ネットが遅くてイライラしてない!?

リフォームで納戸を新設しましたが、
点検で火災報知器が必要と指摘されました。
納戸にも取り付けの必要有るのかアドバイス下さい。

・97年分譲の6階建てマンション
・住居部の各戸面積合計が500平米以上
・納戸は元クローゼット・押入れの箇所に、3方を石膏ボードで立ち上 げて壁作成、入り口は引き戸を設置
・分譲時オリジナル仕様では、押入れ・クローゼットなどには
 報知器無し

以上です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2ですが、追加の回答が遅くなり申し訳ありません。


消防法令を確認できない場所に居たもので・・・。

関係する法令については、消防法施行令21条により、火報の設置が定められているわけですが、
「消防法施行令第32条の特例基準等について(昭和38年9月30日自消丙予発第59号消防庁予防課長)」というものが出されており、その中で、
「5 令第21条第1項各号に掲げる防火対象物に存する場所のうち、次の各号のいずれかに該当する場所には、自動火災報知設備の感知器を設けないことができるものとする。」中略
「(4) 押入れ又は物置で、次のいずれかに該当するもの
アその場所で出火した場合でも延焼のおそれのない構造であること。
イその上部の天井裏に感知器を設けてあること。」
とされており、設置の緩和がされている、ということのようです。

これ以降は、各消防の規定によるらしく、私の地域の場合は、
「人が立ち入るスペースを有する場合は全て室とし、それ以外の場合のみ押入等として取り扱う。室の名称については押入、物入、下駄箱等の如何を問わない。」ということだと説明を受けました。
Anoletさんの所では2m2という面積規定が有るのでしょうね。

あまりはっきりしない回答ですが、以上です。
    • good
    • 0

一般的な回答で失礼します。


消防法では基本的に500m2以上の共同住宅には自動火災報知設備が義務付けられています。
各部屋はもちろんのこと、納戸等にも設置しなければならないものです。
報知器も一戸建て住宅に義務付けられるいわゆる簡易型ではなく、管理室もしくは所管の消防署へ通報される中央管理型の必要がありそう(他の部屋はそうなっているとおもいます)で、新設となりますと配線工事等の出費が予想されます。
ただ、押入等については感知器が緩和される場合もあり(消防庁予防課監修:社団法人日本火災報知器工学会:工事基準書)、壁や天井が不燃材料であるかなど幾つか条件を満たせば免除されます。
しかし最終的に可不可の判断を示すのは消防署です。緩和基準にかかわらず最近は押入に標準設計として報知器を付けるケースは多いです。
壁や天井の仕上や天井裏の深さなど測って、お近くの消防署「予防課」に相談に行かれる事をおすすめします。逆にどのようにすれば緩和になるのか聞いてみるのはいかがでしょうか。
また、緩和されるのは「押入等」ですので、部屋として使用出来そうなスペースですと摘要されないことも考慮しておくとよいと思います。
    • good
    • 4

マンションの構造・建て方等が不明ですので、自動火災報知設備の設置が必要な建物とした場合の回答となりますが、必要はあります。


根拠通知まで探せていないのですが、「押入等の感知器設置の緩和」の規定があり、従前は緩和されていたが、クローゼットとすることによって、緩和の基準を外れた、そこが人が立入可能な室となったことにより、火災の発生箇所と成り得る形態となってしまった、故に必要です、という意味でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kkknagisaさん、
早速の回答ありがとうございます。
 
検査に来た消防設備市によれば、2平米以上の面積ある際は
適用されるとの説明でしたが、関連する法令等あればアドバイス下さい。よろしく御願いします。

Anolet

お礼日時:2006/12/14 17:45

消防法で平成18年6月から火災報知器の設置が義務付けられました。


既存住宅は平成20年から施行されます。

参考URL:http://www.security-joho.com/service/kasaihoutik …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q押入れに設置する感知器はどの種類のものでしょうか。

押入れに設置する感知器はどの種類のものでしょうか。

Aベストアンサー

光、熱、温度、煙ですね
一般住宅すべて熱です。

線香 魚、肉の煙にも反応したらもうめちゃくちゃ

Q誘導灯の取替に消防設備士の資格は必要か

タイトルの通りですが、誘導灯の取替に消防設備士の資格は必要ですか?
電気工事士とかも必要ですか?

いろいろ検索してみたのですが、必要という回答もあれば不要という回答もあり、複数の業者に聞いてみても同様の回答が得られるので困っています。

法の解説のHP等があれば参考に教えてただけると助かります。

Aベストアンサー

同型型番のものに交換する場合だけというのは何で決められているのでしょうか。

消防法の規定で、消防設備士が出来ない仕事、電気工事士の仕事や電話工事などの範疇は、消防設備であってもそれぞれの有資格者が行うことになっております。
たとえば誘導灯の器具付け(電気工事士が必要)や火災通報装置の電話部分(電話配線工事など)などです。

誘導灯の場合、消防に届出が必要になるのは、工事の場合です。この場合の工事とは、誘導灯を新設・増設したり、配置を換えたりすることが主なもので、要するに消防の審査を受ける必要があることをすることを言います。
ですので、同じ場所に付け替える場合でも、新型のものだと表示の方法や予備電源の取り方が適正なものか審査が必要になります。特に最近は高輝度型に交換することが多いですので、従来の蛍光灯を使用したものとは型番がかわってしまい、バッテリー容量や器具の種別(大きさなどでABCと3種類ある)などが適正なのか、消防に届けて許可をもらう必要があります。

また工事自体は電気工事士が行い、書類だけ消防設備士の方にやってもらう方法もあります。
ただし、「実際の工事をする方は資格が無くても、工事を管理する業者に資格者がいれば問題ありません。」の回答にもなりますが、現場に来ない者の資格では本来ダメです。
なぜなら、誰が器具を付けようと、消防設備士が現場で確認して、検査を行った届出をするからです。
適正に行わないと、消防設備士の免許に傷がつきます。

同型型番のものに交換する場合だけというのは何で決められているのでしょうか。

消防法の規定で、消防設備士が出来ない仕事、電気工事士の仕事や電話工事などの範疇は、消防設備であってもそれぞれの有資格者が行うことになっております。
たとえば誘導灯の器具付け(電気工事士が必要)や火災通報装置の電話部分(電話配線工事など)などです。

誘導灯の場合、消防に届出が必要になるのは、工事の場合です。この場合の工事とは、誘導灯を新設・増設したり、配置を換えたりすることが主なもので、要するに...続きを読む

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。

Q誘導灯の設置に必要な書類はなんですか?

誘導灯を設置するにあたって、届出として必要な書類はなにがあるのでしょうか?
自分で調べた限りでは

消防用設備等(特殊消防用設備等)設置届出書
誘導灯及び誘導標識試験結果報告書
配線の試験結果報告書

以上の3つですが、他にもあるのでしょうか?教えてください、おねがいします。

Aベストアンサー

誘導灯の設置だけ単独で書類を作るなら

1消防用設備等(特殊消防用設備等)設置届出書
2配置図(建物の場所を示す地図)
3対象物概要表
4誘導灯概要表(消防のよっては必要)
5誘導灯及び誘導標識試験結果報告書
6配線の試験結果報告書
7設置した誘導灯の承認図
8配置および設置図面(平面図)

です。
また設置届けには電気工事士の資格で届出できます。

Q天井裏に時々煙感知器が付いていることがありますが、設置しなければならない基準(理由)があるのでしょう

天井裏に時々煙感知器が付いていることがありますが、設置しなければならない基準(理由)があるのでしょうか?

Aベストアンサー

全ては消防法で決められています。
耐火建築物以外で設置が求められる建物で天井裏が50cm以上ある場合などには
火災報知器の設置が必要です。詳しくは下記を参照下さい、ただ普通の文と違い
設置すべきではなく「設置しなくても良い」みたいな言い回しがあるのでご注意。
http://www.nittan.com/houjin/firelaws_info/doc/sou15-213-214.pdf

Q消防同意について

建築基準法や消防法において規定されている、消防同意について、お聞きしたいことがあります。消防機関が同意する期間には7日と3日がありますが、具体的には、どのようなものが7日で、どのようなものが3日なのでしょうか?条文を読んでみると、4号に該当するものが3日となっていたりするのですが、法律初心者でよくわかりません。どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

建築基準法の第93条によると、

●法6条第1項4号該当→3日以内
●上記以外(=法6条第1項1号~3号該当)→7日以内

ということですよね。

建築基準法上では、建築物が法6条第1項1号から4号のどれかに該当させることになります。

(抜粋)【法6条第1項】
1.別表第1(い)欄に掲げる用途に供する特殊建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が100平方メートルを超えるもの

2.木造の建築物で3以上の階数を有し、又は延べ面積が500平方メートル、高さが13メートル若しくは軒の高さが9メートルを超えるもの

3.木造以外の建築物で2以上の階数を有し、又は延べ面積が200平方メートルを超えるもの

4.前3号に掲げる建築物を除くほか、都市計画区域(都道府県知事が都道府県都市計画審議会の意見を聴いて指定する区域を除く。)、準都市計画区域(市町村長が市町村都市計画審議会(当該市町村に市町村都市計画審議会が置かれていないときは、当該市町村の存する都道府県の都道府県都市計画審議会)の意見を聴いて指定する区域を除く。)若しくは景観法(平成16年法律第110号)第74条第1項の準景観地区(市町村長が指定する区域を除く。)内又は都道府県知事が関係市町村の意見を聴いてその区域の全部若しくは一部について指定する区域内における建築物




法93条に「ただし~・・・この限りでない」とありますので、その部分に該当するものは消防同意は不要です。

例えば
●準防火地域内の一般的な木造1,2階戸建て住宅程度=4号該当→消防同意は3日

●防火・準防火の指定のない地域での同様の建物=4号該当→消防同意は不要です。


条文については法令集か「建築基準法」の検索でててきますのでご確認くださいませ。

建築基準法の第93条によると、

●法6条第1項4号該当→3日以内
●上記以外(=法6条第1項1号~3号該当)→7日以内

ということですよね。

建築基準法上では、建築物が法6条第1項1号から4号のどれかに該当させることになります。

(抜粋)【法6条第1項】
1.別表第1(い)欄に掲げる用途に供する特殊建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が100平方メートルを超えるもの

2.木造の建築物で3以上の階数を有し、又は延べ面積が500平方メートル、高さが13メートル若しくは軒の高さが9メートルを超...続きを読む

Qスプリンクラーとドレンチャーの違い?教えて!

消火設備のスプリンクラーとドレンチャーの違いを教えて下さい。
(1)スプリンクラーは、一定の水源を常時確保しているもの
(2)ドレンチャーは、水源を外部からの補給水に依存するもので、隣接建物に向かって(自己建物の側壁等から)放水するもの・・・・・・
ということで、いいのでしょうか?お教え下さい。

Aベストアンサー

スプリンクラーは水源を確保し、自動的に放水を開始する消防設備のことです。ちなみにスプリンクラーは消火設備とはいいません。他の消火設備(ガス消火など)と違い、消火よりも延焼防止が主目的だからです。
スプリンクラーでも自前の水源を持たずに、外部から送水するものもあり、連結散水設備といいます。

ドレンチャーは消防法では、明確に設備として規定されているわけではなく、建築基準法の防火扉・シャッターと同様な延焼防止のための設備として規定されています。

ドレンチャーの主な用途は、天井面に対して90度の角度で、水を膜状に散水する事により、シャッターや防火扉の替わりや補助をして、延焼拡大を防ぐ設備です。

私が見た限りでは、立体駐車場の窓の部分(通常は開放空間)や避難の為の防火区画の直前などについており、シャッターの代わりをするもの(水源は自前で自動起動)とか、危険物施設の壁面に配置して、耐火壁の補助として付いている所などがありました。
もちろん、延焼防止のために、自己建物の壁面の外側に放水するものも見たことがあります。

水源は自前のものもあり、このようなものの仕組みはスプリンクラーとまったく一緒です。場合によってはスプリンクラーに組み込まれているものもあるようです。

設置の基準が建築基準法ですので、消防の判断によって設置の可否や、設備の詳細が変わりますので、ドレンチャーは「壁状に水膜を作り建物を保護する」ものの総称で、いろいろな設備方式があるといえます。

スプリンクラーは水源を確保し、自動的に放水を開始する消防設備のことです。ちなみにスプリンクラーは消火設備とはいいません。他の消火設備(ガス消火など)と違い、消火よりも延焼防止が主目的だからです。
スプリンクラーでも自前の水源を持たずに、外部から送水するものもあり、連結散水設備といいます。

ドレンチャーは消防法では、明確に設備として規定されているわけではなく、建築基準法の防火扉・シャッターと同様な延焼防止のための設備として規定されています。

ドレンチャーの主な用途は、天...続きを読む

Q共同住宅の防火区画について教えてください

共同住宅の防火区画は何処になるんでしょうか。スラブ・隣との間仕切・外壁でしょうか。又、階段室に下り壁を作り天井を貼る場合、天井は1時間耐火になるのでしょうか?又、設備配管を室内からPS内へ壁を貫通した場合、区画貫通になるのでしょうか。

Aベストアンサー

詳細は法規によりますが、概略の考えとしては以下です。

まず、建物が耐火構造(3階以上が300平米以上など)としなければならないものとして記します。
 ・住戸の界壁および外部側の壁の界壁からの折り返し900の部分。
 ・内部廊下の場合は、廊下側と住戸との界壁。
 ・竪穴区画以外の部分の床。
 ・竪穴部分の外周壁。(内部階段、EVシャフトなど)
 ・建物外壁のうち延焼線(隣地境界線、道路中心線、隣棟間線などから3mまたは5mの範囲)にかかる部分。
 ・その他告示などによる部分(排煙免除の室など)。
が主な対象ですが、消防の特例などを使用していると
 ・外部廊下側の界壁。
 ・特定光庭やバルコニーのない部分の外壁(一般的に妻壁)。
 ・共用部分の区画壁
などに制限がでますが、こちらは特例の対象内容によって変化します。
大雑把に言えばこんなところだと思いますが・・・

ちなみに天井の耐火はありません。下がり壁はそこが区画ラインなら、耐火構造になるはずです。(防火扉もつくはずですが)
配管類が貫通する壁が防火区画の壁であれば、区画貫通処理が必要になります。(そうでなければ不要)

詳細は法規によりますが、概略の考えとしては以下です。

まず、建物が耐火構造(3階以上が300平米以上など)としなければならないものとして記します。
 ・住戸の界壁および外部側の壁の界壁からの折り返し900の部分。
 ・内部廊下の場合は、廊下側と住戸との界壁。
 ・竪穴区画以外の部分の床。
 ・竪穴部分の外周壁。(内部階段、EVシャフトなど)
 ・建物外壁のうち延焼線(隣地境界線、道路中心線、隣棟間線などから3mまたは5mの範囲)にかかる部分。
 ・その他告示などによる部分(排煙免除...続きを読む

Qスプリンクラー設置の基準を易しく教えて下さい

放火で大損害のドンキホーテが、全店舗にスプリンクラーを設置することにしたというニュースを読みました。埼玉の事件でもスプリンクラーの有る無しが明暗を分けたようです。

私はドンキというのには一回しか行ったことないのですが、ごちゃごちゃと狭っくるしいところだと思いました。スプリンクラーが設置されてない店舗があること自体驚きです。出火したら、と考えたことなかったんでしょうか。

消防法になるかと思いますが、どなたかご存知の方、スプリンクラーの設置基準について、素人にもわかるように易しく(優しく)教えていただけないでしょうか。
きょう行ったスーパーには駐車場にも設置してありました。当然設備費は多くかかったと思います。ドンキの規模の店に(小さくないと思うんですが)義務ではなかったのかと不思議です。扱っている商品によるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

消防法施行令第12条に
スプリンクラー設備に関する規準があります。
 ドンキホーテのケースは
 別表第一(建築物の用途を明示、用途で防火設備の内容等が決められている)
の(四)に「百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗又は展示場)
該当しますね。

 この内、スプリンクラーが必要になるのは(建家の階数や床面積で決められている)

 ・階数が(地階を除き)11階以上のもの
 ・3000平方メートル以上(平屋以外)
 ・(危険物を指定数量の1000倍以上有ると)3000平方メートル以上で
  その該当(危険物保管)階
 ・地階・無窓階は1000平方メートル以上
 ・4階以上10階までの1500平方メートル

 と有ります。
 
  建築物を建てる前に、地域の消防署へお伺い(届け出)して、
 該当規則に見合った防火(消火)設備を設置しなければなりません。
 床面積等が該当しなければ、設置の義務はありませんが、
 場合によっては、消防署の「指導」が出るケースも出て来ます。
 また、自治体によっては消防法令規則よりも、条例で厳しくしている
 場合もあります。

  正確には、地域の消防署の指導に従って下さい。

消防法施行令第12条に
スプリンクラー設備に関する規準があります。
 ドンキホーテのケースは
 別表第一(建築物の用途を明示、用途で防火設備の内容等が決められている)
の(四)に「百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗又は展示場)
該当しますね。

 この内、スプリンクラーが必要になるのは(建家の階数や床面積で決められている)

 ・階数が(地階を除き)11階以上のもの
 ・3000平方メートル以上(平屋以外)
 ・(危険物を指定数量の1000倍以上有ると)300...続きを読む

Q自動火災報知設備工事費は幾ら位するんですか?

我が家は、4階建で1階に店舗と1DKの部屋が7部屋と2DK1部屋ある小さなマンションです。総延べ床面積460m2なんですが、今度の消防改正に伴う自動火災報知設備の取り付けを求められています。入居者も少なく店舗の入居者も無くとても経営が苦しいのですが この設備予算をどれだけ見れば取り付けれる物でしょうか? 
このところ老朽化が進んで修繕工事に追われていてとても金銭的に困っています。なるべく安く上げたいんです。お知恵がありましたなら教えて下さい。

Aベストアンサー

 今回の消防法改正で自動火災報知設備が義務設置になった事業所の方に聞くと、No.2の方が言われているように、100万円前後の見積もりの方が多いような気がします。が、数社の見積もりを取られて検討されるのが良いともいます。また、当座の出費を抑えたいのであれば、松下電工のリース方式があります。6年または7年契約で支払いは方法は月単位です。(私は松下電工の関係者ではありませんので詳細は松下電工に確認してください。リーフレットもあるはずです。)それ以外のメーカーでリース方式を行っているところは今のところは多分無いと思います。
 融資制度については、地元の消防本部に確認されると制度についてある程度は教えてもらえます。しかし、消防機関が融資するわけではないですし、無償貸与ではないので金利も必要となります。
 ところで、消防署の担当者から聞いてみえるとは思いますが、工事依頼をされる時に、住宅部分でも住宅用の感知器では対応できませんので注意が必要な事と消防機関に届出が必要ですので注意してください。


人気Q&Aランキング