1970年のアメリカ映画、「いちご白書」(THE STRAWBERRY STATEMENT)ですが、

このタイトルは、どういう意味でしょうか?

「いちご世代」とかいうものと、何か関係あるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。


この映画は1968年、コロンビア大学における学生紛争に関して
一学生であったジェームズ・クネンが執筆した手記
「いちご白書 ~ある大学革命家のノート」が原作です。

「Strawbwrry Statement」とは紛争のさかか、ある学部長の口から出た
「ある問題に関する学生の賛否の表示は、いちごに対する好みの表示と
 同じようなものだとわたしには思えます」というセリフを
学生たちが揶揄して「ストロベリー宣言」と呼んでいたように
記憶していますが…。
手元に本はあるのですが20年近く読み返していないので(汗)。
(角川文庫『いちご白書』 青木日出夫:訳)

時代背景は変わっても、若者の現実世界に対する様々な感覚が
みずみずしく語られるその感性には、現代に通じるものがあるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

角川文庫に入っているんですか。知りませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/30 23:08

「いちご世代」というのは、多分日本の団塊ジュニア世代(団塊の世代の子供世代で、71年から74年生まれを指すことが多い)のことで、今から10数年前に、当時15歳前後だったので、マーケティングプランナーの辻中俊樹さんが「いち・ご」と名付けたものです。


という訳で、映画の「いちご白書」とは直接関係はありません。とは言え、ネーミングの時の参考にはなったかも知れませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「いちご世代」は日本産の言葉だったんですね。
勉強になりました。

お礼日時:2002/04/30 23:09

この映画は学生運動に取り組むアメリカの若者がテーマでしたね。


外が赤で中が白、ということからこのタイトルになったようです。

参考URL:http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/movie.cgi? …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/30 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qばんばんの“「いちご白書」をもう一度”の背景について・・・

ばんばんが歌っていた“「いちご白書」をもう一度”についてお聞きします。
実はこの歌が大好きでよくカラオケで歌うのですが、先日飲み屋さんで歌ったら、
他のお客さんが「この歌詞の意味わかる!??」というようなことを言ってました。
僕は歌ってただけだったので、その話は終わってしまったのですが、いったい
この歌詞には、どんな意味や背景があるのでしょうか?。

Aベストアンサー

昔、ビデオが今ほど普及していない時代では、話題になった映画や人気のある映画は、二流(語弊があるいいかたですが・・・)映画館で月日が経ってから上映されます。

人にはそれぞれインパクトに残った出来事や思い出があり、この歌はそれを映画の『いちご白書』に象徴させているのだと思います。

学生運動が盛んだった時代に生きた『僕』にとって、その当時付き合っていた彼女(多分)と映画を見に行ったあの頃が青春であり、卒業を迎え現実に直面し、髪を切り無精ひげをそり、社会に出て行く・・・それは、普通のことでもあり、何故か寂しいものだったのではないでしょうか?

『いちご白書』が再び上演されることを知り、遠い昔の日々を思い出し、『君』も『僕』のように昔を思い出しているのだろうか?という歌なのでは?

私もこの歌、大好きです。

参考URL:http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/movie.cgi?mid=4515


人気Q&Aランキング

おすすめ情報