『アルゴリズムの論理学』という本を勉強している学生なんですがどうしても分からないところがありまして教えて下さい。

以下の文を述語理論の範囲で記号化し、かつその妥当性を考えよう
1.人間は理性的であるが、感情的でもある。人間のなかには社会的ではないものがいる。従って、理性的なもののうちにも社会的ではないものがいることになる。
2.すべて人間は完全ではない。道徳的な人も人間である。従って、すべての道徳的な人が完全であるとはいえない。
3.被相続人の財産は相続人がいないとき、かつそのときに限り、国庫に帰属することになっている。ところで、被相続人のこは法的には相続人であると認められる。従って、被相続人の財産で国庫に帰属されるものがあった場合には、その財産の被相続人には子がいないはずだ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大抵の方は、自然言語から記号への変換でひっかかるので、そうかな、とおもったんですが.....



> どうしても分からないところ

ってどういう点だが、具体的に補足していただけませんでしょうか。
    • good
    • 0

これはアルゴリズムじゃなくて、述語理論じゃなくて、「述語論理」ですね。


推論はご自分でやれますか?(勉強にならないです。)

⊃は⇒、≡は⇔、¬は~とも書かれます。
1.人間は理性的であるが、感情的でもある。人間のなかには社会的ではないものがいる。従って、理性的なもののうちにも社会的ではないものがいることになる。
xが人間: H(x), xが理性的: R(x)、xが感情的: K(x)、xが社会的: S(x)
∀x (H(x) ⊃ (R(x) ∧ K(x)))
∃x (H(x)∧¬S(x))
故に、∃x (R(x)∧¬S(x))
2.すべて人間は完全ではない。道徳的な人も人間である。従って、すべての道徳的な人が完全であるとはいえない。
xが完全: C(x), xが道徳的な人: D(x)
∀x(H(x) ⊃ ¬C(x))
∀x(D(x)⊃H(x))
故に、¬(∀x(D(x)⊃C(x)))
3.被相続人の財産は相続人がいないとき、かつそのときに限り、国庫に帰属することになっている。ところで、被相続人のこは法的には相続人であると認められる。従って、被相続人の財産で国庫に帰属されるものがあった場合には、その財産の被相続人には子がいないはずだ。
xは被相続人でyはその相続人:Z(x,y)、yはxの子: F(x,y), 被相続人xの財産が国庫に帰属されるB(x)
∀x (B(x)≡¬∃y(Z(x,y)))
∀x∀y (F(x,y)⊃Z(x,y))
故に∀x(B(x)⊃¬∃yF(x,y))
どのあたり、わからないのか補足してください。

この回答への補足

質問に対して応じて下さったことに感謝します。
わたしが望んだ答えではありませんでしたが参考にはなりましたんで、ありがとうございました。

補足日時:2001/01/12 12:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【人間・理性】人間の理性って何ですか?理性って何ですか?

【人間・理性】人間の理性って何ですか?

理性って何ですか?

Aベストアンサー

色々な意味が定義されていますが、基本的には、
1 道理によって物事を判断する心の働き。論理的、概念的に思考する能力。
2 善悪・真偽などを正当に判断し、道徳や義務の意識を自分に与える能力。
などです。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/231038/m1u/%E7%90%86%E6%80%A7/
大雑把に言うと、『正しいことを考える能力』といったところではないかと思います。
理性は、生まれた後のしつけ、教育などによって育まれます。
対義語は「本能」で、これは、動物として生まれながらに持っている能力。
本能+理性=人間
という図式が成り立つでしょう。
動物の場合は、高等な類人猿などを除いて、基本的に本能のみで行動する。

Qモラルハザードは道徳的危険?倫理の欠如?

モラルハザードという言葉をよく聞くようになったのは10年位前からでしょうか。実はこの言葉の日本語訳について、ずっと気になっていました。

以前は、保険や経済学の専門用語として、「道徳的危険」と訳されていました。
もちろん、モラルハザードの概念には、意図的な不正により生じる危険が含まれますので、その限りでは的確な訳なのでしょう。しかし、それだけではなく、単なる不注意による危険もモラルハザードですから、もっと適切な訳があるはずだと思っていました。
英和辞典には、moralの訳に「精神的な」というのが載っているのですが、「精神的危険」ではいかがでしょうか。(「physical hazard」は「物的危険」と訳されていますので、こうすれば、訳語だけを見ても、これらが対になることが一目瞭然です。)

次に、モラルハザードの訳で最近よく使われている「倫理の欠如」についてです。
これでは原語と訳語の間に全く対応がありませんし、意味も全く異なると思います。
つい、「誤訳だ!」と言ってしまいたくなるのですが、高名な先生方も使用されていますし、この訳が広まった背景には、何らかの正当性があったのでしょうか。
それとも、私の理解が的外れなのでこのような疑問が生じるのでしょうか。

以上の2点について御教示をお願いします。

蛇足ですが、モラルハザードを「モラールハザード」と書いている人がいました。
士気が低下するために生じる危険、と解釈されたのでしょう。

モラルハザードという言葉をよく聞くようになったのは10年位前からでしょうか。実はこの言葉の日本語訳について、ずっと気になっていました。

以前は、保険や経済学の専門用語として、「道徳的危険」と訳されていました。
もちろん、モラルハザードの概念には、意図的な不正により生じる危険が含まれますので、その限りでは的確な訳なのでしょう。しかし、それだけではなく、単なる不注意による危険もモラルハザードですから、もっと適切な訳があるはずだと思っていました。
英和辞典には、moralの訳に「精...続きを読む

Aベストアンサー

すでにご存知のことと思いますが、morale hazard という言葉も「モラルハザード」と表現されることが多いので、ますます訳が分かりませんね。
私事ですが、昔(バブル以前)この専門用語としての「モラルハザード」というのは、ほとんどの場合このmorale hazardのことだったように記憶しているのですが・・・

以上、さらに蛇足を加えるような回答ですみません。

参考URL:http://www.oita-nhs.ac.jp/~risk_term/b-insur.html

Q【将来的に人間の仕事の多くはロボットに奪われて多くの人は失業し、人間は高度な専門職だけの仕事が残ると

【将来的に人間の仕事の多くはロボットに奪われて多くの人は失業し、人間は高度な専門職だけの仕事が残ると言われているが】

現在の流れから見ると、

多くの仕事がロボットに奪われて、残る仕事はロボットを導入するより単価が安い単純労働だけが人間の仕事になると思っています。

高度な仕事ほどロボットが奪っていき、単純労働ほどロボットを導入するより人間を使った方が安上がりになる。

さらに文明が発展するとやっとここにきて単純労働もロボットに職を奪われる。

だから、ロボットに仕事を奪われるのは単純労働者より先に高度な専門職の方だと思う。

というか高度な部分だけロボットに奪われて、最後に単純労働だけが残るって話です。

将来的に医者は要らなくなって、最後には単純労働の注射を打つだけの人が生き残るみたいな感じになると思う。

Aベストアンサー

すべてのことをロボットが人に代わって行うならば、人間のすることはないので、人は働くこともしないですんでしまうので、自由な時間に自由な事をして遊んで暮らせます。

Q帰属上の一身専属権と行使上の一身専属権の違い

民法の遺留分減殺請求権の代位行使の判例を読んでいて一身専属権は、帰属上の一身専属権と行使上の一身専属権に大別されるが・・・とあります。どなたか、わかりやすい事例で違いを、ご教授いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

 一般に一身専属権と言えば行使上の一身専属権を指します。行使するかどうかもっぱら本人の意思に係る権利で、例えば、債権者代位権の目的になりません。
 帰属上の一身専属権とは、親族法上、被相続人に帰属し相続の対象とならない権利です。信頼関係を基礎とする契約に多く現れます。例えば委任契約は本人の死亡により終了し、債権債務関係は相続されません。

Qマーケティングの多角化戦略について質問です。 垂直的多角化、水平的多角化、集中的多角化、異質的多角

マーケティングの多角化戦略について質問です。

垂直的多角化、水平的多角化、集中的多角化、異質的多角化(集約的?)の違いや例を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

垂直的多角化は、エンドユーザー自体は変わらない状況で、製品供給に関わる別の工程にも展開させる。
これによって商品の安定供給を行える。
反面で、これまでの市場から拡大するわけじゃないから、そこが課題かな。
例えばファミレスのチェーン展開を行っている会社が、より上流にある食品加工業にも進出とか。
この例の場合は、川上に向かって統合するから、後方垂直統合っていう。
逆のパターンは前方垂直統合っていう。

水平的多角化は、持っている技術やノウハウを活かして既存顧客を対象に新製品を展開させる。
一般的に多角化戦略って言うとこの水平的多角化を指す場合が多いかな。
例えばホンダみたいな感じ。
他にはテレビ造ってたとこがビデオデッキも造りますよとか。

集中的多角化は、今扱っている製品技術や顧客に関連性を持たせて、いろんな製品をより多くの新規市場に展開させること。
これまで培ってきた製品、販売チャネル、技術などの経営資源を集中投下させるから、リスクがすごい少ない。
ホンダとかがそうかな?
バイク造ってたけど、エンジンとかのノウハウを活かして自動車も売り出しますよとか。

異質的多角化ってたぶん、集成的多角化のことを指しているんだと思う。
集成的多角化は、既存製品やサービスなどと全く関係ない分野に新規展開させること。
全くノウハウが無い分野に進出するから、すごく高いリスクなんだけど、反面成功したらその効果はとっても大きい。
リスクという側面で考えると、既存の分野だけではその分野が衰退した場合に困っちゃうけど、集成的多角化によって関係ない他の分野に進出しておけば、大きな長い目で見た場合にはリスク分散になる。
いかにもな多角化って感じだよね。
例えば、家電メーカーが外食に手を出すとか。

これがそれぞれの多角化戦略の違い。
ここから下は補足だから、興味無ければ無視してかまわない。

そして多角化戦略を学ぶ上では、「シナジー」って言葉が大事になる。
相乗効果って感じだね。
販売シナジー(ブランドや流通などを共通利用できる相乗効果)、生産シナジー(人的資源、原材料などを共通でつかえたりする相乗効果)、管理シナジー(培ってきた管理機能を新しい分野でも活かせる相乗効果)、投資シナジー(設備投資や研究投資などで類似しているものであれば投資額が少なくて済むなどの相乗効果)。
それぞれの多角化戦略で、これらのシナジー効果を見込んだうえで効率的に事業展開と拡大を図っていくわけやね。

垂直的多角化は、エンドユーザー自体は変わらない状況で、製品供給に関わる別の工程にも展開させる。
これによって商品の安定供給を行える。
反面で、これまでの市場から拡大するわけじゃないから、そこが課題かな。
例えばファミレスのチェーン展開を行っている会社が、より上流にある食品加工業にも進出とか。
この例の場合は、川上に向かって統合するから、後方垂直統合っていう。
逆のパターンは前方垂直統合っていう。

水平的多角化は、持っている技術やノウハウを活かして既存顧客を対象に新製品を展開させ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報