恥かしい事にお酒の知識が乏しいです。
ブランデー、ウォッカ、ウィスキー、バーボン?!?!
どう違うのでしょう?(製法、原料、原産地など)
日本のお酒に関しても、大吟醸とかなんとか・・?!?!
焼酎、日本酒、製法はどう違うの?

など基本的な知識がまるでありません。
お酒をさらに楽しくする為に、分かりやすい本、HPなど
紹介して頂けたら有りがたいです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。
勉強します。
これだけあれば・・・いいでしょうね。

お礼日時:2001/01/11 07:36

ちょっと難しいかもしれませんが、国税庁のホームページ上に、酒の分類(酒税上の)や作り方などがあります。

参考になればと思います。
ただし、見るためにPDFファイル閲覧用ソフトが要ります。ない場合は、ホームページからのダウンロードも出来ます。
ホームページから、酒類関係資料→酒類の種類へ進んで下さい。

参考URL:http://www.nta.go.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こちらも参考になります。分類表などは特に分かりやすいですね。

お礼日時:2001/01/11 07:37

「BAR レモンハート」


古谷三敏・ファミリー企画 
双葉社アクション・コミックス

マンガなのですが、
幅が広く押し付けがましくない内容が、
すんなり読めると思います。
お酒に関する雑学や、マナーも一緒に覚えられます。
といっても、ハウツーものではありませんけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは読みやすくて良さそう!!

ちょっとチェックします。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/11 07:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステロイドについて

さまざまな疾患でステロイドを内服されている方がいますが、恥ずかしい話し、ステロイドって???
きっと奥が深く、一言ではいえない薬だと思うのですが、知識をつけたく質問しました。
特にステロイドの薬効が知りたいです。
変な質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.

ステロイドとはステロイド骨格という構造を持った物質のことです.
人間が産生するホルモンの一部(全部ではありません)には,この構造を持っているものがあり,それらをステロイドホルモンとも呼んだりします.ちなみに血糖値を上げるグルカゴン,下げるインシュリンはホルモンですがステロイド骨格を持っていません.

体内で生合成されるステロイドの代表としては,コレステロール(これがホルモンの材料になります),性ホルモン(男性及び女性ホルモン),副腎皮質で産生されるホルモンのすべて(副腎皮質ホルモン)です.

ご質問のステロイドとは副腎皮質ホルモンを指していると思いますので,副腎皮質ホルモンに限定して書き込みたいと思います.

副腎皮質ホルモンの作用には,電解質,糖質,タンパクの代謝にかかわる作用,抗炎症作用,抗リウマチ作用,抗アレルギー作用などがあり,いろいろある副腎皮質ホルモン(コルチゾン,ヒドロコルチゾン,コルチコステロンなど)によってどの作用が強いか微妙に違います.
中でも,抗炎症作用,抗リウマチ作用,抗アレルギー作用は非常に強力ですが,体内で生合成される量には限界がありますので,これらの効果を期待して人工的に大量に合成して医薬品として用いるわけです.
また,医薬品には,生合成される副腎皮質ホルモンの構造を少し替えたものを合成ステロイドとして用いています.

薬効は非常にすばらしいのですが,使用するにあたっていくつかの注意点があります.
数年前,環境ホルモンという言葉が世間をにぎわし,ダイオキシン問題がクローズアップされました.ステロイドを使用するということは,人間の体としてはホルモンを体内に入れるわけですから,ホルモンバランスを崩すおそれがあります.
このことに関連して,副腎皮質ホルモンを服用すると,副腎自体が萎縮し働きが抑制されてしまうため,副腎機能を回復する治療が必要になります(脱ステロイドの問題といわれるのはこれです).また,消化管障害(潰瘍など)が誘発されることもあるようです.これらの副作用は,外用として皮膚に少量塗る分には発現しにくいとされていますが,塗るのをやめるとまた症状が現れることがあります.

ステロイドをやめると症状がぶり返すアトピー性皮膚炎,関節リウマチ,喘息の場合,治療に用いるステロイドは表面的な炎症などを抑えるだけで,疾患の根本的な治療に用いていないことがご理解いただけるでしょうか.

このように,ステロイドは強力な作用を持つ反面,副作用も強力なため諸刃の剣のような存在です.ですから「炎症を抑えるにはステロイドしかない」という最後の手段的な薬物と思われます.

こんにちは.

ステロイドとはステロイド骨格という構造を持った物質のことです.
人間が産生するホルモンの一部(全部ではありません)には,この構造を持っているものがあり,それらをステロイドホルモンとも呼んだりします.ちなみに血糖値を上げるグルカゴン,下げるインシュリンはホルモンですがステロイド骨格を持っていません.

体内で生合成されるステロイドの代表としては,コレステロール(これがホルモンの材料になります),性ホルモン(男性及び女性ホルモン),副腎皮質で産生されるホルモン...続きを読む

Qおからの「旧製法」「新製法」の違い

食品成分表の「おから」の項目をを見ていて疑問に思ったので質問します。
おから(旧製法)や、おから(新製法)という表記があり
栄養価も違うのですが、製法の違いとは何でしょうか?
スーパーで売られているものにそのような表記はなかったと記憶しています。
検索したのですが、それについての記述が見当たらなかったので質問します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「おから」は保水性が高くて絞りにくいので、水分含有が約80~83%でした、これが「旧製法」または「旧来製法」です。
現在、豆乳分離機の改良が進み、
スクリュープレス方式や回転ドラム方式を用いた方法が広く採用されており、その機械を使用すると「おから」の水分含有量が約76%となるまで絞れるようになりました。これが「新製法」と呼ばれるものです。

Qステロイド剤ってからだにどういう影響があるの?

アレルギーがひどく、フケ症です。最近症状が悪化して、かゆみがひどすぎるため病院にいきました。エクラーローションというステロイド剤らしいものを処方してもらったのですが、いろいろなサイトでみてステロイド剤はからだによくないと知りました。かゆみはこの薬のおかげで少し治まった気がしています。が、ステロイド剤についての知識が少なく少々不安です。どういうものなのか、教えていただけないでしょうか・・・。

Aベストアンサー

NHKためしてガッテンのアトピー特集で詳しく説明がありました。そちらのHPで読まれるとわかります。

息子はやはりアトピーでステロイド入りの軟膏を極わずかながら塗っていました。ここ最近はちょっと悪かったです。
それとは全く関係なくイボを切除し、縫合したのですが、1週間後の抜糸の際、再度傷口が開いてしまいました。ステロイドの副作用により皮膚の再生能力が弱くなっていたからだそうです。
患部に塗ったものが皮膚を通して、全身に回ります。アトピーの患部と傷口は直接近くなくても、このような事が起こります。
使用を止めれば、副作用も収まってきます。

怖いかも知れませんが、アトピーを治すには有効な薬なので、使い方を守ればこんなに心強いものは有りません。お医者様と良く話し合って下さい。(手術を受ける事があった際には気をつけて下さいね)

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2003q2/20030521.html

Q吟醸酒の消費期限

吟醸酒を買ってきましたが、製造年月が2004年7月でした。メーカーに問い合わせたところ日本酒には消費期限はないとの事です。飲んでも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

私も日本酒の事でメーカーに問い合わせした事があります。

賞味期限は1年間だそうですが、消費期限はないそうです。

賞味期限を過ぎるとしだいに味が落ちてきます。

しかし、飲んでも害はないそうですよ。

ちなみに私の場合は5年前のお酒で質問しました。

Qニキビ治療で ステロイド を処方されてしまった(怖)

ニキビ治療目的で皮膚科を訪れ、処方箋をもらいました。
処方箋の欄をチェックしたら、
「パルデス軟膏0.05% ステロイドホルモン剤」と書いてありました。
ステロイドという名前を聞いただけで、何か怖いイメージです。
副作用が強いとか酷いとか、使うの止めたらもっと酷くなるとか‥‥
アトピーの方の怖い体験談や噂を沢山聞きます。
それを聞くと、ステロイドって怖いというイメージがあります。

処方箋を貰っても、まだ薬局に行ってません(汗)。

でも‥‥ただの噂話?どこまで本当の話?という正確な情報が分かりません。
ステロイドについてちゃんとした知識がほしいです。

Aベストアンサー

ステロイド薬には軟膏の他に喘息を治療する吸入薬、全身のアレルギー疾患を治療する経口薬(飲み薬)などもあり、ステロイドの濃度、強さはさまざまです。
あなたの場合、ニキビによる皮膚の炎症が激しいため、すぐに確実に治療するステロイド系の軟膏を処方されたようですね。医師が処方しているのであればそう間違った選択はされてないと思いますが、炎症が治まっているようであれば使用する必要はありません。普段から洗顔を心がけ、食事も改善すればニキビはかなり軽減できます。
ステロイドを使用して皮膚炎がより悪くなる事は考えられません。使用方法を誤れば別ですが。また普段から清潔な環境を維持するようにしてください。あなたのおっしゃるアトピー性皮膚炎の怖い体験談の話、本当であればどこに掲載されているのか教えてください。
ステロイドについての誤解を解いていただくために参考URLをご一読ください。
どうしても心配であれば、もう一度医師に相談し、非ステロイド系の薬を処方いただくか、正しい薬の使い方についてきちんと説明を受けるといいでしょう。

参考URL:http://www.atopymanual.com/steroid/

ステロイド薬には軟膏の他に喘息を治療する吸入薬、全身のアレルギー疾患を治療する経口薬(飲み薬)などもあり、ステロイドの濃度、強さはさまざまです。
あなたの場合、ニキビによる皮膚の炎症が激しいため、すぐに確実に治療するステロイド系の軟膏を処方されたようですね。医師が処方しているのであればそう間違った選択はされてないと思いますが、炎症が治まっているようであれば使用する必要はありません。普段から洗顔を心がけ、食事も改善すればニキビはかなり軽減できます。
ステロイドを使用して皮膚炎...続きを読む

Qラム酒とブランデーの違い

ラム酒とブランデーの違いがいまいち良く分かりません。

Aベストアンサー

原料の違いです。

ラム酒は サトウキビから作られ
ブランディはブドウから作られます。

なお、ワインもブドウから作られますが
ブランディーとでは蒸留法が違います。

Q水溶性ステロイドの効き目及び副作用をどなたか教えてください

水溶性ステロイドの効き目及び副作用をどなたか教えてください
私はステロイドで散々酷い目にあってきたので正直怖いのです、
副作用がないと聞いたのですが本当でしょうか?
私は今脱ステロイド・脱保湿をやっています大変辛いのですが
ネットで見たhaseさんの言葉を信じてトライしてます、まだ
1月ぐらいですがもうしばらくやってみるつもりですが
色々な情報を知りたいので知識のある方はよろしくお願いします。

Aベストアンサー

病気になったら医者の治療、薬は必要ですが、
ただ、医者任せ、薬に頼るのはいかがなものでしょうか?

体を治すのは、3つ!
食事、運動、ストレスだそうです
健康を維持するにも、病気になるのも、この3つのバランスだそうです。
特に食事のバランス、内容に気を使ったほうが良いと思いますよ。
風邪薬ですら、風邪は治してません!症状を抑えてるだけで、
治しているのは自分の免疫力だそうです。
薬の使い過ぎは薬害の素だと私は思ってます。

ステロイドは、確かに効きますが、使っていくうちに、薬が効かなくなり
段々と強い薬になっていくそうです。
体内に入ったステロイドの薬害は酷くなるようです。

薬をやめる(ストレスがかかる)のではなく、治療、お薬を使用しながらも、同時に食生活の改善等で自ら免疫力を高めて、
病気を治すことをすれば、薬もいらなくなるはずですよ。(自分の体験より)

詳しくは、お医者さんの出してる本を読まれると良いと思います。
お勧めの本

三笠書房 なぜ粗食が体にいいのか
講談社  免疫革命(現代医学はなぜ病気を治せないのか) 新潟大 安保徹(アポ トオル)

参考にしてください。

病気になったら医者の治療、薬は必要ですが、
ただ、医者任せ、薬に頼るのはいかがなものでしょうか?

体を治すのは、3つ!
食事、運動、ストレスだそうです
健康を維持するにも、病気になるのも、この3つのバランスだそうです。
特に食事のバランス、内容に気を使ったほうが良いと思いますよ。
風邪薬ですら、風邪は治してません!症状を抑えてるだけで、
治しているのは自分の免疫力だそうです。
薬の使い過ぎは薬害の素だと私は思ってます。

ステロイドは、確かに効きますが、使っていくうちに、薬が効かなく...続きを読む

Q果実酒用のブランデーにあう果物は?

こんにちはー。

果実酒用のブランデーが安く売っていたので果実酒を作ってみようかと思っています。

果実酒を作るのは初めてです。

ブランデーで作れる果実酒の果物を教えてください。

出来ればブランデーにつけた果物もお菓子とかに使えると良いです^^。

Aベストアンサー

果実酒にできる果物なら何でも大丈夫ですよ。

「果実酒 作り方」とかで検索するとたくさん出ますので、そのレシピを参考にホワイトリカーをブランデーに置き換えれば大丈夫だと思います。

今の時期ならすももやレモン、夏みかんとか?
ブランデー自体は置いといても腐るものではないので、一番好きな果物が出回る時期まで置いといて、漬けてもいいんじゃないでしょうか。

私は梅酒はいつもブランデーで漬けてます。
コクと甘みがあって焼酎やホワイトリカーより好みの味に仕上がります。
ブランデーとの相性があると思いますので、ブランデーと果物を一緒に口にしたとき「合うかなー」と想像するといいかもしれません。

また、梅やすもも、ブルーベリー、プルーンなど、実をまるごと漬けるタイプなら、刻んでパウンドケーキなどに焼き込んだり、ジャムにすることが出来ますよ。
バナナやスイカなどはグズグズになるので無理かもしれないです。

あと、ドライフルーツを漬け込んで果実酒&漬け込みフルーツにする事もできます。この場合はお菓子の用途はさらに広がると思います。

参考サイトのURLを貼れたらよかったんですが、
果実酒だけだとたくさんヒットしすぎて・・・解りにくかったらすみません!

果実酒にできる果物なら何でも大丈夫ですよ。

「果実酒 作り方」とかで検索するとたくさん出ますので、そのレシピを参考にホワイトリカーをブランデーに置き換えれば大丈夫だと思います。

今の時期ならすももやレモン、夏みかんとか?
ブランデー自体は置いといても腐るものではないので、一番好きな果物が出回る時期まで置いといて、漬けてもいいんじゃないでしょうか。

私は梅酒はいつもブランデーで漬けてます。
コクと甘みがあって焼酎やホワイトリカーより好みの味に仕上がります。
ブランデー...続きを読む

Q漢方薬とステロイド

どなたか正確な知識を教えてください。わたしの息子です。
30歳の今日まで20年間ステロイド治療(皮膚炎)の後、あまりのステロイド副作用(外皮がなくなりました)のあと、民間の温泉療法を8年間続けて(効果はありませんでした)、2週間まえから漢方薬治療を始めました。もちろん外見的な効果は出ていませんが、かゆみが若干軽減したようです。長年のステロイド治療によるステロイドの副作用に苦しんできたため、上記漢方治療のわずかながらの効果が、<ステロイド混入疑惑>をうみました。漢方薬(外用塗り薬と内服薬)には、本当にステロイドは入っていないのでしょうか?。
処方された漢方は、黄柏(オウバク)、黄連(オウレン)、苦参(クジン)、黄ごん(オウゴン)、甘草(カンゾウ)、七葉一枝花(シチヨウイッシカ)、野菊(ノギク)、淮山(ワイサン)、女貞子(ジョテイシ)、薄荷(ハッカ)、などとのことです。ステロイド(副腎ホルモン)は動物性ホルモンと思いますので、植物(薬草)からは発生しないのではと素人判断ですが、自信がありません。
個人的に現物の持ち込み検査をしてくれる機関をご存知でしたら教えてください。この治療法に確信が持てたら、同じ苦しみのかたがたに教えてあげたいと思っております。重症患者にとってはほんの少しの症状の軽減が どれほどか精神的救いになるのです。
ステロイドさえ入っていなければ。

どなたか正確な知識を教えてください。わたしの息子です。
30歳の今日まで20年間ステロイド治療(皮膚炎)の後、あまりのステロイド副作用(外皮がなくなりました)のあと、民間の温泉療法を8年間続けて(効果はありませんでした)、2週間まえから漢方薬治療を始めました。もちろん外見的な効果は出ていませんが、かゆみが若干軽減したようです。長年のステロイド治療によるステロイドの副作用に苦しんできたため、上記漢方治療のわずかながらの効果が、<ステロイド混入疑惑>をうみました。漢方薬(外用...続きを読む

Aベストアンサー

■ステロイドを長期間使用すると表皮層が薄くなりますのでそれを「外皮がなくなった」と思われたのでしょう。

■さて漢方薬ですが、お書きになった成分の中にはステロイドは含まれていません。皮膚炎などの炎症にはステロイドの作用のうち「抗炎症作用」を期待して用いたわけです。漢方薬にもその「抗炎症作用」を持つ成分が含まれているものがあります。化学構造は明記されていませんがステロイドに類似した作用を持つ成分もあります。それらを含めて「ステロイド類似の成分が無い」ことを証明するのは医学的発見に匹敵しますのでこれは無理というものです。

■その漢方薬が「混ぜ物」であれば論外なのですが、お書きになった成分だけ、あるいはいわゆるメーカー品の漢方薬であればまずステロイドの混入はありません。

■けれども、漢方薬というとどうも「現代科学では解明できない作用」というのを期待して中国製品に手を出す方々が多いわけですが、少なくとも日本に輸入されている中国製の漢方薬は精製が不十分だったり成分にばらつきがあったりでやはり信用できません。正規に処方されたものを服用することがよいでしょう。

■お書きになった成分は一般的なものですので、きちんとした医療機関から処方されたものであればステロイドが加えられていることはありません。けれども、自称「漢方を知っている」薬局が勝手に処方したものだと、早い効果を出すために抗生物質やステロイドを混ぜることが実際にあるようですので、これは信用できませんし薬事法に抵触するものがあります。

■お書きになった成分はツムラやカネボウなどのメーカー品の組み合わせでも可能な調合に見えますのでそれらを医者から処方してもらうのもひとつの方法です。

■薬の成分検査は大変高額な費用と手間がかかります。一口にステロイドと言っても何十種類もありますので、一つのステロイドが陰性でも確証にはなりません。現在の漢方薬にステロイドが入っているかどうかを確かめるのではなく、現在の処方内容を「ステロイドの入っていない製品」で再現して服用するほうが現実的と考えます。

■ステロイドを長期間使用すると表皮層が薄くなりますのでそれを「外皮がなくなった」と思われたのでしょう。

■さて漢方薬ですが、お書きになった成分の中にはステロイドは含まれていません。皮膚炎などの炎症にはステロイドの作用のうち「抗炎症作用」を期待して用いたわけです。漢方薬にもその「抗炎症作用」を持つ成分が含まれているものがあります。化学構造は明記されていませんがステロイドに類似した作用を持つ成分もあります。それらを含めて「ステロイド類似の成分が無い」ことを証明するのは医学的発...続きを読む

Q煮きり酒、煮きり酒(日本酒の醸造酒)、手作りポン酢の賞味期限を大体でい

煮きり酒、煮きり酒(日本酒の醸造酒)、手作りポン酢の賞味期限を大体でいいので教えてください。

Aベストアンサー

(1)煮きり酒(「日本酒の醸造酒?」はちょっと意味がわかりません)
 煮きりはアルコールを飛ばすことですので、本来酒の持っている保存性はなくなります。できればその場作りの使いきりで、つくりおきは避けるべきものです。それでもという場合は冷蔵庫で保存すれば数日はもつと思いますが、もともと風味調味料なので、冷蔵庫内の臭いを吸着したら意味がありません。

(2)ポン酢
 やはり冷蔵庫で一週間程度を目安にしたほうがいいと思います。たとえ滅菌した容器を使っても使用中の細菌の汚染は免れません。また冷蔵庫のドアポケットは比較的温度が高いですし、ポン酢はしょうゆほどの塩分はありませんので、菌や酵母が急激に繁殖することがあります。こうなった場合、繁殖に伴うガス圧でガラス瓶が破裂、怪我をする可能性も否定できません。

 ご希望の回答にはならないかと思いますが、手作りの調味料はあまり保存が利かないことを基本にしたほうがいいと思います。市販品の賞味期限が比較的長いのは、衛生管理された施設で製造し、きちんと密封し、過熱殺菌されているからです。ブログなんかで「何ヶ月ももつ」という記事がよくありますが、食品衛生上の根拠があるものではありません。あんまり信じないほうがいいです。

(1)煮きり酒(「日本酒の醸造酒?」はちょっと意味がわかりません)
 煮きりはアルコールを飛ばすことですので、本来酒の持っている保存性はなくなります。できればその場作りの使いきりで、つくりおきは避けるべきものです。それでもという場合は冷蔵庫で保存すれば数日はもつと思いますが、もともと風味調味料なので、冷蔵庫内の臭いを吸着したら意味がありません。

(2)ポン酢
 やはり冷蔵庫で一週間程度を目安にしたほうがいいと思います。たとえ滅菌した容器を使っても使用中の細菌の汚染は免れません。ま...続きを読む


人気Q&Aランキング