遺伝子治療でベクターと呼ばれるウィルスを用いて治療を行う方法があるそうですが、具体的にどのような仕組みで治療されるのか教えてください。又、実際にどのような病気に使用されていて、効果はどのくらいなのかも知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 正しくは、ウィルスをもとに作成したベクターです。


 感染力の強いアデノウィルスが一般的です。(エイズウィルスも使われています。)
 ベクターとは、簡単に言って運び屋さんです。
 ベクターを用いる遺伝子治療には様々な方法がありますが、癌に対する免疫力を高める因子や、抗癌作用を持つ物質を直接運ばせたり、あるいは自殺遺伝子と呼ばれるものを取り込ませた上で、細胞の自殺を誘導する薬剤をその後に投与する方法が日本でも試みられています。
 目的の場所(病巣部)へ効率的にベクターを取り込ませる手技、ベクターの毒性など、問題も多々ありますが、癌の種類によっては、効果的だったとの報告も見られてきました。

 免疫治療と呼ばれていた領域にとっても、遺伝子操作は必須のもので、免疫遺伝子治療と呼ぶべき治療法が、今後、進展していくと思われます。
    • good
    • 0

癌の治療で使われてます。


詳しくは下のサイトで。

参考URL:http://www.dnavec.co.jp/HOME/home.html
    • good
    • 0

 遺伝病とは、先天的な遺伝子の異常によって特定のたんぱく質を生成できない(あるいは変異した物を生成してしまう)ことにより、さまざまな疾患を発祥する病気です。


 DNAには、異常のある細胞を自殺させる遺伝子や、修復する遺伝子もあるわけですが、運悪く、その「自殺あるいは修復」のための遺伝子が狂った場合、想定された正しい動きをすることができません。

 ならば、逆に考えれば正しいたんぱく質、あるいは正しい修復細胞を外部から供給してやればいいわけです。

 というようなことをこないだNHKで言ってました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺伝子治療の長所と短所

遺伝子治療について詳しく知らないのですが、興味があるので質問させて頂きます。

長所
将来自分がかかる病気が、前もって分かる。

短所
将来病気にかかると知ってしまうため、不安を感じながら生きていかなければならない。

私が思いつくのはこれしかありません^^;
その他の長所・短所がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

ご質問は、遺伝子治療と遺伝子診断を混同されているようですが、
お聞きになりたいのは遺伝子診断の方でよろしいのでしょうか?

遺伝子診断は、罹患するリスクを事前に知ることで予防措置を
取ったり、治療を行うことが可能になります。

> 将来病気にかかると知ってしまうため、不安を感じながら
> 生きていかなければならない。

疾患にもよりますが、ある遺伝子の型を持っているからといって、
将来100%その疾患にかかるといった診断になることは
珍しいと思います。

問題点としては、保険に入りにくくなったり、結婚や就職で
差別を受けたり、躊躇してしまう可能性などがあげられる
と思います。

参考URLのページと、そこからメニューでたどれるページが
詳しいようですので、詳細についてはこのようなサイトや
書籍をお読みになるのが適切かと思います。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/shikoku/genetic/web/book/page00.html

Q遺伝子治療

遺伝子治療は現在すでに行われているそうですが
それは体細胞遺伝子治療だけなのでしょうか?
生殖細胞遺伝子治療の場合修正遺伝子は子孫にも継承されてしまうそうですが
個人的には人類を人工的に操作してしまうことになりかねないので一個体に限定すべきだと思うのですが・・・
ちなみに素人なので体細胞と生殖細胞そのものがよくわからないのですがよろしかったらご指導ください

Aベストアンサー

なんかご質問らしきことが書いてあるのでまた出て来ました。m(__)m

>治療した細胞からなんか生まれてくるんですか
>しかもそれは人間の体に存在しない生物が現れるということですか

極端な話、そういうことです。生殖細胞に遺伝子治療したとすると、(又は受精卵にやったとしても同じですが)その細胞から、子どもができるわけですよね。もともと一個の細胞ですから、その子どもの体の細胞は全て治療の影響を受けています。治療した遺伝子だけがちゃんと発現すればそれでもとの病気が治るだけなのですが、でたらめに入った為に、元あった他の遺伝子を割って入ってたりすると、こんどはその壊された遺伝子欠乏となります。また、運び屋(ベクター)の遺伝子は発現しちゃこまるわけです。どんな悪さをするか判らないですからね。もし、これが体の形に影響を与えたとすれば、外見に影響がでるでしょうし、特定の組織に害をなす性質があれば、胎児を形成する時に、その部分だけない子どもが出来ちゃうかもしれません。逆に特定の組織だけ促進するような性質なら、その部分だけ巨大化するかもしれません。また、成長速度に影響を与えれば、あっというまに大人になっちゃうかもしれないですし、寿命が短いかもしれない・・・

こういう数知れない影響があるかもしれないということです。

>また人間と似ても似つかないって言うのはどういう意味ですか?

体の構造に影響が出る作用があれば、例えば手の数が多すぎたり・・・極端な話、人間としての構造にならずに、ただの細胞の固まりになっちゃったりするかもしれないです。早い話あらゆる可能性が考えられちゃうのでひとことでいうのは無理ですね。

多少は参考になりましたでしょうか?

なんかご質問らしきことが書いてあるのでまた出て来ました。m(__)m

>治療した細胞からなんか生まれてくるんですか
>しかもそれは人間の体に存在しない生物が現れるということですか

極端な話、そういうことです。生殖細胞に遺伝子治療したとすると、(又は受精卵にやったとしても同じですが)その細胞から、子どもができるわけですよね。もともと一個の細胞ですから、その子どもの体の細胞は全て治療の影響を受けています。治療した遺伝子だけがちゃんと発現すればそれでもとの病気が治るだけなのです...続きを読む

Q体細胞遺伝子治療

1、体細胞遺伝子治療は、医者に行けばしてもらえますか?研究者にしてもらえるのですか?

2、癌や他の病気の治療で、欠けたりなくなってしまったDNAをどんなものか調べ、取り戻させる方法はありますか?
どのようにするのですか?
3、万能細胞の技術で脳などの臓器を作り、移植する方法の前例、今の段階、倫理的な問題が無ければ、現段階でもできるのですか?

詳しい方、教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) 自分の病気にあわせていつでもというのは無理です。承認がおりた研究のサンプルとして自身を提供する事が出来るだけです。情報はかかりつけのお医者さんに聞くしかないでしょうが、そのような情報に長けたお医者さんは非常にまれと思います。

2) 不可能ではないですが、全てのDNAを調べるのは莫大なコストがかかります。すうせんまん~すうおくでしょうか。もっとかもしれません。調べる対象がわかっていて、一部のDNAで済むのであれば非常に簡単にできます。取り戻すのは現状であれば安全なウイルスを用いるのがもっとも一般的です。

3) 体外で臓器を作るのははまだむりです。現状は網膜らしき固まりが出来たと言うだけで大騒ぎなレベルです。細胞レベルであれば実際に行われた例はあると思いますが、ガンになっているかもしれません。クローン人間なら技術的には出来ると思います。それもある意味臓器の作成と言えるのかもしれません。移植したら殺人罪でしょうが。。。

Qなぜパーキンソン病の治療にdopaが用いられるのですか?

パーキンソン病の治療薬にdopaが用いられるとのことなのですが,
それはなぜでしょうか?また,この物質はどんな作用により,
症状を軽くするのでしょうか?

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

ドーパミンは脳内の神経伝達物質であり、脳内では中脳の黒質と呼ばれる部位で産生され、これによって線状体に運動の命令が伝えられ、制御されています。パーキンソン病はこの脳内でのドーパミン産生能(本当はドーパミンへの反応も…詳細割愛)が低下してしまう原因不明の疾患です。
dopa(L-dopa)を投与することによって(L-dopaは脳内でドーパミンに転換される)、神経伝達の補助を行うものです。

専門外の医師ですので一般人とします。

Q乳癌の治療に用いるホルモン剤について教えてください。

母が1/4ににゅうがんの手術をうけました。
悪性の乳癌だったため、またできている局所があまり良い位置になく温存療法ではむりで、右乳房をとりました。(大胸筋と小胸筋はのこしたままです。)

リンパ節を20個ほど採って検査に出した結果、転移のおそれはないとのことでした。

今後の治療法として、ホルモン剤による治療をしていくとのことです。
お昼から主治医の話をききにでかけるのですが、まだ詳しくきいていないのであれなんですが、
ホルモン剤に2種類あるとのことです。
どちらを使うかということをご説明されるみたいなんですが、
今現在、乳癌の治療に用いられているホルモン剤にはどのようなものがあって
その効果及び副作用などなにかおしりのことがあったら教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

一般的にはタモキシフェンが多く用いられているようですが、個々の状況で違うと思います。

>何年服用するものでしょうか?
残念ながら資料が見つかりませんでした、お役に立てなくてすみませんが・・・。

お大事に。

参考URL:http://www.koshokunews.co.jp/karaki/gan09a.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報