら「当館の事情なので毎回入れてますと言ってた」とそれ以上の理由を話してくれません。

これってどういうことなんでしょうか?
ちなみにその映画館は過去に質問した「ホワイトプラネット」上映中止のミニシアターです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2355609.html

Aベストアンサー

フィルムと映写機の相性はありません。
映画の上映用フィルムは共産圏も中東もアジアも欧米も全世界共通ですし、それにあわせて映写機も作られているので、DVDのように相性は存在しないです。
もしも相性があったら、世界中の映画祭などで困っちゃいますよね。

質問の内容からすると、”フィルムの掛け替え”をしているんじゃないでしょか?
その映画館は一館のみの映画館ですか? それとも一つの建物に数館の映画館があり、場合によっては時間を変えて同じ映画を上映している、とか?

映画のフィルムは上映中に掛け替えをしないと上映できない仕組みになっています(そうしなくても大丈夫なシステムを持った映画館もありますけど)
ですので普通は二台の映写機を使い、一台のフィルムが終わりそうになると、もう一台に切り替えます。
その時に画面の右上に”パンチ”という印が一瞬だけ(3コマ分)見えるんで、気づく方も多いと思います。
こうした掛け替えの都合で、時間が必要になるんじゃないかと思うんですけど。
如何せん、映画館のサービスとしてはちょっと問題なので、ちゃんと理由を説明しろ!と(その場が無理なら電話でもいいので)、求めた方が賢明だと思いますよ。
お金払っているんだから、途中でへんなストレスを感じたくないですもんね。

あれ、前回の質問も答えてた……

フィルムと映写機の相性はありません。
映画の上映用フィルムは共産圏も中東もアジアも欧米も全世界共通ですし、それにあわせて映写機も作られているので、DVDのように相性は存在しないです。
もしも相性があったら、世界中の映画祭などで困っちゃいますよね。

質問の内容からすると、”フィルムの掛け替え”をしているんじゃないでしょか?
その映画館は一館のみの映画館ですか? それとも一つの建物に数館の映画館があり、場合によっては時間を変えて同じ映画を上映している、とか?

映画のフィルム...続きを読む

Qサッカー映画で16mmフィルムレンタルできるもの。

少年サッカークラブの設立20周年を記念して、サッカーの映画上映会を、と考えていますが、「少林サッカー」以外で16mmフィルム・レンタルできるものがあったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 今晩は。
 これはかなり漠然としていて回答しにくいですね。ですのでアドヴァイス程度ですが、こんな風にして作品を捜してはどうかというヒントを記しておきます。

 映画データベースで「サッカー」で検索してみる。
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/
http://www.stingray-jp.com/allcinema/index.htm
キネマ旬報の方が検索結果はずっと多いですが、そちらには無いものも有ったりしますから、適当に使い分けて下さい。
 ただし、あくまでも解説またはストーリー部分にサッカーが出てくる作品ですから、かなりのものは役に立たないことになると思います。しかし、仕方がありませんから、面倒でも1本ずつ見て行ってください。
 次は上映に値する作品かどうか、及びフィルム・レンタルが可能かどうかを調べる、でしょうか。この辺はおまかせします。
 ですが、少年向けの良い作品はなかなか見つからないかもしれません。
 
 最後に10年ほど前から催されている児童映画祭の紹介をしておきます。ここは上映作品の貸し出しもしていますから、あるいはなにか良いものが見つかるかもしれません。
 今、一通り作品リストを見たところ、『金色のサッカーボール』というフランス、ギニア合作の長編が有るのですが、残念なことに35ミリ版です。
 しかしこれ以外にも16ミリ版で有るかもしれませんから、内容の希望を伝えて事務局に問い合わせてはどうでしょうか。作品リストはQ&Aのページから見られます。

 とにかく良い作品が見つかると良いと思っています。

参考URL:http://www.kinder.co.jp/frame-j.htm

 今晩は。
 これはかなり漠然としていて回答しにくいですね。ですのでアドヴァイス程度ですが、こんな風にして作品を捜してはどうかというヒントを記しておきます。

 映画データベースで「サッカー」で検索してみる。
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/
http://www.stingray-jp.com/allcinema/index.htm
キネマ旬報の方が検索結果はずっと多いですが、そちらには無いものも有ったりしますから、適当に使い分けて下さい。
 ただし、あくまでも解説またはストーリー部分にサッカーが出てくる作...続きを読む

Q16mm家庭用VHS(磁気テープ)のフィルムスキャンは可能ですか

はじめまして当方デジタル作業にたいへん関心がありまして当サイトで何度も質問したいへんいい情報を得ました。ご回答の方々ありがとうございます。今回また質問があって眠れませんわけでまた書き込むようになりました。
16mm家庭用ビデオテープ(記念個人撮影)がありますが個人用としてたいへん重要なものでいろいろデジタル化しようとキャプチャーなどでやってみましたがどうしても満足できない画像しか出ませんのでいろいろ情報を集めるところフィルムスキャンの方法もあるということがみみにはいりました。

さて、具体的な質問に入ります。
(1)16mm家庭用VHS(磁気テープ)のフィルムスキャンの可否/委託の可否?
(2)可能でしたら費用/作業期間?
(3)個人向けのフィルムスキャン機器がありましたらおすすめください。

素人であり、用語の間違いがあるかも知れませんがご了承ください。
いろいろ情報、是非ご回答御願いします。

Aベストアンサー

フィルムスキャンというのは光学フィルム(昔の8mmとか35mm)で使う方法で、磁気テープでは使えません。
私も光学フィルムのデジタル化は「テレシネ」という方法でやりましたし、駒をスキャンして写真にしたこともありますけど、今回の質問は磁気テープですよね。
満足できないのは何か原因がないでしょうか?
古いテープですと、ノイズが入って画像が乱れますし、仕様として画面下部に帯のような乱れが出ます。
また、入力もピンジャックよりS端子のほうが色が綺麗ですし、ビットレートを上げたほうが動きがスムーズになります。
機器により補正に特色がありますし、キャプチャー後、ソフトで補正して、色や明暗、シャープネスを補正します。
再生機とキャプチャー機器の間に、画像安定器を挟んで、アナログ的な手法で補正する方法もあります。
何が問題か質問してみて、経験者の意見も聞いて見てはいかがでしょうか。

Q昔のフィルムの再生映像が速い理由

テレビなどで白黒の時代に撮影されたフィルムを放送するときに、再生が2倍速になっているように見えるくらい映像が速いですが、あれはなぜですか?
撮影当時の再生装置でもあの速さになっていたのでしょうか?それとも昔のフィルムを現在の再生装置で再生するからですか?
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すでに回答にもあるですが、トーキーが定着する1920年代以前の撮影・映写は1秒16コマが中心でした。そのため、現在の1秒24コマ映写の映写機で映写すると動きが早くなってしまいます。もうひとつの大きな理由として、1920年代以前の撮影・映写が手廻しであったことが挙げられます。人間がハンドクランクを廻して撮影するため、フィルムの走行が一定にならず、現在のようなモーターにより一定速で動く映写機だと、動きがぎこちなくなる場合があると思います。なお、1920年代以降、カメラや映写機がモーター駆動になったのは24コマ化と同様にトーキ化によるものです。

ただ、16コマ撮影のものでも、ビデオや映写の際に、専用の機材を使えば、動きがおかしくなることはありません。クラシック映画のDVDなどはそのような機材を使って作成されていますので、24コマ映写よりはいくらか劣りますが、滑らかな動きで見ることができます。
動きのちょこまかした古い映像はTV番組などでしばしば見られますから、TV局や関連会社の機材の如何によるかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報