明治時代に書かれた面白い小説を教えてください。
ちなみに作者と小説の特徴も・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

面白いってのは難しいですね。


qptomopooさんが男性なら漱石、女性なら一葉あたりを読んでみては。
ちなみに私は漱石の「野分」「行人」がすきですがあまり薦めません。漱石なら「こころ」、一葉なら「たけくらべ」等の定番をとりあえず読んでみるのはどうでしょうか。
    • good
    • 0

特にお勧めがあるというわけではないのですが、「青空文庫」というホームページがあります。


ここは著作者の死後50年以上を経て著作権が消滅した作品と、著作権者が公開に同意した作品が公開されていますから、
ここを覗いてみるのも良いかもしれません。
場所は下記の参考URLです。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/
    • good
    • 0

 おもしろいというのは、先のアドバイスと同じ意見で、私が面白いといっても、あなたにとってはねえ...。


 だいたいの公共図書館、高校・大学の図書館には、「近代日本文学全集があるはずです。かりになくても岩波文庫や新潮文庫ならあるでしょう。
 たくさんの小説を冒頭の1ページだけ、片っ端から読んでみてください。
 無料で即座にあなたの悩みが解決されますから。
    • good
    • 0

小説の面白さは個人によって違いますので、いわゆる「名作」を読むのが早道です。


このURLでは、出版社がセレクトした小説が40作品納められているCD-ROMが紹介されています。
作者と作品名は、全収録文庫タイトルの下の「明治の文豪」をクリックしてください。

また、ついでに、このURL(http://www.aozora.gr.jp/)も紹介しておきます。
内容は行ってみてのお楽しみということで。

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/cd-rom/html/meijitai …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治時代の住所

明治時代の住所

先祖が住んでいたところを調べています。明治時代の住所が、現在の住所と同じかどうか知りたいのですが、どこに問い合わせればよいかわかりません。ご存知の方いらっしゃれば、教えてください。

Aベストアンサー

明治時代の住所とのことで、基本的には無理です。
問い合わせ場所は、本人の本籍地市町村役場です。
ただし、電話や窓口で問い合わせて教えてもらえるなどということはありません。


しかし、ある程度まではわかりますので調べる価値はあると思います。
方法は、『戸籍附票』と取得することです。

住所を知るには、住民票を取るのが通常ですが、
住所の履歴をたどるには、戸籍謄本に付随する住所情報である『戸籍附票』
をとって確認することができます。
戸籍附票が取得できるのは、ご先祖の住民登録地ではなく、本籍地の市区町村役場です。
複数枚存在することも多いので、昔の戸籍である「『原戸籍』の附票も含め、ある分全て」と指定しましょう。
当然、結婚などで戸籍が他市に異動していれば、別の役場にも行くこととなります。
そして、別戸籍であれば、その本籍地住所も把握している必要があるので、
結局は、戸籍謄本と対で取得していくのが通常となると思います。(附票のみでたどるのは難しい)


ただ、取得できる人にはそれなりの制限があります。

(1)本人の氏名・生年月日・本籍地を把握している ※「○○番地」まで正確に
(2)そのご「先祖」本人からの直系の子孫または先祖である ※「直系」がポイント

(1)は当然知っておられると思いますが、問題は(2)ですね。
いわゆる「お嫁さん」など傍系(⇔直系)の方は単独では取得できません。
条件者ではない人は、条件者から委任状を書いてもらってください。
条件者がいない場合は、その時点で無理です。


そして、取得できたとしても、どこまでさかのぼって記載されているかは、個人によって、
何より役場によって大きく違います。

戸籍と違い、戸籍附票の保管期限はたったの5年。東京都など大都市は、5年過ぎた時点で
まったく出せなくなる場合もあります。(制度上出せないか本当に廃棄しているかは不明)

反面、田舎の役場などでは、保管期限にかかわらず、
黄ばんだ原紙のままで保存しているところもあります。
この辺りは運ですね^^;
あっても倉庫なり奥深くに眠っているので、出てくるには相当の時間を要するでしょう。
おまけに既に公開義務がないので出してくれるかどうか…?(あっても「ない」と言われればそれまで)


冒頭に「基本的には無理」と書きましたが、
上記のことを根気強く行い、運が良かったとしても、
おそらく昭和のはじめ程度くらいまでしかさかのぼれないのでは。

ただ、その当時は、現在のように移動が激しくないので、
・本籍地=住所の人がほとんどであった
・嫁入り以外で引越する人は少なかった
ことから、明治時代どこに住んでいたか、ある程度の目安は付くと思います。


努力の割にはあまり報われることはないと思います(役場めぐりにうんざり)。
相応の時間と労力を惜しまない覚悟があれば、実施されるのがよろしいかと思います。
知りたいのであれば、ぜひ頑張ってみてください。
わからないことがあればお力になります。

明治時代の住所とのことで、基本的には無理です。
問い合わせ場所は、本人の本籍地市町村役場です。
ただし、電話や窓口で問い合わせて教えてもらえるなどということはありません。


しかし、ある程度まではわかりますので調べる価値はあると思います。
方法は、『戸籍附票』と取得することです。

住所を知るには、住民票を取るのが通常ですが、
住所の履歴をたどるには、戸籍謄本に付随する住所情報である『戸籍附票』
をとって確認することができます。
戸籍附票が取得できるのは、ご先祖の住民登録地ではなく...続きを読む

Qタイトルも作者もわからない小説

小学校の教科書に載っていた小説のタイトルと作者、本が出ているなら出版社を知りたいのですが、どうやって調べたらいいのかわかりません。
今から15年近く前、小学校中学年だったと思います。
外国の小説の翻訳です。
「空飛ぶヨット」とかいった感じのタイトルだったと思うのですが。

内容は以下の通りです。
-----
港でいつも海を見ている老人の語りで物語が始まる。

昔、このあたりで一番の船乗りの少年がいた。
その少年がヨットで海に出て遭難して、助けられた先ではヨットで海の上を飛んでいた。
少年は「陸の上を飛んではいけない」と言われてヨットで飛ぶ方法を教えてもらい、練習して飛べるようになった。
だが、慢心して陸の上を飛んで落ちて足を怪我をしてしまい、元のようにはヨットに乗れなくなってしまう。
少年はその後何度もヨットで海の上を飛ぼうとしたが二度と飛べなかったし、ヨットで飛ぶ方法を教えてくれた人たちのところへも二度といけなかった。

話し終えた後、老人は足を引きずりながら帰っていく
-----
「陸を飛ぶ船乗りの運命はいつも同じ」というフレーズが歌として出てきたと思います。

どうしてももう一度読んでみたいのです。

小学校の教科書に載っていた小説のタイトルと作者、本が出ているなら出版社を知りたいのですが、どうやって調べたらいいのかわかりません。
今から15年近く前、小学校中学年だったと思います。
外国の小説の翻訳です。
「空飛ぶヨット」とかいった感じのタイトルだったと思うのですが。

内容は以下の通りです。
-----
港でいつも海を見ている老人の語りで物語が始まる。

昔、このあたりで一番の船乗りの少年がいた。
その少年がヨットで海に出て遭難して、助けられた先ではヨットで海の上を飛んでいた...続きを読む

Aベストアンサー

「西風号の遭難」C.V.オールズバーグ著 村上春樹 訳 \1,550で河出書房新社から出版されています。絵と物語が素晴らしい本です。絶版になってないと良いのでが、書店、出版者にお問い合わせ下さい。私は5年前に購入しました。

Q【日本語・明治時代】明治時代の文明開化のときに流行った標語を教えてください。例 : 牛鍋を食

【日本語・明治時代】明治時代の文明開化のときに流行った標語を教えてください。

例 :

牛鍋を食わねば開化不進奴

Aベストアンサー

ちょんまげ頭を叩いてみれば因循姑息の音がする

Q明治時代の小説家についてですが、男性と女性ではどんな風に書き方が違ったのでしょうか?

大学の『比較文学』と言う講義で夏休みの課題として出されているレポートにタイトルのことを書きたいのですが、ネットで検索しても全く答えが出ず困っています。
自分なりに推測すると、男性は力強くて女性はか弱い感じかなと思っています。
ご存知の方、詳しく教えて下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

明治時代の女性の小説家で今読まれている作家は樋口一葉、名前が文学史上で残っている作家は田村俊子の二人です

その二人を読み比べたら如何でしょう

一葉は文語体で雅やかな感じ、俊子は口語体で男勝りの感じです

男性はこうで女性はこうと観念的に捕らえるべきものではありません

ご自分で読んで体得すべき事です

Q明治時代の大学入学

カテ違いならすみません。

夏目漱石など明治時代の文庫を読んでいると、登場人物が帝国大学へ進学することがありますが、なにやら入学が比較的簡単そうに表現してます。
父が「お前は大学にでもいきなさい」といわれたからいった、など。。。

明治時代の大学進学は簡単だったんでしょうか??

Aベストアンサー

入学試験はありました。結構難しかったみたいで、落ちた人が、知り合いの家に身を寄せたり、推薦した教授などの家に身を寄せたりしました。
本が高い時代なので、勉強のための本を借りることが必要でした。

Q時代小説を書くにあたって

時代小説を書くにあたって
粗筋やキャラクターのタイプは決まっているストーリーを、世界観を江戸時代に設定したいと思っているのですけれども、時代小説の生活様式や時代背景、言葉づかいなど、どのように会得するのが、もっとも効率的でしょうか? ちなみにプロの作家は、どの程度理解をして書いているのでしょうか?
司馬遼太郎がトラック一杯分の古本を買ったというのは、有名ですが、そこまでいかず、現実的な基準を教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

司馬遼太郎さんがトラック一杯分の資料を揃えられたということは、
それだけ江戸時代の方の気持ちを描く上で、感情なり生き方なり、
その時代の武士のあり方とか、またはお上の気持ちとか知るため
に必要だったのでしょうね。。そういう、色んな作家さんが時代小説
をお書きになってますが、参考に読むのはいいのですが、もっと
それ以上にご自分のオリジナルが現代のこの時代は必要不可欠です。

真似はすたります。
なので、質問者さまは、江戸時代の事を勉強されて、世界観を確立
してほしいです・・・そうすれば、まだ次にも活きてきますし。
江戸時代が好きな方が、江戸の事をお描きになってると私は思い
ます。それで勉強されて、時代小説を書けると思います。。
大変ですけど、そうやって物語は出来ていくものですから、
真似から入ることはありますが、後々はもう自分の力量です。
オリジナルを確立してほしいです~~

Q明治時代~大正時代が舞台のマンガを教えてください。

「九十九眠るしずめ」と「カミヨミ」というマンガを読んで、
明治時代に興味を持ちました。できればもっと、明治時代が舞台のマンガを
読んでみたいです。御存知の方はぜひ教えてください!
(「ハイカラさんが通る」みたいな大正時代の話でもOKです)
私は政治とか戦争とかは詳しくなくて「日露戦争物語」かは難しくて
よくわからなかったので、できれば、ファンタジーみたいな、
あまり難しくないのをお願いします。

Aベストアンサー

 No.7です。
 入手可能であれば、いなだ詩穂が白泉社時代に出した『幻影奇譚』と言うコミックスもお薦めします。読みきりシリーズで私は結構好きでした。雑誌掲載された話が全部収録されていないのが非常に残念です。

 10年以上も昔の本なので完全に絶版ですが、古本屋なら今も取り扱いがある筈な(1週間前に古本屋に行ったら目視しました)ので、一回位は手に取って読んで頂いても、良いのではないかと。
 

Q明治時代の文学の環境

今漱石の「それから」を読んでいるところです。読みながら思ったのですが、漱石は当時流行作家だったんでしょうか?「それから」や「三四郎」や「こころ」などは何部くらい売れたのでしょうか?
「それから」を読んでいると決して読みやすいわけではないし、結構哲学的な内容でもあるし、現代なら一般大衆に受ける(一部のインテリに受けるならともかく)という性格のものでもないように思うのです。それが沢山売れた、となると明治時代の人は今よりずっと文学にたいする造詣が深かった、ということになるのでしょうか?
現代で東野圭吾や宮部みゆきの本が沢山うれるのはそれなりにわかるのですが、夏目漱石の本がたくさん売れるのはなかなか想像しにくいのですが・・・・

Aベストアンサー

近松秋江の没年は昭和19年でした。従って「亡くなるまで漱石には否定的だった」に訂正。ちなみに、マイナーな作家とみられていた近松秋江は、近年再評価されて立派な全集もでています。まずは講談社文芸文庫「黒髪・別れたる妻に送る手紙」を一読されたし。好きになります。

さて漱石ですが、イギリス留学から帰国すると、ラフカディオ・ハーンの後任として東京帝国大学英文学講師の職を得、同時に第一高等学校の講師も勤めて、年俸あわせて千五百円。このように教職が本業、小説は余技。そのようにして「我輩は猫である」「坊ちゃん」などの作品が誕生しました。

そして数年後、不向きを感じていた教職をなげうって作家専業に。といっても、ただの物書きの道を選んだのではなく、「朝日新聞社員」という肩書きを得たうえでのことでした。採用された際の条件は、「月給200円。新聞に連載小説を書く。一年に一作、百回くらいの長編を」。

そうして「虞美人草」をはじめとして、未完の「明暗」にいたるまで作品がつぎつぎと連載されて、「それから」もそのようにして生まれた作品でした。とそのように考えてくると、下世話な話、たとえ本が売れなくても、漱石の暮らしの豊かさは保障されていたので、漱石の身なりと本の売れゆきは関係ないでしょう。そして「それから」のような一般受けのしない作品は、地味な売れ方をしたと想像してまちがいないでしょう。直接的な答えにはなっていませんが。

近松秋江の没年は昭和19年でした。従って「亡くなるまで漱石には否定的だった」に訂正。ちなみに、マイナーな作家とみられていた近松秋江は、近年再評価されて立派な全集もでています。まずは講談社文芸文庫「黒髪・別れたる妻に送る手紙」を一読されたし。好きになります。

さて漱石ですが、イギリス留学から帰国すると、ラフカディオ・ハーンの後任として東京帝国大学英文学講師の職を得、同時に第一高等学校の講師も勤めて、年俸あわせて千五百円。このように教職が本業、小説は余技。そのようにして「我...続きを読む

Q明治時代の天竜川

明治時代の天竜川

明治時代の、暴れ天竜とも呼ばれた天竜川の写真や画像は
ありますでしょうか?
あったら、サイトを教えて下さい。
至急お願いします。

Aベストアンサー

多分、趣旨が少し、違うとおもいますが、一応、下のサイトを・・・

参考URL:http://www.cbr.mlit.go.jp/hamamatsu/story_tenryu/story03.html

Q明治時代の文壇・文学について

明治時代の文壇・文学を学ぶための資料を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

20-25年前の著作ですが伊藤整の近代日本文学史(名前はちょっと違うかも知れません)と言う数十巻の本があります
大学か図書館にはあると思います
明治初期から三島由紀夫まで詳しく網羅してあります


人気Q&Aランキング