初めて質問させていただきます。
哲学を少し勉強しています。そこで、みなさんの意見をお聞きしたいのです。
1,幸福とは?
2,人生の目的は幸福になることである。YES?NO?
(YESの場合、その理由。NOの場合、では何が人生の目的か。)

以上2点です。
この問いに、正解なんて無いと思います。
お気軽に、みなさんの率直なご意見をお聞かせ下さい。
よろしく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

#1 の方と、たぶん同じ事なんだろうけど...すんません私には難しすぎてよくわからんかった。



1.その人が「自分は幸福だと思っている」ことを認識した瞬間。および「不幸だと思っていない」状態。

2.Yes 上の定義(おいおい(^_^;)によると、「自分がいやな思いをしたくない」と思う事が「幸福につながる」のであるから、人生の目的は「幸福になること」である。
希に「いやな思いをしたい」人がいたとしても、それが「自分の望む姿」である以上、幸福を求めているといえよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。いろんな方のご意見を聞けて参考になりました。なかでも、kaznhiさんのご回答が、一番共感を覚えました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/09 23:23

●補足



 五億年幽閉されて その記憶を消されて 現実に戻るというMANGAが
 ありました。その主人公は記憶がないもんだから またその幽閉にいって
 しまうんです。
>●偉人たちが言うように 幸せとは かくも遠くにあるものか
 幸せを探して 旅立ったものの 手に入れて帰ってきたものは
 誰一人として居ません。←これが事実です。

 現実に持ち帰れない 幸せは 現実世界においては 意味がありません。
 また 共有(もしくは共感)できない幸せは
 「かってにしてろ!」の世界で 哲学する意味がありません。
 事実をしっかりと認識した先に 幸福がまっていると考えます。

 但し 夢を共有する権利を妨げることはしたくありません。
 ただ 同じ夢をみるなら POPなほうがいい。
 トラッドは あくまでもファッションの一アイテムなのです。
 わたしたちは いまにいきるのです。まさにPOPなのです。
    • good
    • 0

ヒントだけです。

マズローの5段階欲求説をご存知ですか?後はご自分の経験に照らし合わせてください・・・
    • good
    • 0

どこかで見たような質問だな、と思いつつ。



問1) 「幸せだ」と感じられる心を持つこと。それが「幸福」というものだと思っています。

たとえば、私などは風呂上がり、冷えた缶ビールを冷蔵庫から取り出し、詮(タブ)を引っ張る。「ブシュッ!」。幸福へ至る序曲が始まります。そして口をつけ、グビン、グビン。「プファ!」。幸福感が全身に満ちあふれます。大げさにいえば、三昧の境地です。そして、しばし、幸福というものの余韻にひたります。

その間、何にも考えてはおりません。○○だから幸福なんだ、ということは感じても考えてもおりません。この瞬間が幸せというものだ、ということも思っておりません。ああ、あれが幸せというものなのかと、あとになって考えているだけのことです。

問2) とどのつまりは、そうなんでしょうね。だから「イエス」です。「幸福」というものが形として存在し、手に入れることができる「もの」と思うから、人は悩み、迷い、戸惑うのではないでしょうか。

No.5のご回答にカールブッセの詩が出てきましたが、「幸せ」「幸福」とは求めて得られるものではなく、「感じる」ものなんでしょうね。
    • good
    • 0

1.孤独でないこと。

孤独であることが同時にあること。自他のないこと。
2.NO。なんでもいいぜ?物語を刻む事。世界に欠員を出さない事。
 
これが事実です。と、いかにいいえる。
遠くに行って、幸せを手に入れて、帰ってこなかった。なぜなら、帰る必要はないから。行ったそこに、幸せがあるんだから。帰るわけがない。
仮に、行った先から帰ってきた奴がいたとしよう。そいつはなんで帰ってきたのかってことかな。
 
ささやかな幸せは何処へ行ったのか?
小川をのぞいて、めだかが泳いでいる。ささやかな幸せを感じる。
余裕があるひとはな。裕福な人というのは、金持ちの事じゃない。
余裕のある人のことだ。
よゆーでしょ?
>この問いに、正解なんて無いと思います。
そうでもないぜ?
 
ゴダイゴいいよな。
 
よゆーも度がすぎりゃ退屈?そりゃ退屈だ(笑。
いちいち動き出さなくても、雨が降ってくる。出来事がな。宇宙はこんなにすげぇのに、世界はこんなに広いのに、飽きがくるなんていう奴は馬鹿だ。
幸せよりも、求めるものがあるってことだ。
    • good
    • 0

1.幸福とは:自己満足又は充足感であり、夫々の心の持ち方で変化するものである。



2.人生の目的は:幸せになることである。皆が幸せになることに満足を覚える人は、人を幸せにすることも人生の目的になる。
    • good
    • 0

■山のあなたの空遠く 幸い住むと人の言う・・・(カールブッセ)


■生きることの苦しみさえ 消えると言うよ
 旅立った人はいるが あまりに遠い・・・(ゴダイゴ)

 ●偉人たちが言うように 幸せとは かくも遠くにあるものか
 幸せを探して 旅立ったものの 手に入れて帰ってきたものは
 誰一人として居ません。←これが事実です。

 わたしたちが ほんのすこし幸せを感じる その一瞬こそ
 かけがえのない「ささやかな幸せ」なのではないでしょうか?
 小川を覗き込んだとき メダカが泳いでいる姿を見て感じた
 ささやかな幸せは どこへいってしまったのでしょうか?
 今世紀は 正に 幸せ探しの世紀なのかもしれません。
    • good
    • 0

1:幸福とは、ツライことの後の一安心した状態



2:NO
人生の目的は意味のない人生を意味のあるものにするコト。

以上、意味不明な答えで申し訳ありません。
    • good
    • 0

1,幸福とは?


●人それぞれに感じるものです。
 絶対的な幸せなんてありません。以前こんなことをしました。
 すべてに満足できる状況で暮らすんです。するとどうでしょう。
 いつ死んでもいいなあという感じが先ず訪れます。
 ふわふわ 朦朧とした感じです。はじめのうちは 食べることもSEXも
 たのしいのですが それも日が過ぎるにしたがって 朦朧としたなかに
 曇っていきます。そこで気が付く訳です。
 なるほど 人間は適度な刺激がひつようなんだなあ・・・と。
 つまりおおくの幸福感を味わい続けるためには それなりのテクニックが
 必要なのであると。簡単に言うと刺激と開放です。このバランスが多くの
 幸福に直結しています。

2,人生の目的は幸福になることである。YES?NO?
●NOです。哲学は幸せになるためにありますが 人生の目的は「わからない」と
 するのがただしいでしょう。わたし個人の人生の目的は快楽の追求です。
    • good
    • 0

 幸福といっても、人それぞれに幸福の内容・幸福感というものが、異なっています。


 たとえば、ある人は「社会的地位や名声を得ることが幸福だ」と思い、ある人は「大金持ちになることが幸福だ」と思い、また、ある人は「健康で、平凡な一生を過ごすことが幸福だ」と思っているのです。
 もちろん、これらの幸福感を否定するものではありませんが、これらは、いずれも小さな、砂上の楼閣にも等しい不安定な幸福です。
 なぜ、そのようなことがいえるか、といいますと、世の中のすべては常に変転し続けており、ひとつとして、そのままの形・状態で止まっているものはありません。そのような世の中にあって、たとえ一時、自分なりの幸福を得たとしても、それは永遠・絶対のものではなく、状況の変化によって、いつ崩れるともわからない、いわば不幸と隣り合わせの、不安定な幸福にすぎないからです。
 現に、これまで健康そのもので暮らしてきた人が突然の病魔に倒れたり、栄耀栄華の極みにあったベンチャー企業の社長がわずか数年で一切を失ってしまったり、或は円満な家庭生活に満足していた人が不慮の天災・事故・犯罪によって非業の死を遂げ、家族も悲嘆の底に堕ちてしまったケース等・・・、こうした事例を挙げたら枚挙に暇がありません。
 このような、一時的で不安定な幸福を、仮に相対的幸福と呼ぶならば、正しい仏法の信仰で得られるのは、「成仏」といって、揺るぎない絶対の幸福境涯であります。

誰もが求めるべき絶対的幸福「成仏」

 成仏とは、死んで仏になることでも、人間とかけ離れた超越者になることでもなく、自己の生命の奥底に内在する「仏(仏界)」という最高の生命を引き出し、これを現実生活の原動力として生きることをいいます。
 さすれば、仏界の力強い生命力と勝れた智慧の働きにより、いかなる人生の問題や苦難に直面しても、それをあたかも波乗りのように解決して、生きていくことができるようになるのです。それは、まさに生きること自体が楽しい、という境涯です。
 また、この成仏の境涯は、変転しゆく現実生活をそのつど切り開いていける境涯ですから、状況の変化等によって崩れ去ったりしない、安心立命の境地でもあります。
 前に挙げた相対的な一々の幸福と較べれば、これこそ、人生の絶対的幸福であるといえましょう。
 しかも、この絶対的幸福を獲得していくときには、そこに、経済面・健康面・精神面といった、相対的な分々の幸福も具わっていきます。
 ゆえに、この成仏という絶対的幸福は、個々の幸福観の違いに関わりなく誰もが求めるべき最高の境涯なのであります。
 如何でしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qyes,noと、なぁなぁ時間

YES,NOと、なぁなぁ時間と題をつけましたが、意味はこうです。
昨今では、西欧文化の台頭により、先進国には契約社会が浸透しています。そのせいで、YESかNOかではっきり答えることが、美徳であるかのようにも思えてしまいます。 
しかし、現実の生活はというと、YES、NOで決まっていることよりも、なぁなぁ的な時間を使って、暮らしていることの方がずっと多いわけです。
YES、NOとは、継続する生の時間ではないのです。
なぁなぁ時間というのは、端的に言えば、自然に流れている時間のことであり、人はこれを生きているのは当然なわけです。生まれてくるときにも、YES、NOがあったわけではなく、自然な流れで生まれて、自然な流れで過ごし、自然の摂理で死んで、行くわけです。
YES、NOの「選択」をせまられ、その両方に活路を見出せない場合(日本の国政から個人の人生計画まで)、この「なぁなぁ時間」に活路を見出せはしないだろうか?と、思います。
ある意味、契約社会に従わない思考でありますが、従来の社会システムが、世界的に行き詰った以上、それを越えていかねばなりません。
難解かもしれませんが、哲学なればこその、この質問、
☆なぁなぁ時間にいかに活路を見出せるか?
多くの回答をお待ちしています。

YES,NOと、なぁなぁ時間と題をつけましたが、意味はこうです。
昨今では、西欧文化の台頭により、先進国には契約社会が浸透しています。そのせいで、YESかNOかではっきり答えることが、美徳であるかのようにも思えてしまいます。 
しかし、現実の生活はというと、YES、NOで決まっていることよりも、なぁなぁ的な時間を使って、暮らしていることの方がずっと多いわけです。
YES、NOとは、継続する生の時間ではないのです。
なぁなぁ時間というのは、端的に言えば、自然に流れている時間...続きを読む

Aベストアンサー

庄司薫の小説「赤頭巾ちゃん 気をつけて」に
出てくる処世法「逃げて逃げて逃げまくる法」を
ご存知ですか。
決断を迫られることや厄介な問題からは、とりあえず
「逃げて逃げて逃げまくる。それでも逃げられなくなったときは、それは諸兄の問題で・・」といった
「生き方」です。

開高健の小説では、主人公が中国人のインテリの人に「イエスかノーか、必ずどちらかを
言わなければ殺される、という前提で、それでも
イエス、ノーを表明せずに逃げ切れる言い方は、
中国の知恵をもってしてもないものか」と、彼に
会うたびに問いかけ、そのたびに彼は考え込む、
というエピソードがあります。

また、いがらしみきおの漫画「ぼのぼの」では、
先々のことまで杞憂して、いつも困っている
ぼのぼのに、賢人すなどりねこさんが、
「どうして、まだ起きていないことで困るんだ?
それが起きたときに困ればいいんだ」と
アドバイスしています。

どれも「問題の先送り」と言ってしまえば、
そうかも知れません。
しかし先送りしているうちに、自分に力がついて、
問題ではなくなることがあるかも知れません。

「なあなあ」で稼いだ時間の中で如何に
自分に力をつけていくか。そこに活路を見いだす
術があると、私は思います。

庄司薫の小説「赤頭巾ちゃん 気をつけて」に
出てくる処世法「逃げて逃げて逃げまくる法」を
ご存知ですか。
決断を迫られることや厄介な問題からは、とりあえず
「逃げて逃げて逃げまくる。それでも逃げられなくなったときは、それは諸兄の問題で・・」といった
「生き方」です。

開高健の小説では、主人公が中国人のインテリの人に「イエスかノーか、必ずどちらかを
言わなければ殺される、という前提で、それでも
イエス、ノーを表明せずに逃げ切れる言い方は、
中国の知恵をもってしてもないもの...続きを読む

Q創価学会,幸福の科学,エホバの証人←これらの宗教の信者は相手の宗教につ

創価学会,幸福の科学,エホバの証人←これらの宗教の信者は相手の宗教についてどのように考えているのでしょうか?

この間幸福の科学の信者である友人にエホバの話をしたら,輸血の話を持ち出して「エホバは非常に危ない宗教だ.かかわらない方が良い」と言われました.自分はエホバの信者ではないのですが,エホバ信者の方とは親しくさせていただいていて,非常に良い人ばかりなので視野が狭いのではないかと思いました.

また,最近付き合いだした彼女が創価学会の信者でした.今のところ本人は隠しているつもりですが,家に行った時に聖教新聞や仏壇などがありすぐにわかりました.

これらの彼女や友人達をお互いに会わせて宗教について話をした場合,どのようなことが起こり得ると考えられるでしょうか?やはり喧嘩になったり議論が噛み合わなかったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも私見ですけれど

創価学会  
他教他宗は邪教と見ているようなふしがあります
「他から攻撃されるのは本物だから」 と言ってました 修道者にしては変な言い分です
宗教と言うより政治団体と言った方が相応しいかも知れません
全てでは無いでしょうが「修道」 は無き如くで 「ご利益信仰」 のみ強い気がします
初めの頃は良く解らないでしょうけれど 何時までも「ご利益信仰」ではいけない事に気付けない方が多いのでは無いでしょうか?
一部の方は攻撃的です 日蓮自身がそんな所がありましたからでしょうか?

エホバの証人 
何人かと何度か お話した事あります 知り合いではありません
他宗は邪教とまでは言わないようですが自分達だけが聖書を正しく解釈しているが如くです
聖書の一部について他所と違う事を指摘したところ自分たちのは意訳であると言ってました
意訳は解り易くなる代わりに間違いが起こる恐れがあるのですが

知り合いの小学校女教師から聞いた事です
子供の親は教えに反する?とかで学校のある行事に参加させたくないとか
あれこれ注文付けるのでやり難いとか言ってました でもキリスト教の中では聖書に忠実と感じております 
輸血の話は以前 大きなニュースになりましたのでこの事についてだけ ご存知の方は多いでしょう
でも直接 お話をした事のある方は殆ど居ないでしょう

幸福の科学 
本屋で立ち読みした事があり 我が家にも1度来た時 少しばかり お話した事があります
本で知る限り教祖は霊能者です 霊能者にもピンからキリまでありますが
釈迦の生まれ変りとなっております 本当かどうかは兎も角 霊能で得た情報なのです
何も解らない方には何かの病気に見えるでしょう
この事で以前マスコミを賑わした事がありますが病気ではありません

伝統宗教の開祖 例えば キリスト 釈迦 は霊能者です
現代社会では受け入れがたいのか宗教上は強調してませんが明らかな霊能者です
この お二人に限りません 現代近代の新興宗教でも開祖は大抵霊能者です

宗教は兎角 他所を排斥しがちな部分がありますが指導に何か間違いがあるからと考えます
何事も広く解釈すれば争い事は無くなると思うのです

ある新興宗教の開祖の一人(故人)は言ってます
「宗教やっていて物の見方が狭くなるようでは本物では無い」 

心が広くなって行かなければならないのです 心を狭くしていくような宗教では宗教では無いでしょう
中身(心のあり方)より 形(戒律とか)に囚われる為に 争い事が起こるのだと思います

これら3つは それぞれ目的とする所が違うように思いますので噛み合わないでしょう
言語が違うと言ったら良いでしょうか?

あくまでも私見ですけれど

創価学会  
他教他宗は邪教と見ているようなふしがあります
「他から攻撃されるのは本物だから」 と言ってました 修道者にしては変な言い分です
宗教と言うより政治団体と言った方が相応しいかも知れません
全てでは無いでしょうが「修道」 は無き如くで 「ご利益信仰」 のみ強い気がします
初めの頃は良く解らないでしょうけれど 何時までも「ご利益信仰」ではいけない事に気付けない方が多いのでは無いでしょうか?
一部の方は攻撃的です 日蓮自身がそんな所がありましたから...続きを読む

Q【あなたは何を目的に生きて、何を目的に死までの道を突き進んでいますか?】目的もなしに生きて、目的もな

【あなたは何を目的に生きて、何を目的に死までの道を突き進んでいますか?】目的もなしに生きて、目的もなしに死んでいくつもりですか?

それとももうちゃんと目的を持って日々を生きて、死へのゴールまでの目的設定を作っていますか?

Aベストアンサー

かつて、神様が幅をきかせていた時代には、
人間にはそんな悩みはありませんでした。

神様の言う通りに生きていれば、良かったからです。

しかし、神が死んだ現在、生きる目的云々は
人間が決めてよいことになりました。

目的など無くてもよい、あってもよい、欲しければ
自分で創ればよい、となりました。

目的などあろうが無かろうが、人間は死ぬのです。

何の意味があるというのでしょうか。

そこにあるのは、自己満足だけです。

Q【人生】不快なモノを排除し続けると最後に幸福だけが

【人生】不快なモノを排除し続けると最後に幸福だけが残るとは思えません。

不快なモノを排除し続けると最後に何が残ると思われますか?

Aベストアンサー

究極最後は自分の命を絶ちかねないですね
そして観測者のいない「無」が残る

Q私の考える幸福の定義は、誤りか意見をください。

先日、幸福な人とはどんな人を指しますか?と言う質問を見かけました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7099980.html

いろいろな意見があるのですが、
私の中では幸福な人とは「幸福を意識していない人」
と定義し、結論付けているのですが、そのような回答を述べた人がいませんでした。


何故そう思うのかと言うと、健康な人間が健康を「意識」する事はありません。
「風邪を引いた」「最近、歳のせいか疲れやすくなった」「体力が落ちているのを感じる」・・・。
そうなった時、初めて健康を「意識」するのだと思います。
(↑「健康マニア」は例外 これは幸福とは何なのか?などを哲学的に考えにふけってしまう「幸福マニア」も含む)




幸福も同じです。幸福な人間は幸福を「意識」しません。
決定的な不幸が襲わなくとも、平凡で安全な何不自由ない生活を送っているが、
なんとなく満ち足りない。物足りない。

そう感じると、幸福を「意識」するようになります。
つまり、そう言う人は幸福では無いと言う事です(比較の問題でその程度なら、劣悪な環境で生活している人たちからすれば、幸福度は決して低いものではないでしょう)


幸福を「意識」すると言う事は、大なり小なり不幸の要素がある人のみ起きると思います。
健康と同じように。


と言う考えでいたのですが、そのような回答を述べている人がいませんでした。
もしかしてこの考えは誤りなのでしょうか?




*因みに私の幸福な人の定義「幸福を意識していない人」と言う「意識」という言葉がポイントです。
これを「幸福を求めていない人」と言う言葉だとニュアンスが変わります。

先日、幸福な人とはどんな人を指しますか?と言う質問を見かけました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7099980.html

いろいろな意見があるのですが、
私の中では幸福な人とは「幸福を意識していない人」
と定義し、結論付けているのですが、そのような回答を述べた人がいませんでした。


何故そう思うのかと言うと、健康な人間が健康を「意識」する事はありません。
「風邪を引いた」「最近、歳のせいか疲れやすくなった」「体力が落ちているのを感じる」・・・。
そうなった時、初めて健康を「意識」するのだと...続きを読む

Aベストアンサー

>幸福を「意識」すると言う事は、大なり小なり不幸の要素がある人のみ起きる

というのはおっしゃるとおりでしょう。
冬を知らない人に春の暖かさが実感できないのと同様です。
ただ、冬を経験することが不幸だと認識する必要はないということも同じく言えるように思います。
なぜなら、春を幸福の比喩とした場合、冬から春へと変わる節目にこそ幸福の要素が凝縮されているからです。
乗り越え超越するその過程にこそ幸福があるような気がします。
この意味で落差が必要で、そのためにはある程度の不幸は必須でしょうが、それも幸福を構成する一因子であるという構造になるのでしょう。
むろん、乗り越え可能な程度の不幸であることが最低条件にはなります。
    


人気Q&Aランキング

おすすめ情報