神社参拝の際に初穂料として現金で5万円払い神納証を
受け取りました。
勘定科目と税区分はどう処理すれば良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

勘定科目:寄付金


税区分 :不課税仕入

になろうかと思われます。

以前初穂料・節分などの神社への奉納の代金を処理するときに『雑費』勘定で処理していましたが、税務調査で寄付金とされたことがあります。

金額が小さければ、雑費としてもいいですが(処理は間違いですが、寄付金の損金不算入額を超過しないと言う意味で)大きいと目立つので、基本的には寄付金として処理すべきかと思われます。
    • good
    • 3

寄付金で処理するか、別途勘定科目を作成し処理するかになるかと思います。

申告書上寄付金の取扱いすれば、どのような勘定科目でも問題にはなりません。

寄付金の取り扱い(特定寄付金など)も相手と内容によって異なります。管轄税務署で確認されたほうが良いと思います。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勘定科目の科目と区分との関係

勘定科目で科目と区分との関係を知ってないとダメと言われましたが、何故なんでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

経理処理に原則の一つに、継続性の原則があります。一度決めたなら引き続き同じ方法で処理する必要があります。経理処理する人毎に違う科目で処理していたら、他の人が見たとき判断を狂わせる結果となります。その意味でいわれたと考えます。

Q「現金及び現金同等物」にはどのような勘定科目が含まれるのでしょうか?

「現金及び現金同等物」にはどのような勘定科目が含まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

「現金及び現金同等物」にどのような勘定科目を含めるかは、原則として各企業に任されています。しかし、一般的には次のように取り扱っているようです。


【現金】:
現金(外貨含む)、小口現金、普通預金、当座預金


【現金同等物】:
通知預金、三月以内に満期が到来する定期預金及び定期積金

Q法人で神社に祈祷した料金の勘定科目

法人で神社に商売繁盛の祈願をしました。
祈祷料として10,000円を払い、法人宛の守札等貰ったわけですが、
この費用は雑費で損金に計上しても構わないのでしょうか?

Aベストアンサー

神社への支払が1万円程度の金額ならば、税務署も「寄附金だ」などと硬いことは言わないでしょう。損金に算入して構いません。科目は「雑費」でいいです。

Qビジネスカード支払の場合勘定科目は「現金」で大丈夫でしょうか

お世話になります。
小さな会社を経営しているのですが、ビジネスカードで決済した分の勘定科目は「現金」で大丈夫でようか。
会計ソフトでは「現金」と「その他の預金」位しか選べませんので…。
また、「仕訳帳」「総勘定元帳のみつけているのですが、現金出納帳なども必要でしょうか。
どなたかアドバイスをください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

実際に現金が出たわけではないので「現金」では駄目です。
現金の現在残額が合わなくなりますよね。
クレジットカードの場合は後日預金口座から引き落としされるでしょうから
まずは
○○○(購入したものの勘定科目)/ 未払金 で処理して、
引き落としされた時に
未払金 / 預金  とするのが普通です。

その名の通り、まだ「未払い」なのですし。

あと、現金出納帳は必要です。
会計ソフトをお使いなら、毎日現金の入出金をきちんと入力し、
一日の終わりに日報を出力、ファイルしておくような方法でもいいと思います。
私の会社では、日報を出力し、その日報のウラ面に領収書を貼り付けて保管していますよ。

Q神社への奉納金の勘定科目は?

町内会にある稲荷神社で初午祭がありました。
ウチの会社でも例年どおり奉納金として2万円を包み、商売繁盛を祈願しました。

この2万円、以前は接待交際費として処理していましたが、
寺社仏閣への奉納金などは寄付金に当たるのではないか? という者がいます。
また、寄付金や接待費でもないので、雑費だという者もいます。

ちょっと混乱してしまったので、詳しい方に判りやすく説明して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

なお、この神社は普段は宮司さん神主さんなどは居らず、町内会で維持管理をしております。
初午などの行事の際には神職の方に来ていただき、式を執り行ってもらっています。

Aベストアンサー

通常の町内会費の範囲内であれば雑費でもかまいませんが、夏祭り費用などは寄付金として取り扱うことになっていますのでこの場合は寄付金として処理することになります。

詳しくは、参考URLのタックスアンサーをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/5262.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報