いつもお世話になっています!
父のことで相談させてください・・・
私の父は、私が生まれたときはものすごくスタイルもよくナイスガイだったのですが、いつの間にか体重が90キロ近くにまで増えてしまいました。
現在、47歳です。
タバコをやめ、口が寂しいのか、チョコなどをよく食べているようです。
母は心配して料理などを工夫しているみたいなのですが、肉の脂身などが大好きな父にとっては、不満らしく外ではがっつり食べているようです。
そして、寝る前にチョコパイなどを食べています。母が心配して忠告すると逆切れするようで、私が帰った時それを目撃して、「お父さん、寝る前に食べたら太っちゃうよ~」と言ってみましたが、「もう太ってるもん」などと反論され(小学生の屁理屈のようで;)、効果なしです。
最近は、良く噛んで食べてほしいという母の配慮から、白米→玄米にしたそうですが、「健康なのに玄米なんて食べる必要ない」と言われてしまったそうです。
父は、犬の散歩で十分に運動していると思っているようですが。。。
人間ドッグでも、辛うじて健康ランクに位置しているようで、危機感がまったくありません。
健康のためにも、ダイエットに関心を持ってもらいたいのですが・・・
どうしたらいいのでしょうか。
頑固オヤジに効くアドバイスお願いします!

A 回答 (6件)

本人に危機感が無ければ、難しいですね。



太っているのが格好悪いって程度なら良いけれど、食生活の乱れで脳卒中や心筋梗塞の危険性は一気に増えます。もし脳卒中で倒れて運がいいのか悪いのか一命をとりとめても、半身不随や言語障害が残った場合、その後は悲惨です。本人も大変ですが、周りも大変です。

そういうのを他人事と流さない人だったら苦労はしませんよね。。。このまま体重が増えるようであれば、これからも年に一度は人間ドックできちんと検査するしかありません。これは、お父様のためでなく、看病しなければならないお母様のために!

悪あがきとしては、
・入るサイズでパンツ(ズボン)を新しく買い換えない
・「かっこ悪いから」と一緒に歩くのを止める
・座った時に壊れるよう椅子に小細工(危なくない程度に・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
とても画期的なアドバイスをありがとうございます^^
>・座った時に壊れるよう椅子に小細工(危なくない程度に・・・)
爆笑してしまいました!!!
しかし、細工をしなくても椅子がミシミシいってます。
お休みの日なんて、ソファにごろりとしていて、トドみたいで母も困っています。。。
外に連れ出そうとするのですが、自分がやりたいことしか、しないのです。体を動かすのがキライというわけではなさそうなのですが。

お礼日時:2006/12/21 14:54

辛うじて健康ランクとありますが、


最近流行り(?)のメタボリック症候群をご存知ですか。

内臓脂肪型肥満の場合、血糖値や血圧などが病気と言われる範囲になくとも、
糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病になるリスクが高くなるそうです。

健康だからと玄米は食べたがらないそうですが、病気にならないために食事に気を遣うんです。
病気になったら、玄米を食べたくても食べられないかもしれませんし。

説得は難しそうですが、
「息子・娘の結婚式に出られないかもね」、「孫の顔が見られないかもね」、
「孫の成人式にはちゃんと墓参りするからね」
などはいかがでしょうか?(苦笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
恐らく、父は完全にメタボリック症候群に該当していると思います。
>健康だからと玄米は食べたがらないそうですが、病気にならないために食事に気を遣うんです。
本当に、おっしゃる通りです。。。
母がかわいそう。とか、ぼそっと言ったことがあるのですが、全然反省もしてませんでした。
もう、グサッと言うしかなさそうですね。結婚式に。。。
次回帰郷したら、言ってみます。
ありがとうございました☆

お礼日時:2006/12/21 15:08

はてさて・・。

身長も体脂肪率も分かりませんが、肥満体のお父上と受け取ってお話させいていただきます。実際に聞いた話なので、そのまま書きます。
日本糖尿病学会の偉い先生が語ったことですが、『肥満していることと糖尿病は関係ありません。糖尿病とはインスリンが出なくなった状態を云います』と云うことでした。
別の医師は『日本の糖尿病患者はインスリンが出ていないのに アメリカの糖尿病患者はインスリンが出ている。日本とアメリカでは糖尿病に違いがあるのだ』・・と。
笑止千万な話です。しかし、肥満は確実にインスリン(血糖値を下げ、細胞内に糖を運んでエネルギーを作るホルモン)を過剰に放出させ、その時点で糖尿病が始まるのです。そのメカニズムはここでは割愛させていただきますが、肥満とインスリン抵抗性(効率的に働かないと言う意味です)上昇は周知の事実なのです。
それを見過ごす為に、インスリンの出なくなる治らないレベルの糖尿病へと進みます。アメリカではインスリンがたくさん出ている肥満者を糖尿病と診断しているのです。
肥満の害を見過ごされた結果、動脈硬化・高血圧・カルシウム沈着による老化・ある種の癌・栄養素の尿中排泄促進・血糖値の乱高下による心の不安定・糖尿病性網膜症・末梢神経麻痺・心筋梗塞・腎不全等々のリスクは数倍以上になります。
こうした状態を『シンドロームX』と位置づけ、糖尿病による合併症は、肥満などによるインスリン過剰分泌の症候群として捉えられるようになりました。
今、過食を避けて肥満を是正して健全な生活を維持すれば、お父上は将来も健康で前向きな生活を楽しむことができる筈です。
読んでいただいても尚、お父上が今まさに落とし穴に片足を乗せようとしている・・と云う実感を持っていただけなれば 何も言う事はなくなりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり詳しい内容のご回答をありがとうございます。
父の身長は、175センチくらいです。
体脂肪は。。。わかりません。
父は、頑固な上に母の気遣いも跳ね除けるように自分のお金でおやつを買ってまで、食べています。
それもハイカロリーなものばかり・・・。
こちらが半泣きで訴えても、聞く耳も持ってもらえません。
みなさんの回答を見せてあげようと考えています。
自分のこの先のことも、本気で考えてもらいたいです。。。

お礼日時:2006/12/21 15:05

一時的衝動で思いが出ても、意欲(意思の強さ)がないとダイエットや体質改善のような長い期間かけて実現する事は厳しいでしょうね。



よくある「病気になってみて気づく・・」というパターンは悲しいので、同じような体系や性格の人が「元気の裏にはこのような怖い未来が待っている可能性がある」と自分で気づけるドキュメント番組見たいのを見たりすると、少しは自分の事を気にするようになったりするかもですね。
※その同じ様なパターンで悲しくも病気に・・という方には申し訳ありませんが。。「人の振り見て我が振り直せ」は良くある話かと。

PS: 太っている=障害が出る、と一様に言ってしまうのも悪いですが。。可能性は高まるとは言われますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます☆
何かあってからでは、遅いですよね。おっしゃると通りだと思います。
健康に関する番組など、見たりしているものの、まるで他人事のようです。
気をつけなきゃ!っていう風にならないところが、さすが頑固親父という感じで・・・
やはり、お医者さんあたりにグサッと言われないと効き目なさそうです。
そうなると、何かあってからになってしまいそうですが。。。

お礼日時:2006/12/21 15:00

お父さんが一目置いている人物からビシッと


「だらしないぞ」と指摘を受けることが効果覿面でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
一目置いている人。。。それが、周りもみんな太っているようです。。。
なので、皆そろって危機感ゼロです。
このくらいの歳になったら、みんなこうなるんだ!ぐらい開き直ってます。
スリムな偉い人を探して一喝してもらおうと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/12/21 14:56

難しいですね


本人の意思がありますから
お父さんのような性格の人は実際に何らかの病気にでもならないと中々本気で気にしないと思います。
ダイエットの方法ならある程度アドバイス出来ますが
やはり本人の意思ですから
いくら家の中でお母さんが努力しても外では自由ですから
どうしても自分の意思で行動します。
なので残念ですが私ではお力になれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
ご回答ありがとうございます。
そうですよね。やはり本人にしっかりしてもらいたいのですけれども。
何せ頑固で。
今まで大きな病気ひとつしてこなかったので、逆にそれが原因だったりもしています。
困ったものです。。。

お礼日時:2006/12/21 14:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報