「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

こんばんは。
題名の通り、『約款の拘束力について』教えて頂きたいです。
学校でレポートの課題があり、このテーマについて書かなければいけません…
『約款の拘束力について』、先生はどんな内容のレポートを求めているのか?
また、参考ページなどがありましたら教えて頂きたいです。
宜しくお願いしますo(_ _*)o

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「約款」とはどういうものか、具体的に見たことはありますか?


たとえば、国内線の航空機に乗るとき、「国内旅客運送約款」にしたがった契約をすることになるのですが、あなたが飛行機で旅行しているときに何かトラブルがあったとして、航空会社から「いや、それは約款でそうなっているんです」といわれたら、「約款なんか、いちいち読んでないから知らない」と立腹するでしょう。(他に、どんな取引のときに約款が適用されているかは調べて見てください。)
1.「私は約款を読んでないから、約款には拘束されない」といえるのか?
2.文句が言えないとしたら、それはどうしてか?
3.常に文句が言えないのなら、一方的に航空会社が有利な約款を作ったとき、著しく不当な文言を盛り込むと、大変なことになります。それをどう防ぎ、もし防ぎきれなかったら、どう救済するのか?また、そもそも勝手に「約款」を作ってもいいのか?たとえば、○○町商店街が、「○○町商店街小売取引約款」を作ってもいいのか?
考えてみてください。
    • good
    • 1

まずは、民法の教科書の索引で「約款」を探して、該当ページを読みましょう。



契約は、両方の当事者が、契約内容を理解し、それに従うことを申込と承諾という形で意思表示してはじめて成立するものです。しかし、約款契約の場合、いちいち約款を読んで理解してから契約するということはないですし、場合によっては約款があることすら知らない人もいます。それなのに、なぜ、約款が契約条項として効力を持つのかということが重要な問題です。

なお、No.2の方が紹介されているグレーゾーン金利や消費者契約法は、約款契約に限らず、通常の契約にも適用されるものです。「約款の拘束力」なのですから、通常の契約に適用されるような話を書いても点数になりません。
    • good
    • 1

http://www.jikohasan.cn/

サラ金の過払いとかが身近な例でしょうね
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/kyouiku/ …

授業料返還とか

一番多いのはこれですね
2001年)4月から消費者契約法が施行され、過大な違約金を取ることが禁止されました。簡単にいえば「ぼったくり」禁止です

http://www5.cao.go.jp/2000/c/0512c-keiyakuhou.html
ここに引っかかるのが一番多い

http://ozy.sakura.ne.jp/sikikinn/
このへんもそうですね
    • good
    • 0

日本で一番優先なのは



憲法です
その下に
法律があります

したがっ約款より法律の方が上位になります


法律に反する内容があれば、その約款は無効になり
法律に従うことになります

上から
憲法
法律
(政令 条例が法律の下にある)
約款

順に優先があります
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます♪
『法律に反する内容があれば、その約款は無効になり
法律に従うことになります』、というのを見て、約款を作成する際に
法律に沿って作っていないこともあるのだと驚きました。

では、約款が無効になった事例などありますでしょうか?

お礼日時:2006/12/24 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそもそも【利用規約】は法的な効力を持つのか?

教えて!gooのような、投稿型のサイトを立ち上げようと考えています。そこで、是非教えて頂きたいのですが、

<質問(1)>
『そもそも【利用規約】は法的な拘束力を持つのか?』
例えば、利用規約に「当サイトの使用から生じるいかなる種類の損害に対しても一切責任を負いません」と明記して、利用者がその利用規約に同意して利用していたにも関わらず、何らかの理由でその利用者から損害賠償を求める訴訟を起こされたとします。
この場合、「利用規約に同意したのだから」という理由で賠償責任が免除されるということになるのでしょうか?もし、サイト側の過失割合によってケースバイケースだとするならば、そもそも利用規約を掲げて同意させる意味が無いと思いますし。

<質問(2)>
『【利用規約】の表記方法は法的に決まっているのか?』
次に、【利用規約】の表記方法についてですが、よくあるのが、サイドバーのスクロールによる全文表記と、テキストリンクによる別ウィンドウ表記です。利用者の利便性を考えると、初回は全文表記で、2回目以降は別ウィンドウ表記が良いと考えていますが、この【利用規約の表記方法】によって、法的な拘束力が変わってきたりするのでしょうか?


※「サイトの内容にもよる」「利用規約の内容にもよる」と思いますので、(分かり易いように)例えばこのサイト「教えて!goo」と同等の利用規約を掲げた場合で、法令違反のないサイトを想定することとします。

※できれば、最高裁の判例なども含めて教えて頂ければ、なお有り難いです。

教えて!gooのような、投稿型のサイトを立ち上げようと考えています。そこで、是非教えて頂きたいのですが、

<質問(1)>
『そもそも【利用規約】は法的な拘束力を持つのか?』
例えば、利用規約に「当サイトの使用から生じるいかなる種類の損害に対しても一切責任を負いません」と明記して、利用者がその利用規約に同意して利用していたにも関わらず、何らかの理由でその利用者から損害賠償を求める訴訟を起こされたとします。
この場合、「利用規約に同意したのだから」という理由で賠償責任が免除される...続きを読む

Aベストアンサー

><質問(1)>
>『そもそも【利用規約】は法的な拘束力を持つのか?』
ご質問の内容からすると法的な拘束力というより法的に有効性が認められるかどうかという質問のように思います。平たく言うと裁判所がその契約を有効とみなすかどうかということですね。

>この場合、「利用規約に同意したのだから」という理由で賠償責任が免除されるということになるのでしょうか?

法律上の考えとしては当事者が合意した契約はとりあえず有効です。
利用規約のような形であっても、利用する以上は規約に同意したとみなされます。もちろん規約の存在はわかるようにしていなければなりませんけど。

しかしながら民法ではどんな契約も認めるというわけではありません。
公共の福祉(第1条第1項)、信義則(同条第2項)、権利の乱用(同条第3項)、公序良俗(第90条)により、その契約を否定されることもあります。

つまり、これらの民法の規定に従って契約が有効なのかどうかというのがまず争点になるわけです。つまり損害賠償を負わないと規定していても、どんな内容の損害に対しても適用できるものではなく、事例によっては、そのような損害に対しては賠償責任なしという契約は無効であるとする判断がありうるということです。


>サイト側の過失割合によってケースバイケースだとするならば、
そうではありません。サイト側の過失割合ではなく、その具体的な内容です。
たとえば、掲示板において、ある利用者Aが他の利用者から誹謗中傷されつづけたとしましょう。これだけでは運営側の責任が生じるわけではありませんが、それに対してAが運営側に名誉毀損となる掲示などの削除を求めたとしましょう。
もし運営側がそのAによる求めにも応じず、他の利用者による名誉毀損を完全に放置した場合には、いくら規約で賠償責任を負わないとしていても、賠償責任を負う可能性は十分にあります。(実際に似たような話では賠償命令が出ている判例があるのは、有名な某サイトの件によりご存知のとおりです)

><質問(2)>
>『【利用規約】の表記方法は法的に決まっているのか?』
決まっていません。商取引をする場合には特定商取引規制法に従う表記が必要などの話はありますけど、掲示板のようなものであれば特に定めはありません。
ただ利用規約が誰にでもわかるように、誰でも確認、承諾できるように工夫しておかないと、後日規約違反による処分をしようとしたときに、規約に同意していたかどうか、規約の存在を認識していたかどうかが問題となります。

>この【利用規約の表記方法】によって、法的な拘束力が変わってきたりするのでしょうか?

考え方はすでに述べたとおりです。これは契約ですから相手が容易に契約内容を確認できるようになっているか、契約の存在をしることが出来るようになっていたか、相手はそれに同意したと考えられる形になっているかどうかという視点で判断し、OKであれば、それは契約として有効であると考えられるでしょう。

ご質問の話は最高裁判例をというより、基本的な民法の本に書かれているような内容であると思いますよ。

><質問(1)>
>『そもそも【利用規約】は法的な拘束力を持つのか?』
ご質問の内容からすると法的な拘束力というより法的に有効性が認められるかどうかという質問のように思います。平たく言うと裁判所がその契約を有効とみなすかどうかということですね。

>この場合、「利用規約に同意したのだから」という理由で賠償責任が免除されるということになるのでしょうか?

法律上の考えとしては当事者が合意した契約はとりあえず有効です。
利用規約のような形であっても、利用する以上は規約に同意したとみ...続きを読む

Q同意書、約款、規約、契約書の違いを教えてください

同意書、約款、規約、契約書の法的な違いを教えてください。

また商習慣で使い分けることがありましたら、その点についても教えていただけますと大変ありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

次のように使い分けられます。

「同意書」
相手の意見・考え方などに、賛成したり、その行為をみとめることを意思表示する書類。
手術などの時に病院に提出します。

「約款」
いくつもの契約内容を定型的に処理するため、あらかじめ作られた契約条項を書いたもの。
保険約款・運送約款などが有ります。

「規約」
会や団体の構成員などの協議によって定めたその会や団体の規則
**会規則 会則などがあります。

「契約書」
商取引きなどで約束した条項を記し、その取引の成立を証明する文書。
売買契約書 賃貸借契約書などがあります。

Q個別契約と基本契約の優先順位

個別契約と基本契約は契約に定めのない場合は
どちらが優先するのでしょうか?
お手数ですが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

具体的にどんな問題が生じているのでしょうか?

法律の根拠ということになると、契約自由の原則から、こうでなければならないという規定はありません。

常識的には、まず基本契約があって、その基本契約を前提として個別具体的条件を規定した個別契約を締結するわけですから、
「原則として契約内容に矛盾がある場合は、基本契約が個別契約に優先する」
という解釈だと、基本契約に矛盾する個別契約条件を個別案件に於いて合意することが出来ないということになるので、
「原則として契約内容に矛盾がある場合は、個別契約が基本契約に優先する」
と解釈する方が合理的です。

特別に基本契約の条項が適用されるべき事情があれば、基本契約が優先すると判断すべき場合も無いとはいえません(具体的に思い浮かびませんが)。

民事訴訟で争っても、合理的判断に基づいて判決されることになると思います。

Q商業使用人、代理商について教えてください。

今年初受験するものですが、今日から商法の勉強をはじめましたが、過去問でわからないところがあったので、どなたかご教授ください。

(1)商人の対外的業務を代理する権限を持たないもの(技師、工員、整備員、簿記係等)は、商法にいう「商業使用人」には含まれない。
(2)媒介代理商は、代理権限を有しない。

それぞれの根拠というか考え方ですが・・・
(1)商業使用人というのは、企業の内部に関するもののみを補助する者をいうのでしょうか?
(2)媒介代理商は、単なる取次ぎだから。
 民法でいう使者みたいなものですか?

どなたか、ご協力よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

〔商業使用人〕
定義:雇用契約によって特定の商人(営業主)に従属し、その商業上の業務を対外的に補助する者 ⇒支配人

商人は、支配人を選任し、その営業所において、その営業を行わせることができる。

支配人は、商人に代わってその営業に関する一切の裁判上または裁判外の行為をする権限を有する。
支配人は、他の使用人を選任し、または解任ができる。
支配人の代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗できない。

商人が支配人を選任したとき、支配人の代理権が消滅したときは「登記」をしなければならない

支配人は、商人の許可を受けなければ、次の行為をしてはならない。
1自ら営業を行うこと
2自己または第三者のためにその商人の営業の部類に属する取引をすること
3他の商人または会社もしくは外国会社の使用人となること
4会社の取締役、執行役または業務を執行する社員となること


〔使用人〕
⇒ 番頭 手代
商人の営業に関するある種類または特定の事項の委任を受けた使用人は、当該事項に関する一切の裁判外の行為をする権限を有する。
ただし、その代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗できない

物品の販売等(販売・賃貸その他これらに類する行為)を目的とする店舗の使用人は、その相手方が悪意でない限り、その店舗に存在する物品の販売等をする権限を有するものとみなす


〔代理商〕
商人のためにその平常の営業の部類に属する取引の代理または媒介をする者で、その商人の使用人でないもの。

代理商は、取引の代理または媒介をしたときは、遅滞なく、商人に対して、その旨の通知を発しなければならない。

代理商は、商人の許可を受けなければ、次の行為をしてはならない。
1自己または第三者のためにその商人の営業の部類に属する取引をすること
2その商人の営業と同種の事業を行う会社の取締役、執行役または業務を執行する社員となること

〔商業使用人〕
定義:雇用契約によって特定の商人(営業主)に従属し、その商業上の業務を対外的に補助する者 ⇒支配人

商人は、支配人を選任し、その営業所において、その営業を行わせることができる。

支配人は、商人に代わってその営業に関する一切の裁判上または裁判外の行為をする権限を有する。
支配人は、他の使用人を選任し、または解任ができる。
支配人の代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗できない。

商人が支配人を選任したとき、支配人の代理権が消滅したときは「登記」をしなけれ...続きを読む

Q商法503条2項の解釈がわかりません。

商法503条2項「商人の行為は、その営業のためにするものと推定する。」の解釈がわかりません。

問題集の商法503条2項に関する問題で、
「商人が子供の学費として用いるつもりで金銭を借り入れたときでも、営業のために借り入れたものとみなされる。○か×か?」
という問題があるのですが、条文に照らし合わせて考えると○だと思ったのですが、
答えは×でした。

なぜ×なのでしょうか?
教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

理解の方は合っています。
個人商人の場合は私的な行為が含まれるので「営業のために」おこなわれたかわからないのでとりあえず「営業のために」おこなわれたもの、つまり付属的商行為と推定してしまう。
これが503条2項です。

しかし、ここでは「推定する」のであって「みなす」は言い過ぎという点でひっかけがあります。

●「推定する」
 法令が「おそらく○○○であろう」と一応の判断を下すこと。
 反証を立証すれば、確定(推定)した法律関係を覆すことができます

●「みなす」
 法令が「絶対的に○○○である」と法律関係を確定すること。
 当事者が異なる事実を主張することは許されない法律上の擬制。

この問題では絶対に商人としての行動ではないと反証出来れば、この推定は覆るという余地が残るため、「みなす」という表現は間違いだということです。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q重複立候補と惜敗率を教えてください。

重複立候補と惜敗率の仕組みがわかりません。できるだけ、わかりやすく教えてください・・・あと、最近あった選挙で重複立候補をしていた有名な人(土井たか子さんとかですか?)を教えていただければうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

重複立候補は、小選挙区(候補者に投票)と比例区(政党に投票)の両方に立候補する事です。もちろんどちらか一方のみの立候補も出来ます。そして小選挙区で落選した場合でも、比例区で当選する事もあります。

惜敗率の前に、比例区と言うのは、政党への投票であり、得票数に応じて政党毎の議席数が決まります。各政党はあらかじめ比例名簿と言うのを作成し、比例区の立候補者の中で順位付けをします。そして獲得した議席数に応じて、上位の人から当選となります。大抵の場合、比例区のみ立候補している人が上位です。比例区のみと言う人は少ないです。

そして重複立候補者は、比例名簿の中で『○位タイ』と同順位になっています。例えば、A党が比例区で5議席獲得した時、名簿の上位5人が当選となりますが、この時『5位タイ』の人が2人いたとします。この2人は小選挙区で当選できなかった人達です。当然、どちらかが当選するのですが、名簿上の順位は同じです。ここで「惜敗率」が出てきます。
今、名簿上で5位タイの2人。BさんとCさんとして考えます。Bさんは小選挙区で獲得した票数が5000票。トップだった人は10000票と仮定します。同じくCさんは獲得票数7000票。トップの人10000票。
この時、『自分の得票数÷トップの人の得票数×100』で出た数字(%)が『惜敗率』です。
上の例に当てはめると、Bさんは(5000÷10000×100=)50%。Cさんは(7000÷10000×100=)70%。となりCさんの方が、Bさんと比較して惜敗率が高いと言う事で当選となります。

要は、どれだけ小選挙区で善戦したかってことですね。

>重複立候補をしていた有名な人

挙げきれません(笑)
多くの人は重複立候補と考えてもいいですね。それほど多いです。

こんばんは。

重複立候補は、小選挙区(候補者に投票)と比例区(政党に投票)の両方に立候補する事です。もちろんどちらか一方のみの立候補も出来ます。そして小選挙区で落選した場合でも、比例区で当選する事もあります。

惜敗率の前に、比例区と言うのは、政党への投票であり、得票数に応じて政党毎の議席数が決まります。各政党はあらかじめ比例名簿と言うのを作成し、比例区の立候補者の中で順位付けをします。そして獲得した議席数に応じて、上位の人から当選となります。大抵の場合、比例区のみ立候補し...続きを読む

Q代理と取次の違い

商法における代理と取次の違いを教えてください。
媒介についてはある程度理解したつもりです。
代理と媒介の違いは簡単に言えば契約締結権の有無だと思うんですけど、取次とこの二つ(代理と媒介)の違いがよくわかりません。
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

取次とは、「問屋(551条以下、代表的には証券会社)」や、「運送取扱営業(559条以下)」のことです。

ポイントは、取次商は、自己の名を持って、他人のための商行為をするというところです。

代理や媒介は依頼人が直接契約の当事者になりますが、取次の場合は、

依頼人 ⇔ 取次商 ⇔ 相手方

という契約になるため、依頼人と相手方の間に直接の権利義務関係が発生しません。

Q「商事売買」と「商法の適用を受ける売買契約」との違いとは

初めて投稿致します。

民法・商法等を独学で学んで居りますが、
商事売買と、一種民法の特則で有るところの
商法の適用を受ける売買契約との差異が
良く分からずに居ります。

ご多忙の折恐縮ですが博識な方のご助言方
お願い申し上げる次第で御座います。

Aベストアンサー

○商事売買と、一種民法の特則で有るところの商法の適用を受ける売買契約との差異が良く分からずに居ります

「商事売買」という用語は、通常は、当事者の双方もしくは一方にとって商行為である売買のことを指しますので、「商法の適用を受ける売買契約」と同じ意味と考えてもらって結構と思います。

http://www.law.okayama-u.ac.jp/~ryusuzu/3a05.htm


人気Q&Aランキング