人気雑誌が読み放題♪

今まで生きてきた中で、ショッキングなニュースは何でしたか?
あくまで、ショッキング○○○スペシャルとかではなく、普通のニュース番組の中でアナウンサーが報じた、内容でお願いします。

質問する理由は一つは、ずばり興味本位です!
それと、ニュースというメディアがどれくらいの事まで表現していいのかも知りたいと思ったので。(こちらはまじめです。

私が、心に残っているのは2つ。
一つは、祖父が孫を(偶然に)ひき殺してしまった事件。
これはアナウンサーの口答だけで、映像のたぐいはありませんでした。

もう一つは、体育マットで圧死した事件。(だと思います。
妹の悲痛な叫びが、心に残っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

40代オジサン世代です。



昔の事件では“連合赤軍による浅間山荘事件”です。
子供時代これは非常にショッキングでした。
浅間山荘事件の数ヶ月前から連合赤軍による仲間のリンチ事件が頻発していて、その最後に浅間山荘事件になったと記憶しています。
テレビは連日朝から現地の生中継で、日本中がリアルタイムで現場の様子を見ていたものです。
当時は意味も解らず、“赤軍”とか“核マル”とか“中核”とかいう名前だけ記憶されてしまいました。

もう一つ“オウム真理教事件”です。
地下鉄サリン事件もショッキングでしたが、毎日のようにテレビにオウムの幹部たちが登場していて、見ていて非常に不気味でした。
浅原逮捕の日はちょうど自分の休みの日だったので朝から生中継のテレビ報道を見ていました。
朝からものすごい数の警官隊が上九一色村のオウムの本拠地に向かっている場面から始まって、その隊列の先頭に毒ガス検知用にカナリアの入った鳥篭をもっていて、まるで現実離れした光景だったように覚えています。
しかもサリンやVXガスといった毒ガス製造だけでなく、マシンガンを製造していたとか、まるでテレビのヒーローものに出てくるような、世界征服を企む悪の組織が現実に日本に現れたというマンガみたいな事件でショッキングでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

浅間山荘事件は、ドラマを見ました。
オウム事件は、リアルタイムで。
どちらも、信仰する危うさを考えさせる事件でした。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/29 10:11

チンパンジーが人間を襲い、生爪を剥いでから顔を食べて殺したというニュースがかなり衝撃的でした。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

介護老人ホーム?で、野良猫が動けない老人の足の指を食べるというニュースを聞きました。
チンパンジーもそんなじけんがあるのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/29 10:12

私が30代の時に起きた阪神淡路大震災です。

恥ずかしながら、それまでは、大災害というものは、遠い過疎地で起きるものと、心のどこかで思い込んでいたようです。つまり、災害を恐れて、あまり人が住まないようなところですね。ですが、自分が暮らす首都圏にそっくりな、しかも大地震とはほぼ無縁と言われ続け、そして、たとえ大地震が起きても頑丈にできているとも言われていた阪神地区がもろくも崩れ去り、都会人の衣服や装身具を身につけている被災者が大勢テレビに映っていたのが、私の人生の報道史上最大のカルチャーショックでした。以来、身の回りの災害対策を改めて見直しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさに、他岸の火事ですね。
私は、新潟に親戚がいたので、M6.8の大地震は驚きました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/29 10:05

質問者さんは日本人による猟奇事件について質問してると了解しますが、その意味では、佐川君の食人事件と女子高生集団陵辱コンクリート詰殺人事件、宮崎勉事件、サカキバラセイト(東慎一郎)事件ですね。

 世の中には、人類に貢献する素晴らしいことを成した人もたくさんいますが、想像を絶するような惨たらしい事件を起こした人もいます。 それでも戦争においては、そのような凄惨な事件が数限りなく行われた(行われている)ことも忘れてはならないと思います。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

猟奇事件・・・と少し違うのですけどね。
あくまでアナウンサーの口や映像から発信されたショッキングな事で、受け手側のショッキング度合いによるものです。
社会的なショッキング度合いでは、ありませんことよ。
とはいえ、女子高生集団陵辱コンクリート詰殺人事件は、私の中でもショッキングな事件でした。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/29 10:01

あんまりグロテスク(?)なのは見てませんが、ぱっと思いつくのはサカキバラ事件、福岡の教師のいじめ事件、あと皇太子の「人格否定」発言ですかね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

サカキバラ事件は、マンガの様なショッキングな事件でしたね。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/29 09:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグロテスクな画像を見たがる心理

インターネット上にはグロ画像・グロ動画と呼ばれるメディアが沢山出回っています。
汚物や死体や人が殺されている現場や拷問されている現場、その他嫌悪を催すものを題材にした映像類のことです。

ずいぶん前からこの手の画像や動画を見たりしていて、止められないのです。もちろんこういうものを見ると不愉快な感情になりますし、人が殺されている現場などを見ていることに罪悪感や恐怖も感じます。
論理的に考えれば、そんなもの"みたい"なんて思うわけないのですが、気が付けばグロ動画を検索しているような状態です。

このような人は沢山いると思うのですが、第三者から見れば私は普通のサラリーマンだと思います。
会社勤めもしていて、仕事も任されています。
友人は少ないですが、恋人も作れるし家族とも仲良くしています。

なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。
どうしたら健全な状態になれるでしょうか。

学術的なアドバイスでも、宗教的なアドバイスでもよいので私に教えてください。

Aベストアンサー

これは、きっと、あなただけの問題ではなく、
いま日本の社会が、もっている、社会的な病理、情報構造の病理ともいえるのかと思い投稿させていただきました。
これらの画像や映像を見ようとする行為というのは、自らは、観察者として(絶対的な安全が確保された上で)自分と関係の無い他人が、生きている状態から無残な状態へと変貌させられるという過程を息を呑みながら「視る」という行いです。
あなたはただそれを見ているだけと思っているかもしれませんが、あなたが、視たことによって引き起こされた感情なり想い(ショック、悲しみ、不条理感、怒り、無力感)によって、実は何事も行動しなかったという行いもしているのです。さらに、視たことを自分の心の中に隠匿し、なおかつ背徳感を抱きながら、ある部分悩んでいるという行為をも・・・。
質問文の最後に「なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。どうしたら健全な状態になれるでしょうか。」とあるようにあなたの心は、その行為の、背徳性をすでに知り、健康な状態への志向が顔をだしているのでは?
画像や映像によって知った「現実」に対して、これが人間の性だとか、これが今の社会の現状だとか思わせられてしまうのが、自分は何もできない、巨大な情報ネットワークであり、「考察」や「分析」であり政治や教育、経済もそれに深く絡んでいます。
人は、いつも世の中で何が起こっているのか知りたいのです。
それは、きれいなこともひどいことも。隣町で戦争が起こって、人が悲惨な状態になり、または、誰かが人を殺そうとしたりしている、あるいはしてしまったとしましょう。それを、見に行こう知ろうとするのはむしろ必要なことかもしれません。勇気のいることであるとも言えます。むしろ、それらが起こっていることを知りながら、そこから遠ざかろうとするだけでは人間として不十分なのかもしれません。しかし、それを視たことによって、どんな想いを描くかが問題でしょう。それを視て喜ぶのか、自分もやりたいと思うか、加担しようとするか、悲しみ、憤ることもできるでしょう。人びとに訴えることもできるでしょうし、そのようなことを阻止しようとすることも助けようとすることもできるでしょう。起こっていることが何なのか考えることも、見ている自分が何なのかも考えることができる。さらにもっとできることはあるはずです。最初は小さいかもしれませんが、自分自身が、社会に何か作用する力を持っているということを思い出してください。多分、昼間は目一杯会社で働かされて、夜や休みの日自分の時間を休みとして刺激の最も強いもので様々な縛りからのがれようとしているのかもしれませんが。
それらの画像や映像を撮るときどんな想いによってそれがなされたでしょう。それをネット上にアップする人の気持ちの根底にどんな想いがあったのでしょう。そういう邪悪な感情とは同調しないようするのが
いいのではないかと思います。
知り得た事実に対してどのように行為できるかが現代の人びとの大きな課題だと思います。

これは、きっと、あなただけの問題ではなく、
いま日本の社会が、もっている、社会的な病理、情報構造の病理ともいえるのかと思い投稿させていただきました。
これらの画像や映像を見ようとする行為というのは、自らは、観察者として(絶対的な安全が確保された上で)自分と関係の無い他人が、生きている状態から無残な状態へと変貌させられるという過程を息を呑みながら「視る」という行いです。
あなたはただそれを見ているだけと思っているかもしれませんが、あなたが、視たことによって引き起こされた感情...続きを読む


人気Q&Aランキング