このまえ、田中康夫知事がいってた「ダムをつかわない治水」というのはどのようなシステムなのでしょうか知ってる方がいたら教えてください

A 回答 (2件)

テレビで観ただけなので、あまり自身がないのですが、



一度に大雨が降ると河川の許容量を超えてしまうので、上流に治水ダムを造り河川に流す量を調整する
↓  ↓  ↓
場所によっては河川の狭いところや浅いところもあるので、広く・深くすればいいのでは?

確かこんな内容だったと思います。

知らない人も多いと思いますが、日本のように狭い面積で高低差が激しいところでの治水は大変なんですよ。
基本的には、治水ダムを造って広くて深い河川にすればいいんですが、ダムには少しずつ周囲の土砂や倒れた大木が流れ込んだりして年月が経つと許容量が小さくなります。また、日本の地盤はやわらかいところが多いので、深い河川に出来ない、土地も狭いので広くできない。

皆さんの近くのダムも、実際のところ、あと何年もつかわからないんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えてくれれありがとうございます。上にも書いてあるように治水について調べています。もし良かったら今後もいろいろと教えてください。

お礼日時:2001/01/09 15:37

そのテレビ自体見てないので、ちょっと外してるかもしれませんが・・・。



上流の山が禿山になると、降った雨がすぐ川に流れ込み、急激に水量が増える。
  ↓
上流の山々の森林資源を大切にし、乱開発をやめ自然保護と適切な林業育成をはかる。

あわせて水田は大きな保水力を持ち、自然にやさしい農法なので維持に努める。

みたいなことを環境保護うんぬんを言ってる人たちがおっしゃってるのを聞いたことがあります。

あと、都市では都市型水害といって、地面をコンクリやアスファルトで覆ってしまった結果、降った雨が一気に川に流れ込んで水量を急増させる都市型水害というのがあり、この防止には、透水性舗装という技術や雨水浸透ますの設置が効果があるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。今、中学で水についての研究をしていて僕は治水について調べています。とても役に立ちました。

お礼日時:2001/01/09 15:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダム・治水工事のようなもの ~ 地下利用/エコ利用

 全国で大雨による浸水被害も深刻な時期となりますが、治水について?
地下を大規模に開発することにより、例えば、地下トンネル網を設置することにより、その中に大型治水タンクを並べることが可能となり、その貯水を冷暖房に使用したり、農業利用や生活利用とすることが可能になるものと考えますが、その方面の情報と所見などありましたら ?

 農業分野なら、一年の気象変動により、低温なら低温障害、高温なら高温障害と その作付けの限界は未だ数多く残されるものと見えますが、温室etc.を、溜め込まれる貯水との熱交換利用とするならば、その可能性は拡大するのではないでしょうか ?  全国にて利用可能と見えますが、所見などありましたら ?

Aベストアンサー

当質問で、異なる視点を思いつきました。
妄想であるとして受け止めて頂ければ・・・

地下を大規模に開発して治水は賛成です。
浸水被害対策での放水の貯水を利用する。即ち、これらの貯水された水の一部を、輸出に振り当てるのです。

中東からの原油輸入されるタンカーにはバラストタンクがあり、行くときには海水を入れています。
例えば17万トンクラスの貨物船の場合、空船時には約5万トンのバラスト水を積載する(原油タンカーは40%)。(ウィキペディア)
この海水を、油を積むときには排水しますが、異なる海域からの水で生態系が変わってしまう由。
そこで清水を、砂漠化となっている地区(サウジアラビア、カタール、UAEなどがいいかな?)で原油積み出し国へ輸出ということ。
もちろん清水は有償、この分で原油価格が少しでも安くなれば・・・

清水受入国には、この水を灌漑用や砂漠の緑地化等に利用してもらうのです。
こういう考え方を他国(例えばタイなどからも水を積み込む)にも適用されればなお良いと思います。

タンカーだけをみると、2012年度の原油輸入211百万キロリットルの30%がサウジアラビア、これの40%分のバラスト水は約25百万キロリットル。
50%利用できれば、比重1として、1000mx500mx25mのプール分です。チェットした池の水量です。オアシスが出来そうです。

因みに、陸上の施設や船舶の改造等による経済効果、緑化用灌漑水等で環境向上効果等が少しはあるのでは?

当質問で、異なる視点を思いつきました。
妄想であるとして受け止めて頂ければ・・・

地下を大規模に開発して治水は賛成です。
浸水被害対策での放水の貯水を利用する。即ち、これらの貯水された水の一部を、輸出に振り当てるのです。

中東からの原油輸入されるタンカーにはバラストタンクがあり、行くときには海水を入れています。
例えば17万トンクラスの貨物船の場合、空船時には約5万トンのバラスト水を積載する(原油タンカーは40%)。(ウィキペディア)
この海水を、油を積むときには排水しますが、異な...続きを読む

Q太陽光発電とソーラーシステムを組み合わせたようなシステムはありますか?

太陽エネルギーを利用した設備として一般家庭に普及しているものに太陽光発電とソーラーシステムがあると思います。
このサイトやWEB検索をして、いろいろ読んでいる中でいくつか疑問に思ったことがあるので質問させていただきます。

まずはじめにタイトルにも書いたとおり、太陽の光と熱を両方回収するような装置は市販されているのでしょうか?

このような質問をするのには理由があって、太陽電池のモジュールはかなり高温になるというようなことがかかれていて、個人的には眉唾だとは思うのですが太陽電池が黒くて熱を吸収するので、そのせいで逆に地球の温暖化が進むと書かれている方もいて少し不安になったのです。
そこで考えたのが、太陽光発電のモジュールに溜まる熱をソーラーシステムに使っているような原理を使って回収できないのかなと思いました。

ここで問題になるのが、太陽電池の発電効率がどれくらいの温度でもっとも効率がよくなのかが問題だと思います。
低温になればなるほど、効率がよくなるのであれば万々歳ですが実際のところはどうのでしょうか?教えてください。

最後に、最近エコキュートとか言うものの宣伝をしていますが、この装置は空気の熱でお湯を沸かすということですが、ここに太陽光発電の装置のところの温まった空気を利用できないのかななんて思いました。CO2ガスを回すならモジュール自体もそんなに重くならなそうだし、どうなんですかね?熱交換するための装置が重い???

まったくの素人ですので、質問内容におかしなところもあるかと思いますが、それに対する突っ込みも含めて回答をお願いいたします。一度にいろいろとたくさんの内容を質問してしまってすいません。

太陽エネルギーを利用した設備として一般家庭に普及しているものに太陽光発電とソーラーシステムがあると思います。
このサイトやWEB検索をして、いろいろ読んでいる中でいくつか疑問に思ったことがあるので質問させていただきます。

まずはじめにタイトルにも書いたとおり、太陽の光と熱を両方回収するような装置は市販されているのでしょうか?

このような質問をするのには理由があって、太陽電池のモジュールはかなり高温になるというようなことがかかれていて、個人的には眉唾だとは思うのですが太陽電...続きを読む

Aベストアンサー

>確かに深夜料金が1/3というのは、お湯を沸かすのは深夜の電力でやったほうが安いかも知れませんね。
>CO2の削減などといった環境面から考えるとどっちが良いか微妙なところですけど

エコキュートを昼間に使った方がお湯を沸かす効率は高くなりますが、地球温暖化防止には深夜の方が効果があります。
なぜなら、電力のピークが来るのは夏の昼間で、それにあわせて電力会社は発電設備を作ります。
昼間の運転にした場合、無駄に発電設備を作る事になり、また既存の発電設備の使用率も下がるため、設備を効率が悪くなります。
電力会社は、設備を効率的に使うために深夜の電力を安く設定しています。
また、深夜は発電時にCO2を排出しない原子力発電や水力発電が中心ですので、温暖化防止には貢献することになります。

太陽光とエコキュートの組み合わせの利点としては、エコキュートを付ける場合は、一般的に昼間高く、深夜が大幅割引になる電力契約を行います。
電力会社は、太陽光発電で余った電気を買い取る際に、実際の売値と同程度で買い取ってくれるため、太陽光発電が動く昼間に高い電気代の契約の方が得になります。
たとえば、東京電力の「電化上手」という契約の売値と買値は以下の通りです。

東京電力から買う時
http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/gokatei/denka/index-j.html

東京電力に太陽光の余った電気を売る時
http://www.tepco.co.jp/partner/pricing-pc/taiyoukou.pdf

そういった事情もあり、太陽光発電を付ける場合にオール電化にすると、太陽光発電のメリットが大きくなります。

参考URL:http://www.tepco-switch.com/ecocute/what/index-j.html

>確かに深夜料金が1/3というのは、お湯を沸かすのは深夜の電力でやったほうが安いかも知れませんね。
>CO2の削減などといった環境面から考えるとどっちが良いか微妙なところですけど

エコキュートを昼間に使った方がお湯を沸かす効率は高くなりますが、地球温暖化防止には深夜の方が効果があります。
なぜなら、電力のピークが来るのは夏の昼間で、それにあわせて電力会社は発電設備を作ります。
昼間の運転にした場合、無駄に発電設備を作る事になり、また既存の発電設備の使用率も下がるため、設備を効...続きを読む

Q三峡ダムについて

土砂の堆積により意外に早く使用不可能になる
との話がありますが、実際のところどうなのでしょう?何年くらい持つと思われますか?
また、溜まった土砂を取り除く技術はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ウィキペディアにある記事に拠れば

(1) 工事進捗状況
三峡ダムの建設工事は、1993年に準備工事が開始され、翌1994年に着工式が行われるとともに、本工事が始まった。1997年には、長江の本流が堰止められ、第二期工事を開始した。2003年には、一部貯水(水位135m)と発電を開始し、第三期工事を開始した。そして2006年5月20日、三峡ダムの本体工事が完了した。しかし三峡ダムは第三期工事中であり、計画通り進行すれば2009年に発電所等を含めた全プロジェクトが完成する。

(2) 土砂堆積
三峡ダムは、流入する土砂ですぐ埋没するのではないかと懸念されている。これに関しては、三峡ダムは流域面積108.4万平方Km(日本国土の約3倍)、土砂流入5.3億トン/年で、年間平均総流入量4500億トンに対し、有効貯水量は220億トンで5%にも満たない。また、土砂吐きにはダム下流側に7m*9mのゲート23門を設け、6月~9月の洪水時に175m満水位から35m水位を下げて、洪水と共に土砂を排出する計画になっており問題は生じないとされる。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B3%A1%E3%83%80%E3%83%A0

こんにちは。

ウィキペディアにある記事に拠れば

(1) 工事進捗状況
三峡ダムの建設工事は、1993年に準備工事が開始され、翌1994年に着工式が行われるとともに、本工事が始まった。1997年には、長江の本流が堰止められ、第二期工事を開始した。2003年には、一部貯水(水位135m)と発電を開始し、第三期工事を開始した。そして2006年5月20日、三峡ダムの本体工事が完了した。しかし三峡ダムは第三期工事中であり、計画通り進行すれば2009年に発電所等を含めた全プロジェクトが完成する。

(2) 土砂堆積
...続きを読む

Qダムについて

脱ダム宣言とかを聞いて気になったのですが、ダムが環境に及ぼす影響について法律で規制とかしているのでしょうか? どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「環境影響評価法」(環境アセスメント)でしょうか?、どこまで実効力があるかは疑問ですが

この法律は、工事自体がなくなるのではなくて
もっとも影響のない形で、フォローをして
もっとも影響のない手段を選ぶ努力をしなさいという法律
(私はそう理解)

そして問題になるのは、
おおくのダムは、「環境影響評価法」施行以前(1999年6月より施行)からの計画ということで、この法律の対象から除外されている。ということ
このままでは環境影響調査がされぬままダム事業が進みかねません。
環境への配慮が足りなかった昔の計画だからこそ、アセスメントをする意義は大きいといえます。
過去のダム建設後の経験から、ダムが源流から河口までの環境に与える影響が、大変心配されています。

参考URL:http://www.eic.or.jp/eanet/assessment/nyumon/EIAlaw/gaiyou.html

Q群馬県のダム問題について

自然環境問題について2つ質問があるので返答お願い致します。

自民党は地下水などに活用すると公約して民主党は作る必要が無いと真っ向から意見が対立していますが、どう思いますか?

そしてこのような問題で多くの町や観光地がダムの中に吸収されてしまう可能性が多いですが、本当に環境問題の打開策になるのでしょうか?

Aベストアンサー

 水は人が生きていく上で必要欠くべからざるものであることは自明なのですが、その必要量は文化程度が上がるにつれて大きくなって来るのです。日本でも必要とされる水の量は増え続け、国交省はその需要に応えるために方々の河川でダムの計画を作り、これを実行して来ました。
 しかし、ここへ来て国民の一人一人の節水意識が高まり、また人口の増加も止まったため、将来の水需要の予測をやり直す時期に来ています。
 しかし自民党は各地方の土木業者の仕事量を確保する必要があり、立てた計画をおいそれと引込めるわけには行かないのです。これが長期政権を続けて来た自民党の体質であり、そのような利権と癒着を切ることは票を失うことであるという認識から離れることができないのです。
 民主党は何でも反対と言っているわけではなく、将来の需給を検討し、計画の見直しを提言しているのでしょう。そのどちらを是とするかは国民一人一人の考え方でしょう。

 ただ、ダムの水を地下水にするという事はありません。念のため。勿論地下水路を造ってそこへ流し込むということはありますよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報