出産前後の痔にはご注意!

(加羅について)
・「加羅には日本の出先機関があった」と習ったのですが、加羅は日本が朝鮮を侵略して獲得した領土なのでしょうか。

(百済について)
「百済は新羅に攻め滅ぼされて、多くの百済人が交流の深かった日本に逃れた」と習いましたのですが、

・現在の朝鮮半島の人々は統一した新羅の流れを汲んでいると思うのですが、百済人は現在の朝鮮人あるいは新羅人と同一民族なのでしょうか。それとも、百済人は朝鮮半島の土着の民族ではあるが、現在の朝鮮民族あるいは新羅人とは別の民族なのでしょうか。

・現在、日本には「百済」という名を含む神社仏閣がありますが、これらは主として韓国・北朝鮮の方々が参詣するところなのでしょうか。それとも、百済人は日本に住み着き、現在の天皇も百済王の子孫であり、また多くの日本人は百済人の子孫であるので主として日本人が参詣するところなのでしょうか。

以上、駄文にて失礼ではありますが教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

百済は大倭国(九州、四国、中国、加羅)の属国でした。



百済王の后は、倭族と決められていましたし、百済王子が王になるまで人質として倭国に連れてこられていました。

隋書などには、百済、新羅、高句麗など大倭国の属国であったと記述されています。

東アジアの歴史は、倭族、満州族、モンゴル族の歴史であって今の支那の漢民族や朝鮮のワイ族はその支配下にあったと思います。
だからこそ日本の教科書に度々騒ぐ訳です。
    • good
    • 0

倭(九州王朝)は、元々朝鮮海峡を挟んで、発展した国だったので、加羅が倭の領土だったのは当然です。


倭(九州王朝)と百済の王室は姻戚関係が濃いったと考えられますが、現在の天皇家(ヤマト王権)と倭(九州王朝)は別の王朝ですから、現在の天皇家と百済王家に関係はありません。
百済は北方民族扶余系の一派が南下し韓族を支配したのが国の始まりだといわれていますから、百済支配層の多くは韓族・朝鮮人ではありません。戦国大名の大内氏は、百済王の末裔を自称していたくらいですから、多くの百済人が日本に亡命して来たのでしょう。
「百済」という名を含む神社仏閣は、百済人の子孫が参詣するところです。韓国・北朝鮮とは関係ありません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E% …
    • good
    • 2

桓武天皇の母親の高野新笠は百済人ではないのでは?


確かに先祖は百済人ですが、それは何代も前の事で宇奈羅の代に帰化しているらしいですから、
単に遠い先祖が百済出身というだけの日本人なのでは。
そもそも高野新笠が生まれるずっと前に百済は滅亡していますし。

武寧王─純陀太子─法師君─雄蘇利紀君─【和】宇奈羅─栗勝─浄足─武助─【高野】弟嗣─新笠

参考URL:http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/03/03013.htm# …
    • good
    • 0

No. 2 のものです。

No. 6 さんへのお礼で
> No2様の「任那があったかなかったかは、日本と韓国・朝鮮の間で歴史学者の間で意見がわかれています。」という説は少しは耳にしたことはあるのですが、何のために韓国が加羅の存在そのものを否定するのか理解できないでいます。

韓国では加羅の存在は認めています。ただ加羅に関して倭の支配が及んだことは認めていないかも知れません。絶対に認めないのは任那、特に任那日本府の存在です。「任那日本府」は「任那が倭の領土であり、倭が任那を支配する現地機関である」ことを意味しますから。韓国で任那の存在を認めないのは三国史記や三国遺事に出現しないから、という理由だったように記憶しています。

しかし、倭の五王は中国南朝の皇帝に倭王の称号を認めよと請願する際、任那王の称号も同時に請願しています(同時に新羅王と百済王の称号も請願して、新羅王は認可、百済王は却下です)。これから考えると任那は実在し、倭王がその支配を主張する主観的な根拠(他人が認めるかどうかは別として)はあったと思います。

この回答への補足

長期間質問を受け付けていたのですが、これ以上のご回答が得られないようなので、これにて質問を締め切らせていただきます。
ご回答してくださった方々、どうもありがとうございました。

補足日時:2007/01/27 09:38
    • good
    • 2
この回答へのお礼

> No2様の「任那があったかなかったかは、日本と韓国・朝鮮の間で歴史学者の間で意見がわかれています。」という説は少しは耳にしたことはあるのですが、何のために韓国が加羅の存在そのものを否定するのか理解できないでいます。

上記の、私の認識に誤りがあったようで、申し訳ありません。

ご説明どうもありがとうございます。

お礼日時:2007/01/08 18:49

古代朝鮮は中国の漢時代に楽浪郡や帯方群が置かれて中国人が支配してしいましたが,その頃について中国の史料には南朝鮮の海岸部に「倭」の存在が記されいます。

これが後の加羅-任那。
中国の五胡十六国時代に入ると中国の影響が弱まり,北方系が南下して高句麗,百済,新羅が建国されました。これらの人と原朝鮮人が混血して現朝鮮人が形成されたのでしょう。ですから百済も新羅も同族と思われます。
日本と百済との交流は深く白村江の大敗後は百済系の難民が大量に渡来しています。
「神社」は日本古来のものですが,渡来系の人は日本の言語や風習に馴染みながら故郷の国を思い「百済神社」等を建てたのではないでしょうか。
桓武天皇の母が百済人というのは偶然のことです。天武天皇の系統が途絶えたため,陰の薄かった天智系の光仁天皇が即位しました。天智天皇は百済系亡命貴族を優遇していましたので,光仁天皇の妃(百済人)が桓武天皇を生んだという経過です。
以降は藤原氏(百済系という説もありますが)が外戚を独占します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何人かの方からご回答を頂戴しておりますが、まだ他のご意見も聞かせていただきたいと思っておりますので、質問は継続して受付状態にさせていただきたいと思います。

加えて、今までにご回答をいただいた方に対してこちらのお礼欄にてまとめてお礼と私なりの感想を述べさせていただきたいと思います。

まずはご回答をいただきありがとうございます。

短期間にこれだけのご回答をいただけるとは思っていなかったのでとても感謝しております。

加羅についてですが、勉強不足でNo1さまの不勉強のため「加羅の王族貴族が日本にやってきて日本という国が成立した」という説は初めて耳にした説でとても興味深いです。No2様の「任那があったかなかったかは、日本と韓国・朝鮮の間で歴史学者の間で意見がわかれています。」という説は少しは耳にしたことはあるのですが、何のために韓国が加羅の存在そのものを否定するのか理解できないでいます。何か加羅の成立が侵略によるものなのか否かがわかる明確な資料はないものでしょうか。

百済についてですが、No2様のご回答から百済人は現在の朝鮮民族と非常に近しい民族であると理解させていただきました。

また、日本にある神社仏閣では、百済王神社や百済寺だけでなく他にも朝鮮半島ゆかりの神社があることを知りましたが、これらの神社仏閣は日本人が参詣する所なのでしょうか?もし、日本人が参詣するところであれば近くに行く機会があれば是非参詣したいと思いますし、韓国や北朝鮮の方々が参詣する場所であるならば、私が参詣すると場違いな感じがするので参詣しないほうがいいと考えております。いつ、朝鮮半島ゆかりの神社仏閣の付近へ出かけるのか分からないので、そのときまでには実情を教えていただければと思っております。

お礼日時:2007/01/06 10:35

No. 3 さんの紹介された「百済」さんですが、電子電話帳で調べてみました。



百済さんは全国で161件。島根県、鳥取県には0件です。多いのは、兵庫23件、福岡21件、大阪21件、奈良18件です。
ただし、これらの百済さんが百済からの亡命者の子孫かどうかは知りません。

ついでに、高麗さんは全国438件。群馬74件、東京128件、神奈川68件、埼玉66件。
これらの高麗さんも高句麗からの亡命者の子孫かどうかは判りません。ただし、高麗若光をはじめ、高句麗からの亡命者は武蔵平野を開拓し、勢力を築いたことは知られていると思います。

新羅さんは全国60件。三重22件、千葉9件、神奈川8件でした。

いずれにしても、高句麗、百済、新羅から亡命者があったとしても、国名を氏姓にしたのは高麗氏くらいだと思います。さらに、飛鳥時代から江戸時代まで旧国名を苗字として保持していたかどうか疑問なので、渡来人の証拠になるでしょうか。

ただし、駒井、駒田などの姓は高麗(コマ)から来ているそうです。金(コン)、近、昆などの姓も、本来は朝鮮半島からの渡来人で金姓だったかも知れません。
    • good
    • 0

補足ですけど、うちの近所に「百済寺」と書いて「ひゃくさいじ」と読むお寺があります。



http://www.hyakusaiji.or.jp/

周囲には「鬼室福信」所縁の観光地もあり、謂れを知らない方が多くて、普通の観光地になってますけど、町単位では韓国と姉妹都市になったり、それなりの交流はあります。
伝説では、荒地に渡来人が入植して開いた土地とか言われ、周囲には万葉歌人を連想させる地名が点在してますね。

http://www.pref.shiga.jp/minwa/28/28-12.html

参考URLの写真以外にもハングル語の案内板は多数あり、私も始めてここにきたときは、朝鮮の新興宗教かと誤解してました。
    • good
    • 0

山陰地方に現在も百済さん他、亡命した方々が多数住んでいます。

    • good
    • 1

[加羅]


任那があったかなかったかは、日本と韓国・朝鮮の間で歴史学者の間で意見がわかれています。任那というのが加羅ですね。
私は任那=加羅に日本(倭)の出先機関があったろうと思います。512年に大伴金村(大連)が百済から賄賂を貰って任那の4県を割譲していますが、後にそのことを責められて失脚しています。その前に任那は百済に併合されてしまうのですが。
また、有名な高句麗好太王碑にも、高句麗が倭を破って任那を領土とした、という文言があったと思います。もっとも「任那」の字は欠損して推定だったと思います。
また、朝鮮の古代史書である三国史記や三国遺事を見ると、新羅や百済の国境に倭は何回も攻め入っています。まさか、その都度九州から海を渡って行けるわけもなく、朝鮮半島に倭の勢力がないと困難です。

[百済]
百済も新羅も人種としては類似していたでしょう。百済、新羅、それに高句麗などの人種が混血して現在の朝鮮民族になっていると思います。
[神社仏閣]
浅学にして、「百済」という名を含む神社仏閣は知りません。埼玉県にある高麗神社なら知っています。高句麗の王族である高麗若光が日本に亡命し、その子孫が神主で現存しています。高麗神社の神主は高句麗好太王の子孫ですが、この神主さんが高句麗好太王碑(場所は北朝鮮ではなく中国領にあります)を訪問したときの感想文を読んだ記憶があります。
なお、法隆寺にある百済観音はなぜ「百済」の名が付いたかは不明だそうです。しかし、百済観音の前にある賽銭箱にはウォン札が沢山入っているそうです。
    • good
    • 0

歴史の裏を読むような説で、間違っているかも知れませんけど



>「加羅には日本の出先機関があった」と習ったのですが、加羅は日本が朝鮮を侵略して獲得した領土なのでしょうか。

逆ではないでしょうか。
加羅の王族貴族が日本にやってきて日本という国が成立した、ヨーロッパで言えば、イギリスとフランスのような関係ではないかと思いますけど。
当時の日本人にとっては故郷のようなものですから、奪い取ったというより、実家と考えていたのではないかな。

百済に関しては、藤原氏に関係が深いと思います。
ある説によれば、鎌足自身が豊璋或いはそれに極めて近い人物ではないかという方もいます。
桓武天皇の母親の高野新笠は百済人ですし、朝廷にも密接に入り込んでいたのでは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q百済人と現在の韓国人

百済が滅亡したとき、百済の人は日本に逃亡した人以外は殺され、百済人と現在の韓国人は無関係という説があるようですが、本当ですか。

Aベストアンサー

http://www26.atwiki.jp/crescent_castle/pages/58.html

上記資料のどの程度正しいかわからないが、
百済系
王族系:百済扶餘氏→扶餘徐氏(希少)
官僚系:旌善全氏、天安全氏、幸州奇氏

というように、積極的に百済系と名乗っているようですから、指導層全体が族滅されたわけではないものかと。

Q名字のせいでよく在日韓国人と勘違いされます。ちなみに日本人なんですが…

名字のせいでよく在日韓国人と勘違いされます。ちなみに日本人なんですが…同じような経験される方いますか!?
なんて返せばいいんでしょうか!?

Aベストアンサー

私の知人の中で、「金さん」 がおられます。

読み方は在日の人のような 「キン(キム)」 ではなく、「コン」 です。

氏名に読み仮名をつけない時は、やはり在日韓国人と間違えられるそうです。 でも、今さら姓を変えられないし、本人は諦めているようです。

いちいち 「私は在日ではありませんので ・・・」 と説明するのも面倒くさいと言っています。

でも、たまに 「ウチの先祖は大陸系あるいは半島系かも知れないですね」 と答えているそうですよ。

Q加羅(伽耶)について

加羅は5世紀ごろ当時の日本(大和政権)が
朝鮮半島に有していた支配地域(勢力範囲)と認識しています。
高校時代の日本史の教科書でもそのように習いました。

確か任那とも呼ばれてたと思います。

先日、韓国の方とその件で意見の違いがありました。
その方がおっしゃるには

「加羅などない。そんなものは日本に来てから初めて知った、日本の教科書は間違っている」

言い返そうかと思いましたが

彼女と私の言い分は結局

・自国の教育で習った
・自国の教科書に書いてあってそれを信頼している

それだけが根拠なのです。そこで加羅の存在について教えてください。


1.存在していたが、実態はよく解らない
2.存在していて「日本の支配が及んでいた」といえるほど深いつながりを持っていた
3.存在していたが、日本とはほとんど関わりがなかった
4.そもそも存在しなかった

いろいろ考えてみましたが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

実は日本の教科書の記述も昔と今とではかなり変化しています。同じ山川出版社の高校の日本史教科書でも以下のように違います。

私が使った40年前の教科書:大和朝廷は4世紀後半になると、倭人が古くから関心をもっていた南朝鮮の鉄資源の確保などの必要から、百済と結んで大軍を朝鮮におくった。その結果、半島南端の弁韓諸国の地に領土の任那を樹立し、高句麗とも対立するようになった。(『精選日本史(改定版)』18頁 昭和47年3月発行)

子どもが使った最近の教科書:さらに4世紀後半に高句麗が南下策を進めると、朝鮮半島南部の鉄資源を確保するために、はやくからかつての弁韓の地の伽耶諸国(加羅)<注>と密接な関係を持っていた倭国(ヤマト政権)も、高句麗と争うことになった。

注:馬韓諸国では百済が、辰韓諸国では新羅が台頭したのに対し、弁韓とよばれた朝鮮半島南部の地域では4~6世紀になっても小国の分立状態が続いた。『日本書紀』では伽耶諸国を「任那(みまな)」とよんでいる。(『詳説日本史』22頁 2007年3月発行 2002年4月文部科学省検定済)

ご質問に即して申し上げますと、私が高校生だった40年前の試験問題であれば(2.)が正解となるでしょう。40年前の教科書には「領土の任那を樹立し」と明確に書かれていますから。ただし、今の日本の古代史研究者で4世紀後半の朝鮮半島南部について「任那という日本の領土が存在した」と書いてもよいと考える人はあまりいない、というより、多くの研究者はこの時代のこの地域に「日本の領土」という表現(概念)を用いること自体が不適切だと考えるのではないでしょうか。

さてそれでは、現在の考え方ではどうかといえば、「最近の教科書」の注にあるように、弁韓とよばれた朝鮮半島南部の地域では4~6世紀になっても小国の分立状態(「伽耶」諸国)が続いていた、ということと、この伽耶諸国を後の時代に編纂された『日本書紀』では「任那」とよんでいる、という2点はまず確実だと考えます。

しかしこの伽耶諸国の実態と倭国(ヤマト政権)との関係がどうであったか、というもっとも知りたい肝心な点は、ご指摘のとおり限られた史料しかないため詳しくは分かりません。ただ倭国(ヤマト政権)が伽耶諸国を恒常的に支配していたという証拠を示すことは困難でしょう。(「最近の教科書」でも「密接な関係」としか言っていません)そこで強いて選べば(1.)でしょう。

いずれにせよ古代史のこの部分は、近代の日本と朝鮮との関係とも関わり、日本でも韓国でも政治的には微妙な問題であることには十分留意する必要があると思います。(もちろんだからといって政治的な配慮で歴史学上の誠実さを損なうようなことがあってはならないと考えます。)

実は日本の教科書の記述も昔と今とではかなり変化しています。同じ山川出版社の高校の日本史教科書でも以下のように違います。

私が使った40年前の教科書:大和朝廷は4世紀後半になると、倭人が古くから関心をもっていた南朝鮮の鉄資源の確保などの必要から、百済と結んで大軍を朝鮮におくった。その結果、半島南端の弁韓諸国の地に領土の任那を樹立し、高句麗とも対立するようになった。(『精選日本史(改定版)』18頁 昭和47年3月発行)

子どもが使った最近の教科書:さらに4世紀後半に高句麗が南下策を進め...続きを読む

Q在日韓国人が親戚(私は日本人です)

こんにちは。
私は日本人で主人は在日3世で日本国籍です。主人の父は日本人(母)と韓国人(父)のハーフで母は100%韓国人ですが、共に、現在は日本国籍を取得しています。主人の父親は、朝鮮学校に通っていたのですが、とても韓国意識が強く、日本人に対して、何か敵意かライバル心か何かを持っているように感じます。
なぜかというと、私たちが結婚したときも、「韓国のおじさんに息子は韓国人と結婚したのか?」と聞かれたと私にだけ言ってきました。現実、主人の叔父(主人の父親の弟)は、日本人と結婚しようとして韓国にいる叔父に反対され、その人とは結婚できなかったという過去があります。
子供が生まれても、誰ににているかなという話題になると、必ず
自分たちに似ていると言って、主張します。私の家系には、似てるとは一言もいいません。「ここの部分はうちではないなぁ、じゃあ誰だろう?」とか言ったりします。「あ、うちのおじいさんかな」とか。私の方に似ているとは全く言いません。
「韓国ではね、、」とどんどん韓国の話ばかりします。
私は在日の方々について詳しく知らないので、主人の両親が何か言ってきたときには、ふんふんと傷つけないように聞き流していますが、在日韓国の方というのは、さまざまだとは思いますが、このような自分たちが一番で、日本に対しての敵対心を持って、日本でくらすのはなぜなんでしょうか?また、通称名などあるようですが、金、針、子などが苗字につく以外で韓国人だと分かる名前はあるのですか?原、松などがつく人も韓国人と聞きました。通称名は、韓国人は選べるのですか?
質問ばかりですみません。無知なせいで自分の中のもやもやが晴れないので、宜しくお願いします。

こんにちは。
私は日本人で主人は在日3世で日本国籍です。主人の父は日本人(母)と韓国人(父)のハーフで母は100%韓国人ですが、共に、現在は日本国籍を取得しています。主人の父親は、朝鮮学校に通っていたのですが、とても韓国意識が強く、日本人に対して、何か敵意かライバル心か何かを持っているように感じます。
なぜかというと、私たちが結婚したときも、「韓国のおじさんに息子は韓国人と結婚したのか?」と聞かれたと私にだけ言ってきました。現実、主人の叔父(主人の父親の弟)は、日本人と結...続きを読む

Aベストアンサー

仕事の関係で韓国や在日の人と付き合って長くなる者です。

在日の方々も世代がどんどん交代していっているので、韓国を意識して生活する事もほとんどなくなっているはずです。 特に本土のいる親戚とは縁が切れてしまっている人もかなりの数に上るでしょう。

という事で、義父様の言動には時代錯誤的な印象を受けました。 もしかすると朝鮮学校で民族教育を強く受けたため、そのような日本観を持たれたのかも知れません。 でも北朝鮮系の朝鮮学校で学びながら韓国意識が強いというのも珍しい方だと思いました。

義父母様との接し方なんですが、「ふんふんと傷つけないように聞き流し ・・・」 これが一番だと思います。

日本に一番世話になっている、韓国も含めて日本以外の国では生活できない、日本が大好きだ ・・・ これは彼らの心にあるホンネ中のホンネですよ。 ところが年寄りの前ではホンネが言えないため、受けを狙ってわざと日本批判を繰返す人が多いです。

でも実際には韓国に対してはある意味、「外国」 という見方で捉えているところもあります。 というか、とても身近で小さい頃からなじみのある外国という意味ですが ・・・

小さい頃から日本と韓国のはざまで結構、複雑な心境、立場で大きくなった人たちですから、正面から議論する事だけは避けましょう。

ところで通称名ですが、本人が希望すれば極端な話、毎日変更してもいいいしどんな姓にしても構いません。 要は外国人登録済証明書の名前の欄に本名の下あたりに、本人が希望すればカッコ付きで通称名が併記されるだけですので、日本政府とすれば本名さえ確認できればどうでもいいわけです。 通称名はあくまでも 「自称」 という意味合いですね。

それと金がつく通称名が多いのはやはり本名に由来するのが多いと思われます。 李や朴では日本名を作り難いですが、金なら一文字を付けて日本名にし易いという面もあるでしょうね。 あるいは本貫という 「先祖の出身地」 をそのまま採って姓にした人もいます。 その他には在日の人は 「山」 という字を好むので、上に一文字をつけて 「○山」 という姓も多いです。 大山、高山、春山が多いでしょうか。

韓国人、在日の人もそうですが、かなり自己主張の強い民族ですので、どんな場合でも相手の存在を認めるというのは難しい性格の人が多いようです。 でも決して悪気や意地悪で言っているのではないので、その辺は理解してあげてほしいと思います。

仕事の関係で韓国や在日の人と付き合って長くなる者です。

在日の方々も世代がどんどん交代していっているので、韓国を意識して生活する事もほとんどなくなっているはずです。 特に本土のいる親戚とは縁が切れてしまっている人もかなりの数に上るでしょう。

という事で、義父様の言動には時代錯誤的な印象を受けました。 もしかすると朝鮮学校で民族教育を強く受けたため、そのような日本観を持たれたのかも知れません。 でも北朝鮮系の朝鮮学校で学びながら韓国意識が強いというのも珍しい方だと思いま...続きを読む

Q「天皇家は百済系の血が濃い」という俗説・「高野新笠」が皇后として認められなかった理由

1、天皇家は百済系の血が濃いという話を聞いたことがあります。
具体的にどう濃いのかを調べてみたら、全然濃くなかったのです。逆に薄いくらいでした。
天皇家に入っている百済系の血は、たった一人だけです。
桓武天皇の母親が百済王族の末裔の帰化人(国籍は日本人)の「高野新笠」だけです。
具体的に人物を調べてみると、天皇家に血を分けた百済系帰化人は「高野新笠」一人だけでした。
それなのに、どうして世間では「天皇家は百済系の血が濃い」と言う俗説を言う人がいるのでしょうか?

2、百済王族の末裔の帰化人の「高野新笠」は生きている間は皇后として認められていませんでした。(死後、皇后となる。)
生きている間に皇后と認められなかったのは異例です。
これは、当時の帰化人の扱いの低さを物語っています。(実際、大和朝廷内での帰化人の扱いは低かった。)
当時の人々が「百済系帰化人の末裔などは国籍は日本人でも、皇后として認められない」という行動をとった証拠でしょう。
「高野新笠」の夫と息子は天皇です。
「高野新笠」が皇后と認められない理由は他に何かありますか?

3、桓武天皇の父であり、「高野新笠」の夫である、白壁“王”(のちの光仁天皇)は、天皇を継ぐ立場ではありませんでした。
当時、天皇を継ぐ可能性がある者は“親王”を名乗ります。
“王”は一応、皇族ですが、天皇を継ぐ可能性は低いです。
白壁“王”はまさか天皇になるとは、夢にも思っておらず、また周囲も白壁“王”が天皇になるとは思っていなかったので、百済系帰化人の「高野新笠」との結婚を認めたのではないでしょうか?
そして、天武系皇族が度重なる粛清で途絶えたために、天智系の白壁王が62歳という高齢で天皇になった。
仕方なく、(血の問題で)天智系の白壁王を天皇になったとしても、百済系帰化人の「高野新笠」を皇后として認めるわけにはいかない。
当時の人々はそう考えて、「高野新笠」を皇后として認めなかったのではないでしょうか?

4、「百済が滅亡した時に、大和朝廷は多数の百済系王族を帰化人として受け入れたから、天皇家は百済系の血が濃いのだ」と言う人がいます。
果たしてそうでしょうか?
百済系帰化人は最初は一応、それなりの地位(貴族など)を与えられましたが、百済系帰化人はすぐに人民に降下しました。
大和朝廷が百済系帰化人に関東に土地を与えて移民させた話などが残っています。
当時の大和朝廷には、資金的な余裕もなく、例え貴族でも天皇から血が離れていけば臣籍降下します。
具体的には、在原業平などがそうです。
在原業平の父は平城天皇第一皇子の阿保親王。母の伊都内親王は桓武天皇の皇女です。
在原業平は平城・桓武天皇の孫にあたります。
祖父が天皇でも臣籍降下するのに、百済系帰化人がいつまでも貴族でいたというのは間違いです。
従って、「百済が滅亡した時に、大和朝廷は多数の百済系王族を帰化人として受け入れたから、天皇家は百済系の血が濃いのだ」というのは間違いでしょう。
具体的に天皇家に血を分けたのは「高野新笠」一人だけですので。
いかがでしょうか?

5、天皇家がどこから来たのかは諸説あり謎です。
元々、大和に住んでいた者なのか?九州から来たのか?中国から来たのか?朝鮮半島から来たのか?
(私は九州から来たと思っています。)
中国歴史書に書いてあるのは、「百済は支配層と民衆の言語が違う」、「百済の住民の多くが漢人や倭人」、「倭人が頗る多い」
(百済王族は最初は扶余姓を名乗り、しばらくしてから“余”と1文字に略した。余豊璋など。)
例えば、朝鮮半島の百済の王族(扶余族=騎馬民族)が日本を支配したとしたら、それは騎馬民族征服説になります。
(扶余族は、中国三国時代に満州に住んでいた民族で、万里の長城より北、南は高句麗に、東は挹婁に、西は鮮卑接する範囲に住んでいた。)
私は騎馬民族征服説などと言うトンデモ説は信じていません。
ここで天皇家は朝鮮半島から来た=騎馬民族征服説を論ずるのはやめておきましょう。
※「騎馬民族征服説は正しいから天皇家は百済系の血が濃いのだ」という理由なら、申し訳ないですが回答はご遠慮して下さい。

1、天皇家は百済系の血が濃いという話を聞いたことがあります。
具体的にどう濃いのかを調べてみたら、全然濃くなかったのです。逆に薄いくらいでした。
天皇家に入っている百済系の血は、たった一人だけです。
桓武天皇の母親が百済王族の末裔の帰化人(国籍は日本人)の「高野新笠」だけです。
具体的に人物を調べてみると、天皇家に血を分けた百済系帰化人は「高野新笠」一人だけでした。
それなのに、どうして世間では「天皇家は百済系の血が濃い」と言う俗説を言う人がいるのでしょうか?

2、百済...続きを読む

Aベストアンサー

No.3ですが、ちょこっと横槍入れます。

No.6,10,11の方が、No.11で

>歴史には多くの記録がありますから、先に自分の中で結論を決めて
>おいて、それに都合の良い資料だけをピックアップしたのでは、どんな
>結論にも導けます。

と発言していますが、私に言わせれば

>奈良時代に日本の貴族階級に加わった外部の血としては、百済が最大と
>結論付けてほぼ正しいと言えるのではないでしょうか。

という意見について、十分な資料の裏付けもない中で、その結論に導こうとしているところは、かなり作為的なものを感じます。

百済滅亡後、百済から多くの遺民が日本に渡ってきたのは事実ですが、同じ頃、日本にきたのは百済出身者だけでなく、新羅や高句麗出身者もかなりいました。
そして彼らの多くは、当時は未開の地が多く残っていた日本各地に移住しています。
高麗神社・百済神社・新羅神社などの名前をもつ神社が、日本各地に点在していることからも、そのことは十分うかがえます。


No.3で考察したように、私はむしろ奈良時代においては、百済出身者は政権から冷遇されていたのではないかと考えています。
しかし、古代においては百済だけでなく、新羅や高句麗からも日本への移民は来ていたのですから(国を無くしたという点では、高句麗も同様の立場)、百済だけでなく他の国からの多くの移民がきていたはずです。

その中で、百済出身者だけが日本の貴族階級に食い組んでいったというのは、推測にしかすぎないと思います。
むしろ、政権を握っていた天武天皇が親新羅派とすれば、政権近くに食い込む機会が多かったのは、新羅出身者であることも十分考えられます。

天智天皇の子孫であった光仁天皇が、百済王家の血をひく女性を娶ったのは、祖先の天智天皇が親百済派だったという縁からきたと考える方が自然かと思います。

私もかなり推測に推測を重ねた考察をしていますが、どちらにせよしっかりとした歴史資料、もしくは考古学的な発見が無い限り、当時の貴族社会において百済出身者の血が多く混ざっていたというのは、単なる仮説にしかすぎないと思います。

No.3ですが、ちょこっと横槍入れます。

No.6,10,11の方が、No.11で

>歴史には多くの記録がありますから、先に自分の中で結論を決めて
>おいて、それに都合の良い資料だけをピックアップしたのでは、どんな
>結論にも導けます。

と発言していますが、私に言わせれば

>奈良時代に日本の貴族階級に加わった外部の血としては、百済が最大と
>結論付けてほぼ正しいと言えるのではないでしょうか。

という意見について、十分な資料の裏付けもない中で、その結論に導こうとしているところは、かな...続きを読む

Q中国の今までの王朝の民族を教えてください 

中国の今までの王朝の民族を教えてください 

Aベストアンサー

■全土統一以来漢民族による朝代は漢と明のみではないでしょうか。
 歴代王朝の民族は、以下ご参考。

■たてまえの通説。
Wikipediaに詳細がありますが、要点は以下の通り。
部分引用しました。
・漢民族以外の民族による「征服王朝」とされているのは、
遼朝  916年 - 1125年 契丹人(キタイ人)
金朝 1115年 - 1234  女真族(ツングース系民族)
元朝 1271年 - 1368年  蒙古族(モンゴル高原を中心としたモンゴル語の民族)
清朝 1644年 - 1912年 満洲族(ツングース系民族)
  注:期間については学説により異論あり。
・五胡十六国時代の諸国や北朝は「浸透王朝」・・・全土を支配していなかった
  注:五胡十六国は304年の漢(前趙)の興起から439年の北魏による華北の
    統一まで。当時中国華北に分立興亡した民族・国家の総称。
    十六国とは北魏末期の史官崔鴻が私撰した『十六国春秋』にもとづき、
    実際の国数は16国を超える。詳細は、
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%83%A1%E5%8D%81%E5%85%AD%E5%9B%BD
  この間参与した国名と始祖、民族名が頁の下部に一覧があります。
  漢族も含めて匈奴、羯、鮮卑、羌etc.多種あります。

■以上の他に他民族王朝説があるのが、
・秦朝 現青海省~新疆方面の西戎(西方にいた遊牧民族)、羌(きょう)族。
・隋・唐王朝も鮮卑拓跋部出身貴族の楊氏・李氏。
      漢人出身を主張するも紛糾した。
・宋の太祖趙匡胤は漢民族ではなく突厥(トルコ系)。

■更に、
有史以来、周の時期(秦朝以前)までは全国統一されていませんでしたので、
現在とは版図も国の概念も異なりますが、
中原を中心に、おおむね漢族が権威をもって成立した政治と見てよいでしょう。
もっとも、当時の長江沿岸以南は漢族とは言えず、文化の淵源も異なります。

■おまけです、
こうしてみると、5000年?の歴史で、
漢民族が治めたのは細部はともかく周の時代まで、
以降については、漢代、明代のみが漢族国家と私は考えています。
北方民族の蹂躙を受け続け侵入を許してきたのが実態で、
それに抗して成功したのは、漢の劉邦と明の朱元璋、一時成功しかけた
のが李自成、3人とも南方出身です。
そういうわけで「中国の英雄は南から出る」と言う中国人が
現在も結構居るのです。
好悪は措いて、毛沢東もどういうわけか南方の湖南省出身です。
更に、「代」を付すのは漢民族の漢代と明代のみ、
他は全て異民族で「朝」だと主張する中国人もいます。
このような環境で、漢民族の文化を堅持してきたということは驚嘆に
値します。おそらく、春秋時代の諸賢が築いた成果によると考えます。

参考:中国の歴史・・・丁寧にリンクを辿るといろいろ見えてきます。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%8F%B2

■全土統一以来漢民族による朝代は漢と明のみではないでしょうか。
 歴代王朝の民族は、以下ご参考。

■たてまえの通説。
Wikipediaに詳細がありますが、要点は以下の通り。
部分引用しました。
・漢民族以外の民族による「征服王朝」とされているのは、
遼朝  916年 - 1125年 契丹人(キタイ人)
金朝 1115年 - 1234  女真族(ツングース系民族)
元朝 1271年 - 1368年  蒙古族(モンゴル高原を中心としたモンゴル語の民族)
清朝 1644年 - 1912年 満洲族(ツングース系民族)
  注:期間については...続きを読む

Q日本語と韓国語の類似性の起源は

韓国語を何気なく聞いていると日本語と思うほど抑揚が似ていると感じることがあります。このような日本語と韓国語の類似性はどこからきているのでしょうか。言語学的に何か共通点があるのでしょうか。又、どちらの言語が古いのでしょうか。日本語が韓国語に影響をおよぼしたということはあるのでしょうか。韓国語の中に日本語からきているものはあるのでしょうか。韓国語についてはほとんど知らない素人です。

Aベストアンサー

 発音が似ていることをおっしゃっていらっしゃるのかもしれません。
 似た単語がたくさんあるためです。
1、漢字が元になってる単語の発音は、元が中国語の発音ですので当然似ます。
  例えば、 その「中国」の発音は、 「チュングク」です。似てますね。
  ベトナム語も中国の漢字が元になってる単語が多くあるそうです。ベトナムを旅する番組を見ていて、お店の名前とかで「この発音だったら漢字で○○○じゃない?」と思ったら、ナレーターさんが「これは漢字で○○○だそうです。」と言って、私が思ってた漢字と合っていてビックリ。ということが何回かありました。

2、文法はとってもよく似ています。
  でも発音は、漢字が元になってる単語以外の単語の発音は全然違う系統の言語です。

3、朝鮮半島にはさまざまな国家・民族部族とさまざまな言語があったことはわかっていますが、それらがどのように合わさって今の韓国語になったのか、韓国語の成立は古い資料が無く、ほとんどわかっていません。
  ハングル文字の成立が15世紀半ばで、それ以前は意味だけを漢字で記していたので発音はどうだったのかは、ほんの少しだけしかわかっていません。
  古代のことばについてはなおさらで、韓国には古い資料がないので中国の資料で見ると、『魏志倭人伝』が載っている『魏書』の『東夷伝』の中の『高句麗伝』とか『弁辰伝』『馬韓伝』『辰韓伝』とかに、「隣り合う国のことばは解することが出来るが、さらに先の国のことばとは互いに解することが出来ない」「○国と○国の言語は同じからず」などと書いてあり、国ごとに違う言語があったことだけがわかっています。

4、韓国語の中に日本語からきてるもの、多量にあります。
  現在の韓国語は、「日本語漢語」という日本人が作ったメイドインジャパンのことばをたくさん使っています。
  御存知かとは思いますが、江戸時代以降日本では西洋の本を日本語にするためにたくさんの新しい日本語を作りました。特に幕末から明治に掛けてたくさん造語しました。主に漢字を組み合わせて作った物が多かったのですが、そういう言葉を日本語漢語とか、日本漢語とか言います。
  (御参考の本としては、『明治生まれの日本語』、『翻訳語成立事情』(岩波新書)などがあります。)
  例えば「新聞」ということばも、明治初期に日本人が新しく作りました。李氏朝鮮末期に朝鮮の王様は新しい文物を学ばせるため、たくさんの留学生を日本に派遣しました。
  彼らが朝鮮に帰って、日本人が作った日本式のことばをどんどん広めていきました。例えば、一番最初の留学組として日本に来て、戸山の陸軍学校で学んだソ・ジェピルが、朝鮮で初めての朝鮮人による新聞の発行を始めましたが、その新聞の名前は『独立新聞』(トンニプ シンムン)でした。
  「新聞」は韓国語では、漢字をそのまま韓国式に読んで「シンムン」と言います。
  中国語では「新聞」のことを、「新聞」と言わないそうです。「新聞」と言うと「ニュース」という意味らしいです。意味がちょっと違いますね。
  「恋愛」もこの頃日本人が作ったことばだそうです。
  
  「経済」ということばが、福沢諭吉が決めたことばなのは有名です。元々あった「経済」ということを英語のeconomyの翻訳語として使うことを決めたそうです。「経済」は、韓国語でそのまま韓国式に読んで「キョンジェ」です。
  「民族」ということばも、今の意味で使うようになってから、昔の中国から入って来た「民族」としての意味では全然使わなくなった日本漢語です。「民族」は、「ミンジョク」です。意味は今の日本人が使う「民族」の意味と同じで、古い中国式の意味はもはやありません。
  「哲学」も同じように、元々中国で使って広く漢字文化圏で使っていた意味ではなく、西洋のphilosophyの訳語に決めてからは元々使ってた意味では使わなくなったそうです。「哲学」は、韓国式に読んで「チョルハク」で、意味は今日本で使う「哲学」と全く同じ意味です。
  「民主主義」(ミンジュジュイ)も、「共和国」(コンファグク)、「憲法」(ホンポプ)、「大統領」(デートンニョン)、「国会」(クッケ)、・・・・・も日本人が作った日本式漢語で、韓国朝鮮の人が自国言語に取り入れたものです。
  日本漢語無しに今の韓国語は成り立ちません。日本人が作ったおびただしい数の日本式単語を使っています。
  「日本人が作った単語は使うのをやめましょう」とよくテレビで言っていて、「専門家」先生が選んだ日本漢語のいくつかが攻撃されていますが、日本人が作った単語を本当にやめたら韓国人はさっそくことばを使えなくなってしまいます。
  韓国は共和制の共和国ですが「共和国」の代わりの単語を急遽作らないといけません。「国会」の代わりのことばも急遽作らないと「国会」も開けません。「新聞」の代わりの単語も作らないと、「新聞」も出せません。文化放送(MBC)も社名を変更しないといけません。「放送」も日本漢語なので、放送局自体が放送を出来ません。「野球」(ヤグ)も出来ない。
  たまたま先月印刷しておいた韓国wikiの「日本製 漢字語」という項目がありました(最終変更2011年2月1日(火)00:06)ので、その中で見ると、
  「発明」「放送」「生産」「室内」「中心」「公園」「機関」「物質」「写真」
  「空港」「宿題」「冷戦」「血友病」「自動車」「鉄道」「酸素」「水素」
  「哲学」「教育」
  「文化」「経済」「自然」「社会」「大学」
  「継走」「都合」「民草」「洗面」「食傷」「曖昧」「立場」「前向的」「天井」「惑星」
  「~団」「~力」「~法」「~性」「~的」「~制」「~主義」「~会」などで作る単語
  が日本漢語の例として挙げられています。
  また、日本語の単語の漢字の表記をそのまま韓国語の漢字の発音に置き換えて韓国語として使っている単語の例として、
  「売り上げ」 → 「売上」(メーサン)
  「手続き」 → 「手続」(スソク)
  「小包み」 → 「小包」(ソポ)
  「手入れ」 → 「手入」(スイプ)
  を挙げています。
  こういう系統の韓国語だと、日本語の「品切れ」を漢字の「品切」の部分だけ韓国式に読んで韓国語にした、「プムジョル」という単語もあります。
  李氏朝鮮末期の留学生の後にもたくさんの留学生が日本に来て、日本を通して西洋の学問、文化を取り入れましたので、今更日本人が作った単語は追放しましょうと言ってもなかなか難しいです。
  あまりにもたくさん日本語から単語を取り入れた為におかしなことばもあります。外国のことを「海外」(ヘーウェ)と言います。が、日本なら外国イコール海の外ですが、大陸で、現実はともかく海を渡らなくても外国に行ける国が、外国のことを「海外」と言うのはいつも変だなぁと思ってます。
  また、1945年以降にもたくさんの留学生が日本に来て勉強し韓国へ帰って行きました。1965年の国交正常化の以前でもです。
  そういう人達が日本語から取り入れた日本語もたくさんあります。
  「成人病」(ソンインッピョン)、「大河ドラマ」(テーハドゥラマ)、「熱帯夜」(ヨルテヤ)・・・・など、新しい日本語を進んでどんどん韓国語に取り入れました。

  「部落」(プラク)ということばは日本語だから使うのをやめよう、と一部の人が言って今では放送禁止用語扱いです。「部落」(プラク)は集落、地区を表すことばです。日本では近年、特定の意味を持たせる傾向がありますが、集落・地域の意味としてまだまだ使われています。東北被災地のインタービューでも、何回か普通の人が集落の意味で使っているのを見ました。
  しかし、「部落」(プラク)は元々中国や朝鮮から日本に入って来た単語です。現存する朝鮮の最古の歴史書である『三国史記』には、何度も「部落」ということばが出てきます。意味は集落・地域・地区です。韓国には自分たちの祖先が書いた超有名な歴史書を広げて見たことがある人がいないようです。

  しかし、「成人病」「大河ドラマ」も「新聞」「民主主義」「大統領」「経済」「哲学」・・・・・、これらが日本人が作った、元が日本語だということを知ってる韓国人はほとんどいません。教えられていないためです。
  日本語専攻の人や日本に留学に来た人でも、これらのことばを元が韓国語で自分たちの祖先が日本人に教えてあげたもの、と思ってる人がいます。
  「新聞」「民主主義」「大統領」「恋愛」・・・が元は韓国語?いつ日本人に教えたの? と聞くと、「奈良時代の頃」だそうです。「新聞」や「民主主義」や「大統領」ということばが奈良時代にあったそうです。日本の文化は全て韓国人が教えてあげた、と教育されて育ちますのでこうなります。

 
 韓国語について一般人向けにわかりやすく書かれた本があります。もしよろしければ手にお取りになって見てください。
 大野敏明著 『日本語と韓国語』 文春新書 平成14年
    帯のことば: 海峡をはさんだ二つの国のことばの近さと遠さ
           「準備」「無理」「到着」「約束」「記憶」は韓国語でも「チュンビ」「ムリ」「トーチャク」「ヤクソク」「キオク」だ。・・・・日韓両国の歴史、文化、社会を言語を媒介としながら、楽しく読み解く。

 「結婚」(キョロン)も日本語から取り入れたことばだそうです。「結婚(キョロン)は日本語です!キョロンはやめて、婚姻(ホンイン)という昔からの単語を使いましょう!」とやってたのを思い出しました。

 発音が似ていることをおっしゃっていらっしゃるのかもしれません。
 似た単語がたくさんあるためです。
1、漢字が元になってる単語の発音は、元が中国語の発音ですので当然似ます。
  例えば、 その「中国」の発音は、 「チュングク」です。似てますね。
  ベトナム語も中国の漢字が元になってる単語が多くあるそうです。ベトナムを旅する番組を見ていて、お店の名前とかで「この発音だったら漢字で○○○じゃない?」と思ったら、ナレーターさんが「これは漢字で○○○だそうです。」と言って、私が思ってた...続きを読む

Q民主党の国会議員には、なぜ、元在日朝鮮人が多いのか

衆議院だと、民主党の議員の3人に1人(分裂前)は、元在日朝鮮人です。
民主党の国会議員には、なぜ、元在日朝鮮人が多いんでしょうか?
考えられるのは、3年前の衆議院選挙のとき、民主党が、朝鮮総連や韓国政府から、巨額(数百億円だそうです)のワイロをもらい、その見返りとして、党公認の立候補者に、多くの元在日朝鮮人を立てた、ということです。
でなければ、こんな異常な議員構成には、なりません。
日本人にだって、政治家になりたい人は、たくさんいます。
日本人を差し置いて、朝鮮人を候補者に立てる理由としては、さしあたり、”金”しか考えられません。
また、民主党の政治家と、韓国の政治家の異常な親密ぶりは、裏取り引きがあることを推察させます。
この推論に、異論のある人は、いますか?

Aベストアンサー

「人種・民族」と「国籍」の違いが理解できない人や、
「民主党の国会議員には、なぜ、元【在日朝鮮人】が多いのか】
という質問に、
「日本人も【在日】だ」とか答えてしまう読解力のかわいそうな常連さんが湧いていますね。


>民主党の国会議員には、なぜ、元在日朝鮮人が多いんでしょうか?

回答:民主党は朝鮮人の為の政党でもあるからです。


>衆議院だと、民主党の議員の3人に1人(分裂前)は、元在日朝鮮人です。

そこまで多いかは疑問ですが、以下の理由で他の党よりは多いと思います。
(旧社会党より多いかは疑問ですが)


>日本人を差し置いて、朝鮮人を候補者に立てる理由としては、さしあたり、”金”しか考えられません。
>また、民主党の政治家と、韓国の政治家の異常な親密ぶりは、裏取り引きがあることを推察させます。

民主党は、在日韓国朝鮮人や、日教組などのサヨク組織から支援を受けています。

【マスコミが報道しない民主党の実態】
http://www.youtube.com/watch?v=sppB9R6dxMU


以前は民主党の党員には外国人でもなれました。(このような制度は民主党以外ありません)
そして、党員は党の代表選挙への投票権がありました。
(与党の場合、代表=首相 ということになります)
↑は国会で問題になり現在は廃止されていますが、↓の事から外国人の影響力が全くなくなったわけではないと思います。

【国会中継、西田議員が野田の民潭癒着を激しく糾弾】
http://www.youtube.com/watch?v=yAVJr_l0ss8&feature=player_embedded
【韓国マダンに集まる売国議員の皆さん】(白真勲・田嶋要・奥野総一郎・中後淳・加賀谷健)
http://www.youtube.com/watch?v=10T4W1AenJY
【売国奴・岡崎トミ子を追求!!】((韓国の反日デモに参加)
http://www.youtube.com/watch?v=J5Euglb42jg
【“売国的行為”土肥議員が民主会派復帰 竹島領有権放棄訴える共同宣言に署名】
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121017/plt1210171551007-n1.htm
(土肥氏は昨年2月27日、ソウルでの「3・1節」の関連行事に出席し、竹島について「日本政府は歴史教科書歪曲と独島(竹島の韓国名)の領有権主張によ り、後世に誤った歴史を教え、平和を損なおうとする試みを直ちに中断しなければならない」と記された共同宣言に署名したのだ。)

「竹島領有権主張問題 共同宣言文の骨子」
一、日本は恥ずかしい過去に対し、歴史の真相を糾明し、日本軍慰安婦、サハリン強制徴用被害者など、歴史の被害者に対する妥当な賠償措置を履行しなければならない。両国の善隣関係は、真実の謝罪と賠償が出発点となる。
一、日本は、平和憲法改正と軍国主義復活の試みを直ちに中断しなければならない。
一、日本政府は歴史教科書歪曲と独島(注、竹島の韓国名)の領有権主張により、後世に誤った歴史を教え、平和を損なおうとする試みを直ちに中断しなければならない。


他にも外国人参政権法案を何度も国会に出してきたり、
今の国会でも人権侵害救済法案を通そうとしています。(動画参照)
(そんな法案より、するべき仕事は山ほどあるはずです)

【人権侵害救済法案の廃案を訴える日本国民の会】
http://jinkenhouanhaianproject.web.fc2.com/index.html

https://www.youtube.com/watch?v=YEt5D1uxSv0

「人種・民族」と「国籍」の違いが理解できない人や、
「民主党の国会議員には、なぜ、元【在日朝鮮人】が多いのか】
という質問に、
「日本人も【在日】だ」とか答えてしまう読解力のかわいそうな常連さんが湧いていますね。


>民主党の国会議員には、なぜ、元在日朝鮮人が多いんでしょうか?

回答:民主党は朝鮮人の為の政党でもあるからです。


>衆議院だと、民主党の議員の3人に1人(分裂前)は、元在日朝鮮人です。

そこまで多いかは疑問ですが、以下の理由で他の党よりは多いと思います。
(旧社会党...続きを読む

Q宮内庁はなぜ日本史の解明に非協力的なのか

よく宮内庁は皇室の歴史が明かされるのを嫌う傾向にあると聞きます。
仁徳天皇陵は全く調査をすることが許可されてないのでしょうか。
(社会科の先生からはこう聞きました)

日本は今や世界屈指の近代国家です。
しかし、日本の天皇の由来は全く混沌としています。

ならば、なおさら古代日本史の解明は国家の義務なのではないでしょうか。
その機関たる宮内庁が非協力的というのはどういう態度なのでしょう。
その理由が宗教上にあるというのなら、次に繋がるかどうかは別として
今回は一応納得します。

Aベストアンサー

皇室関連の質問をここでしたりすると、「皇室は千年の歴史があり、最も由緒ある皇帝でありそれは世界的に認められていて世界で唯一イギリス王室と並立する歴史的権威が云々・・・」という人たちが必ず現れます。そういう保守的な人たちはもちろん、現皇室は基本的にそういう立場というかそういう建前があって成立しているのですね。これは明治維新以降の皇室の歴史的かつ政治的な立場です。そして宮内庁はそれを「守る」立場にいるわけであります。それを否定してしまったら皇室の存在意義そのものが問われてしまいます。

で、そういう立場からすると、過去の「作られた歴史」が暴かれてしまうことは権威の根拠に関わってしまいます。例えば、天皇家というのは実は朝鮮半島から渡ってきた騎馬民族の末裔ではないかという話があります。倭国(日本)は百済の支援をして当時の倭国としては大軍事力を半島に派遣して白村江の戦いで敗れてしまいます。なぜ倭国が百済に過大なまでの支援をしたのか、単なる同盟関係であっただけではなく、実は百済が天皇家からみると「本家」で、倭国は百済の分家ではないのかという話があります。
日本ではその後いわゆる壬申の乱が起きて天武天皇が即位するんですが、大友皇子と大海人皇子の関係とかどうも日本書紀を読んだだけではよくわからんことが多いのです。そのへんについて日本書紀が改竄というか捏造というかそういうことをしたことは間違いないのですが、どのへんを歴史を書き換えたのかはよくわかりません。
もし仮に「皇室はかつて朝鮮半島からやってきた渡来一族の末裔である」ということが明らかになってしまったらどうなるでしょうか。嫌韓のネット右翼がなんと言い出すかどうか考えただけでも恐ろしいですね。今のところ皇室半島渡来説は荒唐無稽で根拠のない話ということになっています。なぜなら、日本書紀にも古事記にもそんなことは書いていないからです。しかし、日本書紀も古事記も時の権力者にとっての「大本営発表」なので歴史の削除、捏造、針小棒大などは当然あるわけです。あるけど、ないことになっている。それが我が国の古代史に対する学会の立場です。古代史は天皇家についてはアンタッチャブルの領域なのです。

また、皇室は一応ずーっと続いているということになっていますが、南北朝で相当ヤバいことになっています。血統の正当性という立場からいえば、南朝が正当です。しかし、北朝は時の権力者足利尊氏によって成立しており、最終的に南朝が北朝に吸収される形で再統一されています。このときの北朝系の血筋がね、どうなんだよってところなんです。私もその時代はそんなに詳しくないのですけれど。
で、戦後すぐに「我こそは南朝の末裔であり、正当な皇室の血筋である」と名乗り出た人がいたのです。世間でいわれるところの熊沢天皇事件というものなんですけどね。単なる気が狂ったおっさんが「わしは天皇である」といっただけならこんな歴史には残らないです。熊沢天皇事件が戦後事件史のひとつとして残っているのは「そういわれると、そうかもしれない」というのがあったからなのです。熊沢天皇は「北朝(現皇室)は南朝から帝位を簒奪し不法に即位している」と訴えたのですが、「そういわれりゃあ、そうだよな」ってところはあるんですよ。熊沢天皇は結局のところ南朝の末裔であることを証明することができなかったので最終的には「自称南朝の末裔」ということになったのですけどね。一時的であれ宮内庁は頭を抱えたのですよ。GHQは熊沢天皇に興味を持っていて、場合によっては昭和天皇を退位させて熊沢天皇を(GHQの手先として)即位させるんじゃないかと警戒したのですね。

宮内庁の仕事は、現在の皇室の伝統を次代に繋げることです。皇室にはなんとかの儀、かんとかの儀、と年がら年中しきたりだらけなのですが、それを続けることが最も重要なんですね。伝統の継続というものの頂点にある存在といってもいいでしょう。「歴史的に見て正しい」かどうかはむしろ邪魔なんですよ。まあ宮内庁関連の人といったら公家の末裔とか松平家の末裔とか父は貴族院議員とかそんな人たちばっかりですからね。しもじもの者が入りたいといっても入れてはくれません。

皇室関連の質問をここでしたりすると、「皇室は千年の歴史があり、最も由緒ある皇帝でありそれは世界的に認められていて世界で唯一イギリス王室と並立する歴史的権威が云々・・・」という人たちが必ず現れます。そういう保守的な人たちはもちろん、現皇室は基本的にそういう立場というかそういう建前があって成立しているのですね。これは明治維新以降の皇室の歴史的かつ政治的な立場です。そして宮内庁はそれを「守る」立場にいるわけであります。それを否定してしまったら皇室の存在意義そのものが問われてしま...続きを読む


人気Q&Aランキング