ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

最近、弁理士試験の勉強を始めた者です。
当方、工学部出身で工学系の勉強は仕事をこなす上で蓄積出来ると思っています。
ですので、論文の選択科目では民法と民事訴訟法を選択したいと思っています。
また、今後は特許訴訟が増えると予測され、民法・民事訴訟法の習得は必須であると考えます。
しかし、当方は法律について僅かに学んだ程度であり、まったくの素人です。
そこで、民法・民事訴訟法の司法試験と比較した難易度、それらの効率的な学習法・お勧めの参考書などがあれば教えて下さい。
(現在は、司法試験用の論文教材を吟味しています)

その他、司法試験用の論文過去問(13年度版)など、古い問題集や参考書を使って試験対策された方はいますでしょうか。古い書籍はオークションにて格安で購入できますので、資力の乏しい私には魅力的に感じます。うまい活用の仕方などがあれば、合わせてお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

旧司法試験論文問題解説の資料・論証ブロックとしては


LEC大学教官の柴田氏の「柴田の法務ページ」から
部分的に資料をダウンロード出来るかも知れません。
今でもupしているかどうかは知りませんが・・・
それと、民法は改正されてますので
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
お教え頂いたHPよりレジュメなどがDLできるようです。
その内容もとても参考になるもので満足しています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/01/13 09:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年の弁理士短答試験について

今週末の弁理士短答試験の結果発表はいつなのでしょうか?
調べたけど、10日後くらいの発表ということしかわかりませんでした。
お願いします。

Aベストアンサー

6/7合格発表です。
ちなみに、去年と同じなら、23日くらいに特許庁HPに問題と解答が掲載されますよ。

参考URL:http://www.deux.jpo.go.jp/cgi/search.cgi?query=%95%D9%97%9D%8Em%8E%8E%8C%B1&lang=jp&root=short

Q基本情報技術者試験の午後の選択で表計算を選ぼうとおもってるのですが参考書は一番最近のものとかのほうが

基本情報技術者試験の午後の選択で表計算を選ぼうとおもってるのですが参考書は一番最近のものとかのほうがいいのでしょうか?本屋で6年前くらいのを見つけたのですが、これじゃ古すぎますか?

Aベストアンサー

古いですね
IPAはちょいちょい出題範囲や出題形式を変えてますから
出来れば最新のほうがいいです

基本情報ぐらいなら、過去問をひたすら解いているだけでも十分ですよ

Q弁理士資格の取得

よくある質問とは思いますが、お答えていただけると幸いです。

私は某化学メーカーで研究の仕事をしていますが、将来的には特許の仕事をしたいと考えており、弁理士の資格を取得したいと思っています。

いろいろ聞くにつれ、非常に難度の高い試験であることも分ってきましたが、それでもチャレンジしようという気持ちに変化はありません。ただ、働きながらの勉強になりますので、それ相応の予備校に入り、効率的に学習を進める必要がありますが、どの学校を選ぶか迷っています。

代表的な機関に、代々木塾とLECがあるとうかがいましたが、弁理士専門の前者と、他の資格取得も請け負っている後者ではどちらが良いのでしょうか?地理的には勤務の帰りに寄れるLECが良いのですが、代々木塾は「弁理士資格取得の総本山」と言われているようですし・・・。

どちらの機関でも聴講の経験のある方、どちらかの機関だけに通って合格された方、受講にかかる費用や、通信教育の良し悪しも含め、ご回答いただけると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。
9月下旬頃にLECの弁理士講座の説明会に行ってきました。
代々木塾のことは知らないのでどちらがどうということはいえませんが
一応参考までにとおもい投稿させていただきました。
LECの印象は、正直あまりよくはなかったのですが(当日場所がわからなくて
電話したら誰も出ないとか・・・・)
参考までに、聞いてきたLECの制度を少し書いておきますね。
1.説明会に行くと受講料10%OFF。
2.当日に小論文を書いて、そのできによっては5%から50%OFF
ただし、1と2両方は使えません。
1は説明会によりますので事前に要確認です。
2はやっていない説明会もあるかもしれませんのでやはり事前に要確認です。
基礎講座はライブ講座がありますが、(東京のほう)
答練だかなんだかはビデオのみです。(どの学校でも)
視力の気になる私には天敵です(汗)

弁理士資格をとりたいとおもっているのですが本当にむずかしい資格らしく
かかる人は10年とか。
Wセミナーの受験アドバイザーの方は、最低3年といっています。
(Wセミナーにも言ってきました(笑)いろいろと足を運んで見ると
わかることも多いですよ!ちなみに弁理士講座はありませんがDAI-X
にも行ってきました。説明会でなくても、おしかければ(笑)丁寧に
おしえてくださいます。ぜひ現地に行ってみて下さい!当日何の予約もなしに
行きましたが、何の問題もありませんよ。)

私も弁理士の試験を受けたいとおもいあれこれ資格の本を読みました。
合格率は3%ぐらい。希少性が極めて高いという紹介が多いですね。
理系の弁護士などといわれる資格で、登録者は全国4000人ほどとか。
今の世の中、特許申請の数に対して弁理士の数が少なすぎる状態らしいです。
私は社会人で特許とはぜんぜん関係のない職場にいますが、
絶対にチャレンジします。
ただ、希少性が高い資格、というせいか、専門学校の制度もあまり充実
していません。Wセミナーでは、ほかの資格であれば再受講割引が
ありますが、弁理士講座にはなく、さらに合格後のバックアップも
ないです。それはLECでも同じであったような気がしますが。

通信講座はお勧めしません。やっぱり通ったほうが勉強できます。
ついサボってしまうということがありませんからね。
なんせ長期戦ですから。
それから、励ましあう仲間を作ることもできなくなるでしょう。
やはり、通学がいいと思います。

費用について触れていませんでしたね(汗)
すみません、順番がめちゃくちゃで(汗)
特別なオプション講座を抜きにして(パック料金)
だいたい50から60万です。
ちなみに社労士なら25から30万
行政書士なら20万ぐらいです。
専門学校によるので言い切れる数字ではありませんが、
この数字とかけ離れた数字はないでしょう(笑)
あったら怪しいです。たぶん。

参考になれば幸いです。ぜひ、合格目指してがんばってくださいね!
お互いにがんばりましょう!♪

こんにちは。
9月下旬頃にLECの弁理士講座の説明会に行ってきました。
代々木塾のことは知らないのでどちらがどうということはいえませんが
一応参考までにとおもい投稿させていただきました。
LECの印象は、正直あまりよくはなかったのですが(当日場所がわからなくて
電話したら誰も出ないとか・・・・)
参考までに、聞いてきたLECの制度を少し書いておきますね。
1.説明会に行くと受講料10%OFF。
2.当日に小論文を書いて、そのできによっては5%から50%OFF
ただし、1と2両方は使えませ...続きを読む

Qボイラー2級技師試験の法令問題の学習範囲について

今年4月20日に行われるボイラー技師2級の試験に向けて独学で勉強をしている者です。全く異業種の世界から飛び込んだ事で、構造や取り扱い等も結構複雑で苦労していますが、参考にする書籍やネットでの解説を参考に何とか勉強を進めているのですが、法令問題に関する記述が殆どなくて、勉強の進め方が今一判りません。法令全てを丸暗記するにしても記述量もかなり多い事から全てを完璧にカバーするのは無理があるかと思われます。インターネットで検索しても2007年位までの記述しかなく、さすがに5年前では如何な物かと思って居ります。2級であれば此処数年の傾向から見てどの項目をカバーしておれば、良いか等をお教え頂けないでしょうか。ちなみに書籍は社団法人日本ボイラー協会の「わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則」を所持して居ります。よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

私も今現在勉強中です。
法律関係は『わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則』に全部載っています。
H20.5.28 改定第12版をお持ちでしたら下記を参考にして下さい。

出題頻度大
(p.8~9)1.3.1~1.3.4「伝熱面積」
(p.19~22)2.2.3~2.3.3「落成検査、ボイラー検査証、使用検査、性能検査」
(p.22~25)2.4.1、2.4.3~2.4.4「変更、休止、使用再開検査」
(p.26~28)2.6.1~2.6.4「ボイラーの設置場所、ボイラー室の出入口、ボイラーの据付位置、ボイラーと可燃物との距離」
(p.29~30)2.7.2(1)「ボイラー取扱作業主任者(1)選任の基準」
(p.33~34)2.7.2(3)「ボイラー取扱作業主任者(3)ボイラー取扱主任者の職務」
(p.34~35)2.7.5「付属品の管理」
(p36~37)2.7.9「定期自主検査」
(p66~75)12.1.1~12.1.8「鋼製ボイラー」関係

出題頻度中
(p.35)2.7.6「ボイラー室の管理等」
(p37~38)2.7.10(1)「整備作業(1)ボイラー又は煙道の内部に入るときの措置」
(p77,78)12.2.3(3)、12.2.6「鋳鉄製ボイラー:水面測定装置等(3)温水温度自動制御装置、圧力を有する水源からの給水」

出題頻度小
(p.8)1.2「最高使用圧力の定義」
(p.28)2.5.6「排ガスの監視措置」

私も今現在勉強中です。
法律関係は『わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則』に全部載っています。
H20.5.28 改定第12版をお持ちでしたら下記を参考にして下さい。

出題頻度大
(p.8~9)1.3.1~1.3.4「伝熱面積」
(p.19~22)2.2.3~2.3.3「落成検査、ボイラー検査証、使用検査、性能検査」
(p.22~25)2.4.1、2.4.3~2.4.4「変更、休止、使用再開検査」
(p.26~28)2.6.1~2.6.4「ボイラーの設置場所、ボイラー室の出入口、ボイラーの据付位置、ボイラーと可燃物との距離」
(p.29~30)2.7.2(1)「ボイラー取扱作業主任者...続きを読む

Q弁理士の新試験制度と将来性

現在弁理士を目指しているものです。質問させてください。

某巨大掲示板で、H20年から弁理士の新試験制度が始まり、条約、民訴、民法が必須科目となるという情報を目にしました。しかしグーグルなどで検索してみても、こういった正式情報は見つかりませんでした。この新試験制度というのは本当なのでしょうか?H20年合格を目標に考えているので、とても気になっています。

それから、もうひとつ質問させていただきたいのですが、弁理士の将来性についてです。私は将来弁理士事務所、特許事務所で働きたいと考えていますが、現在の新試験制度になって弁理士の合格者が増え、就職口がなくなってきているのではないかと不安です。H20年の話になればなおさら、不安です。また、特許事務所は数年前からすでに飽和状態で、競争が激しくなっているとも聞きました。このような状況で、弁理士として働くことに将来性はあるといえるのでしょうか。

お答えをいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>#2さん
×弁護士
○弁理士

新試験制度についてですが。
自分もちゃんと情報をおっかけていないので、あいまいな部分もありますが。

弁理士試験については(もしかしたら弁理士の業務範囲などもっと広いかもしれませんが)5年か10年くらいの見直し条項がついていたはずです。
その期間が来たために、現在いろいろと見直している最中です。

その際に日本弁理士会がいろいろと意見をいう(実際はたたき台つくるところまでやってるかも)ようになっています。

で、ちょっとどこで見たかはURL思い出せないのですが、弁理士会の会報だったかな?で、最近の合格者の質の低下が見受けられる(試験のための勉強といった感じなのでしょう)。
実務においては、民訴、民法もかなり重要であるし、国際化も普通になっているので、条約も重要だというのがありました。
そのため、特に民訴、民法に関しては必須にしたほうがよいと弁理士会から提案したようです。

実際に何年から変更になるかはわかりませんが、試験の見直し条項があるようですし、試験内容が改訂されることは十分に考えられます。
(というか、時代に即したものをやらないと見直し条項の意味もない)

弁理士の将来性についてですが、まだ当面は問題ないと思います。
特許申請などの各種申請は増えることはあっても減ることはないでしょうし、特許を取得したから終わりというわけでもありません。
特許を取得したら、それを維持する必要もありますし、侵害されたときの対応などもあります。

ただ、個人でやるようなところは厳しいことになるかもしれません。
そのため統廃合ではないですが、大規模な事務所や弁護士との協業などはありえるとおもいます。

#1の方の書かれているように、取ったからおわりというわけではないです。
専門性の勉強は常に必要ですし、弁理士としてのスキルアップも必要です。

一番いいのは、特許事務所などで働きながら弁理士資格の取得を目指すことでしょう。
その段階で合わないと思えばやめればいいし

>#2さん
×弁護士
○弁理士

新試験制度についてですが。
自分もちゃんと情報をおっかけていないので、あいまいな部分もありますが。

弁理士試験については(もしかしたら弁理士の業務範囲などもっと広いかもしれませんが)5年か10年くらいの見直し条項がついていたはずです。
その期間が来たために、現在いろいろと見直している最中です。

その際に日本弁理士会がいろいろと意見をいう(実際はたたき台つくるところまでやってるかも)ようになっています。

で、ちょっとどこで見たかはURL思い出...続きを読む

Q中小企業診断士試験と応用情報処理技術者試験

先日、中小企業診断士1次試験を受験したのですが、経営情報システムで足キリにあってしまいました。

自分では、経営情報は自信がある科目だったのですが、あたらしい用語と専門的な問題に翻弄され、また、頼みの綱の勘もこのときばかりはまったく役に立たず、撃沈しました。
また、某予備校の市販の参考書と問題集1セットを信じたのもまずかったような気がします。

他の科目はすべて科目合格ですので、来年は経営情報システムのみの受験となります。そこで、4月の応用情報処理技術者試験を目指してみようかと思うのですが無謀でしょうか。

ちなみに私のレベルは、
・初級シスアドは取得しています。
・診断士試験の一次は他の科目は合格しています。
・仕事はコンピュータ関連の仕事ではありません。
・プログラムの知識はありません。

Aベストアンサー

無謀とは言いませんが、かなり難しいと思います。
残り一科目であれば、「経営情報システム」の勉強をした方が確実な気もします。

経営情報システムの科目が免除になる試験だと、ソフトウェア開発試験になるのかもしれませんが、開発経験がなければかなり勉強が必要です。
開発関係のマネジメント経験があればプロジェクトマネージャ試験等もありますが、より難しいです。

でも、どちらにしても来年の診断士試験までは時間もありますので、
一度4月のソフトウェア開発試験に向けて勉強し、試験後に診断士用の
勉強をするのもありだと思います。
もしくは、プロジェクトマネージャ試験の方が「経営情報システム」に近いので、こっちでもいいかもしれません。

で、試験に、診断士の勉強に切り替えるとか。

あれ? でも、ちょっと気になったのですが。
仮に合格したとしても、診断士の申し込み締め切り後に
結果が発表になりますが、それはいいんですかね?

Q大学の高校別合格者数について

この時期になると、電車の中刷り広告などで週刊誌が東京大学やその他の旧帝大、国立大学医学科を中心としてどこの高校から合格者数が多いかなどをランキングしているものをよく見かけます。そこでふと疑問に思ったのですがこれら高校別合格者数はどのようにして調べているのでしょうか?個人情報についてこれだけ意識が高まっているときに大学当局がご丁寧に高校別合格者数を集計してアナウンスでもしているのでしょうか。でも大学側がそんなことをするとも思えません。それとも高校の自己申告を出版社側が信じて掲載しているのですか。でもそうすると大学発表の合格者数と出版社集計の合格者数が合わなくなる可能性も出てきますよね?
それにしてもよく懲りもせずに毎年毎年高校別大学合格者数なんてしょうも無い企画を週刊誌はほんとによくやるなと思います。
個人的な意見としてはこんな記事大きなお世話だと思うし、そっとしておいてほしい合格者の方々もいっらしゃるのではないでしょうか。それとも噂話や伝言ゲームが好きな日本人に貴重なネタを提供してやっているんだとも発行元は思っているのでしょうか。
みなさんお忙しいとは思いますが、投稿よろしくお願いいたします。

この時期になると、電車の中刷り広告などで週刊誌が東京大学やその他の旧帝大、国立大学医学科を中心としてどこの高校から合格者数が多いかなどをランキングしているものをよく見かけます。そこでふと疑問に思ったのですがこれら高校別合格者数はどのようにして調べているのでしょうか?個人情報についてこれだけ意識が高まっているときに大学当局がご丁寧に高校別合格者数を集計してアナウンスでもしているのでしょうか。でも大学側がそんなことをするとも思えません。それとも高校の自己申告を出版社側が信じて...続きを読む

Aベストアンサー

週刊誌には「昨年、合格実績のあった高校に調査を行い、○月○日までに回答のあった高校を掲載(A校、B校、C校などは未回答)」などと注釈が付いています。

当の大学や他の高校の目もありますので、高校の回答はある程度信用できるのではないかと思いますがいかがでしょうか。

今の時期「大学合格者高校別ランキング掲載号」が、書店では同じ週刊誌の普段の号より高く積み上げられているのを見ますと、「高校別合格者数」などの情報には今でもそれなりの関心があるのだと思います。ご指摘のように「大きなお世話」と考える方もいると思いますが…。一昔前の新聞(地方紙)には、大学の合格者数どころか個人名まで掲載されていたことも思い出しました。

QITサービスマネージャ試験の学習について

こんにちは。

ITサービスマネージャ試験を受験しようと考えています。
業界経験は10年程で末端から運用設計まで対応しております。
保持している資格は、ITILとVM、JP1pro系のみしか
保持しておりません。

最近流行りのITSSの流れにも乗ろうと考え本試験を
受験しようと考えています。

どなたか良い教本を紹介頂けないでしょうか。
とくに論文に自信がないです。。。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

この本がおすすめです。
ITサービスマネージャ 「専門知識+午後問題」の重点対策

合格者のブログでこちらも参考になると思います。
http://it.nog.raindrop.jp/?cid=38173

Q弁理士 短答試験対策の独学について

http://benrishikoza.web.fc2.com/ttokkyo/tokkyo001-005.html

↑のサイトに書かれてることを覚えていったらいいのですよねぇ?
ただ、自分は法律などについての知識はまったくないのですが、いきなり条文暗記からはじめても大丈夫なのでしょうか?

また条文などは最終的には一語一句全部覚えなくてはいけないのでしょうか。

http://benrishikoza.web.fc2.com/tantou.html
↑の条文は少なくとも全部必要な条文ですよねぇ?

短答試験だけは独学で行きたいと思ってます
論文対策は予備校に通います。

Aベストアンサー

条文を覚える必要はありません。すべて法律が基本です。参考書を実ながら法律で確認していきます。

Q基本情報技術者試験の選択言語

先日の基本情報技術者試験を受けました(昨年秋に続いて2回目)
午前は8割とれたものの、午後が6割弱しかあっていないのでおそらく不合格だと思います。
擬似言語とプログラミング言語が両方苦手です。
時間が足りないと思うと頭が真っ白になってしまって。

TACの通学講座で勉強し、過去2回はJavaを選択したのですが、Javaはどんどん難易度が高くなり、プログラミング初学者はやめておいた方がいいという話をあちこちで聞きます。
私も全くの初心者ですし、CASLへの変更を考え始めました。
ただ、そうすると一から勉強し直しですし、過去2回Javaで勉強したのがもったいない気もします。

Javaについては、インスタンス生成などの図を余白に書きまくれば、急に難易度のあがった昨年秋より前の過去問はなんとか解けるレベルです。でも時間はかかります・・。

どちらがお勧めか、ご意見を聞かせてください!

Aベストアンサー

疑似言語が苦手な人はCASLよりJAVAの方がプログラムとして「わかりやすい」と思います。
CASLはインデントで構造的に記録する言語ではないので、どこからどこまでがひとつの塊かを探して、処理の概略をつかむのに苦労します。

実は、私はかなり前に第二種→第一種と受験しました。その当時は第一種はCASLが必須だったので、第二種をCで受験した私も、CASLを勉強することになったのです。流れ図問題が苦手だった私は、CASLの問題文の理解に苦しみました。

私はJavaを続けるのがいいと思います。「インスタンス生成などの図を余白に書きまく」らなくても問題が解けるようになれば、時間は短縮できます。

もし他の言語も勉強してみようというのであれば、Javaと文法が似ているCでしょうか。


人気Q&Aランキング