漠然な質問で申し訳ないのですがよろしくお願いいたします。
このような質問するわけは、
実は数年前から別居の主人の両親を健康保険の被扶養者に認定していただいてるのですが、被扶養者に認定することで、扶養控除ということになり、税金の控除もあるのでしょうか。初心者すぎる質問で申し訳ないのですがよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足として。



・健康保険の被扶養者と、税金の扶養親族では、認定基準も手続きも別です。

・健康保険の被扶養者になっている(ので保険料の負担がない)ことを「控除」とはいいません。
「控除」という言葉の意味を国語辞典でお調べください。
※税法には「社会保険料控除」というものがあり、社会保険料を負担した納税者の税額計算の際に適用されます。

・勘違いしている人が多いですが、「扶養控除」は、「家族を扶養している人」に適用されるものです。「扶養されている人」に適用されるものではありません。

この回答への補足

うまく言い表せないのですが、こちらは健康保険の被扶養者の手続きしかしていないのですが、税額の通知書を見る限りでは所得控除の扶養親族該当区分に老人→2と表示されているので1人あたり38万円の控除があるというでいいのでしょうか。
実は主人の両親と同居している兄から、こちらから望んで被扶養者の手続をしているわけではないのに(こちらは控除を受けたいわけではなく、主人の両親が途切れることなく医療費が保険で受けれるようにしてほしいとの希望で手続きしただけ)控除を受けているので控除された分のお金を送って欲しいといわれて困っています。兄は1年更新の職場で働いているので毎年手続きすると手続きの関係上1ヶ月くらい保険証が使えない時期ができ、医療費に負担がかかるらしいので、こちらで扶養の手続きをしていたのですが、扶養手当があるだろうとか(昔はあったのですが今はありません)こちらがその分税金があがったからその分を送れとか言われます。払うにしてもどのくらい払うものなのかもまったくわかりません。よろしくお願いいたします。

補足日時:2006/12/17 12:28
    • good
    • 0

まず扶養といっても健康保険と税金では別だと言うことです。


それから税金の扶養は法律で決まっていますが、健康保険の扶養は法律で決まっているわけでなく各健保組合がそれそれの規約で定めているので、基本的には各健保組合で異なると考えてください。
そこで所得税の扶養控除ですが下記の参考URLを見てください。
その中の「どういう人が扶養親族になりますか」にかいてあるように四つの条件総てがクリアできるかということです。
1,4は問題なくクリアされると思います。
2は「やむを得ず同居できない場合は生活費の出所などで生計を共にしている」というところがどうでしょうか、生計を共にしているというのはいわば離れて暮らしていても財布を一緒にして生活していると言う意味で恐らくクリアできると思うのですが(ここらへんは健康保険も似たようなものですから、そちらでクリアできればこちらもクリアできると思うのですが)。
さて問題は3です。
そこに出ている所得金額というのは収入から所得控除を引いた金額です、所得控除の金額が色々な場合によって異なるので以下は収入金額で話をします。
両親がそれぞれ働いている場合は収入が103万以下であること(所得控除が65万なので所得金額が38万円以下になる)。
両親が老齢年金をもらっている場合。
65歳未満だと108万円以下であること(所得控除が70万なので所得金額が38万円以下になる)。
65歳以上だと158万円以下であること(所得控除が120万なので所得金額が38万円以下になる)。
ということですのでこれをクリアできるかということです。
ちなみに健康保険では、今後1年間の収入の見込みがが(上に書いたように各健保組合により規約が異なりますのであくまでも一般的なモデルケースです)
60歳未満だと130万円未満
60歳以上だと180万円未満
ですのでかなり違ってきますがどうでしょうか、健康保険では扶養になれるが税金の面では扶養になれないということもありえます。

参考URL:http://inaguma.cool.ne.jp/susume-migino18.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLが参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/17 12:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q被扶養者・任意継続者の住民税・所得税について

今年2006年11月末日で退職した27歳現在妊娠中の者です。
2007年5月8日出産予定で、健康保険については現在任意継続中です。
そして、雇用保険受給申請中です。
11月までは4年間働いており、月額が交通費込み額面で240000円ぐらい、交通費なし額面235000円でした。
雇用保険は第一回目の認定日が1月5日とのことで、それから一週間後ぐらいに実際に振り込まれる、とのことです。
ここで質問です。

(1)この場合、雇用保険受給までの間、年金は第3号加入可能でしょうか。もちろん、雇用保険受給は収入が一定額を超えることになりますので、1号の加入義務を認識しておりますが・・・。第3号加入は、いつからいつまで可能で、どのように手続きをしたらよいのか全くわかりません。

(2)出産後は出産手当金と出産一時金受給後、任意継続の支払いを辞め、(あえて払わずにとめる)主人の扶養にはいる予定なのですが、いつから扶養に入ることができますか??また、年金はいつ1号から3号にすることができますか。
 産後57日目にすぐ手続きできるのでしょうか。

(3)住民税について
 任意継続中はいつからいつまでの分をいつまでにいくら払わなければなりませんか。
 また、主人の扶養に入った場合はどうなりますか。

(4)所得税について
 任意継続中はいつからいつまでの分をいつまでにいくら払わなければなりませんか。
 また、主人の扶養に入った場合はどうなりますか。

質問だらけで申し訳ありません。
出産手当関係のことに関しては、来年の法律改定のこともあり、
かなり勉強したのですが、住民税・所得税のことについては調べてもよくわかりません。
どなたか、なるべく噛み砕いてご回答頂けましたら幸いです。
よろしくお願いします。

今年2006年11月末日で退職した27歳現在妊娠中の者です。
2007年5月8日出産予定で、健康保険については現在任意継続中です。
そして、雇用保険受給申請中です。
11月までは4年間働いており、月額が交通費込み額面で240000円ぐらい、交通費なし額面235000円でした。
雇用保険は第一回目の認定日が1月5日とのことで、それから一週間後ぐらいに実際に振り込まれる、とのことです。
ここで質問です。

(1)この場合、雇用保険受給までの間、年金は第3号加入可能でしょうか。もちろん、雇用保険受給は収入が一定額...続きを読む

Aベストアンサー

 ANo.3です。

■健康保険や年金の「加入月」「喪失月」の判断は月単位で行うこととされています。

■雇用保険と出産手当金は何れも非課税ですが、社会保険上では収入とみなされます。

 以上から、

>月収が108,333円以下になった月というのは、私の場合、産後56日を過ぎた月、という認識で間違いないのでしょうか。
 そうすると産後57日目は7月にはいりますが、7月分もまだ年金と、任意継続保険料(7月分は7月10日までに納付)を払わなければならないのでしょうか。それとも、出産手当金と出産一時金(出産後に請求)が、
振り込まれた瞬間支払いを止めてしまっていいのでしょうか。

・振り込み日の属する月が、収入月になります。

・「出産手当金」と「雇用保険」の給付額を合わせて、月額108,333円以下になった月からご主人の扶養になれることになります。

・7月の収入月額が108,333円以下でしたら、7月からご主人の扶養となれますので、7月は社会保険料の支払は不要になります。

>おそらくその振込みが7月になることはなく、6月中には振り込まれるのではないかと思うのですが、その場合は7月度から扶養に入ってもかまわないのでしょうか。

・6月に振り込まれるのでしたら、そういうことになります。
 7月には収入がないことになりますので、ご主人の社会保険の扶養者になれますから(3号保険者になれますから)、前月の6月を以って国民年金の保険料の支払が不要になります。

>年金は月単位での支払いではないと聞いたこともあるのですが、

・被保険者期間の計算は月単位ですので、保険料も月単位で支払うことになります。
 ちなみに、国民年金ですと月額13,580円(2005年度)です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%B9%B4%E9%87%91

>そうなるといつからいつまでの分をいつ支払いなのか、余計にわかりません。

・「出産手当金」と「雇用保険」の給付額を合わせて、月額108,333円以上になった月の分から支払が必要になり、その額を下回った月の前月分を以って支払が不要になります。(国民年金法第11条)


■参考法令

[国民年金法]
(資格取得の時期)
第8条 前条の規定による被保険者は、同条第1項第2号及び第3号のいずれにも該当しない者については第1号から第3号までのいずれかに該当するに至つた日に、20歳未満の者又は60歳以上の者については第4号に該当するに至つた日に、その他の者については同号又は第5号のいずれかに該当するに至つた日に、それぞれ被保険者の資格を取得する。
   (中略)
5.被扶養配偶者となつたとき。

(資格喪失の時期)
第9条 第7条の規定による被保険者は、次の各号のいずれかに該当するに至つた日の翌日(第2号に該当するに至つた日に更に第7条第1項第2号若しくは第3号に該当するに育つたとき又は第3号から第5号までのいずれかに該当するに至つたときは、その日)に、被保険者の資格を喪失する。
   (以下略)

(被保険者期間の計算)
第11条 被保険者期間を計算する場合には、月によるものとし、被保険者の資格を取得した日の属する月からその資格を喪失した日の属する月の前月までをこれに算入する。
2 被保険者がその資格を取得した日の属する月にその資格を喪失したときは、その月を1箇月として被保険者期間に算入する。ただし、その月にさらに被保険者の資格を取得したときは、この限りでない。
3 被保険者の資格を喪失した後、さらにその資格を取得した者については、前後の被保険者期間を合算する。
http://www.houko.com/00/01/S34/141.HTM#s2

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S34/141.HTM#s2

 ANo.3です。

■健康保険や年金の「加入月」「喪失月」の判断は月単位で行うこととされています。

■雇用保険と出産手当金は何れも非課税ですが、社会保険上では収入とみなされます。

 以上から、

>月収が108,333円以下になった月というのは、私の場合、産後56日を過ぎた月、という認識で間違いないのでしょうか。
 そうすると産後57日目は7月にはいりますが、7月分もまだ年金と、任意継続保険料(7月分は7月10日までに納付)を払わなければならないのでしょうか。それとも、出産手当金と出産一時金...続きを読む

Q来年の所得税から年少扶養控除や同居特別障害者控除が変わりますが、これは

来年の所得税から年少扶養控除や同居特別障害者控除が変わりますが、これは来年の年末調整時に清算する内容であって、毎月の甲欄の税計算方法が変わるわけではないですね?

Aベストアンサー

詳しくは不明ですが、
税制改正のパンフレットには
来年1月1日以降支払うべき給与からと書いてありますので
来年度用の源泉徴収税額表が国税庁からでるのではないでしょうか。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2010/pdf/01.pdf

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/01.htm

Q「雇用者」と「被雇用者」。雇用者は使用者?労働者?

いろいろな所で、雇用者と被雇用者という言葉が出てきます。
私は今まで
雇用者=雇っている人
被雇用者=雇われている人
だと思っていました。

しかし、総務省統計局の労働力調査を見ていたら
明らかに「雇用者=労働者」でした。
辞書を調べても、「雇用者=雇われている人」でした。

という事は「雇用者=被雇用者」という事になります。
いろいろな場面で「雇用者」という言葉を、使用者として使っていたり、労働者として使っていたりします。

これで混乱は起きていないのでしょうか?
例えば、法律ではこっちの意味で、実務ではこっちの意味みたいなのがあるのでしょうか?

今後、自分が「雇用者」「被雇用者」という単語を使う場合に、自分自身混乱しそうなので、お解りになられる方、お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。
使う時と場合によって意味が変わる言葉というのは結構あります。
今回のご質問もその一例ではないでしょうか。
労働者の数の統計を取る場合、社長といえども何らかの会社の仕事をこなしているわけですから、「労働」自体はしているわけです。
中小の町工場の例などを考えれば判りやすいでしょう。
労務管理といえども、総務部門の仕事の一つですから。

しかし、労使関係などで議論する場合は、使用者が働いていようといまいと、はっきり資格で別けて考えますので、この二つは完全に分離されます。

という事で、時と場合による、のではないでしょうか。

Q健康保険の被扶養者について

両親が自営業を廃業することになり所得がなくなるので、会社の健康保険組合の被扶養者として申請したいと思います。 今後、親が自分名義の土地の売却により一時所得を得た場合にも、被扶養者のままでいることができるでしょうか?
それとも土地を売却した年だけは、国民健康保険に加入しなければならなくなるのでしょうか? 

Aベストアンサー

健康保険の被扶養者の判定は、その時点から後の12ケ月間の収入の見込みで判定します。

この、判定をする場合、被扶養者の年間収入には、一時的なものは算入しないことになっています。
一時的な所得とは退職手当・一時恩恵的なもの・譲渡所得・山林所得・一時所得などです。
したがって、土地の売却は譲渡所得ですから、収入として計算されませんから、貴方の被扶養者として認定は取り消されません。

Q失業保険と健康保険の被扶養者

11月末日で会社を退職しようと考えています。
退職後は旦那の扶養家族(健保・国民年金)に入りたいと思っています。
年収が130万円以上あれば扶養家族にはなれないというのは知っているのですが、「失業保険をもらっていると扶養には入れない」と聞きました。失業保険の給付日額が3,611円以上はダメって書いてあったのですが、これって3,611円を1年間もらい続けたらダメってことですよね?失業給付を1年間もらいつづけるわけではないんですが私の場合は・・・。
計算してみたらギリギリ130万にはならないんです。こういう場合は失業保険をもらっていても、すぐに扶養家族に入れるんでしょうか?パートなども今のところ考えていませんし、私の収入は失業保険からのみです。旦那の収入は結構多い方だと思います。
ちなみに旦那の会社で加入しているのは、政府管掌の健康保険です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

健康保険の場合の扶養の130万円というのは、今後1年間の収入見込みのことですので、1年間もらう見込みでも、そうでなくても、年換算でその金額を超えるのであれば扶養に入れません。

ですから、3,611円を1年間もらい続けたら、と言う意味でなく、現時点でそれだけもらうのであれば入れない、という事です。

失業給付が終わった時点で扶養に入る事になります。

一方の所得税の扶養の方は、給料で言えば、1月~12月の間の収入が103万円以下であれば扶養に入れます。
(こちらは、見込ではなく、暦年の金額です)
しかも失業保険は所得税では非課税になりますので、扶養の判定基礎には入らないので、上記の要件を満たせば失業保険の給付中であっても扶養に入る事は可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報