いつもお世話になっています!
父のことで相談させてください・・・
私の父は、私が生まれたときはものすごくスタイルもよくナイスガイだったのですが、いつの間にか体重が90キロ近くにまで増えてしまいました。
現在、47歳です。
タバコをやめ、口が寂しいのか、チョコなどをよく食べているようです。
母は心配して料理などを工夫しているみたいなのですが、肉の脂身などが大好きな父にとっては、不満らしく外ではがっつり食べているようです。
そして、寝る前にチョコパイなどを食べています。母が心配して忠告すると逆切れするようで、私が帰った時それを目撃して、「お父さん、寝る前に食べたら太っちゃうよ~」と言ってみましたが、「もう太ってるもん」などと反論され(小学生の屁理屈のようで;)、効果なしです。
最近は、良く噛んで食べてほしいという母の配慮から、白米→玄米にしたそうですが、「健康なのに玄米なんて食べる必要ない」と言われてしまったそうです。
父は、犬の散歩で十分に運動していると思っているようですが。。。
人間ドッグでも、辛うじて健康ランクに位置しているようで、危機感がまったくありません。
健康のためにも、ダイエットに関心を持ってもらいたいのですが・・・
どうしたらいいのでしょうか。
頑固オヤジに効くアドバイスお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

本人に危機感が無ければ、難しいですね。



太っているのが格好悪いって程度なら良いけれど、食生活の乱れで脳卒中や心筋梗塞の危険性は一気に増えます。もし脳卒中で倒れて運がいいのか悪いのか一命をとりとめても、半身不随や言語障害が残った場合、その後は悲惨です。本人も大変ですが、周りも大変です。

そういうのを他人事と流さない人だったら苦労はしませんよね。。。このまま体重が増えるようであれば、これからも年に一度は人間ドックできちんと検査するしかありません。これは、お父様のためでなく、看病しなければならないお母様のために!

悪あがきとしては、
・入るサイズでパンツ(ズボン)を新しく買い換えない
・「かっこ悪いから」と一緒に歩くのを止める
・座った時に壊れるよう椅子に小細工(危なくない程度に・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
とても画期的なアドバイスをありがとうございます^^
>・座った時に壊れるよう椅子に小細工(危なくない程度に・・・)
爆笑してしまいました!!!
しかし、細工をしなくても椅子がミシミシいってます。
お休みの日なんて、ソファにごろりとしていて、トドみたいで母も困っています。。。
外に連れ出そうとするのですが、自分がやりたいことしか、しないのです。体を動かすのがキライというわけではなさそうなのですが。

お礼日時:2006/12/21 14:54

辛うじて健康ランクとありますが、


最近流行り(?)のメタボリック症候群をご存知ですか。

内臓脂肪型肥満の場合、血糖値や血圧などが病気と言われる範囲になくとも、
糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病になるリスクが高くなるそうです。

健康だからと玄米は食べたがらないそうですが、病気にならないために食事に気を遣うんです。
病気になったら、玄米を食べたくても食べられないかもしれませんし。

説得は難しそうですが、
「息子・娘の結婚式に出られないかもね」、「孫の顔が見られないかもね」、
「孫の成人式にはちゃんと墓参りするからね」
などはいかがでしょうか?(苦笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
恐らく、父は完全にメタボリック症候群に該当していると思います。
>健康だからと玄米は食べたがらないそうですが、病気にならないために食事に気を遣うんです。
本当に、おっしゃる通りです。。。
母がかわいそう。とか、ぼそっと言ったことがあるのですが、全然反省もしてませんでした。
もう、グサッと言うしかなさそうですね。結婚式に。。。
次回帰郷したら、言ってみます。
ありがとうございました☆

お礼日時:2006/12/21 15:08

はてさて・・。

身長も体脂肪率も分かりませんが、肥満体のお父上と受け取ってお話させいていただきます。実際に聞いた話なので、そのまま書きます。
日本糖尿病学会の偉い先生が語ったことですが、『肥満していることと糖尿病は関係ありません。糖尿病とはインスリンが出なくなった状態を云います』と云うことでした。
別の医師は『日本の糖尿病患者はインスリンが出ていないのに アメリカの糖尿病患者はインスリンが出ている。日本とアメリカでは糖尿病に違いがあるのだ』・・と。
笑止千万な話です。しかし、肥満は確実にインスリン(血糖値を下げ、細胞内に糖を運んでエネルギーを作るホルモン)を過剰に放出させ、その時点で糖尿病が始まるのです。そのメカニズムはここでは割愛させていただきますが、肥満とインスリン抵抗性(効率的に働かないと言う意味です)上昇は周知の事実なのです。
それを見過ごす為に、インスリンの出なくなる治らないレベルの糖尿病へと進みます。アメリカではインスリンがたくさん出ている肥満者を糖尿病と診断しているのです。
肥満の害を見過ごされた結果、動脈硬化・高血圧・カルシウム沈着による老化・ある種の癌・栄養素の尿中排泄促進・血糖値の乱高下による心の不安定・糖尿病性網膜症・末梢神経麻痺・心筋梗塞・腎不全等々のリスクは数倍以上になります。
こうした状態を『シンドロームX』と位置づけ、糖尿病による合併症は、肥満などによるインスリン過剰分泌の症候群として捉えられるようになりました。
今、過食を避けて肥満を是正して健全な生活を維持すれば、お父上は将来も健康で前向きな生活を楽しむことができる筈です。
読んでいただいても尚、お父上が今まさに落とし穴に片足を乗せようとしている・・と云う実感を持っていただけなれば 何も言う事はなくなりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり詳しい内容のご回答をありがとうございます。
父の身長は、175センチくらいです。
体脂肪は。。。わかりません。
父は、頑固な上に母の気遣いも跳ね除けるように自分のお金でおやつを買ってまで、食べています。
それもハイカロリーなものばかり・・・。
こちらが半泣きで訴えても、聞く耳も持ってもらえません。
みなさんの回答を見せてあげようと考えています。
自分のこの先のことも、本気で考えてもらいたいです。。。

お礼日時:2006/12/21 15:05

一時的衝動で思いが出ても、意欲(意思の強さ)がないとダイエットや体質改善のような長い期間かけて実現する事は厳しいでしょうね。



よくある「病気になってみて気づく・・」というパターンは悲しいので、同じような体系や性格の人が「元気の裏にはこのような怖い未来が待っている可能性がある」と自分で気づけるドキュメント番組見たいのを見たりすると、少しは自分の事を気にするようになったりするかもですね。
※その同じ様なパターンで悲しくも病気に・・という方には申し訳ありませんが。。「人の振り見て我が振り直せ」は良くある話かと。

PS: 太っている=障害が出る、と一様に言ってしまうのも悪いですが。。可能性は高まるとは言われますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます☆
何かあってからでは、遅いですよね。おっしゃると通りだと思います。
健康に関する番組など、見たりしているものの、まるで他人事のようです。
気をつけなきゃ!っていう風にならないところが、さすが頑固親父という感じで・・・
やはり、お医者さんあたりにグサッと言われないと効き目なさそうです。
そうなると、何かあってからになってしまいそうですが。。。

お礼日時:2006/12/21 15:00

お父さんが一目置いている人物からビシッと


「だらしないぞ」と指摘を受けることが効果覿面でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
一目置いている人。。。それが、周りもみんな太っているようです。。。
なので、皆そろって危機感ゼロです。
このくらいの歳になったら、みんなこうなるんだ!ぐらい開き直ってます。
スリムな偉い人を探して一喝してもらおうと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/12/21 14:56

難しいですね


本人の意思がありますから
お父さんのような性格の人は実際に何らかの病気にでもならないと中々本気で気にしないと思います。
ダイエットの方法ならある程度アドバイス出来ますが
やはり本人の意思ですから
いくら家の中でお母さんが努力しても外では自由ですから
どうしても自分の意思で行動します。
なので残念ですが私ではお力になれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
ご回答ありがとうございます。
そうですよね。やはり本人にしっかりしてもらいたいのですけれども。
何せ頑固で。
今まで大きな病気ひとつしてこなかったので、逆にそれが原因だったりもしています。
困ったものです。。。

お礼日時:2006/12/21 14:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q片麻痺の人の便利用品

父が片麻痺の上、一人暮らしをしています
ハンガーに服をかけるのも不自由な思いをしています
片麻痺の人の生活便利品を紹介してください

Aベストアンサー

こんいちは。
孫の手、一つあるとすごく便利ですよ。
手の部分が丸っこいお匙みたいなやつじゃなくて、手みたいにかたどって作ってあるようなやつがいいです。
ハンガーにかけるような時も手の部分で難なく掛けられます。
また、麻痺してる側にある物を取る時にも重宝しますし、慣れると、反対側と突いて、起き上がる時の杖みたくも使えます。
反対側に机や椅子につける滑り止めゴムのキャップをつけるか、滑り止めシートを小さく切って接着しておくといいです。

Q良く夕飯後にチョコなど、お菓子を食べてしまいます。太りたくないため食べ

良く夕飯後にチョコなど、お菓子を食べてしまいます。太りたくないため食べないようにしたいのですが食べないと何故か後悔した気持ちになってしまいます。
何か食べなくても平気になる方法はありませんか?

Aベストアンサー

こんにちは

難しいですが我慢する
水分でごまかす
買ってこない
朝に食べるようにする
夕飯をイヤと言うほどよく噛んで食べる
何かに熱中して食べる暇を作らない

試してみてください

Q片麻痺患者の車椅子の注意点について・・。

介助側は、片麻痺の患者さんの車椅子移乗時と車椅子操作時にどんな事に注意すればいいでしょうか?ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

それでしたら、漠然としてしまいますが、移乗の手順は、よく教科書の看護手順にかいてあるものでよいかと思います。基本的は安全・安楽にです。

片麻痺があると、バランスが取れませんので、麻痺側の足を、介護者の足で支えながらトランスします。(現実問題、バランスが悪いと、安全のため、前から支える人と、後ろから腰を持ち支える人と、2人介助になります。)
また、感覚障害などあるので患側管理といって、麻痺側の手足が損傷しないようにこちら側で観察しなければなりません・・・。麻痺が重度であれば、アームスリング(三角巾でも可)で麻痺側を損傷しないよう保護したりします。

車椅子乗車時ですと・・・全介助レベルだと座位バランスも悪いと考えますが・・・ベルトやカットテーブル(車椅子の上にテーブルで固定してずり落ちないようにするもの)を使用したりします。

あと、目を離すときは、ブレーキ・フットレストはかならず確認する・・・。

こんなことでよいのでしょうか?他に何か知りたいですか?一応、リハビリ病棟で働いていたことがありますので参考にしてみてください・・・

それでしたら、漠然としてしまいますが、移乗の手順は、よく教科書の看護手順にかいてあるものでよいかと思います。基本的は安全・安楽にです。

片麻痺があると、バランスが取れませんので、麻痺側の足を、介護者の足で支えながらトランスします。(現実問題、バランスが悪いと、安全のため、前から支える人と、後ろから腰を持ち支える人と、2人介助になります。)
また、感覚障害などあるので患側管理といって、麻痺側の手足が損傷しないようにこちら側で観察しなければなりません・・・。麻痺が重度であれ...続きを読む

Q男子中学生で夕食に玄米1合食べたのですが食べ過ぎですが?またどのくらい皆さんは食べてますか?

男子中学生で夕食に玄米1合食べたのですが食べ過ぎですが?またどのくらい皆さんは食べてますか?

Aベストアンサー

おかずの量にもよるけど別に普通です。

ただ玄米は消化が悪いので、胃が丈夫じゃない人はあまり食べ過ぎない方がいいかも。

Q片麻痺がある人の…

片麻痺がある方のオムツ交換や陰部洗浄は、何か特殊な方法で行うのでしょうか?それとも、体位を工夫するだけで構わないのでしょうか?

ご存知の方、教えていただけませんか☆

Aベストアンサー

排泄ケアにおいて片麻痺の有無は特に関係ありません。

更衣や摂食機能訓練(食事)、入浴、移動方法は
その方にあった工夫が必要です。

Q発芽玄米で下痢になりますか? 夜ご飯に発芽玄米のおにぎり2個食べたました。夜中に目が覚め下痢になりま

発芽玄米で下痢になりますか?
夜ご飯に発芽玄米のおにぎり2個食べたました。夜中に目が覚め下痢になりました。肌も荒れて最悪です。

Aベストアンサー

発芽玄米も消化は悪いです。
ただ普通のお米と違って栄養が高いです。おそらく質問者さんはその発芽玄米との体質に合わないのかも知れません。ほかの発芽玄米なら大丈夫かもしれません。いきなり100%玄米は体に負担かけるだけなので最初は白米と混ぜることをお勧めします。もし、それでも下痢等体調が崩れる場合は病院で見てもらった方が無難です。アレルギーとかの可能性もなくはないと思うので(^_^;

Qジムに片麻痺の老人を連れてくる家族

ジムに行っています。ジムに老人がいるのですが明らかに体不自由な老人、体が満足に動かない、歩くことも困難な老人がいます。彼らはトレーニングできません、せいぜい徘徊だけです。
一人では来ることも出来ませんから家族が連れてきてホッタラカシにしてそのような老人はスタッフが面倒見ています。
なんでジムに体が満足に動かない方麻痺の老人がいるのでしょうか?
若者、女性は気味悪がってジムから去っていきます。片麻痺の老人は歩くこともおぼつかなくてヨタッテ他人に倒れこんだり他人におぶさってきたり付きまといします。
このような老人を受け入れるジムにも問題あります、ジムに真剣にトレーニングしている人から苦情殺到しています。
なんで介護施設にいるような片麻痺の老人を家族が連れてきてジムにホッタラカシにするの?
デイケアセンターに行かれないのですか?
困っています。

Aベストアンサー

まずその施設としてですが 施設的に○○な方お断りと書かれている案内に該当しない限り受け入れなければ問題ありになります
たとえば刺青ダメとかって明記されてれば断れる口実にはなります あとは泥酔されている方とかいろいろありますね
ただ片麻痺の方お断りって書いてると人権団体からいろいろと言われます 「麻痺があるとトレーニングをしたらダメなのか!」とかね
ま、ある意味そのご老人の方も真剣にトレーニングに来ているんでしょうね。
っでジム内に関してはトレーナーの方がついているのならご家族さんがわざわざついて回らなくてもいいと思います。
デイケアに行くかどうかは家族さんとご本人さんのいこうなので何とも言えませんね。
しいて言えば片麻痺だからジムに行ってはならないってのもないし ジジババだからデイケアとかデイサービスしか行ってはいけないってこともありませんからね

ま、困っているのならこんなところに相談せずジムに掛け合うしかないですね

Q私は、食べても食べても太ることができません、 今は、身長155に体重が39キロです、 どうしたら太れ

私は、食べても食べても太ることができません、
今は、身長155に体重が39キロです、
どうしたら太れますか?

Aベストアンサー

私も、その悩みを抱えてました、水泳の授業とか恐怖ですよね、
私はドラッグイレブンにあった、体を大きくするためのサプリでおっきくしました、粉のやつです
ちなみに私は166センチの46キロでした

Q片麻痺の姿勢

片麻痺(右)の人が、座っているときは左に傾いているのですが、立っているときは右に傾いています。
なぜ姿勢によって傾く方向がかわるのでしょうか???

Aベストアンサー

座っているときに左に傾く理由は二つ考えられます。一つは、体の部分の右半分の筋力(腹筋、背筋など)が弱いために、体を骨盤に対して引き上げることができないために左に倒れてしまう、というもの。もう一つは、右の股関節が曲げにくい緊張が伴っていることが考えられるので、座った場合に右股関節が伸び気味になっているため、左に倒れてしまうことが考えられます。

立っているときに右に傾くのは、右の股関節の筋力、特に中殿筋といって立つときに体をまっすぐに支える筋力が弱いために、重さでバランスを取る意味で右に体を傾けることが考えられます。右片麻痺の場合、立ち姿勢で中殿筋が弱く、右に傾く場合と、反対に左に傾く場合もあります。

実際にどうして傾くのかは、体の各部分の筋力を細かく調べたり、座っている姿勢や立っているところを観察しないと分かりませんが、おおむねこのような理解で良いのではないでしょうか。

Q毎日チョコを食べると 健康にどんな影響がある?

普通の板チョコ1枚分を毎日食べたとします。3年間(5年でもいいですが)そういう生活をすると、なにか影響あると考えられますか?

私はチョコが好きでして、平日は、朝ごはん代わりにチョコ、土日はウィスキー、ブランディーのおつまみにチョコと、チョコチョコ食べてますが、もしかして健康に害があるのかな?

尚、大量には食べません。子供のときに大量に食べてエライことになったので(笑)

Aベストアンサー

栄養学面では、板チョコ1枚分(約280kcal)程度なら、年単位で毎日摂取し続けても特に問題ないと言われています。むしろ健康効果を期待する学説もあるくらいです。
チョコレートに含まれるカカオには鉄分や食物繊維、抗酸化成分(がん・動脈硬化などの生活習慣病や老化を防ぐ働きをする成分)が多く含まれているし、独特の甘い香りにはリラクゼーション効果もあるようです。

ただ、質問者様の場合、チョコをご飯代わりにされる日もあるということで、心配なのは栄養バランスの乱れかと思います。
チョコの栄養成分は炭水化物・脂質に偏っていますので、糖分・脂質の代謝を助けるビタミンBや血中コレステロール値・中性脂肪を抑える働きのあるDHAを含む食品を意識的に摂ると身体にいいと思います。
ビタミンBを含む食品として知られるのは、米ぬか・大豆・納豆・鶏卵・豚肉・レバー・バナナ・ほうれん草などですが、チョコと相性のいいアーモンドなどのナッツ系からも摂取できます。
DHAはマグロや青魚に多く含まれています。
長期的な糖分摂取による健康被害を気になさるのであれば、あと心がけが必要なのは、低体温症の防止や歯科衛生かなと思います。
意外ですが、糖分には身体を冷やす働きがあります。
また、歯に付着した糖分はエナメル質を溶かしていくため、加齢と共に歯の白さが失われたり歯周ポケットの発生によって歯周病を発症しやすくなります。

…と色々書きましたが、実は私も無類のチョコ好きです。
上に書いたような健康対策を常にしているかといえば、歯科衛生以外はあまり実践しておりません…。m(_ _)m
学生時代から、毎日、板チョコ1枚~3枚分をちょこちょこかじる生活をかれこれ20年近く続けています。
夜間、小腹が空いて、チョコをつまむこともしょっちゅうです。もはや中毒です。
でも、今のところ、健康診断で、チョコの食べすぎによる健康リスク(高血圧・肥満・内臓脂肪・糖尿病etc)を指摘されたことはないので、わりと楽観視しています。
健康管理を意識し過ぎてチョコを我慢するストレスの方が身体に良くないと思うので、無理な摂取制限はせず、食べたい時に食べています。こういうのを得手勝手というんでしょうね~。

人間は老齢になるに従い、より甘味を好むようになります。
味覚が減退しても甘味を感じる部分だけは発達したままなのが原因で、若い頃に甘いものが苦手だったり健康を意識したりで甘味を受け付けたがらなかった老齢者が、急にお菓子好きになったりします。
質問者様や私のようなチョコ好きは、どういう余生を送るんでしょうね?
私の場合、たとえ痴呆症になったとしても、チョコの在り処だけは忘れず、更にチョコの大食いを続けそうな気がしています。

「まとめ買い」や「ながら食い」など大量摂取を招く要因に留意しながら、ご自分なりのチョコレートライフを楽しめばいいと思います☆

栄養学面では、板チョコ1枚分(約280kcal)程度なら、年単位で毎日摂取し続けても特に問題ないと言われています。むしろ健康効果を期待する学説もあるくらいです。
チョコレートに含まれるカカオには鉄分や食物繊維、抗酸化成分(がん・動脈硬化などの生活習慣病や老化を防ぐ働きをする成分)が多く含まれているし、独特の甘い香りにはリラクゼーション効果もあるようです。

ただ、質問者様の場合、チョコをご飯代わりにされる日もあるということで、心配なのは栄養バランスの乱れかと思います。
チョコの栄養成分は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報