最近のクレヨンしんちゃんの映画のクオリティの低さが気になります。なぜ原恵一監督は、クレヨンしんちゃんの映画を作るのをやめてしまったのでしょうか?来年の映画もムトウユージが監督をするということで、とても心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

僕は最初~アミーゴまで見ましたが、対象を子供に絞ってるからかなぁと解釈してます。

    • good
    • 0

いい年の親父ですが、子供と家内が大好きなので、一緒に見て楽しんでいました。

三分ポッキリ以前のものは全部見ておりますが、最近面白い作品が少なくなったことには共感できます。それ以降は見てませんが、見たいと思いません。
監督には詳しく無いですが、調べてみたら、過去面白いと思った作品のほとんどは原監督でした。それ以外では、「ヘンダーランド」本郷監督でした。
確かに戦国は子供向けにはちょっと..、とは思いますが、もう一度、大人帝国や、ジャングルや、温泉や、ブタのひづめみたいな作品を子供と一緒に見たいですね。
しんちゃん関係の作品からは徐々に遠ざかっているらしいので、たいへん残念です。
    • good
    • 0

こんちは。



>>クオリティの低さが気になります。
クオリティが低い。というか、明らかに子供向け。で作っているのでは??
最近のクレヨンしんちゃんの映画は見てないので分かりませんけどー。。。

一般で見ている人の中でも結構意見が割れているようですね。

大体の場合としては、「クレヨンしんちゃんは子供向けなんだから、子供が見て笑えればそれでいいじゃないか。特に映画なんだから。」
とそんな感じでしょう。

あなたが見て感じるクオリティの低さ~が、単純に子供向けのお笑いアニメであると取れれば。。。それはそれでいいんじゃないですか?と思うんですが。


>>なぜ原恵一監督は。。。
ちょっと曖昧ですがー。。。戦国の監督さんでよかったですかね?
戦国までのクレヨンしんちゃんの映画を何本か担当していて、戦国が終わってからクレヨンしんちゃんの映画の監督を降りた~。。。方ですかね??

戦国で問題があったようですね。いろいろと。
世間的には、賞とかもらいましたし、それまでのクレヨンしんちゃんの映画の中では異色の作品ではないかともいえるとは思いますが、子供向けなのにあれでいいのか。。。?って意見が製作中にも出たらしく、いろいろと意見が割れて~。。。とか、内部事情があったようなことも、WIKIだかで読んだ記憶もあります。
まぁ、真実はその人たちにしかわかりませんけれどー。。。

クレヨンしんちゃんのファンがいっぱい集まっているようなサイトで聞けば、噂話程度かもしれませんけど、そこのところ詳しく分かる人とかいるかもしれませんよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至急心配性です 映画館のポップコーンと飲み物について 今日映画を見に行くのですが 映画館でポッ

至急心配性です
映画館のポップコーンと飲み物について



今日映画を見に行くのですが
映画館でポップコーンと飲み物買ったら両手塞がってしまいますよね?
なのでいつも買おうか迷うのですが
両手塞がっても支障ないですかね?
塞がってしまった場合の対処などありましたらよろしくお願いします

Aベストアンサー

どういう映画館なのかわからないですが、トレーを借りられるなら借りてみては?
大型映画館なら、ドリンクホルダーにはめられるタイプのトレーを渡してくれたりします。
あとは、持ち込みできるなら、ペットボトル飲料にするとかです。

Q映画の中の映画監督

映画監督が出てくる映画を教えて下さい。ただし、実在する監督の物語ではないものを。そして、その劇中の映画監督は撮っている映画監督を反映していると思いますか?洋画も邦画もよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 続きが遅くなってしまいました。
 先に挙げた作品についてあれこれといっても仕方がないと思いますし、既にspontaさんからも傑作ばかりだという応援の言葉も有りますから、これらに関しては一言だけ付け加えて終わります。

 私もトリュフォーは大好きです。彼のテーマは常に愛でしたが、「アメリカの夜」は、映画に愛をこめて、という副題が日本で付けられた通りの作品でした。これを観ればあなたも映画作りに参加することが出来ます。楽しいですよ。
 ゴダールは全般に、気ままに生きてきた主人公がちょっとしたトラブルに巻き込まれて、最後でドンパチやった挙句に死んでしまう、というパターンの作品が多い人です。はっきり言って私はその傾向の作品はほとんど評価しません。しかし「軽蔑」はそれらとは一線を画する、人生の奥行きを見事に切り取った傑作です。主人公が映画監督であるということで、さすがにゴダールさんも真剣に登場人物を描いたのかもしれません。
 フェリーニは、「甘い生活」の様に極めてシリアスなものから、「アマルコルド」のようなノスタルジックなものまで、作品は色々有ります。時々シュールレアリスティックなシーンが挟まって、はっとさせられるようなことも有りますが、この作品にそれが一番大きく現れているかもしれません。なにしろ映画を撮れない映画監督の悪夢の映画ですからね。ただし、映画史上の傑作とは言うものの、私はもう一つ体調が良くない(睡眠不足)時に見たため個人的な評価は保留のままです。
 「すべて売り物」は、まだ欧日協会と言っていた頃の某所で私も観ていす。ワイダの作品としては良くも悪くも無いといった辺りでしょうか。
 
 その後、考えていましたが、捜せばまだいくつも有ると思います。と言っても、広い意味での映画人を描いた作品は相当に有りますが、監督が主人公で映画製作の現場を、という条件は結構厳しいかもしれません。それでも、例えば。
・「ことの次第」 ヴィム・ヴェンダース
 荒れ果てた海沿いのホテルの跡地で、B級SF映画とおぼしき怪しげな映画を撮影している一行を、状況そのままに、捉えどころの無いシナリオで描く(当然劇中劇も、この映画自体も面白くない)。ヴェンダースとしては、資金問題を始めとする様々な障害のため、創作に苦悩する映画監督を描きたかったのかも?
・「黄金の夢」ナンニ・モレッティ イタリア
 こちらには撮影場面が出てきたかどうか自信が有りません。監督は知識階級の受けが良くて、各国の映画祭で何度も受賞していますが、私はどうにももう一つです。

それで質問の後半部分ですが、以上に書いたようにほとんどが自分自身の姿を反映していると思います。以上です。

 続きが遅くなってしまいました。
 先に挙げた作品についてあれこれといっても仕方がないと思いますし、既にspontaさんからも傑作ばかりだという応援の言葉も有りますから、これらに関しては一言だけ付け加えて終わります。

 私もトリュフォーは大好きです。彼のテーマは常に愛でしたが、「アメリカの夜」は、映画に愛をこめて、という副題が日本で付けられた通りの作品でした。これを観ればあなたも映画作りに参加することが出来ます。楽しいですよ。
 ゴダールは全般に、気ままに生きてきた主人公がち...続きを読む

Q今思えばとても怖い日本映画ですが何の映画なのか?

私が未だ小学校に入る前ですから昭和35後だと思います。父に連れられて見た映画です。今、記憶をたどって思い出せば多分松竹か東宝辺りの日本映画らしいのです。

ストーリーはお化け映画というよりどちらかと言うとオカルト的な、又は人間の死後の地獄を描いた内容でした。はっきり覚えているシーンといえば何処か薄暗い広い洞窟のような雰囲気の中に流れている川が全部真っ赤な血の川でした。そ上をかごに乗せた赤ん坊がゆっくりと流れていくシーンだけがはっきり脳裏に焼きついています。

後は所々人間が惨たらしく、悪魔か、地獄の死者に殺されていく場面があったと思います。此れは何の映画だったか当時の日本恐怖映画に詳しい方がいましたら
解説願いたいと思います。

後にこの時代に見た日本の恐怖映画といえば、四谷怪談、ろくろ首女、猫女、などと時代劇背景のお化け映画が多かったです。とにかく日本に映画の怖さはこの当時が一番だったのではないでしょう。今の恐怖映画は瞬間的な恐怖がありますが、当時のお化け映画は後々余韻が残ったジワーッとした全く別次元の恐怖感があった気がします。

Aベストアンサー

たぶん中川信夫監督の「地獄」(昭和35年新東宝)ではないでしょうか。

■中川信夫監督情報
http://www2.odn.ne.jp/guccya-strange/nobuo/nobuo.htm

■ビデオ販売(パッケージの写真が載っています)
http://www.easyseek.net/item/10709762/c_no=542

■参考URLでは、あらすじ、感想などが書かれています。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/anutpanna_/2002_b/8_a.htm

Qクレヨンしんちゃんの映画

 最近ですね、感動する映画が見たいなーと思って探してるんですけど、何でも「クレヨンしんちゃん」の映画が泣ける程おもしろいと聞きました。「クレヨンしんちゃん」は漫画本でしか読んだ事が無く、どの映画を見ればいいのか分かりません。そんなワケでどの映画を見ればいいのか教えて下さい。またレンタルビデオで出ているのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

映画「クレしん」がブレイクしたのは
既に答にあるとおり
9作目の「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」でしょう。
まだ映画「クレしん」シリーズを未見ならば
まずこの作品をご覧になることをお薦めします。
老若男女が笑って泣けるこのような娯楽映画の王道が
いまどき成立するんだとビックリしました。
テレビ「クレしん」シリーズは
どちらかといえばお下劣&脱力ギャグ満載の
子供に見せたくないアニメNo.1といった感じですが
映画版が、それとは正反対の
子供の自立や家族愛を真っ向から描き始め
是非とも子供に見せるべきといった様相を呈し始めたのは
6作目「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」からだと思います。
この作品は名声優:塩沢兼人さんの遺作でもあり
私にとっては一番思いで深い作品です。
4作目「ヘンダ-ランドの大冒険」も初期の傑作としてお薦めです。
まだ、お下劣&脱力ギャグ満載の頃の作品ですが
この頃から、フェアリーテールやファンタジーものの映像として
私はディズニーや宮崎アニメ以上の力を感じ始めました。
7作目「爆発!温泉わくわく大決戦」は
前作に較べると少々散漫な感じですが、マニアックな仕上がりで
映画好きな方には十分に楽めると思います。
8作目「嵐を呼ぶジャングル」はお子様向け作品で
映画「クレしん」シリーズの中では深みに欠ける作品です。
前作の反省か?9作目「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」は
子供よりはその親をターゲットにした作品です。
子供にこんなのわかるの?って感じですが
映画館では、序盤は大人のクスクス笑いが中心で
中盤は子供が大爆笑、後半は親子仲よく号泣する、という
感動的な光景に出会いました。
10作目「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」は、前作で自信を得たのか
本気の時代劇&ラブストーリーで
しんのすけはコメディリリーフに徹するという
ギャクを最小限に抑えた大胆な作品です。
黒沢明の「隠し砦の三悪人」を彷彿させる名作だと思います。

参考URL:http://isweb11.infoseek.co.jp/play/toppema/movie.html

映画「クレしん」がブレイクしたのは
既に答にあるとおり
9作目の「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」でしょう。
まだ映画「クレしん」シリーズを未見ならば
まずこの作品をご覧になることをお薦めします。
老若男女が笑って泣けるこのような娯楽映画の王道が
いまどき成立するんだとビックリしました。
テレビ「クレしん」シリーズは
どちらかといえばお下劣&脱力ギャグ満載の
子供に見せたくないアニメNo.1といった感じですが
映画版が、それとは正反対の
子供の自立や家族愛を真っ向から...続きを読む

Q原作なしで映画を作る監督

こんにちは。
最近、人気小説の映画化・人気漫画の映画化というニュースをよく聞くようになり、実際数多くのそういった作品が公開されています。
しかし、私はそういったニュースを聞いたりするとがっかりするというか冷めてしまいます。
やはり、映画は原点であるべきというか原作ありきであってはならないと思います。
そこで、原作ありきで映画を作ることのない監督というものをご存知の方がいらっしゃればぜひ教えていただきたいと思います。

ちなみに私が考える監督は岩井俊二監督です。
皆様にもそういった監督でオススメの方がいらっしゃればよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

是枝裕和監督の作品は、「幻の光」を除けばオリジナルばかりです。
その弟子の西川美和監督も、長編の二作はどちらもオリジナルです。
(西川監督はインタビューでもオリジナル作品を作ることにこだわっていることを明言しています)

参考URL:http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hito/news/20070119ddm003070085000c.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報