昨日質問したのですが、無いのでもう一度質問します。

紙幣や貨幣が市場に出回りそれが増えていくのはどうしてですか。

私の考え。
・紙幣・貨幣は日本銀行が管理している。
・紙幣・貨幣を日本銀行から借りて市場に出す。
・日本銀行に利子をつけて返す。
・市場から紙幣・貨幣が無くなる。
・利子分の紙幣が以前より少なくなる。
  ↓
市場から紙幣は無くなる。

私の考えのどこがおかしいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中11~19件)

sokuratesuさん、お邪魔します。



あれっ?#7のmoqmoqmoqさんの補足要求って、私に対するものですよね。

えっと。先の例ですが、世の中に\1,000しか出回っていないと考えてみて下さい。sokuratesuさんが人形を\1,500で売ろうとすると\500が不足しますよね。そこでマニアAは中央銀行から不足分を得ようとする訳です。
つまり、「物の価値が変わらなければ、世の中のお金の量は変わる事が無い」と簡単に説明したかったんです。また"利子"も存在しません。
moqmoqmoqさんのおっしゃる「中央銀行が貨幣を吸収したり吐き出したりしている」を表現したつもりだったんですけど・・・

おかしいですか?
    • good
    • 0

専門家でもないのではっきり言い切れませんが、


いくつかの基本的なポイントがこの過程から抜け落ちている、
もしくは、混乱が起きているように思います。
1.信用創造の機能
2.兌換か、不換か
3.巡り巡って日銀に戻ってきた貨幣が再び市場に出ることはないのか
などなど。
いま思いつきで書いたので、ちょっと詳しく書けそうもないんですが。
専門の方、できれば補足して下さい(^^;)
(そもそも、的を外してる気もするんですが)
    • good
    • 0

3度目の書き込みです。



>つまりsokuratesuさんが\1,000のものを\1,500で売りつけた事が、市場で貨幣
>を減少させた原因です。

このロジックがわかりません。
市場から貨幣量は減っていますか?
(そもそも、市場という言葉をどういう意味で使っているのでしょうか?
経済という言葉を使ったほうが適切ではないでしょうか?)

例えば、
sokuratesuさんが1000円のものを1500円で売ろうとする。
しかし、Aさんはお金を1000円しか持っていない。
だから、Aさんは銀行に行って500円借りた上で1500円支払う。
その後、Aさんは自らの収入から借入金とともに利息を返済する。

このときどこで貨幣が減少しているでしょう?
Aさんが借り入れた時点では銀行の500円がAさんに移転しているだけなので
この時点では一国の経済における貨幣量の現象は起こっていません。
次に、Aさんが支払う元金、利息はともにAさんの次期の消費の抑制という形で
支払われるのでここでも貨幣は減少しません。

>sokuratesuさんが幾らかの利益を得ようとする限り、社会のどこかで資金不足
>が起こります。
これもわかりません。
sokuratesuさんが幾らかの利益を得ようとすると、買い手の使える貨幣量が減少
し、sokuratesuさんがAさんから代金を受け取り、得をした分も使えるというだ
けで一国の貨幣量は変化していませんよね?
社会のどこかで資金不足が起こったとしても全体としてみれば量は変わってないの
ではないでしょうか?
(混乱してきましたが・・・)

というか、もっと簡単にいえば、中銀が貨幣を吸収したり吐き出したりしない限
り、一国に存在する名目的な貨幣量は変わらないのは当然でしょう。
しかし、物価が上昇してくればそれに合わせてお金を刷らなければ貨幣が足りなく
なるため貨幣を増やす必要があるのでしょう。

ちなみに、osafuneさんは通貨と書いていますが、何度も書いている通り、通貨量
と貨幣量は異なります。
通貨のほうが包含する範囲が広く、国内だけではなく外国に出回っている当該国貨
幣も含まれてしまいます。

この回答への補足

お騒がせしています。

>通貨量と貨幣量は異なります。

ここから少し分かったような気がしてきました。もともと市場には貨幣はないんだと考えればいいのです。貨幣(価格を決める単位)というのは人間が作った頭の中に存在するものとして考えてはどうですか。

私の持っている鉛筆は10円だと考えただけなのです。その考えがみんなも10円と考えたから取引が成立するのです。その取引の証拠として貨幣が使われたのであって、証拠なのだから、「貴方から10円で買いました」という紙切れでもいいす。
こうすれば、生産量が多くなれば多くなるほど、商品が多くなり、市場には価値が増えていく。本来、商品はは貨幣が無くても流通するはずが、信用が無いものだから、銀行から金を借りて、確かに取引が成立したことを証明するために貨幣を使ったのです。利子は、その保証料と考えればいいのです。

借りたものは、利子をつけて返すが、市場の人々は利子以上に多くの物を生産し、金持ちになったと頭の中で考えているのです。

このように考えたのですがまだ、はっきりしない点がありますね。どうですか。

補足日時:2001/01/13 06:13
    • good
    • 0

sokuratesuさん、こんにちは。



なんだか難しい議論になってますね(^^)

簡単に考えてみてはどうでしょうか?
ちょっとお話風に・・・
以前sokuratesuさんは\1,000で人形を買いました。その後その人形は販売中止となりマニアの間では高値で売り買いされているようです。
sokuratesuさんは、マニアのAさんに\1,500で売ることにしました。ところがAさんは\1,000しか持っていません。諦めきれないAさんは、仕方なく銀行で\500を借りて、sokuratesuさんから人形を買いました。

上のお話の場合、sokuratesuさんが儲け無しの\1,000で販売するか、タダであげちゃうかすれば、通貨の流通量は一定だったはずです。
つまりsokuratesuさんが\1,000のものを\1,500で売りつけた事が、市場で貨幣を減少させた原因です。
話を現実世界に戻すと、マニアAが不足資金を調達した行為が、市中銀行の中央銀行からの借り入れといったところでしょう。また、sokuratusuさんの行為は企業の営利活動です。
sokuratesuさんが幾らかの利益を得ようとする限り、社会のどこかで資金不足が起こります。
これが貨幣を発行し続けなければならない原因です。
    • good
    • 0

的外れな話かもしれませんが、極めて極めてシンプルに考えて────。



一番最初、Aさんが日銀に対して100円を借りたとします。金利は5円でした。この時、市場に初めて100円というお金が存在することになります。
日銀のオッチャンに「キッチリ返しなはれや。返されへんかったら、口の中に手を突っ込んで、奥歯、ガタガタいわせたる」と脅されているAさん、100円のお金を何とか105円にしなければなりません。そこでAさんは、涙ぐましい努力の末に、100円の現金を使って、110円の現金と同じ価値のモノをつくりました。この時点で、市場には1円の現金も存在しなくなりました。
Aさんがつくったモノを見たBさんは、どうしてもそれが欲しくなりました。欲しくて欲しくてたまらないBさんは、日銀に駆け込んで110円を借り入れ、Aさんのつくったモノを買います。
Aさんはホッと一安心。110円の現金から105円を抜き出し、日銀に返します。これで奥歯は大丈夫だし、努力が報われ、5円の付加価値を得ることができたAさんは大喜び。日銀も5円の付加価値が得られたことにほくそ笑みますが、日銀はAさんが5円の現金を持っていることなど、つゆ知りません。いや、Bさんに貸し付けたことで、薄々は知っているかな。
この時点で、市場にはAさんが持つ5円という現金が存在することになります。
Bさんにも同様、日銀は5円の利息を課しました。日銀はBさんに言います。「返さなんだら、鼻から指を突っ込んで、目の裏側をグリグリしたるぞ」
さあ、たいへん。Aさんから買った110円の現金価値のあるものを使って、何とか115円以上の現金価値のあるものをつくらなければ、Bさんは目の裏側をグリグリされてしまいます────。
ここからは同じことの繰り返しです。Cさん、Dさん、Eさんが次々に出てきます。
とてつもないシンプルさ、かつバカバカしい例え話でしたが、結果として市場には現金がどんどん増えていきますよね。
しかし、もしAさんがつくったものが110円の現金価値を持たなかったら……。市場には現金がなくなってしまい、誰もモノの売買ができなくなります。バブルの崩壊です。sokuratesuさんが考えているように、市場から現金はどんどん消えていきます。

もうひとつの極論を。たとえば、今日本に存在する動産、不動産をすべて一挙に時価で売却するとしたら、現在市中に流通している現金をすべてかき集めたとしても、果たして足りるでしょうか? 多分足りないのでしょうね。
つまり、市場には常に市中にある現金以上の現金価値が存在しているのです。この関係が続く限り、市中に出まわる現金は増え続けるのでしょう。
小学生レベルの話、申し訳ありませんでした。
    • good
    • 0

>市中銀行が儲けたのが5であって、市場は10減ったのではないですか。


下の例では納得できないでしょうか。
あなたが勘違いしているのは、銀行は市場参加者ではないと考えていることです。
補足しておいたとおり、貨幣というのは実際に流通しているものと、預金として
口座にあるものとがあります。そのうち、流通しているものというのは、今まで
の例であげたように消費者が支払う元利金であり、銀行が貸し出すお金です。

銀行と消費者の間では常にゼロ・サム、つまり、一方が支払った額と、それを受け
取った方の額を合計するとゼロになります。
しかし、中銀の門で出入りするときに差が出ているのです。
(この考え方が正しいか分かりませんが、貨幣が減らない理由としてはもっともでしょう)
常にこの関係が成り立っていると下で書いたのですが・・・。

>どうして物価に合わせて貨幣量が調節できるのですか
それは中銀がお金をする権利を持っているからです。
物価にあわせて実質的な貨幣の価値を保つために調整します。
これが中銀の重要な役割です。
買いオペ、売りオペなどの公開市場操作などはよくしられた貨幣量の調節手段で
す。
    • good
    • 0

>市中銀行から借りた人はどのようになるのでしょうか。


>利息をつけて返さないといけない。
>利息分のお金はどこにあるのですか。

このように考えてはどうでしょう?

消費者がものを買うときに、じつはその商品に付いている値段は製造原価と比
較して高く、その差額をマージンとして生産者がとっています。

市中銀行と借り手の関係もこれと同様に考えればすっきりするのではないでしょ
うか?
つまり、上の例では、消費者は自分で稼いだお金を製造原価分だけではなく、生
産者の利益になる分まで払っているのです。
しかし、このとき、消費者と生産者のお金の合計はどうでしょう?
変わっていませんね?
例えば、消費者がもともと2000円持っていて、生産者は1000円で作れる
ものを1500円で売ったとします。すると、消費者の支払い後の両者のお金の
合計は2000円(消費者500円、生産者1500円)です。合計額は最初と
同じです。無数の生産者と消費者の間でこの関係が成り立っています。

これを市中銀行と借り手の関係に当てはめても同じことです。
上の例に対応させれば、実際に銀行が貸出した額が製造原価、マージンが利息で
す。つまり、1対1で貸借するとその合計金額は変わりません。無数の貸借で
この関係が成り立っています。

つまり、物価が一定で、中央銀行が貨幣を刷らない限り、貨幣量は一定です。
しかし、物価に合わせて貨幣量を調整するので貨幣量は変動するのです。

そうすると、貨幣量が変化するのはおかしいということになりますが、市中銀行
が中央銀行から借りて、それよりも高い金利で他に貸出しているわけですから、
結局は貨幣量が増えます。
この点を整理すると、市中銀行は借りた分とその利息を中央銀行に返すだけです。
市中銀行は貸出すときに中央銀行から借り入れた金利よりも高く貸すわけですか
ら、ここで市中銀行が借りた分よりも利息分だけ余計に貨幣が必要になります。

市中銀行が中銀から5%の金利で100借りる。
市中銀行はそれを10%の金利で貸す。
市中銀行は110を返済してもらう。
市中銀行は105を中銀に返す。
プラス5になっていますね。
→100+5しか借りていないのに、110で貸したために出回っている貨幣は5増えたのです

ちなみに、貨幣にも定義があって、預金も貨幣にカウントされます。
銀行はいつも実際にお金を受け渡ししているわけではなく、通帳の上の数字を書
き換えているだけなので、全ての貨幣が実際に目に見える形で貨幣が流通している
わけではありません。

いかがでしょう。
20ポイントの回答になりましたか?
(ポイントのために回答しているわけではないのですが・・・)

この回答への補足

ウムムm-

納得できない。

>つまり、物価が一定で、中央銀行が貨幣を刷らない限り、貨幣量は一定です。しかし、物価に合わせて貨幣量を調整するので貨幣量は変動するのです。

どうして物価に合わせて貨幣量が調節できるのですか。貨幣の量は、中央銀行の門の出入りの差ですね。出て行くというのは、利子が付いて戻ってくることですよ。貨幣量が増えるのは金貸しが、多くの金を貸した結果でしかないのです。金を借りた者(市場)は返さないといけないので、それこそローン地獄になっていくと思うのですが。

>→100+5しか借りていないのに、110で貸したために出回っている貨幣は5増えたのです。

市中銀行が儲けたのが5であって、市場は10減ったのではないですか。

補足日時:2001/01/12 06:39
    • good
    • 0

市中銀行(普通の銀行)が日銀からお金を借りる目的は何か?


それは日銀から借りる金利よりも高い金利を課してどこか他のところに貸す
先があるから。
このような目的で借りていなければ銀行が利益を得ることができません。
身近な例でいえば、我々が普通預金で付く利子よりも、企業に貸し出す金利の
ほうが高いですよね。ということは、その差額分だけ市中銀行の利益になって
います。
市中銀行は日銀相手に商売をしているわけではありません。
単に資金の不足したときに借入れしているわけで、その金利も貸出金利よりも
ずっと低くなっています。
それが公定歩合で、現在は0.5%ですね。
貸出す時は貸出先のリスクを計算してこの数字よりももっと高い金利を設定し
ます。

だから、市中銀行は日銀に借りたお金を返済しても利益は得ているので、市場
に出回る貨幣は増えているといってよいでしょう。

最近は倒産などで貸したお金が確実に戻ってこない場合もありますが、基本的なし
くみは以上のようなものと考えてもよいと思います。

ちなみに、銀行は通常短期的な資金不足はコール市場で借入れていますので、
それほど日常的に日銀からお金を借りているわけではありません。

この回答への補足

市中銀行は利息の差分だけ利益がでることは分かります。しかし、市中銀行から借りた人はどのようになるのでしょうか。利息をつけて返さないといけない。利息分のお金はどこにあるのですか。

補足日時:2001/01/11 06:20
    • good
    • 0

経済の専門でありませんが、素人考えです。


「市場から紙幣は無くなる」→現実にはありますよね??
恐らく減少すると言う意味でしょうが・・・?
それてと、「M1+CD」とかの統計データがありますよね・・・??
日銀は造幣(紙幣等の増発?)は可能ですよね?

以下の「日銀」のサイトが参考になりますでしょうか?
特に、
http://www.boj.or.jp/about/about_f.htm
(日本銀行について)
http://www.boj.or.jp/wakaru/wakaru_f.htm
(わかりやすい金融経済)
http://www.boj.or.jp/wakaru/wakaru_f.htm
(お金について)

ご参考まで。

参考URL:http://www.boj.or.jp/

この回答への補足

私の質問はいたって簡単なのです。
市場から紙幣は減少でなく、無くなるもしくはマイナスになるのではといっているのです。借りた金利分が市場から奪われるのではないですか。奪われたお金は、誰かが利益を得て、市場に出す。・・・分からなくなる。
やはり日銀の窓口一本で考えるとおかしいと思うのですが。

補足日時:2001/01/11 07:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市場は関係なく業種で検索できるサイト。

分かりづらい質問のタイトルで申し訳ありません。
東証一部やヘラクレスなど市場は関係なく製薬会社というくくりで上場している銘柄を調べたい時に、便利な無料のサイトはありますか?
いくつかの証券会社に口座は持っていますがそのような機能は、やはりついていないです。例えば複数の銘柄の株価が上がっていて業種が同じだとすると、同じ業種で他の銘柄の株価はどうなのか調べたりする場合に使いたいと思っています。
どうかお分かりになる方回答をお願い致します。分かりづらくて申し訳ありません。

Aベストアンサー

ここはどうでしょう。
http://chartfolio.com/

Q財市場と貨幣市場の不均衡

「財市場の不均衡は ( )の調整によって、貨幣市場の不均衡は ( ) によって調整されると考えられる。なぜならば短期モデルにおいては ( ) が硬直的であると考えられるためである。」
かっこ内に入る語句が分かりません。最後は
価格かと思ったのですが。

Aベストアンサー

>ミクロ経済学では、「価格硬直性」は、頻繁に出てくるキーワードですが、それがマクロ経済学まで応用されるケースは、少しレアケースだと思います

このステートメントはちょっとおかしいですね。ケインズ経済学の一つの解釈は、古典派モデルで、価格・賃金が伸縮的とされている仮定を緩め、価格あるいは賃金が硬直的(sticky)であるとしていることですから。とくにIS-LMモデルの創始者であるヒックスは賃金の硬直性を仮定しています。賃金の代わりに価格の硬直性仮定しても、IS-LMモデルを構築することができる。最近のマクロの主流はNew Keynesian Macromodel(ニューケインジアン・モデル)と呼ばれるマクロ経済学ですが、この仮定を引き継ぎ、価格は硬直的と仮定されています。ただし、財の市場構造は、オリジナルのIS-LMモデルで仮定されていたような完全競争市場ではなく、独占的競争市場が仮定されています。

上の質問に戻りますが、最初のカッコは(数量あるいは産出量)がはいり、2番目は(利子率)、最後は(価格)がはいるでしょう。要するに、IS-LM分析では、縦軸にY、横軸にrをとりますが、一般均衡に不均衡があったとき、Yとrの調整によって不均衡が調整されるといっているのです。

>ミクロ経済学では、「価格硬直性」は、頻繁に出てくるキーワードですが、それがマクロ経済学まで応用されるケースは、少しレアケースだと思います

このステートメントはちょっとおかしいですね。ケインズ経済学の一つの解釈は、古典派モデルで、価格・賃金が伸縮的とされている仮定を緩め、価格あるいは賃金が硬直的(sticky)であるとしていることですから。とくにIS-LMモデルの創始者であるヒックスは賃金の硬直性を仮定しています。賃金の代わりに価格の硬直性仮定しても、IS-LMモデルを構築することができる...続きを読む

Q製薬会社って如何ですか?

友人がし○のぎ製薬を紹介されたんですが、
日資製薬会社って、派遣から見て働き易いですか?

はっきり語って下さって構いません。

ちなみに、外資製薬と比べて如何ですか?

Aベストアンサー

派遣で、外資系製薬会社数社経験しています。
その関係で、日資経験のある派遣仲間も居ます。

部署とかポジションにもよると思いますが、、、
派遣スタッフを多く使う部署や
日資でも海外と関係する部署
(市販後調査関係とか開発関係の部署)
は派遣から見て働きやすい職場です。

外資系でも最近外資になった所は、
まだまだ日本企業の雰囲気が残っていて、
人間関係とかも日本風に厳しくて、
派遣が続かないと聞きます。

そのあたりは面接に行って、
見極めたらいいと思います。

はっきり答えられなくてごめんなさい~(・・;)

Q貨幣・紙幣の不安定の影響

貴金属以前の商品貨幣
貴金属貨幣で中央銀行がない場合の貨幣
貴金属貨幣で中央銀行がある場合の貨幣
通貨管理制度の貨幣
の貨幣・紙幣が不安定になることによる悪影響を具体的に教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貨幣の役割は「交換」なので、交換が不安定になることでしょう。
具体的には、貨幣と商品との交換のリスクが増大することでしょう。
つまり、インフレやデフレが短期的に生じるということです。
今、ある商品が100円で、商品自体の質が変化しなくても、通貨自体の価値が変化してしまえば、100円では商品と交換できなくなる。
そうすると、将来の売買や投資の予測や計画が立てにくく、経済の見通しが困難になり、リスクの大きい社会になり、経済活動が停滞してしまいます。また、労働の対価・報酬としても貨幣は重要です。報酬として得た貨幣が、あっという間に価値がなくなるような社会は、悪影響があるのではないでしょうか。

考えの手始めにこのようにとらえてみてはいかがでしょうか。

Q製薬会社の魅力?

私は医療系に興味があり
その中でも医療系と分かりやすい製薬会社に興味にもっているのですが
知り合いにも数人製薬会社への就職を希望している人がいるのですが
よく聞く理由が収入がいい。なのですが
実際にネットで
薬品会社(大○製薬、武○薬品、アステ○ス製薬、第○製薬など)

その他の企業(花○、○芝、三○化学、味の○、旭○成など)
の年収を下記サイトで調べたのですが
あまり差があるように官られないのですが
実際には製薬と他職業の収入の差というものはあるのですか?
それとやはり製薬会社にいくと労働時間や内容もかなり大変なものなのでしょうか?


参考サイト
http://www.nenshu.jp/

Aベストアンサー

製薬会社も2010年問題をかかえてますし大変ですよ。
新薬も莫大な開発費かかるし今後は安泰とはいきません

Q財市場と貨幣市場の問題が分りません。

C=40+0.75Y
I=45-500i
Y=C+I
L=175+0.25Y-500i
M=180
P=1
このときの期待インフレ率は0とする。

1・均衡国民所得を求めよ。
2・完全雇用国民所得が200の場合完全雇用を達成するために金融政策を行いたい。貨幣供給をいくら追加すればよいか。
3・M=180のまま、期待インフレ率が理由なく0→0.02となった。均衡国民所得を求めよ。

という問題です。テストが近いのに全くわからないのです。解き方と一緒に回答をつけてくださるとうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.
まず、IS曲線を求めます。
Y=C+I
にCとIの関数を代入して、整理するとIS曲線は
Y=340-2000i…(1)
になります。
続いて、LM曲線を求めます。実質貨幣供給M/Pと貨幣需要が等しくなるため、
M/P=L
なわけですから
それぞれを代入して、整理するとLM曲線は
Y=20+2000i…(2)
になります。
均衡国民所得はIS曲線とLM曲線の交点ですから、(1)と(2)を連立して解くと
i=0.08
Y=180
になります。なので、このときの均衡国民所得は180です。

2.
完全雇用国民所得200を金融政策によって実現するということは、LM曲線をシフトさせる、ということです。そして、完全雇用国民所得とそれを与える利子率iの組み合わせは上で求めたIS曲線上の点になるのですから、完全雇用国民所得200をIS曲線に代入すれば、そのときの利子率iが求められます。
200=340-2000i
これを解くと
i=0.07
です。Y=200とi=0.07で貨幣市場が均衡するときの実質貨幣供給を求めます。
M/P=L
つまり
M=175+0.25Y-500i
にY=200とi=0.07
を代入します。そうして求められる名目貨幣供給Mは190です。
物価水準Pは1で固定ですから貨幣供給は10増加させれば良いということになります。

3.
(実はここまで、利子率iが実質値か名目値かを意識的に触れずにきました。名目利子率=実質利子率+期待インフレ率ですから、期待インフレ率0のときは名目値と実質値が同じになるためです。しかし、ここで、期待インフレ率が0.02になるので、名目値と実質値が異なることになります。通常、iが示すのは実質利子率だと思うのですが、こればっかりは設問の設定によります。とりあえず、私の回答では「実質利子率i」ということでご説明いたします。もし、iが名目利子率を示す、と授業や設問で設定されているなら、言っていただければiを名目利子率として解説を追加いたします。今回の場合、均衡国民所得は200で変わらないのですが、均衡実質(名目)利子率はiが実質値か名目値かで答えが違います。)
期待インフレ率が0.02になると、名目利子率=実質利子率+0.02=i+0.02になります。投資関数Iは実質利子率の関数ですが、貨幣需要関数Lは名目利子率の関数になります。よって、IS曲線は上で求めた通り
Y=340-2000i
のままですが、LM曲線は名目利子率でのものに直さなくてはなりません。
M/P=175+0.25Y-500(i+0.02)
になります。M=180でP=1のときに、この式を整理すると
Y=60+2000i…(3)
になります。ここで(1)と(3)を連立して解くと、
均衡実質利子率i=0.07
Y=200
になります。M=180のまま期待インフレ率が0.02になったときの均衡国民所得は200になります。
(ちなみに、iが名目利子率の場合、均衡名目利子率が0.09、均衡国民所得が200になります。均衡名目利子率と均衡実質利子率の差は期待インフレ率0.02ですから示している状態は全く同じです。)

1.
まず、IS曲線を求めます。
Y=C+I
にCとIの関数を代入して、整理するとIS曲線は
Y=340-2000i…(1)
になります。
続いて、LM曲線を求めます。実質貨幣供給M/Pと貨幣需要が等しくなるため、
M/P=L
なわけですから
それぞれを代入して、整理するとLM曲線は
Y=20+2000i…(2)
になります。
均衡国民所得はIS曲線とLM曲線の交点ですから、(1)と(2)を連立して解くと
i=0.08
Y=180
になります。なので、このときの均衡国民所得は180です。

2.
完全雇用国民所得200を金融政策によって実現するということ...続きを読む

Q製薬協と日薬連の違い

日本製薬工業協会(製薬協)と日本製薬団体連合会(日薬連)の違いは何でしょうか?
両者のホームページを見ても組織図も目的も似たようなことが書いてあって何が違うかわかりません。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは、
製薬協は日薬連を構成する組織のひとつ
主に新薬を研究開発する製薬メーカーです。
他にも、バルク(原薬)屋さんの団体や漢方メーカー・一般薬メーカーの団体などが所属しています

参考URL:http://www.fpmaj.gr.jp/sosikizu/images/new_sosikizu_001.gif

Q外国為替市場は、$市場、£市場、元市場等に細分化?

外国為替市場は、$市場、£市場、元市場等に細分化されているのでしょうか?

Aベストアンサー

正確には全ての通貨については対USDで相場が動きます。これは東京、ニューヨーク、ロンドンと言う主要市場だけでなく香港やシドニー、シンガポール等もそうですし、中国政府は対USD建てでの相場の上下限を日々公表する形での為替介入制度を実施しています。
東京市場等での外為相場にJPY-EURやJPY-AUD等が提示されていますが、基本的にはJPY-USDとUSD-EURやUSD-AUDの合成相場です。
全ての相場はUSD100万$を1本として取引します。
FX等で「本日のメガオーダー」として売買の板がニュース配信されますが、これはFXの板では無くて実際の銀行間売買市場の板です。

Q大手製薬会社で研究職に就きたいのですが…

センターを終えて出願大学を悩んでいます。

将来製薬会社で研究をしたいと思っているのですが、
阪大基礎工学部応用化学科から
大手製薬会社の研究職に就くことってできますか?

大手製薬会社ってなったらやはり薬学部や
京大の方が有利なんでしょうか??

ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

実際に製薬会社で働いているものです。
しかし研究職ではなく、「開発職」という仕事についています。
開発職という職種はきっとご存知ないかと思います。

結論から申しますと、製薬会社の研究職に、応用化学を専攻していた人はいますし、阪大くらいであれば学歴フィルターで取り除かれることはないでしょう。

でもむしろ今考えてもらいたいことは、なぜここで製薬会社の研究職に絞るのか、ということです。
冒頭に開発職について書きましたが、本当に開発職について知らないとすれば、それは製薬会社についてあまりに勉強不足です。
今は就職先のことより、大学で何を勉強したいのか、ということを基準に進学先は選ぶべきです。
製薬会社に入れる学部であっても、自分が専攻する研究が全然違う方向を向いていたら、当然製薬会社の研究という選択肢はなくなるはずです。
逆に、製薬会社の研究に入れるような研究をしようと思うのは結構なことですが、あなたはまだ製薬会社がいったい何をしているのか、知らない。漠然としたイメージだけで将来を決めようとしている。

今はただ単純に、自分が勉強したいことをやれる大学に行ってください。

実際に製薬会社で働いているものです。
しかし研究職ではなく、「開発職」という仕事についています。
開発職という職種はきっとご存知ないかと思います。

結論から申しますと、製薬会社の研究職に、応用化学を専攻していた人はいますし、阪大くらいであれば学歴フィルターで取り除かれることはないでしょう。

でもむしろ今考えてもらいたいことは、なぜここで製薬会社の研究職に絞るのか、ということです。
冒頭に開発職について書きましたが、本当に開発職について知らないとすれば、それは製薬会社に...続きを読む

Q貨幣市場に関して。

M/P=L1(Y)+L2(r)という貨幣市場で、Yが減少するとお金が余るというのですが、どうしてそうなるのか、よくわかりません!

Aベストアンサー

左辺の M/P というのは実質貨幣供給です。
右辺の L1(Y)+L2(r) ですが、こちらは貨幣需要です。
とくにご質問の部分でいうと、 L1(Y) というのは、貨幣の取引需要(実際の商品売買に要する貨幣に対する需要)を表します。Yは国民所得を表しますが、国民所得Yが減少すれば、それによって売買に必要となる貨幣も減少します。つまり貨幣の取引需要が減少します。このとき、左辺の実質貨幣供給が一定値だとすると、ご指摘の式は、
M/P>L1(Y)+L2(r)
となり、貨幣市場において超過供給の状態になります。
「お金が余る」という書き方をされていますが、たぶん貨幣需要が減って、その分、供給が需要を超過してしまう状態を指しているのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報