プロが教えるわが家の防犯対策術!

OC曲線で教えてください。
横軸に不良率、縦軸に合格率まではわかりました。
で、ポアソン分布を仮定し、(超幾何、二項でもいいのですが)分布表から数値を読み取り、エクセルで書いてみると左上の部分が教科書でみるようなOC曲線になりません。(生産者危険のあたり)
東芝さんのこのサイトでも図1-3から図1-4になっていてどこでこうなったのかわかりません。
どなたか教えてください。
http://www.semicon.toshiba.co.jp/shared/reliabil …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

図1-3はロットの合格基準をサンプル中不良品が0個とした場合のOC曲線です。

例えば合格基準を30個のサンプル中不良品が2個以下とした場合、不良率pでの合格率は

 (1-p)^30 + 30C1・p(1-p)^29 + 30C2・p^2・(1-p)^28

となります。これでOC曲線を描くと図1-4のようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
後でエクセルでグラフを書いてみます。
統計はわかったつもりでわかっていないことだらけです。
日々使うことと、「慣れ」が必要と感じます。
ご返答、本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/12/17 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工業製品の抜き取り検査のN数の決め方

実際に今起きている話ですが、例えばあるロットの一部を1箇所切り出して測定し、規格10以下に対して9であったため合格として納入したところ、客先で同じロットの別の場所からサンプリングし、検査した所、11であったらしく、このロットはNG扱いとなってしまいました。流出防止策として、安易な考えで”ロットの一部を1箇所切り出して測定し、8以上の場合は再サンプリングして判定する”としましたが、統計的に、再度サンプリングするための閾値の決め方やN数の決め方はどのようにすべきでしょうか?検査の工数増をできるだけ避けたいので、むやみやたらとN増しは行いたくなく、かといって仮に数十箇所測定して1箇所だけ規格外があっても、工場としては納品したいのが本音です。工場、客先双方が納得できる落としどころがあればよいのですが。

Aベストアンサー

今回の質問の前提条件を確認したいです.

抜き取り検査が許されているということは,普通は工程能力が十分あることが
確認されていると思います.そうでなければ抜き取り検査ではなく,全数検査する必要が
あるはずです.

今回の結果は「11」とは,規格上限に対して外れていたということでしょうか.
それとも規格上限には余裕があった上で,取り決めた数値に対して外れていたということ
でしょうか.(そうでなければ品質管理としては理屈がなっていないですが)

先ずはこの製品の工程能力がどんなものかそれがスタートです.



>仮に数十箇所測定して1箇所だけ規格外があっても、工場としては納品したいのが本音です

気持ち的には分かるところもありますが,こんなことを了解していては品質管理が分かっていない,
もしくは無視していることにしかならないと思いますが.

QJIS/ISO規格に基づくサンプル数の考え方・決め方

部品の温度上昇に関する試験依頼がありました。
サンプル数については依頼がありませんでしたが、
ISO規格、JIS規格等に基づく根拠を明確にして
説明することが求められています。

ISO規格、JIS規格に基づくサンプル数の決め方、計算方法、
根拠等についてアドバイスいただきますようお願い申しあげます。

Aベストアンサー

以下に詳細がありますのでご覧下さい。
http://homepage1.nifty.com/QCC/2003-3.html
http://aql.blog19.fc2.com/blog-entry-15.html

業務なら
「JIS Z 9015」そのものをご覧になられては
いかがでしょうか?

QAQLとはなんですか?

いろいろウェブサイトを見てみたんですがなんかしっくりきません。
"具体的"にその目的はいったいなんなんですか?
うまくご説明できる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 回答(2)ですが、勢いでうっかり間違って書いてしまった部分があり、訂正します orz

 AQL2.5は、抜取検査でロット合格判定をしても不良が含まれる確率が2.5%ありえるという意味です。このように訂正して理解ください。ごくふつうにはAQL5か、AQL2.5がよく使われます。AQL5なら、その抜取検査でロット判定しても不良が含まれる確率は5%と見込まれる、ということです。

Q統計学  生産者危険と消費者危険

統計学で統計的検査において「生産者危険」と「消費者危険」というものがあると思いますが、その2つのことがよく分かりません。
どなたか知っていましたら、その2つのことについて、できれば、例を用いて教えてくれないでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

この二つについては知りませんが、もしかして、αとβのことでしょうか。
αは「A:慌て者の間違い」とも呼ばれ、良品であるのに不良品と判定する誤り率です。
βは「B:ぼんやりものの間違い」とも呼ばれ、不良品であるのに良品と判定する誤り率です。

Q英語で「個数」「件数」は?

質問は単純です。
英語で「個数」や「件数」をなんというか、です。

とりあえず、思いついたのは、numberでした。
たとえば、「りんごの個数」は"a number of apples"ですか?
でも、"a number of"は「いくつかの」という意味ですよね。

「データの件数」は"a number of data"でしょうか?

私は英語はほとんど出来ませんが、numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

>「個数」や「件数」をなんというか、です。
>とりあえず、思いついたのは、numberでした。
意外に思われるかもしれまんせんが、語の選択はnumberであっています、と思います。

>「りんごの個数」
the number of (the) apples

>「データの件数」
the number of (the) data

>numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。
実は、昔、私も、「個数や件数はなんていうのかな、え、number? え、本当?」と、奇異に感じたことを、思い出しました。


人気Q&Aランキング