喪中の年賀状について質問させて下さい。
主人の祖父が今年の9月に98歳で亡くなりました。
主人の祖父・主人の両親・主人という3世帯は
各自、遠方の別々に住んでおります。

「喪中につき新年の挨拶は・・・・」という寒中ハガキは
今更出しても皆様既に年賀状は発送しているものと思いますので、
年賀状を普通に出そうと思っていますがおかしいでしょうか?

そして、主人の両親・兄弟も含め、
お互いの親族のうち祖父の逝去を知っている方にのみ
<寒中お見舞い申し上げます>と題したハガキを年賀状代わり
に出そうと思っています。
文章は、
「ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に、
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。平成19年1月」
と記載しようと思っていますがおかしいでしょうか?
また主人側の両親にはこれすらも不要なのでしょうか?

また、当の主人は、全ての年賀状に「祖父が永眠しました・・・」
という言葉を添えないといけないと言っておりますがどうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

亡くなられたのが9月でしたら、喪中欠礼状を用意される余裕は充分にあったと思いますが(私の母が亡くなったのも9月でしたし、祖母は10月に亡くなりましたが、喪中欠礼状を用意する余裕はありましたから)、そのお考えは全くなかったということですよね。


地域・ご家庭によっては、亡くなられたのが同居されていないご祖父さまならば、「年賀状を出してもよい。」とされるところもあるようなので、親族以外には年賀状を出されてもよろしいかとは思いますが、年賀状に「祖父が永眠しました・・・」と入れるのは、はっきり申し上げて非常識です。
ご主人が笑われ、謗られるだけですので、やんわりと「せっかくの年賀状の中に『不幸』に関することは入れない方がいいのでは?」と窘められるとよろしいのではないでしょうか。

なお、「喪中につき新年の挨拶は・・・・」というものは、「寒中ハガキ」ではなく「喪中欠礼状」といいます。
また、12月は「寒中」ではありません。
「寒中」は、寒の入りから寒明けまでの約30日間のことで、二十四節気の「小寒(1月6日ごろ)」から「立春(2月4日ごろ)」の間を言い、その間に出す挨拶状を「寒中見舞い状」と言います。
ご質問者さまがおっしゃっている
> <寒中お見舞い申し上げます>と題したハガキ
がそれです。
ただし、寒中見舞い状を出すのは、「松の内(門松を飾っておく、元日から7日まで)」は避けますので、#4さんがおっしゃるとおり「1月7日以降=松の内が明けてから」ということになります。
ですから、身内の不幸には全く触れずに年賀状を出すか、そうでなければ、年賀状は出さずにおいて年賀状を頂いた方に対して1月7日以降に寒中見舞い状を出されるとよろしいでしょう。
#4さんがおっしゃっているとおり、寒中見舞い状にならば、ご祖父さまが亡くなったこと、それゆえに年賀状を出せなかったことを書かれても差し障りはありません。

> また主人側の両親にはこれすらも不要なのでしょうか?
親族には喪中欠礼状が一般的なので、寒中見舞いは出しません。
    • good
    • 1

おめでたい年賀状に祖父が永眠しましたなんて書かれていたらギョッとします。

止めておいた方が良いと思いますよ。調べるまでも無くマナー違反だと思いますから。

年賀状代わりに寒中お見舞いを出すのもおかしいです。
寒中お見舞いは1月7日以降に出す物ですから、それが松の内に届いたら「何これ?」と思います。特に年配の方には常識を知らないと思われるかもしれません。

主人は自分の父親が亡くなった時も普通の年賀状を出しましたよ。会社の人には関係ないことだからと。
親族にだけ喪中葉書を用意しました。

ですので、年賀状を頂いた方には松の内が明けてから

寒中お見舞い申し上げます
寒さはこれからが本番ですが、皆様にはお変わりございませんか。
祖父の喪中のため年始のご挨拶を差し控え、失礼いたしましたが、今年もなにとぞよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。

と寒中お見舞いを出されれば良いと思います。
この場合、親族には不要じゃないでしょうか?
文例は幾らでもネットで検索出来ますので、参考になさったら良いかと思います。

ただ、12月に入って急に亡くなられたわけではなく9月に亡くなられているのに喪中葉書が間に合うように出せない、届かないということにご親族は違和感をもたれるかもしれないですね。喪中葉書ならご親族様にも出すはずですから…
    • good
    • 0

あなたが年賀状をもらったとき、○○が永眠しました・・・


の文言があったらどう思いますか?いい気分ですか?
普通は相手に失礼です。

そうならないためにも喪中の連絡にて賀状を遠慮するものです。
仰るとおり、いまさら喪中の連絡をするのは失礼に当たるので、
祖父の死を知らない人へこそ寒中見舞いではないでしょうか。または、
何事もなかったように普通の年賀状を出してください。

一般的には、親戚同士であっても喪中ハガキは出します。
寒中見舞いは、不幸があったので年賀状は控えさせていだだきました。
という意味なので、親戚には不要ではないでしょうか。
    • good
    • 0

No1のmerlionXXです。

今、気づきました。

「ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に、
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。平成19年1月」

は、おかしいでしょ?
昨年中に賜わりました・・・・
本年も変わらぬご厚誼・・・ですよね?平成19年1月なんですから。
    • good
    • 0

mesomeso1さんのお考えで間違っていないと思います。



ただ、もし義父母様がうるさいかたであったら、9月になくなっているのに何で早いうちに喪中欠礼がだせないんだろうと訝るかもしれません。
だからわたしなら義父母様には出さないでおきます。

> 当の主人は、全ての年賀状に「祖父が永眠しました・・・」
> という言葉を添えないといけないと言っておりますが

そんな非常識な「年賀状」が届いたら普通の方は仰天するでしょうし、うるさいかたなら新年早々縁起でもない年賀状をよこした不届き者と怒るでしょうね。やめさせましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q祖父の遺産相続について

孫として遺産をもらう権利はありますか?その場合はどのような場合になるのでしょうか?
私の祖父は10年近く前にがんで亡くなりました。祖母も今元気で生きており、子は母を含めて3人おります。
また、私を含めた孫はその当時5人おりました。(現在は7人です)
その当時は私も幼かったので、遺産などにあまり興味はなかったのですが、祖父の遺産は会社を経営しており土地なども多かったので最近になって孫として遺産はもらえるのか気になり、祖母や叔母、母親にさりげなく聞いたところ
母「少しはもらった」
叔母「もらっていない」
祖母「少しは子供に渡した」
と言っていました。私がまだ学生なのもあるのか、なかなか詳しいことも教えてもらえません。かと言って、遺産に固執していると思われるのも嫌なのであまりつっこんで聞くことができません。ただ、祖父は末期がんだったので遺書を書く時間はあったはずですが、実際遺書があったかどうかはわかりません。
孫として遺産はどれくらいあったのか知る権利は法律的にありますか?



*祖父には私が初孫だったのもあり、孫の中でも思春期に入るまではすごく可愛がってもらっていました。
今朝、祖父が私を呼び出して「おまえにも遺産相続する」と言われる夢を見ました。その時祖父を抱きしめた感覚が普段の夢と違って、なにか私もしないといけないのではないかと思い、投稿させてもらいました。
大好きだった祖父が私に残してくれたものがあれば・・・・と思います。
できるだけ詳しく教えてください!!
宜しくお願いします。

孫として遺産をもらう権利はありますか?その場合はどのような場合になるのでしょうか?
私の祖父は10年近く前にがんで亡くなりました。祖母も今元気で生きており、子は母を含めて3人おります。
また、私を含めた孫はその当時5人おりました。(現在は7人です)
その当時は私も幼かったので、遺産などにあまり興味はなかったのですが、祖父の遺産は会社を経営しており土地なども多かったので最近になって孫として遺産はもらえるのか気になり、祖母や叔母、母親にさりげなく聞いたところ
母「少しはもらっ...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら、質問者には何一つ権利はありません。
10年前に揉め事もおこらず、円満に分割協義が整っていると推測されます。

あと数十年後、お母様がお亡くなりになられた際には、お母様の財産は質問者様にも権利があります。

>>今朝、祖父が私を呼び出して「おまえにも遺産相続する」と言われる夢を見ました。

 →祖父が可愛がってくれたという、金銭的財産よりも素敵な、思い出  という財産を残してくださったのですね。
  ぜひ、頻繁に墓参りでもして、祖父のご冥福を祈って下さい。
 

Q寒中見舞いは年賀状の代わり、だけ?

今年の年明け早々に祖父がなくなりました。長く療養しており90を超える年齢だったことなどから、義母と伯母(祖父の娘)は自分達も年賀状を出すから私達も出してよいと言われています。なので喪中ハガキは用意していませんでした。この場合、タイトルの質問とおおまかに二人の相手にどうしたらよいか、アドバイスお願いします。

今日、義母の弟にあたる伯父から喪中ハガキが届きました。
1:伯父に対して
先方から受け取ったあとに喪中ハガキを送っても失礼ではないでしょうか?(喪中ハガキすら頭になかったので、こちらとしては後ろめたい気持ちも)。それともこのまま喪中ハガキは出さず、寒中見舞い(子供の写真入りなど)で良いしょうか?
喪中ハガキを出した伯父夫婦はしきたりなどにうるさい人ではなく、とてもあたたかくて面白い性格の人です。でも伯父夫婦がほとんどすべての介護を引き受けていたし、私としては嫁なので、ある程度は礼儀といいますか、大人としてキチンとしたいのです。

2:伯父の息子夫婦に対して
今年結婚しました。こちらの新婚さんからはまだ喪中ハガキは届いていません(伯父のことですので、喪中ハガキは要らない・結婚報告兼ねて年賀状を出しても良いと言っているかも知れません)。
こちらには喪中ハガキは出さずに、寒中見舞いを送ろうと思っています。「あけましておめでとう」を「寒中見舞い」に差し替えるだけにして、結婚おめでとうなどのメッセージを書くつもりです。
伯父からは喪中ハガキをもらっていますが、息子夫婦への対応はこんな感じで大丈夫でしょうか?

3:また、寒中見舞いは、ズバリ年賀状の代わりとなるのでしょうか?例えば12月半ば~年末あたりに届くように寒中見舞いハガキをだすのは間違ったことなのでしょうか?

以上、細かいことですが、アドバイスお願いします。

今年の年明け早々に祖父がなくなりました。長く療養しており90を超える年齢だったことなどから、義母と伯母(祖父の娘)は自分達も年賀状を出すから私達も出してよいと言われています。なので喪中ハガキは用意していませんでした。この場合、タイトルの質問とおおまかに二人の相手にどうしたらよいか、アドバイスお願いします。

今日、義母の弟にあたる伯父から喪中ハガキが届きました。
1:伯父に対して
先方から受け取ったあとに喪中ハガキを送っても失礼ではないでしょうか?(喪中ハガキすら頭になか...続きを読む

Aベストアンサー

1:伯父に対して

文面からは、伯父さん、叔母さん、姑さんらを同格に考えているようですが、葬儀での喪主、四十九日以降の法事で施主を務めた人と、それ以外の人とは、たとえ兄弟姉妹であっても、同列に論じる必要はありません。
たぶん、ご質問文で言う伯父さんが、喪主・施主となられたのかと思いますが、伯父さんは喪に服すが、他の兄弟姉妹は失礼させてもらうと言うことです。

>先方から受け取ったあとに喪中ハガキを送っても失礼…
>私としては嫁なので、ある程度は礼儀といいますか、大人としてキチン…

姑さんが、「既に喪は明けた」とお考えなのに、その息子の嫁に過ぎないあなたが、喪に服すのは、礼儀を失する行為であり、大人の対応ではありません。

>こちらの新婚さんからはまだ喪中ハガキは届いていません…

親戚間での冠婚葬祭は、結婚して別の世帯を構えたときから、親とは独立してお付き合いします。
従兄弟さんは、伯父さんとは別世帯で、故人から見れば一代遠いのです。親が喪に服しているからと言って、その子供まで喪に服しているとは限りません。

>こちらには喪中ハガキは出さずに、寒中見舞いを送ろうと…

あなたは喪に服さないし、従兄弟さんからも年賀欠礼のはがきが来ていないのに、年賀状を出さないのはおかしいです。

>寒中見舞いは、ズバリ年賀状の代わりとなるのでしょうか…

年賀状は「新年のあいさつ」、寒中見舞いは「冬のあいさつ」です。まったく別物です。ていねいな人は、年賀状と寒中見舞いの両方を出します。
夏に「暑中見舞い」を出すのと同じです。年賀状を出さなかったから暑中見舞いで代用するなどという人はいないのと同じで、寒中見舞いは年賀状の代用ではありません。

>12月半ば~年末あたりに届くように寒中見舞いハガキをだすのは…

大きな間違いです。
寒中見舞いとは、「寒い季節」のあいさつではありません。暦で言う「寒」のあいさつです。
平成18年で言えば、「小寒」は1月5日、「大寒」が20日、「立春」が2月4日です。
寒中見舞いは大寒の前後 1週間を目途に、遅くとも立春の前日までには届くように出します。

1:伯父に対して

文面からは、伯父さん、叔母さん、姑さんらを同格に考えているようですが、葬儀での喪主、四十九日以降の法事で施主を務めた人と、それ以外の人とは、たとえ兄弟姉妹であっても、同列に論じる必要はありません。
たぶん、ご質問文で言う伯父さんが、喪主・施主となられたのかと思いますが、伯父さんは喪に服すが、他の兄弟姉妹は失礼させてもらうと言うことです。

>先方から受け取ったあとに喪中ハガキを送っても失礼…
>私としては嫁なので、ある程度は礼儀といいますか、大人としてキ...続きを読む

Q子が生活保護の場合、遺産は孫にいきますか?

父親が生活保護受給者です。
この間父親の父(私の祖父)がなくなり、遺産が数百万でした。
父親は一人っ子です。
私は孫の立場です。
遺産は孫の私にももらえないのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>父親が生活保護受給者…

だからといって法定相続人から廃除されるとは、どんな法律にも書いてありません。

>遺産が数百万でした…

父はそのお金を今後の生活費に充て、生活保護を返上するだけです。

>遺産は孫の私にももらえないのでしょうか…

父があげると言わない限り、もらえません。

Q今年の年賀状→来年の年賀状に交換は可能?

今年の年賀状(未使用)が死ぬほど余っています。
5円の手数料で年賀状→官製はがきに交換は可能のようですが、
これを来年の年賀状に交換することは可能なのでしょうか?
・・・やはり無理でしょうか?

余った年賀状の使い道は何かないものでしょうか???教えて下さい。

Aベストアンサー

元・郵便局員です。

残念ですが、今年用の年賀はがきから来年用の年賀はがきへの交換はできません。(区別して取り扱われます。)
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/hagaki/kaki_sonji/index.html

今年の年賀はがきから交換可能な郵便商品につきましては、
・通常郵便切手(お祝い用・お悔やみ用を含む)
・通常郵便はがき
・郵便往復はがき
・くじの付いていない郵便はがき
・簡易書簡(ミニレター)
・定形小包包装物(EXPACK500用封筒)
となります。
交換の手数料が提出されるはがき1枚について5円かかりますので、
私が過去に同様のことがあり、実際に行ったのは、お祝い用の50円切手と交換し、年賀状を私製はがきで作成、その切手を使用して差し出しました。

Q孫が受取る祖父の死亡保険金の扱いについて

以下のような場合の税金について教えてください。

老齢の祖父が2000万円の一時払い終身の生命保険に入るとします。死亡時の受取額は掛金よりも少しだけ多くなる程度です。

被保険者は祖父、保険料の負担者も祖父、保険金受取人は成人の孫1名(長男の子供)。
祖父の配偶者は他界、祖父の実子は3名で、すべて生存している、孫は合計6名。
祖父の資産は保険の2000万を含めて合計8000万円とします。

このケースでは、祖父死亡時に保険金受取人の孫の税金はどうなりますか?

次のような解釈でよろしいでしょうか?
1.受取人が孫の保険に入っていない場合は、相続は子供3人ですから、8000万円の遺産では相続税はゼロだと思います。

2.受取人が孫の保険に入っていた場合は、残りの6000万円については当然相続税はゼロですが、孫が受け取った保険金2000万円の扱いはどうなるのか知りたいところです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>2000万円を受け取った孫は、雑所得や一時所得や贈与税については無関係なのでしょうか?

あくまでも、保険料負担者でもある被保険者の死亡に伴い受け取る保険金ですので、相続税の課税対象にしかなりません。
(もちろん、その受け取った保険金を孫が誰かに渡せば、もらった人が贈与税の課税対象となりますが)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1750.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4114.htm

ただ、法定相続人ではないため、500万円×法定相続人の数、の非課税の適用はありませんが、全ての課税価格の合計額が、遺産に係る基礎控除額以下であるならば、結果的には相続税はかかってこない事となります。

Q書き損じ年賀状→新品年賀状に交換不可と言われました

去年の12月中旬頃ですが、書き損じた年賀はがきを郵便局に持って行って
新品の年賀状に交換をお願いしたのですが、
通常はがきには交換できるが、年賀はがきには交換できない、と言われました。
(切手面の汚損等、持参したはがきに問題があるというのではなく、
年賀はがき→年賀はがきの交換自体ができないという事でした)

年賀状自体は普通に販売していましたし、
郵便局のサイトを見ても、販売期間中ならば交換できるとあるので
できないと言われた理由がわかりません。
結局交換ではなく新規に年賀状を購入したのですが、書き損じたはがきは残ったまま…
日頃はがきや切手を使うことがないので、ここで年賀はがきに交換して使用できなかったことで
非常に損をした気分です。

本来はできるはずの年賀はがき→年賀はがきの交換が、
この時できないと言われた理由として何が考えられますでしょうか?
ちなみに当該郵便局は地域を管轄している大きめの郵便局です。

Aベストアンサー

販売期間終了後に年賀はがき→年賀はがきの交換ができないのはわかりますが、販売期間中だったのに交換してもらえなかったのは謎ですね。

1、対応した郵便局員は年賀はがきを年賀はがきに交換はできない。って部分だけ覚えていて販売期間内なら交換できることを知らなかった。

2、あなたの持参した書き損じ年賀はがきが今年用(23年用)ではなかった。
過去の年賀はがきを今年の年賀はがきには交換できません。

まぁ、2はないと思いますが念のため…

Q孫への遺産相続の流れについて

祖父(故人)名義の不動産があります。祖母は亡くなっています。子供は3人、私の父が長男ですが数年前に亡くなっています。現在私がその不動産に居住しておりますので、残りの子供、つまり私の叔父、叔母はその祖父名義の不動産を私が相続することに快く同意しております。

一度に孫である私が相続することはできないと思うので、ふたつ遺産分割協議書を作成しようと思います。

まずは祖父の死亡による遺産分割協議書。最初に祖父の遺産(不動産)は全部父が相続するという遺産分割協議書の作成をすればよろしいでしょうか。その場合、叔父、叔母の二人が遺産分割協議をし、「すでに死亡してしまっているが」父が相続する、という内容でよろしいでしょうか?すでに亡くなった人がはたして法的に遺産を相続できるのか、という疑問があります。遺産分割協議書の日付は今現在でも大丈夫でしょうか?

上記で問題なければ、今度は父の相続人である、私と母、私の兄弟で遺産分割協議をして、私が父の遺産を相続するという流れで正しいでしょうか?つまり、祖父の遺産は、父が亡くなった状態でまず父が相続して、その後私が父から相続するという流れで正しいか、ということです。アドバイスよろしくお願いします。

祖父(故人)名義の不動産があります。祖母は亡くなっています。子供は3人、私の父が長男ですが数年前に亡くなっています。現在私がその不動産に居住しておりますので、残りの子供、つまり私の叔父、叔母はその祖父名義の不動産を私が相続することに快く同意しております。

一度に孫である私が相続することはできないと思うので、ふたつ遺産分割協議書を作成しようと思います。

まずは祖父の死亡による遺産分割協議書。最初に祖父の遺産(不動産)は全部父が相続するという遺産分割協議書の作成をすればよろし...続きを読む

Aベストアンサー

お礼への返信

(1)署名捺印する人
祖父の相続人の中で今現在も生存している者ではありません。
祖父の相続人で既に無くなっている人がいれば、その相続人も署名捺印します。
また、質問者様・お母様もお父様の相続人ですから署名捺印します。
質問者様の兄弟も署名捺印します。

(2)日付は現在で構いません。

(3)遺産分割協議書の内容
日付け 現在
タイトル 遺産分割協議書
内容
昭和何年何月何日被相続人A(祖父)の死亡によって発生した相続につき、昭和何年何月何日下記のとうり遺産分割協議が成立したので、今般これを文書とする。
被相続人A(祖父)の死亡によって発生した相続により、下記不動産は、B(父)が相続する。
 不動産の表示
登記情報をとりよせ、地番・家屋番号を明確に記載してください。

上記遺産分割協議が成立したので、ここに相続人全員が署名捺印する。

補足

ご自分で申請とのこと。
一番やっかいなのは、祖父の戸籍を15歳頃までさかのぼって取り寄せることです。
祖父ですので、戦前の旧民法の時代と思われますので、役所の窓口でよく説明を聞いて、教えてもらってください。
戸籍の流れは、お父様の現在戸籍、平成の改正原戸籍、昭和の改正原戸籍、そして祖父の除籍、分家していれば、本家の戸籍というような状態です。
市区町村が合併したり、名称が変わっていたりしますので、現在どこの市区町村の管轄かを調べないと申請できません。
役所の窓口で、そこも教えてもらってください。
分からないときは、法務局の相談コーナー、もしくは司法書士会の無料相談もあります。

戦前の戸籍を読むのも社会勉強ですので、面白いかもしれません。
万葉仮名など出てきますから、本屋さんでは得られないものがあります。

お礼への返信

(1)署名捺印する人
祖父の相続人の中で今現在も生存している者ではありません。
祖父の相続人で既に無くなっている人がいれば、その相続人も署名捺印します。
また、質問者様・お母様もお父様の相続人ですから署名捺印します。
質問者様の兄弟も署名捺印します。

(2)日付は現在で構いません。

(3)遺産分割協議書の内容
日付け 現在
タイトル 遺産分割協議書
内容
昭和何年何月何日被相続人A(祖父)の死亡によって発生した相続につき、昭和何年何月何日下記のとうり遺産分割協議が成...続きを読む

Q光沢ハガキで年賀状

写真入りの年賀状を送るために、家電ショップで光沢ハガキを購入しましたが、宛名面には郵便はがきと記載されています。 年賀状として出す場合、手書きで年賀と書く意外で良い方法があれば教えてくださいm(__)m
年賀というスタンプを押そうかと考えているのですが・・・。
あと、切手も一枚一枚貼らなくてはいけないので別納郵便にしようと思ったのですが、年賀状で別納って変?!ですか?? 教えてくださーーい。

Aベストアンサー

> 切手は、年賀用のものがあるので

#2さんがご紹介されているように、年賀切手にも年賀ハガキ同様「お年玉付年賀切手」というものがあります。
それが残っているといいですね。
私も光沢ハガキを使っての年賀状(私の場合は写真ではなく自作のグラフィックイラストですが)を出しますので、10年以上、この「お年玉付年賀切手」を使っています。
毎年だいたい12月15日に発売になります。来年以降のご参考までに(官製の光沢紙年賀はがきは発行枚数が少ないので)。

気分的な問題ですが、料金別納スタンプはやめた方がいいと思います。
ハガキの表面は、郵便番号枠以外は「白地に黒文字」ですから、せめて切手で華やかさを増されてはいかがでしょう。

「年賀」の文字ですが、スタンプがあるのであれば、それも楽ですが、私はハガキの表面に「年賀の文字だけ印刷します」。
ワードでだいたいの位置合わせをして「年賀」の文字だけ入れて印刷します。
「年賀」の文字だけなので、使うインクも少しですし、スタンプを押して乾かしているより、時間も場所もとりませんよ。

Q遺産相続の相談です。先日祖父がなくなり、少しばかりの遺産があります。

遺産相続の相談です。先日祖父がなくなり、少しばかりの遺産があります。
両親が早くになくなり、祖母と孫3人がいてます。祖母は私の近くに住んでいて、ここ何年も私(既婚)が全て食事から世話をしています。姉は祖父の遺産は、今後の祖母の為に私が全て相続して今まで通りにしてと言われているんですが、兄(既婚)が祖母の面倒をみるので、遺産を全て渡して欲しいと言っています。
私の両親は早くに他界して、せめて祖母だけでもお世話をしたいと思っているのですが、どうしたら兄に説得ができますでしょうか?
どうか助けて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

ご存じかもしれませんが、一応前提として・・・

法律的には、お祖父様の遺産は、お祖母様が二分の一相続し
ご兄弟が六分の一ずつ代襲相続することになり、お兄様以外の協力があれば
法律的には六分の五は、遺産分割協議等で質問者様たちが確保して
お祖母様のために遺産を利用することは可能です。

また、質問者様はお祖母様のお世話を数年にわたってしているとのことですが
お祖父様もお世話をしていたというのであれば、これによって
お祖父様の財産の減少を免れたということで「寄与分」を主張することもできると思います。
そういう意味では、争っても、六分の五以上は質問者様が単独相続することは不可能ではありません。
しかし、争うよりも説得できる方がいいとは思いますのでそれを考えます。

第一に、お兄様と質問者様の地理的条件の違いなどを説明してみてはいかがでしょうか。
もし、質問者様がかなり近所にすんでいて、きめ細やかなお世話ができるのであればそれが一番だと
説得する方法です。
やはり、遠いとでかけるのにも費用・時間がかかりますし、世話が面倒にならないためにも
近いに越したことはありません。
ご老人であれば、緊急の事態も生じますので世話ができる頻度も大切です。

第二には、お祖母様の意見があると思います。
ご質問には、お祖母様がどう思っているかは書かれていませんが
世話を受ける方も気兼ねなく、世話を受けられる方がベストであることは確かです。
無意味に遠慮などをしてしまうと結果として老体に無理がたたるということがありえます。

第三には、お兄様にも、遺産がなぜ必要なのか、その仕様用途ちゃんとはっきりさせることが必要かと思います。
例えば、遺産をお兄様に分け与えて共同相続をした上でその使用用途に基づいて、お祖母様を共同で世話をするということもできます。
ただ、その協議にあたって遺産は、お祖母様の世話のために使うと用途制限を契約しておけば、仮にあとで契約違反をしたときは遺産分割契約の解除や損害賠償請求ができる場合があります。
もちろん、その場合は、損害賠償の額を定めたり、明文化して遺産分割契約をする必要があります。
質問者様がお祖母様のお世話を重視するなら、そのような方法もあると思います。

どのような結果になるにしろ、説得に成功した場合にはちゃんと遺産分割協議をした上で
遺産分割協議書をつくり今後の安全に備えることも大切かもしれません。

ご存じかもしれませんが、一応前提として・・・

法律的には、お祖父様の遺産は、お祖母様が二分の一相続し
ご兄弟が六分の一ずつ代襲相続することになり、お兄様以外の協力があれば
法律的には六分の五は、遺産分割協議等で質問者様たちが確保して
お祖母様のために遺産を利用することは可能です。

また、質問者様はお祖母様のお世話を数年にわたってしているとのことですが
お祖父様もお世話をしていたというのであれば、これによって
お祖父様の財産の減少を免れたということで「寄与分」を主張することもでき...続きを読む

Q古い年賀状と書き損じハガキ

民営化した今でも古い年賀状や書き損じハガキを郵便局に持って行って買取や安く新しいハガキに交換してくれるのでしょうか?もし可能であればいくらだったか忘れてしまったので分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

通常はがきや古い年賀はがき、切手は交換手数料が1枚当り 5円 かかります。
ちなみに、往復はがきの場合は 10円 かかります。
通常はがき、切手などに交換してくれます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報