ペントースリン酸サイクルは2つの経路に大別されるらしいんですが、大きく2つという時、どうやって答えたらいいのでしょうか?また、それぞれの経路の役割を生物学的観点から述べる時、どういう風に答えるべきなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは如何でしょうか?


「Pentose Phosphate Pathway」

ご参考まで。

参考URL:http://www.hfni.gsehd.gwu.edu/~mpb/pentphos.htm
    • good
    • 1

ume pyonさん、akiyamaharukaさんのおっしゃってるのはいわゆる酸化的ペントースリン酸回路の2つの過程(非可逆過程と可逆過程)のことですね。

動物の肝臓や白血球、乳腺など(あと、一部の微生物や植物)で見られる代謝経路です。

「ペントースリン酸経路」と名のつくものは広義にはもう一つあるかと思います。植物や藻類、光合成細菌の葉緑体に存在し、光合成によって炭酸固定を行う経路。こちらは還元的ペントースリン酸回路と呼ばれています。リブロース1,5ビスリン酸が二酸化炭素を取り込み2分子の3-ホスホグリセリン酸になり、解糖系の逆をたどって(補酵素が若干違ったりしますが)ヘキソースになるというもの。5炭糖がエネルギーを使って6炭糖になるわけですね。生物学的観点は上記の通り炭酸固定です。光合成の基本回路ですので生化学の本を見れば詳しく載ってると思います。

こちらは反応過程でリブロース1,5ビスリン酸のもとであるリブロース5リン酸ができ、二酸化炭素を取り込みつつ回路として回っているので回路と言い、それにあわせてもう一つのペントースリン酸経路である酸化的ペントースリン酸経路のことも回路というんだと理解しております。違うかもしれませんが。
    • good
    • 0

ペントースリン酸経路の二つの経路については、ume pyonさんがお答えになっている2つの経路で良いと思います。


(1)を酸化過程(2)を非酸化過程と呼びます。
さてそれぞれの役割を生物学的観点で答えるということが答えられていませんのでそれを中心に。
(1)では還元力が必要な生合成反応に供給するということです。これはわかりやすいですね。

(2)については種種の糖リン酸を作ることになります。
経路における中間産物はお手元の資料でみていただくとして、使用例をいくつかあげますと、リーボース-5-リン酸から、5-ホスホリボシル1-ピロリン酸が作られ、これがヌクレオチド、ヒスチジンの合成材料になります。
エリトロース-4-リン酸はホスホエノールピルビン酸と縮合し、3-デオシキD-アラビノヘプツロン酸7-リン酸となり、シキミ酸経路で代謝され、芳香族化合物の材料になります。

おまけですがペントースリン酸サイクルと呼ばれておりますが
この反応はカルビンサイクル、TCAサイクルと異なりサイクルとして働く
割合は極めて少ないとのこと。
ゆえにペントースリン酸経路と呼ばれるようです。
    • good
    • 0

なんか、質問の答えとはずいぶんかけ離れているような・・・。

違ってたらゴメンナサイ。何せ、私は応用化学科2年のガキですから。多分、もっとすばらしい回答は他の方がして下さると思います。あくまで参考程度に。

ペントースリン酸サイクルは、次の2つの過程に分けられます。
(1)補酵素NADPHの生産過程
(2)単糖の相互変換過程(ペントースリン酸をヘキソースリン酸に変える過程)
※ペントース:五員環、ヘキソース:六員環

◆(1)について
生体内で複雑な化合物を合成する過程では、ATPだけでなく強い還元力が必要となります。この還元力を提供する化合物がNADPHという補酵素です。これは、NADP+の還元によって作られます。
グルコース(六員環)リン酸にH2O条件下でNADP+が作用すると、NADPHができるとともに、グルコースも開環してCOO-という官能基が出現します。ここに再びNADP+が作用すると、COO-はCO2となって放出されます。すると、グルコースはリブロース(五員環)リン酸になります。

結局、1つのグルコースから出発して、2つのNADPHが生産されると同時にペントースリン酸も生産されるのが特徴です。


◆(2)について
今度は、このリブロースリン酸を出発点として、2つの酵素(トランスケトラーゼとトランスアルドラーゼ)が働くと、リブロースリン酸2分子から、フルクトース(六員環)リン酸ができます。この反応を炭素に注目して考えると、リブロースリン酸(炭素は5個)2分子に酵素が作用すると、炭素が6つのフルクトースリン酸と、炭素が4つのエリトロースリン酸という2つの化合物が生まれます。
また、このエリトロースリン酸とリブロースリン酸は、酵素(トランスケトラーゼ)の作用により、炭素が6つのフルクトースリン酸と、炭素が3つのグリセルアルデヒドリン酸という2つの化合物に別れます。
さらに、このグリセルアルデヒドリン酸が2つ集まると、解糖系の逆行(糖新生)でグルコースリン酸ができます。


----------------------------
以上の(1),(2)をまとめて考えてみましょう。
まず、グルコースが6個あったとしましょう。これが(1)の経路により、12個のNADPHと6個のCO2、6個のペントースになります。
そして、この6個のペントースが(2)の経路をたどるとどうなるでしょうか。
5+5 → 6+4 ・・・(1)
4+5 → 6+3 ・・・(2)
3+3 → 6 ・・・(3)
上の計算は、反応式を簡略化して、炭素数のみを示したものです。まず(1)が起こると連鎖的に(2)も起こります。この時点で、ペントース3つから、グルコースが2つ、グリセルアルデヒド(炭素が3つ)が1つ生産されたことになります。そして、(1)と(2)がそれぞれ2回ずつ起きた場合、グリセルアルデヒドが2つになり、これが糖新生に入り(3)の反応を起こします。つまり、グルコースが1つできるのです。
これをトータルすれば、6つのペントースから5つのグルコースが生産されるのです。

グルコース6個から、グルコース5個とNADPHが12個とCO2が6個生産されたということは、結局グルコース1個が分解されて、6個のCO2と12個のNADPHに還元したことと同じなんですね。(この際、6つのATPを消費しています)




この過程がペントースリン酸サイクルの全容です。まあ、詳しくは参考書なりを見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございました。助かりました!実は私は応用生物科学科の未熟者1年生なのです。ここまで詳しく教えてもらって感謝してます。本当にありがとうでした。

お礼日時:2001/01/10 09:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qがん細胞は普通の細胞と同じ大きさなのですか? 直径一センチの球状の腫瘍

がん細胞は普通の細胞と同じ大きさなのですか? 直径一センチの球状の腫瘍はがん細胞が10億個からできているという情報と1億個からできているという情報がありますが、どちらが正しいのですか?

Aベストアンサー

”数億個”と言われています。便宜上10億と表現するほうが多いですね。直径1cmといっても、完全な「球」ではなく、立方体に近くても"径1cm"で球とは体積も大分かわりますし、がん細胞以外に血管や線維組織もあるので、あくまで目安です。

Qペントースリン酸サイクルについて

授業でペントースリン酸サイクルについて学びましたがよく分かりませんでした。どなたか簡単でいいのでおしえていただけませんか

Aベストアンサー

以前回答したときのサイトです。
参考になりますか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=26228

Qがん細胞によって人が死ぬ理由はなんですか? 心臓や脳などにがん細胞が現れたら死ぬのはまだ分かりますが

がん細胞によって人が死ぬ理由はなんですか?
心臓や脳などにがん細胞が現れたら死ぬのはまだ分かりますが、それが子宮だったり膵臓だったりでも死ぬそうですね。
がん細胞って、人体に何をもたらすのでしょうか?

Aベストアンサー

悪液質
http://merckmanual.jp/mmpej/sec11/ch149/ch149e.html
http://palliative.web.fc2.com/deathbed01.html

Q解糖系とペントースリン酸サイクルの相違点とは?

こんばんは。
生化学を勉強をしていて、教科書の記載では理解ができないので困っています。
その問題は『解糖系とペントースリン酸サイクルの相違点とは?』です。
それについて、分かりやすく教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

ペントースリン酸サイクルでは、NADHよりNADPHをより多く作ります。
NADPHは電子伝達系でATPに変換されてエネルギーを生み出すということよりも、いろいろな生合成系で還元剤、反応エネルギー源として主に使われます。

また、ペントースリン酸サイクルでリボースが作られますので、核酸を合成するのに必要です。

つまり、ペントースリン酸サイクルは活動エネルギーを発生させるためと言うより、生合成系のために必要なものだと言えます。

Qがん細胞はどこへ

はじめまして。
抗がん剤で死滅したがん細胞はどうなるのですか?
汗や尿などと一緒に排出されるのでしょうか?それとも体内に残ったままなのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

がん細胞を「殺す」とされている抗がん剤は、がん細胞をいろいろな方法でアポトーシスさせています。

詳しいことは「アポトーシス」について調べていただければよいかと思いますが、ざっくり言うと、抗がん剤によってダメージを受けたがん細胞は、内部構造が崩壊し、細胞の表面ではマクロファージと呼ばれる細胞を呼び寄せて、食べられます。マクロファージは食べたがん細胞を消化して、再び細菌や死んだ細胞を食べる出番を待って、組織中にとどまります(寿命もありますが)。

Q芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要について説明せよ。

芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要を説明せよ。

まず、この文章の意味が全然わかりません。
この難題が分かる方、是非とも、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは,生物の身体の中で色々な化合物が作られる事で,「生合成系」とはその過程(経路)です。つまり,「●●がXXに変わって,XXは△△に変換されて,・・・・,で**が作られる」ってこと。

 で,「芳香族化合物」が作られる経路には幾つかありますが,「代表的な経路」は2つです。#3 さんがあげてられる,「酢酸マロン酸経路」と「シキミ酸経路」です。

> それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、

 「上記の各経路で生合成される代表的な化合物の名前を挙げなさい。」ってこと。

> それぞれの概要を説明せよ。

 「例に挙げた化合物が生合成される経路を書きなさい。」ってこと。

 いかがかな?文系だったら,これで質問の意味は分かりますよね。模範解答は「天然物化学」の教科書でも見て下さい。

 ネット上にもこんなサイトありますが,書かれてる意味は解りますか?

  ◎ 植物成分について

 生合成研究はした事ありませんが,天然物化学屋としては基礎知識の部類ですので「専門家」としておきます。でも,内容は御自分で確認してね。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/about_plant_constituents.htm

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは...続きを読む

Qヌードマウスに移植したヒト由来がん細胞の鑑別方法

お時間のある時に教えていただけるととても助かります。
ヌードマウスに移植したヒト由来がん細胞の腫瘤がヒト由来の組織と判断するには、どの様な実験がありますか?マウスの細胞で構成された腫瘤ではなく、ヒト由来のがん細胞の腫瘤と言い切りたいためです。
基本的な質問ですいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

癌細胞に人間のDNAが含まれているかどうかを鑑定すればよいでしょう。

Q生物基礎の質問です!丸ばつで答えてくださいお願いします1、生物の生命活動を支える化学エネルギー

生物基礎の質問です!
丸ばつで答えてください
お願いします
1、生物の生命活動を支える化学エネルギーの源は光エネルギーである

2、熱エネルギーは生態系内を循環する

3、酵素には細胞外に分泌されて働くものもある

以上です
お願いします!

Aベストアンサー

(1)は○ 光エネルギーを光合成で有機物エネルギーに変換した植物を我々が食べてそれをATPという化学エネルギーに変えることにより命が維持されているので

(2)は× 熱エネルギーは生態系内を循環しません。一方方向です。循環するのは物質です。

(3)は○ 酵素には2種類あって、細胞内で働くものと細胞外で働くもの(例:消化酵素)があります。

Q人間は誰しも毎日5000個ほどのがん細胞が発生していると初めて知ったのですが私は不眠症で夜更かしが多

人間は誰しも毎日5000個ほどのがん細胞が発生していると初めて知ったのですが私は不眠症で夜更かしが多く睡眠不足ぎみです。これらの免疫低下が原因でがんになる可能性はありますか?怖いです

Aベストアンサー

怖くないですよ。

【改訂】癌治療必勝法、予防にも使えます。
http://blogs.yahoo.co.jp/dogtor_ww/64477222.html

Qポリリン酸の定量方法について

下水汚泥を分析しようとしています。
実験でリンを定量したいのですが、labile-Pの分析に用いる「1Nの酸(硫酸or塩酸)100℃7分の分解」の具体的な方法がわかりません。
無機縮合リンが加水分解を生じることを利用した分析方法とのことなのですが、当たり前のように使われている割に下水試験方法などにも載っておらず、どの分野で使用されているものなのかわかりません。
ご存じの方がいらっしゃれば、文献等でも結構なので教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

むかしFiske-Subbarow法という方法でリン酸の定量をやりました。生体材料のリン酸には、無機リン酸と、リン脂質や核酸などの成分になっている壊れにくいリン酸化合物と、壊れやすいリン酸化合物(ATPやクレアチンリン酸)との三つに大きく分かれ、全部のリン酸を測るには、あらかじめ5Nくらいの硫酸で150度くらいでかなり長い間湿性灰化してから、測定しました。湿性灰化の途中でリンが蒸気になって逃げてしまわないよう苦労したものでした。方法が詳しく書いてあったのは、Methods in Enzymologyの3巻か5巻だったと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報