600V CVT100SQ3芯のことなのですが、
電線の被覆をむいて5.6センチ銅線の状態で3本とも水につかってしまいました。
つかった時間はだいたい2.3分なのですが、そのまま使用しても大丈夫でしょうか?水につかってから1ヶ月ほど経ちます。
受電にはまだあと1ヶ月あります。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>3本とも水につかってしまいました。


つかった時間はだいたい2.3分なのですが、
そのまま使用しても大丈夫でしょうか?
 

*500Vメガ計で対地間(念の為、相間も)との
 絶縁測定をして大丈夫ならば、
 低圧使用には大丈夫でしょう。

  低圧では高圧ケーブルで発生する「水トリー」での
 絶縁破壊は聞いた事がないので大丈夫でしょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。とても参考になり安心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/28 20:17

No.1さんが言うように、絶縁抵抗測定をし100MΩ以上あれば


使用しても問題ないです。
2~3分浸かって1ヶ月も経てば乾いて要るはずです。

あと老婆心ながらCVTはトリプレックスといって3本をよってあるものを言いますのでCVT100SQの3芯とは言いません。
質問する際に分かりやすく3芯をつけたのかも知れませんが記載する必要はありません。
2芯の場合はCVD、4芯はCVQです。
参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。詳しい説明でとても参考になりました。

お礼日時:2006/12/28 20:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFoma⇔USB このケーブルの販売価格

先日ドコモショップにて下記のケーブルを
11800円で購入しました.
購入後,価格的にどうしても納得がいかないので
販売価格をご存知の方お願いします.

http://foma.nttdocomo.co.jp/terminal/kanrenn/usb/usb_cable.html

Aベストアンサー

ドコモのカタログをみると,1470円ですね.
http://foma.nttdocomo.co.jp/pdf/900i_option.pdf
速やかに販売店に行かれてお話したほうがよいとおもいますが.
http://foma.nttdocomo.co.jp/pdf/900i_option.pdf

参考URL:http://foma.nttdocomo.co.jp/pdf/900i_option.pdf

Q【電線】VVR・2芯・22SQ・ネットで買いたい!

VVRケーブル・22SQの、2芯、が必要です。
ネット(限定)で購入出来るサイトをご存知のかた、
教えてください。

【重要】>7時間かけて、1晩中、ネットで検索しましたが
3芯しか販売されていませんので、大変、困っています

★単三、3相にする予定なし+地中埋設で40メートルの長い配管に収めるので、
無駄に太い3芯はダメです。

★電圧降下の関係で、22SQ、が最低限です。電源は単相100Vです

ご回答をお願いします

Aベストアンサー

電線ストア.com
参考URLでいかがでしょうか

電力用電線販売で検索すると他社もあります。

参考URL:http://www.densen-store.com/category/cvvf_detail.asp?id=184

Qケーブル

ケーブルに関する以下の1~5の記述のうちで、正しいものはどれであるかご教示ねがいます。複数回答可。
 1.ハブとパソコンをつなぐLANケーブルはクロスケーブルである。
 2.ハブとパソコンをつなぐLANケーブルはストレートケーブルである。
 3.ハブ同士をつなぐケーブルはクロスケーブルである。
 4.ハブ同士をつなぐケーブルはストレートケーブルである。
 5.パソコンとパソコンをつなぐのはクロスケーブルである。

Aベストアンサー

正しいのは2,3,5です。
試験のレベルでの解答は上記のとおりですが、最近の機器はほとんどが自動認識しますので実運用に於いてはケーブル種が違っていても機能します。

Q3相200VからDC-48VとAC100V

こんにちは。

3相200Vの分電盤があり、そこからAC/DCコンバータを使って-48V DCを作ります。
追加でAC単相100Vも必要になったので、AC/DCコンバータの出力の一部を使ってDC/ACインバータでAC100Vを作ろうと思います。このような方法は問題ないでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

電力会社との契約(約款)により3相200Vから単相100Vを作ることはできない契約成ってます。したがってやっては行けない行為です。

Q探しています!TRSフォン×2→ステレオミニ のY字ケーブル

TSフォン×2→ステレオミニのY字ケーブルはよく見るのですが、TRSフォン×2→ステレオミニのY字ケーブルが全然見つからなくて困っています。どなたか知っている方いらっしゃいましたら教えてください!!

なるべく高品質だとありがたいです。

Aベストアンサー

またNo.1です。
No.2の投稿内容については、専門家のNo.3さんからお墨付き貰ったのでホッとしました。

そんでもって、新しい補足部分ですが、CENTRAL STATIONのLR INは、英語のマニュアルの「感読み」の限りでは、バランス伝送の標準TRSフォンになってますから、896HDのLR OUTからはXLRメス-標準TRSの2本使いで問題ないですよ。

828mk2からは、828mk2の出力がバランスTRSになってますから、標準TRS-標準TRSの2本使いになりますね。まぁ、アンバランス標準TSでもOKと仕様書に書いてありますから、どっちでも良いですけど。

ですから…と書くと唐突ですが…質問者の方に疑問を感じて欲しいのは、

896HD-CENTRAL STATIONもLR2本
828mk2-CENTRAL STATIONもLR2本
CENTRAL STATION-NF-01Aも、左右のスピーカに向けて2本

と、ステレオ接続はすべて2本のケーブル繋ぐのに、なんでZS-M5は端子が1個しか無いのさ? 端子1個なのに、何でステレオで鳴るのさ? という点です。
答えは、1端子でLR両方受けるようになってんですよ。ミニTRSですからTIPにL信号、RINGにR信号流すんですよ…ということなんですが、ここで「バランスは3端子(XLRかTRS)で1チャンネル」
「アンバランスは2端子(TS)で1チャンネル」
「アンバランスでも3端子なら場合はTIP-左、RING-右で2チャンネル」
という、一応は音響機器の大原則を覚えて貰って、ゆえに「この端子はステレオ送受かバランスか」を必ずマニュアルで確認…ということを知って貰えば、とりあえず私も立つ瀬があるかな(^^ゞ…というところです。

繰り返すと、「バランスは3端子(XLRかTRS)」、「アンバランスは2端子(TS)」、ただし「アンバランス×2をステレオ3極(見た目はTRS)というケースがある」ので、各端子の使用に注意(要マニュアル確認)…ということです。

で、最後の補足回答ですが、CENTRAL STATION-NF-01Aは
CENTRAL STATIONの出力はバランスTRSがLR2チャンネル
NF-01Aの入力は、各スピーカXLR♀のバランス端子有り
ですから、
TRS-XLR♂のケーブル2本でOK
が正解です。

そこらへん、英語かもしれませんがマニュアルには詳しく載っているはずなので、下手に触る前に熟読する方がいいんですけどね。
本家MOTUやPreSonusのマニュアルの敷居が高い場合は、YAMAHAやRolandやBehringerのちょっと似た様な機材の日本語マニュアル(これらはダウンロードで手に入る)を取ってきて、仕様書を比較しながら読むのも一つの勉強法です。TRSとかバランス、アンバランス等については、結構詳しい説明がされていますよ。

またNo.1です。
No.2の投稿内容については、専門家のNo.3さんからお墨付き貰ったのでホッとしました。

そんでもって、新しい補足部分ですが、CENTRAL STATIONのLR INは、英語のマニュアルの「感読み」の限りでは、バランス伝送の標準TRSフォンになってますから、896HDのLR OUTからはXLRメス-標準TRSの2本使いで問題ないですよ。

828mk2からは、828mk2の出力がバランスTRSになってますから、標準TRS-標準TRSの2本使いになりますね。まぁ、アンバランス標準TSでもOKと仕様書に書いてありますから、ど...続きを読む

Q200V→100Vトランスを24V→12Vで使用

AC200V→100VのダウントランスをAC24V→12Vとして使用した場合、」何か問題は発生するでしょうか?

あるセンサー設備の更新を計画しております。
現在使用中のセンサーはAC24Vで動作しておりますが、現行機種でAC24V型のセンサーが存在せず、
色々調べたところAC100V仕様のセンサーがセンサー内部のトランスで
AC100V→AC12Vに降圧して動作している事が分かり、
AC24Vの電源をAC12Vに降圧して供給してやれば使える事が分かりました。

トランスメーカーのカタログを確認いたしましたが、AC24V→AC12Vという商品が見当たらないので
AC200V→AC100Vの単巻きトランスを流用してやることが最も安価に行えるのではないかと考えております。

AC200V→AC100Vのトランスも、24V→12Vのトランスも巻き数のの比率は同じとはずなので
問題なかろうと思っているのですが、このような使い方をした場合に、
何か問題は発生するでしょうか?

なお、センサーは全数交換ではなく、不調になった約半数を入れ替える予定なので、
送りの電圧(供給電圧)を変更することはできない状態です。

AC200V→100VのダウントランスをAC24V→12Vとして使用した場合、」何か問題は発生するでしょうか?

あるセンサー設備の更新を計画しております。
現在使用中のセンサーはAC24Vで動作しておりますが、現行機種でAC24V型のセンサーが存在せず、
色々調べたところAC100V仕様のセンサーがセンサー内部のトランスで
AC100V→AC12Vに降圧して動作している事が分かり、
AC24Vの電源をAC12Vに降圧して供給してやれば使える事が分かりました。

トランスメーカーのカタログを確認いたしましたが、AC24V→AC12Vという商品が...続きを読む

Aベストアンサー

AC200V用トランスをAC24Vで使うのはNo1の回答者様が述べているように巻き線数が多すぎてまともに動作できないと思われます。
巻き線数が多いと鉄心を磁化する励磁電流が不足して電圧変動がとても大きくなります。(少しでも電流を流すとガタッと電圧がおちる)

センサーの電源とのことなのでそれほど大きな電流はないと思われるので専用のトランスを特注されてはいかがでしょう。複雑な巻き線構成ではないのでそんなに高い値段にはならないでしょう。
市販のトランスで済ませるなら普通の100V⇒⇒⇒24Vセンタータップつきのトランスを買って2次側だけを使う手があります。0Vと24VのタップにAC24Vを加えると0Vとセンタータップが12Vになります。
なお、これを行う場合は1次のAC100Vのタップはしっかり絶縁してください。電流は少ないですがモロに100Vの電圧が出てきます。

Qケーブルのマーキング

素人ながら、PAオペレーターをやらせていただいています。

いろいろな現場でPAをしています。主に屋内です。

現場敷設の卓やケーブルでは間に合わないときがよくあるので、自前のキャノンケーブルを利用したりしています。

今は、キャノンケーブルのコネクタに白のビニールテープを巻いて油性マジックでマーキングしています。
でも、この方法だと、先端がマイクのとき、キャノンコネクタを握ってしまう人もいるので、汗でにじんできてしまいます。

皆さんは、どのようにマーキングをしていますか?教えてください。

Aベストアンサー

私も素人PAを良くやってます。
私のところは、プチ野外や学校の講堂、体育館、音出しOKの講演仕立ての大会議室…みたいなとこばっかなので、PA機器はほとんどが持ち込み自前です。

私の所では、最近は内径7~8ミリくらいのビニールホースを2センチくらいに切った物をケーブルに通し(ホースを縦に裂いてはめ込む)、そのホースの切れ端に色テープをあらかじめ巻いて(これで筒状になる)います。
色テープは、当初はビニテ使ってましたが、最近はパソコンで印字できる色フィルムに色分け印刷した物を使うようになりました。
(貼って剥がせるタイプ使ってます。理由は後述。まぁ、2~3現場くらいは自然に剥がれる事はないです)

で、卓側とか仕込図に、「茶色はこれこれ」「赤はこれこれ」と色と用途を対比できる表を付けて、例えば
「茶=ボーカルメイン=卓1番」
「緑=上手ギターアンプ=卓5番」
などなどと、卓、ステージ脇、ステージ上のサービス担当の控え場所等にデカデカと置いて、間違わないようにしてます。

一応、番号と色は抵抗カラーコードに準じているので、10番以上は横縞で色分けしてます(だからパソコン打ち出しのシール使うようになった)。
また、出力系は「縦縞」にして「茶白縦縞はメイン」「赤白縦縞はボーカル前コロガシ」のような区別もしています。
この場合、ステージサイドの機器の端子にも同じ色のシールを先に貼っておくことで、助っ人(アマチュアなのでその時の出演バンドメンバーに仕込み手伝って貰う事も多い。時間が無いので。だけど、この手の機器に疎い奴が手伝いに来る事も多い)がいきなりでも、色さえ合わせてくれたらちゃんと結線できるという利点もあります。

私らも、最初はケーブルの端子付近にテープ巻いてたり、白テープや養生テープにマジックで書いたりしてたんですが、質問者の方と同じで消えてしまったり、また撤収の時にはきちんと剥がしておかないとヌルヌルになるし…なんてことで、あらかじめケーブル毎に色分けしておくようになりました。
延長する時は、延長用の無印ケーブルに予備のチューブをはめ込み、予備にたっぷり用意している同色テープ巻きます。まぁ、基本的には剥がれるまで付けっぱなしなので、手近なケーブルのテープを剥がして貼り替えるんですが、「テープ巻いて字を書いて」を延々と繰り返す事を思ったら1/4手間くらいで済みます。

チューブ方式は、もっとちゃんとした色分けシステムを使ってるプロ現場からヒントを得た部分もあるのですが、ケーブル上で自由に位置を動かせる、ケーブルより内径が広いチューブを使うのがミソで
・色テープがマイク際に来て見栄えが悪い時には、床までズリ落とせばよい。
・卓側から色が見えないと困る時は、チューブ部分をマイクスタンドに留めれば色はちゃんと見える。
・多少動いても、撤収時にケーブル巻く時には、どのみちちゃんと端子部分に戻せるので、ケーブル仕舞い込んでも視認性に問題なし。
・また、仕込み時には取り出せば端子部分にチューブが来てるので、貼りっぱなし付けっぱなしでも問題なくて省力化。
・貼って剥がせる色テープだし、チューブに裂け目があるので剥がすのも楽、貼り直しも楽
・色指定だけ間違わず、要所要所に同色のマーキングをしておけば、ド素人助っ人に任せても間違わない。
ということで、我がグループの標準仕様になりました。

実は、本格的にこの方法をやり出したのは昨年からなんですが、これだけで仕込み時間が2割は早くなりました。もうやめられないですね(^^ゞ

一時はタグや銘板付きタイラップも使ってたんですが、タイラップはケーブル捌く時絡まるし、タグは荒っぽく使ったらすぐにちぎれるのでやめました(^^ゞ

私も素人PAを良くやってます。
私のところは、プチ野外や学校の講堂、体育館、音出しOKの講演仕立ての大会議室…みたいなとこばっかなので、PA機器はほとんどが持ち込み自前です。

私の所では、最近は内径7~8ミリくらいのビニールホースを2センチくらいに切った物をケーブルに通し(ホースを縦に裂いてはめ込む)、そのホースの切れ端に色テープをあらかじめ巻いて(これで筒状になる)います。
色テープは、当初はビニテ使ってましたが、最近はパソコンで印字できる色フィルムに色分け印刷した物を...続きを読む

Q3相400Vから3相200Vへダウントランスで落とします。その時3相200v電動機の総和が58.6k

3相400Vから3相200Vへダウントランスで落とします。その時3相200v電動機の総和が58.6kwとなるのですが どのように設計すいいですか?れば

Aベストアンサー

・動力用変圧器Qの容量は、一般に次のように求めます。
Q=Σ(電動機[kW]×1.25×需要率[%])+将来増設負荷S[kVA]
つまり、個々の負荷を1.25倍して入力換算し、それに需要率を掛けて合計したものに、将来増設負荷Sを加えます。
概算的に求めるとして、需要率を100%と仮定すると
Q=58.6×1.25×1+S=74+S[kVA]
Sを26[kVA]と仮定すると
Q=100[kVA]となります。
Sを考慮する必要が無ければ、S=75[kVA]となります。
勉強の参考にして下さい。

QLinuxにCVSサーバーがうまく立てられない

お世話になります。Linux(Fedora4)をCVSサーバーとして使おうとしているのですが、うまくいかずに困っています。お知恵をご拝借させてください。

1.インストール

2.リポジトリ作成(/var/cvs)、権限などをwatashiにセット

3.初期化($cvs -d /var/cvs init)

4./var/cvsCVSROOT/passwd作成(watashi:xxxxx:watashi)

5./etc/xinetd.d/cvsファイル作成
内容:
service cvspserver
{
disable= no
port= 2401
socket_type= stream
protocol= tcp
wait= no
user= root
server= /usr/bin/cvs
server_args= -f --allow-root=/var/cvs pserver
}

6./etc/servicesに
cvspserver 2401/tcp
cvspserver 2401/udp
を追加

など、ネットで検索できたひととおりの初期設定はしたつもりなのですが、

cvs -d ':pserver:watashi@localhost:/var/cvs' login
Password:
すると

unrecognized auth response from localhost: cvs pserver: cannot open /var/cvs/CVSROOT/config: Permission denied

といって蹴られてしまいます。/var/cvs/CVSROOT/configはwatashiでrwxにしてあります。

どのような設定が不足しているか、わかる方がいらっしゃいましたら何とぞご教授くださいませ。

お世話になります。Linux(Fedora4)をCVSサーバーとして使おうとしているのですが、うまくいかずに困っています。お知恵をご拝借させてください。

1.インストール

2.リポジトリ作成(/var/cvs)、権限などをwatashiにセット

3.初期化($cvs -d /var/cvs init)

4./var/cvsCVSROOT/passwd作成(watashi:xxxxx:watashi)

5./etc/xinetd.d/cvsファイル作成
内容:
service cvspserver
{
disable= no
port= 2401
socket_type= stream
protocol= tcp
wait= no
user= root
server= /usr/bin/cvs
serve...続きを読む

Aベストアンサー

Fedora4のことですが…
SELinuxの設定とか大丈夫なんでしょうか?
enforcingになっていたらpermissiveに変えてみるとか。

QAC100Vより三相100V.0~5A取り出し

どなたか、コンセントより電源を取り上記仕様の試験器等のメーカー知りませんか。高圧受電盤の計器のチェックに使用したいのですが。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ムサシインテック
http://www.musashi-in.co.jp/menyu/seihin/seihin2.htm
高圧受電盤の試験機の専門メーカ


人気Q&Aランキング