下記のような条件の場合の御霊前は、いくらくらいが
よいでしょうか。

・職場の同僚の義母

 その同僚とは・・
・それほど親しくないがお世話になることは時々ある
・おつきあい2年弱

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あなたの年齢と、会社の地位、勤続年数・その土地の風習もあるので、いくらって言いにくいですが、同僚とは言え、特に飲みに行ったりする様な、仲でもないみたいですね。


それから、実母でなく義母なんですよね。
近所づきあいと同額程度かな?若年層なら2~3千円?
一番良いのは、他の同僚と相談して、同じ金額で出す事に決める!
私達は、結婚式もお葬式も、いつもそうしてます。もらったあとで金額言いふらす人いるからね。。。
ちなみに、去年の同級生(たまに会うけど友達でない関係)の義母の時は、ご主人の実家の場所、知らないので行きよーも無く、出さなかったです。
「義母でも実母と同じ扱いすると聞いた事あるよ」との意見と
「直接知らないなら、実母だけで良いんじゃない」との意見があり、ちょっと迷いましたが、日頃、強引に新聞取らされたり、ご主人へのアリバイに勝手に名前使われて、迷惑してたので“絶ってもいいや”と考えたからですが。。。
あと会社社長の初孫誕生時は、勤続5年以上=5千円、以下=2千円でしたが、目上の人のお祝い出すの、この会社が初。。。
従業員の父母は2千円、祖父母・義父母は無しでしたが、変わったトコだなーと思いました。なので出した年、祖母が亡くなりましたが、もらってないです。これも初めて。。。
入院時お見舞い=一律2千円で、小さい会社なので、聞きにきても結局、長期勤務者で「○円でいい?」と決められちゃう。“自主的じゃない時って500円~千円だよね”と高いと感じた3人で「個人的にお見舞いに行きます」と集金お断りして、千円以内に収めました。オバサマ方は総勢5~6人で楽しそうに早引きして行ってしまいました。またしても初めて。。。唖然・呆然(*_*)
私なら、同僚の義母=会社のお付き合いなら、2~3千円にすると思います。
    • good
    • 0

いくら包んで良いか難しいですよね。


参考URLのサイトには、職場、友人・知人なら3000円から5000円が相場とありました。
職場の同僚であれば、会社全体あるいは部署全体で包んだりしませんか?
職場で共同で包むと、あまり気兼ねがなくて、先方もお返しが菓子折りで済むなど困らないのではないでしょうか?

参考URL:http://www.lifeserver.co.jp/dousuru/manners/zout …
    • good
    • 0

私の職場では、


このケースでは、お包みしていません。
どうしてもされるのであれば、
3千円~5千円でしょう。

参考URL:http://www.watch.impress.co.jp/internet/seikatsu …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の神道の御霊について教えて

日本では死ぬとお墓に入りますが、大きく分類して仏教と、神道があります。

このうち神道についての質問です。

霊牌?(みたま)と言うものを作ります。

普通の男子であれば「大人命之霊」という字が名前の下に付きます。

名前の下に「神霊」

名前の下に「刀自」

名前の下に「命霊」

という字が書かれた霊牌(みたま)があります。

どういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去の似たような質問への回答を再編集したものですが、尊称についてのみ回答します。

 大人(うし)は領有・支配する人のこと。そこから転じて男性の尊称、または先人に対する尊称。
 刀自(とじ)は、戸口を支配する者。そこから転じて主婦、さらには女性への尊称。
 命・尊(みこと)は、ミは接頭語、コトは言葉・行為。「おんことば」、「おんおこない」の意味から転じて、それを行う神や天皇を指し、さらに転じて天皇や神に対する尊称。

 ですからこれらは本来は生死に関わらず用いられた、日本古来の尊称です。

参考『古語辞典』(岩波書店)

Q御霊供膳はいつまでですか?

夫が亡くなって3週間が経ちました。
御霊供膳は49日まで出し続けたほうがいいのでしょうか?

ちなみに仏壇は来週家に届きます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

49日法要まで、かな。納骨が七七日忌法要に行う物として、そこまで。2週間ほど前に取り越し法要として納骨すればその後は気持ちで、やりたかったら今年いっぱいやっても良いし。
来週に仏壇が届くそうですが、届いただけではただの箱ですので、お寺様に前もって連絡して、七七日忌法要の時に合わせて開眼供養をしてもらいましょう。それから仏壇としてお位牌などを納めましょう。

墓地が無くて、墓が無いなら、納骨は後日、墓が準備出来たらで構いません。
49日法要で仏壇の開眼供養をしていただいて、お位牌などを納めて、おまいりしましょう。

Qヤッスクニクニのお祭りは、なぜ7月なのですか!?

靖国神社では、7月に「みたま祭り」なるお祭りをするそうです。なぜ8月にやらないのでしょうか!?旧暦にしても、7月にはミタマは帰って来ないと思いますが!?

ミタマが怖いのでしょうか!?

Aベストアンサー

神社に祀られている「神様」という概念は神無月を除いて基本的には神殿に居られますよ。
八月のお盆は「仏様」をお迎えする行事です。
神仏混合には気をつけて。  

Q御霊前と御仏前を一緒に渡す?至急お願いします。

先日夫の祖父が亡くなりました。
 明日、お通夜なのですが、お香典をいくら包めばよいかと義母に尋ねた所、「御霊前で一万円、七日の払い用に御仏前で一万円で良い」といわれました。
 葬儀の時に七日の払いも一緒に行うようですが、そのような時にはお香典を別に包むのが一般常識なのでしょうか?結婚してまだ半年足らずで、よくわからないのですが、主人が28歳私が22歳の若夫婦(?)で私は働いておらず、我が家の経済状態もあまりよくないのにはっきり言ってかなり痛い出費です。
 それに、私は実母から亡くなった方は四十九日を過ぎるまでは霊で四十九日を過ぎると仏様になるからそれまでは、お通夜の時も葬儀の時もお香典は、「御霊前」で包むものと教えられたのですが、違うのですか?
 一般的な金額と表書きはどのようにすれば良いのでしょうか?
 それとも義母の言うように二種類用意した方が良いのでしょうか?
 アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は東京在住ですが、告別式のあと 出棺して 斎場(焼き場)へ行き お骨になったあと 初七日(しょなのか)の法要をするパターンが 多いですね。今は忙しい人、遠方の人 色々あるので 一緒の日に 行う事が多いです。
通夜、告別式から 四十九日前までは ご霊前。
四十九日の法要、忌明けからは ご仏前。となります。
(でも最近は 三十五日で忌明けをするのも多いらしい)

おじいさまが亡くなって、初七日の法要にも出席するのでしたら やはり 初七日も出した方がいいと思います。
目的も違うのですから 通夜の香典とは 絶対別にした方がいいと思いますよ。
うちの場合は ご霊前っと書かれてる表書きの斜め上に 初七日と書き 区別します。

でも 地域や宗派が違うと さまざまですから お義母さまとあわせるのが いいとは思いますが 不安でしたら 香典袋を 両方用意しておくのも いいかもしれません。
(もしかしたら お骨になると 仏前と思う人もいます)

下のサイトは 地域や宗派別に 色々のってます。
参考にしてみてください。

http://www.taka.co.jp/link.htm
宗派辞典 http://www.miyagawa.com/syuha/index.html

参考URL:http://www.sousai.com/hp/library/index.htm

私は東京在住ですが、告別式のあと 出棺して 斎場(焼き場)へ行き お骨になったあと 初七日(しょなのか)の法要をするパターンが 多いですね。今は忙しい人、遠方の人 色々あるので 一緒の日に 行う事が多いです。
通夜、告別式から 四十九日前までは ご霊前。
四十九日の法要、忌明けからは ご仏前。となります。
(でも最近は 三十五日で忌明けをするのも多いらしい)

おじいさまが亡くなって、初七日の法要にも出席するのでしたら やはり 初七日も出した方がいいと思います。
目的も違...続きを読む

Q御霊前。御仏前について

通夜と葬儀行くこととなりました。
お姑さんに通夜に御霊前、
葬儀に御仏前を持って来てねと言われました。
ー・・・が、ネットで調べるとどちらかに出すとか書いてありました。
御霊前と御仏前両方出すものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>お姑さんに通夜に御霊前、
>葬儀に御仏前を持って来てねと言われました。

御霊前は、49日の法要が終わる前までです。

御仏前は、49日の法要が終わってから使います。

人が亡くなると、49日法要が終わるまでは「成仏してない御霊」の状態です。

49日を過ぎると(地獄で7回目の裁判を受けて、天国行きが決まると)、そこで初めて「成仏」して「御霊」から「御仏」に変わります。

因みに、地獄での裁判は、亡くなったあとの初七日で1回目、14日目で2回目、21日目で3回目、28日目で4回目と言う感じで7回目まで裁判が行われ、7回目(四十九日、しじゅうくにち)で天国行きが決まると、晴れて「成仏」と言う事になります。

なので、49日に「天国行きの沙汰が出ますように」と、法要を行うのです。

なお、8回目、9回目、10回目の裁判もあって、これは、現世での「再審」に相当します。

遺族がきちんと供養し、お墓にお供えをすると、地獄にお供え物が届いて、7回目の裁判で地獄行きになっても再審が行われて、8回目以降で天国行きになることもある、と言われています(「地獄の沙汰も金次第」と言う諺は、ここから来ています)

そういう訳で、旦那さんを通して、お姑さんに「御仏前は49日法要の後からだ。葬儀に御仏前って書いたの出したら恥をかくぞ」って教えてあげて下さい(貴方が直接言うと、色々と摩擦が起きるので、旦那さんに言ってもらいましょう)

あと、通夜と本葬でお香典を両方出す、片方だけで済ますのは、お住まいの地域の習慣があるので、それに合わせましょう。

「御仏前は49日法要や一周忌など亡くなった人が成仏したあと、御霊前は通夜や本葬など亡くなった人が成仏する前に使う」のだけ覚えておきましょう。

>お姑さんに通夜に御霊前、
>葬儀に御仏前を持って来てねと言われました。

御霊前は、49日の法要が終わる前までです。

御仏前は、49日の法要が終わってから使います。

人が亡くなると、49日法要が終わるまでは「成仏してない御霊」の状態です。

49日を過ぎると(地獄で7回目の裁判を受けて、天国行きが決まると)、そこで初めて「成仏」して「御霊」から「御仏」に変わります。

因みに、地獄での裁判は、亡くなったあとの初七日で1回目、14日目で2回目、21日目で3回目、28日目で4回目と...続きを読む

Q御霊前の金額

構成図がややこしくてすみません。

私の父の妹が嫁いだ先の方(私の父の妹から見て義父)が亡くなり、私の母方の祖母(私の母から見て母)が御霊前を出そうと言っていたのですが…

祖母は故人や父の妹との接点はほとんどなく、もしかすると会った事もあるかないかギリギリなので、付き合いと言うことで5000円にしようと祖母は言っているのですが、その旨を父に伝えたらいきなり怒り始めました。

私は御霊前は気持ちだと思っているので、5000円でも問題はないかと思うのですが…


5000円は少ないのでしょうか。

Aベストアンサー

地域性と付き合いによって違うので何とも言えませんが、お母様と義妹さん(おばさんですよね)がとてもよくお付き合いされているのであれば、出すと思いますけど、もしかしたら出さない場合もあるかと思います。

付き合いで5000円なら立派だと思いますよ。

かなり回った関係ですものね・・・。

こちらが出すと、あちらも出すので、双方負担にならないような配慮も必要ですから十分かと思いますが。

Q御霊前と御仏前の違いを、教えて下さい。

御霊前と御仏前の違いを、教えて下さい。

Aベストアンサー

皆様は「御霊前」と「御仏前」の違いは何かをご存知ですか?
よく法要事の袋の表書きを書く時などにどちらを書けば問題ないのか?と悩まれることかとは思いますが、これは仏教においての一つの考え方が現れており、また同じ仏教であっても考え方の違いにより使用されないこともあります。
ではその違いを詳しく見てみましょう。

まず御霊前というのはどういう意味かというと、仏教の教えでは、人の死後~四十九日までの間は、「霊」として考えられており、霊である魂をこの世で静め、仏になる準備をされていると考えられています。
ですから霊を信じる宗派の場合は、四十九日までの間は、御霊前と考えるのが一般的です。

そして御仏前は、四十九日を過ぎ、霊である旅を終えられ、仏様となった時からこの御仏前という言葉を用いられるようになります。
ですから、四十九日や一周忌など、それ以降の法要は全てこの御仏前が使用されます。

しかし同じ仏教の教えであっても、霊の存在がないと考えている宗派があります。
それらは、浄土真宗、日蓮正宗でこれらの宗派の考えでは霊などなく、その存在を認めておらず、人はすぐ亡くなれば仏様となるとされているので、これらの宗派では通夜や告別式など、四十九日前であっても御仏前を使用します。

お葬式の場で、仏様にお供えする言葉として、一番差し支えない言葉は、「お香典」「お香資」が宗派を問わず使用出来る言葉です。
普段使用する言葉ではありませんし、それぞれの宗派の考えを深く理解していなければ、なかなか難しい言葉ではありますが、少しでも知識として頭に入れておけば、恥をかくことはありませんし、相手様に対しても失礼のない対応が出来ると思います。

大切なのは分からない言葉を分からないままにしておかないことです。
葬儀は毎回あってはならないものかもしれませんが、その機会には色々調べてみると日本人として勉強になりますよ。

皆様は「御霊前」と「御仏前」の違いは何かをご存知ですか?
よく法要事の袋の表書きを書く時などにどちらを書けば問題ないのか?と悩まれることかとは思いますが、これは仏教においての一つの考え方が現れており、また同じ仏教であっても考え方の違いにより使用されないこともあります。
ではその違いを詳しく見てみましょう。

まず御霊前というのはどういう意味かというと、仏教の教えでは、人の死後~四十九日までの間は、「霊」として考えられており、霊である魂をこの世で静め、仏になる準備をされていると...続きを読む

Q35日法要の御霊前

今度主人の亡くなった祖母の35日の法要があります。
喪主は主人の父で主人は次男で同居はしておりません。
夫婦で出席しますが、自宅でお経の後場所を変えて食事が用意してあります。もちろん引き出物もあります。
このような場合はいくら包めばよいのでしょうか。

Aベストアンサー

既に多くの回答が付いていますが、「御霊前」か「御仏前」かの論争に一石を投じさせてください。
仏教では一般に、忌明けまでは「御霊前」で、忌明け以降が「御仏前」となります。忌明けとは四十九日のことです。女性は三十五日を忌明けとする地方もあります。

ただ、日本でもっとも檀家数の多いと言われる浄土真宗では、人は死とともに成仏するという考え方から、「御霊前」はあり得ません。通夜の段階からもう「御仏前」なのです。通夜・葬儀は「香典」でもかまいませんが、初七日以降は「御仏前」です。

ついでに言っておきますと、
>喪主は主人の父で…
喪主は葬儀が終わればお役ご免、法事を取り仕切る人は「施主」と言います。

さて本題ですが、冠婚葬祭で迷ったら 1万円と決めておくことです。
招待された結婚式と、ごく近い人の香典を除いて、あとは何があっても 1万円を包むのです。呼ばれていない結婚式、出産、病気や火事見舞い、新築、ちょっと遠い香典、法事その他いろいろな冠婚葬祭がありますが、迷ったら 1万円を基本とし、あとは状況に応じて加減します。

ということで「御仏前」の実質 1万円に夫婦二人分の会食と引出物の実費 1万円を加えて合計 2万円を包めば、よいでしょう。
あと「お供え」と書いて、個包装された菓子箱などを併せて持って行けば、故人の孫としては申し分ありません。

既に多くの回答が付いていますが、「御霊前」か「御仏前」かの論争に一石を投じさせてください。
仏教では一般に、忌明けまでは「御霊前」で、忌明け以降が「御仏前」となります。忌明けとは四十九日のことです。女性は三十五日を忌明けとする地方もあります。

ただ、日本でもっとも檀家数の多いと言われる浄土真宗では、人は死とともに成仏するという考え方から、「御霊前」はあり得ません。通夜の段階からもう「御仏前」なのです。通夜・葬儀は「香典」でもかまいませんが、初七日以降は「御仏前」です。

...続きを読む

Q御霊に詣でる

今日小説を読んでいて出てきた言葉、『御霊に詣でる』の意味をお教え願えますでしょうか?

Aベストアンサー

「御霊に詣でる」は、「ごりょうにもうでる」と読み、「貴人や功績のあった人を祭る社にお参りする」を意味します。以下のURLを参考にしてみてください。


  http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%BE%A1%E9%9C%8A&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=07712106887300

「御霊」は「みたま」とも読みますが、それが表わすものでは「詣でる」にそぐいませんので、「ごりょう」と読むのが妥当だと思います。以下のURLを参考にしてみてください。

  http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%BE&stype=1&dtype=0

Q御霊前の金額の記載について

御霊前の金額の記載について

マナーとして漢数字を用いるということは存じてますが
何故、英数字はNGなのでしょうか?
直近でお葬式の受付係をしましたが、意外に
英数字記載の方も多かったイメージがあります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

英数字がNGと言うより、縦書きで漢数字しか使っていなかった昔からの歴史で、横書きの英数字を使う習慣がない時代の作法として残っているだけでしよう。

確かに、冠婚葬祭は昔の名残のまま受け継がれており、昔のしきたりに沿うことがマナーとも言えますが、しきたりやマナーが時代ととみに変わって行くのは有っても良いことです。
事実、日本の作法やしきたりにうるさい評論家が、昔ながらの作法に対して「マナー」と言う言葉を使っている時点で大きな間違いと言えます。

さらに、キリスト式の教会で行う洋式の結婚式で有れば、昔ながらの日本的金封でのしきたりをとやかく言う方がおかしいこととなります。
ましてや、昔の身内やご近所だけが列席する葬儀とは違って、仕事関係などで大勢の参列者を迎える受付では、金額を外包みの裏に算用数字でわかりやすく表記することはある意味親切なこととも言えます。
言い換えれば、5千円程度の金額の場合、中包に縦書きにまですることの方が、むしろ受付では面倒をかけることとなり、それをマナー違反と言う者が有れば時代遅れの人とも言われそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報