昨年ある事故で下前歯3本失いました。
医者はインプラントを勧めますが聞く人によりインプラントは、あとのメンテナンスが大変で半永久ではないと聞きます。
労災で一応治療費はかからないのですが、次やり直しの場合自費となり経済的に負担になります。入れ歯のほうが後々の費用も安く済むとの話も聞きます。入れ歯、インプラントどちらがよいでしょうか?
(43歳男性)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最近はやたらとインプラントがはやっていますが、インプラントを行う場合は確実に信頼の置ける医師のもとで、インフォームドコンセントを受けた上で十分にご相談なさってください。


できればインプラントを行う為の滅菌された施術室があるところの方が望ましいです。

↓こちらのサイトに治療法や治療費に関して詳細が説明されていますのでご覧下さい。
http://www.implant.ac/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大学病院の口腔外科にて治療うけていますのでインフォームドコンセントを受けてみたいとおもいます。

お礼日時:2007/01/06 22:07

インプラントが良いですね。


自費がかかるときに入れ歯にしても遅くないです。
私の場合10年保証ですが一年に4回の点検が必要です。
保証費が40万円ということです。
見積もりは数千円ですから見積もりだけでもしたら良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インプラント受ける方向ではなしをすすめていきたいとおもいます。

お礼日時:2007/01/06 22:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労災保険について(下請け)

労災保険についてお聞きしたいと思います。
建設会社である当社(元請)が官公庁と工事契約を結び、下請け会社へ下請け契約をします。
その工事中に下請け会社の社員が怪我をしたとします。
(1)労災保険は元請or下請けどちらのものが適用されるのでしょうか?
(自分の認識では、元請が工事受注した際に一括事業(?)の申請を監督署へ届けることより、元請が責任を負うと思うのですが・・)
(2)下請けの代表者が怪我をした場合労災は適用されますか?
(特別な手続き(加入)が必要だったかと思うのですが・・)
(3)労災の申請は所轄の監督署となっていたと思いますが、現場が他県にある場合、本店所在地(契約締結所在地)or現場のある県どちらになるのでしょうか?
労務関係に無知な為、ぜひご回答頂けたらと思います。
質問内容に不適切な文言があれば申し訳ありません。

Aベストアンサー

建設業の労災保険は、各々の工事を単独で成立させます。これを単独有期事業といいます。小規模の工事の場合は、その建設会社で纏めて、一件の工事として成立させます。一括有期事業といいます。
どちらにしても、建設業は元請・下請・孫請以下、当該工事にかかわる労働者は全部元請の労災保険が適用されます。建設業(有期事業)の一括といいます。
お尋ねについて(1)は以上です。
(2)下請けも元請も、代表者(経営者・事業主)は労働者ではありませんから。労災の適用はありません。若し不幸にして怪我や死亡しても労災では救済されません。それでは現場で労働者と共に仕事をする中小企業主等は困るでしょうから、そのため特別加入制度というのがあって、これに加入するれば救えわれます。ただし、この加入にはいろいろと条件があります。
(3)単独有期は現場所在地を、一括有期は担当する店の所在地を、夫々管轄する監督署です。なお、一括有期の適用には地域(隣接する都道府県)という制限がありますから、例えば愛知県の会社が愛知県や静岡県の工事と福岡県の工事を一括できません。

Q前歯の入れ歯、インプラントについて

前歯の右、1本を入れ歯にしています。(保険内治療)
横の左前歯に、少し、虫歯ができ、少しだけカケがありますが、まだ大丈夫です。
前歯を入れ歯にしていると、左右の歯に負担がかかりますか?
前歯なので、食事をする際に、歯を抜き差ししなければならず不便なので、インプラントにしようか
悩んでいます。インプラントは高額ですし、インプラントの歯周病も不安です。費用も高いです。
しかし残存歯を守るためにも、前歯は入れ歯にしないほうがいいのでしょうか。
インプラントにして、歯茎を傷めたらもっとダメージがすごいのではないかとインプラントに対しても
不信感をもっています。
残存歯を守るためには、この場合、入れ歯がいいのでしょうか。それともインプラントが
いいのでしょうか。
インプラントを1本すると、失敗した際に、歯茎にダメージが残ることはありますか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

 歯の欠損をおぎなうためには、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。

入れ歯の場合スクラブを掛ける歯に負担をかけ、その歯を痛めてしまう場合があります。

ブリッジは、歯がない部分の両隣が、治療済み歯ならいいかもわかりませんが、そうでないなら無治療歯を削ることになり、柱の歯は、1本の歯で1.5本分の力を受け止めないといけなくなるので、ゆくゆくだめになっていく可能性が高いです。

インプラントは、埋入時に失敗すると歯槽骨を痛めますが半年ほどで回復し、再度埋入できる状態になることが多いです。毎日の口腔ケアをおこたると、インプラント周炎になり脱離してしまいます。また前歯の場合、歯茎が下がってきた時に、インプラントが外に丸見えになってしまうため、審美領域のインプラントに長けた歯医者さんを選ぶ必要があります。(得てして高額になりがちです)

以上 入れ歯、ブリッジ、インプラントの利点欠点を考慮し、どれにされるのかをきめられたらと思います。


おだいじに

Q一人親方の孫請けの労災請求は元請け?下請け?のどちらがするのでしょうか

初めてのケースでわかる人が社内にいないので相談いたします。
ちいさな土木建築の会社です。今回林業の仕事で、孫請けの方が指を切り病院で労災として治療を受けました。
昨日下請けの社長がその方の‘一人親方の特別加入の申立書、災害補償保険現任証、労災の給付請求書’に押印をしてくれと
白紙のままもってこられました。
怪我をしたこと以外なにも情報がないので一旦帰っていただきましたが、給付の請求はこちらがするものなのでしょうか。
一人親方で特別加入をされているのでうちが請求する必要はないのではありませんか。
また現認証及び申立書は元請け?それとも下請けのどちらが証明するのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

労災保険の給付請求は労働者本人の名前でします。もっとも、本人が入院なんかしていればm誰かが代って手続きをしてあげねばなりませんけどね。また、死亡事故の場合には、遺族補償の受給資格者がします。

質問のケースは、1人親方ですから、元請は関係ありません。元請の労災保険とは別のものですから。
自分の名前でその加入している1人親方団体(労働保険事務組合等)の印を貰って請求します。手続きだけを代行してあげるのは元請の人でも下請けの人でも家族の人でも構いませんけど。普通は加入団体が代行してるようですが。
一人親方の特別加入の申立書とは、加入申請の事でしょうか?事故の後で加入しても保険はその事故には適用されません。また、加入手続きは1人親方団体を通じて行いますから、いずれにしても元請も下請けの会社は関係ありません。
現認は現場でその事故を知っている人がしてあげたらいいでしょうが、普通は元請でも下請けでも、その工事の責任者が行います。要するに事故おあったことの第三者の証明ですから。

Q差歯orブリッジorインプラントor入れ歯?

上の前歯のうち1本(元々半分欠けていた歯にセラミックで覆っていた歯)を運動をやっていて折ってしまいました。折り方は根元は残っている状態のようです。
引っ越したばかりで職場近くの歯医者に行ったところ、タイトルのような様々な治療法をさらっと説明した上で、折れた歯とその両側を含めた3本のブリッジを勧められました。材質はセラミックを使い費用は1本10万円×3本=30万円とのこと。
(1)差歯では安定(長持ち)しないですか?(2)セラミックではなく、保険で治せるプラスチックでは将来的に問題ありますか?(特に見た目の問題)(3)そもそも他の歯医者にも診てもらったほうがいいのでしょうか?
当方としては、“極力安く仕上げたいが前歯なのである程度見た目も重視したい”と思っています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

過度な外力が加わって折れたとなると、歯の根にもひびが入るなどのダメージがあった、歯が抜けかけた(脱臼した)様な状態になっている、等の状況が考えられます。
この場合その歯は抜く事になりブリッジあるいはインプラントを入れる事になります。

折れた歯の根が健全な状態で残っていれば、その根をつかった差し歯が可能で、その場合は1本のみの治療ですみます。

(1)に付いては、上記の通りで、残った根の状態によって大きく左右されます。良好な根ならば、ブリッジにするよりも良い結果が得られます。

(2)保険のプラスチック材料も近年は随分良くなっています。普通の歯科医師と優秀な歯科技工士が真剣に取り組めば、驚くほど素晴らしい物が出来ます。(現状の技工料金相場では、ちょっと望めませんが…)
逆に、自費の物を選択しても、全く満足行かない結果になる事も少なくありません。
材料その物の安定性は確かにセラミックの方が優れ、プラスチック材料は磨耗や変色が避けられません。
しかし、いざとなれば?やり直す事も出来ます。

(3)折れた歯を残すかどうかの判断、自費を選択した場合の値段や技量、これは歯科医師によって相当の差があります。
他の歯医者さんにも相談可能でしたら、そうしてみるのも良いかも知れません。

最近では、ハイブリットレジンと言う特殊なプラスチック材料も使われています。
プラスチックの弱さとセラミックの脆さや硬すぎる点を改善した材料で、セラミックの物よりやや安い値段が設定されています(5~7万~程度)。
こちらも選択肢に入れられては如何でしょうか。

過度な外力が加わって折れたとなると、歯の根にもひびが入るなどのダメージがあった、歯が抜けかけた(脱臼した)様な状態になっている、等の状況が考えられます。
この場合その歯は抜く事になりブリッジあるいはインプラントを入れる事になります。

折れた歯の根が健全な状態で残っていれば、その根をつかった差し歯が可能で、その場合は1本のみの治療ですみます。

(1)に付いては、上記の通りで、残った根の状態によって大きく左右されます。良好な根ならば、ブリッジにするよりも良い結果が得られます。
...続きを読む

Q労災 下請けが交通誘導員にケガを負わせた

当方:中小企業、労務担当です。

当方元請けの3千万程度工事現場で、
当社が依頼した、交通誘導員が、
当社の下請けが運転する重機で、重大なケガを負わせました。

原因は、重機を運転する人間の不注意です。

交通誘導員は、元請けの労災範囲では無いと解釈していたのですが
このような場合は、元請けが労災の対応をとるのでしょうか?
死傷者届の提出、病院への書類提出 等

建設業労務担当の方はおわかりでしょうが、労基署とは出来れば
関わりたくないのが本音です。

しかし、合法的に処理をすすめたいので、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

厳密に言うと「労災」とは言わず「」や「工事等関係者事故」と呼ばれるようです※通常「労災」というと「労災保険」のことを示しますよね)
「公共工事」の場合、「すべての事故」に対して報告責任があるため、これを怠ると処分対象になります。
参考書 宮城県http://www.pref.miyagi.jp/jigyokanri/anzentaisaku/jiko.htm
詳しくは公共であれば「約款」を取り交わしているでしょうし、いきなり労基署の前にまず発注者に報告します。なお、発生からどれくらい経過しています?ここで質問してくるくらいだとおそらくだいぶたっていると思いますが、その行為自体が疑われる行為になりますし、裏切り行為として信用を落とします。

また、通常この手の労働災害は被災した本人が「労災」が使用できないか「労基署」へ判断をゆだねるため相談を持ち込みます。で、そこから情報が漏れて報告していないとなり、問題視されます。

私の経験でも「下請け作業員」が自身の不注意で重量物を足におとし、骨折しましたが本人が隠していて元請けは知らず、後日、親族を通じて労基署に相談され、役所経由で情報が入ったため、かなりお叱りを受けた現場があります。とにかく役所経由で話がいくとまずいことになるのは重々承知されていると思うので手は打ってください。勝手に判断し報告しないのではなく「どうすればよろしいでしょうか」とお伺いを立てるぐらいのつもりでいることと、きちんと事故の状況について把握するように勤めてください。

厳密に言うと「労災」とは言わず「」や「工事等関係者事故」と呼ばれるようです※通常「労災」というと「労災保険」のことを示しますよね)
「公共工事」の場合、「すべての事故」に対して報告責任があるため、これを怠ると処分対象になります。
参考書 宮城県http://www.pref.miyagi.jp/jigyokanri/anzentaisaku/jiko.htm
詳しくは公共であれば「約款」を取り交わしているでしょうし、いきなり労基署の前にまず発注者に報告します。なお、発生からどれくらい経過しています?ここで質問してくるくらいだとおそら...続きを読む

Q前歯の入れ歯  総入れ歯を防ぐには

前歯の右一本が入れ歯になっています。費用、歯茎へのダメージを減らすためにインプラントは考えていません。
怖いのは総入れ歯になることですが、前歯右一本が虫歯になると、両側の歯に負担を与えて
ダメになりやすいのでしょうか。
それとも、歯磨きを怠らなければ、前歯1本入れ歯だけで、10年以上はもつでしょうか。
正直、とても不安になっています。
今は寝る前だけなのですが、3度、3度の食事ごとに歯磨きしたほうがよいでしょうか。
歯周病にはなったことはありません。
総入れ歯を防ぐために、いまやるべきことはなんでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

前歯一本が入れ歯(義歯)になるのなら、できればバネ(クラズプ)は後ろのほうにもって行きたいですね。
両隣が犬歯までだと、歯の形がシャベル型や円錐形に近いのでしっかりした維持ができません。でも後ろの歯に隙間がなければ、少し隙間を作らねばなりませんけど・・。

たしかに前歯の場合は骨が薄く、更に力が奥歯と違って斜めに当たるので負担に弱い特徴があります。なので義歯自体の負担(噛む時の荷重)を下げ、見た目重視になります。つまり前歯で物を強く噛む事がなければ、それほど大きな力は加わりません。

義歯の最大の利点は取り外しが出来ることです。外してしまえば隣の歯はもちろん、残っている部分は義歯をレル前の状態ですから、歯磨きも通常通りできます。
ブリッジでは両側の歯脇の部分や抜けている部分を補填しているポンテック(ダミー)の歯肉側が磨けませんから歯間ブラシや特殊なフロスを使う必要が出てきます。インプラントもこれに準じます。
なので清掃のしやすさからすれば義歯が最も楽だとも言えます。

清掃方法さえキチンと行い、定期健診をすれば10年どころか一生使え、両隣の歯も失わずにすみますが、清掃を怠ればどんな方法でも(幾ら費用をかけても)半年も持たない事だってあります。

義歯の周囲は汚れが溜まり易いので、出来れば食事ごとに磨く事が望ましいです。でもこれも綺麗な歯をしていても一緒なので特に義歯だからという事ではありません。
出先で磨くのが難しい状況でも、できれば洗面所に行き、義歯を軽く水で流し両側の歯の側面を指でもガーゼでもいいので軽く擦り洗いするとよりいいと思います。

総入れ歯を防ぐ方法は残った歯の歯磨きしかありません。

前歯一本が入れ歯(義歯)になるのなら、できればバネ(クラズプ)は後ろのほうにもって行きたいですね。
両隣が犬歯までだと、歯の形がシャベル型や円錐形に近いのでしっかりした維持ができません。でも後ろの歯に隙間がなければ、少し隙間を作らねばなりませんけど・・。

たしかに前歯の場合は骨が薄く、更に力が奥歯と違って斜めに当たるので負担に弱い特徴があります。なので義歯自体の負担(噛む時の荷重)を下げ、見た目重視になります。つまり前歯で物を強く噛む事がなければ、それほど大きな力は加わりま...続きを読む

Q■労災:下請けの一人親方がケガ・・・

タイトルのとおり労災事故が発生いたしました。
下記の場合どのようになるのでしょうか?
▼元請業種:林業
▼被災者:一人親方(開業はしていません。特別加入は未加入)
▼元請からの支払い:外注費
▼労災事故状況:伐採中のケガ(全治3ヶ月)

【質問1】労災は適用されるでしょうか?

【質問2】もし労災が適用された場合休業補償請求の方法はどうなるのでしょうか?
 ※賃金ではなく外注費で支払われている。
 ※元請業者:賃金ではないため源泉はしていない。
 ※労働者としての性質が強いが外注となっている。

【質問3】労災が適用されない場合健康保険の扱いにできるのでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

1、外見的には労災対象外。
2、被災者の又は元受の申立で労基署が認めれば労災の取り決めどおり。
請負代金等の金額を賃金とみなして行う。
労働者性の焦点は費用の名目賃金か請負代金等か
指揮命令性服従性があるかどうかです。
労働時間や休憩時間が元受から命令されたり、時間当たりの仕事範囲ややり方について指揮命令下にありかどうかと言ったところ。
3.国民健康保険は(一人親方は通常これ)元々労災と私傷病の区別なしです。
よって当然可能。

Q部分入れ歯とインプラント

48歳男です。
左下奥歯と三番目をブリッジしていましたが、奥歯が劣化により折れてしまいました。
折れたというより、左右に割れたという表現が正しいかもしれません。
もう、抜歯しかないようなのですが、奥から2本を失うことになります。
先生からは、インプラントを進められましたが、びっくりするようなお値段なのでちょっと無理です。
正直、2本消失したままでも、右側下奥歯は元気なので、抜きっぱなしでもいいのかな・・・
と思っています。
抜いたままだと、だめなんでしょうか?
歯茎に支障がでるような話もあるのですが、そんなに大金をつぎ込む余裕もありませんので。

経験者の方がいましたら、話を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは

歯がない部位の対向歯がクラウンを被せてない場合、その歯がでて来ることがあります。

短縮歯列という考え方があり、小臼歯まで歯があれば、物を食べる機能としては支障がないという考え方もあります。

インプラントについては、探せば1本30万円ぐらいで、真っ当な処置をして頂ける歯医者さんもありますので、探してみるのも手かと思います。 不可の場合は、他の歯に力がかかって、他の歯が折れる危険性を考えると、部分入れ歯を、お勧めします。


ご参考までに

Q労災について

建設業の労災について教えて下さい。

下請けの場合は、労災を使う際は元請の労災を使うと聞いております。
どういったケースの場合、自社(下請け)の労災を使うのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

建設業の労災は、工事現場が一つの事業所とされ、そこで働く元請から下請けの労働者全員が同じ事業所に所属していると扱います。従って、「下請けの場合は、労災を使う際は元請の労災を使う」のですね。

しかし、下請けの社員(労働者)でも工事現場に関係ない者もいます。例えば、経理事務や営業員ですね。これらの者は、工事現場に関係ないところで怪我をしたりしまね。そのような場合に、自社の労災を使うのです。
このことを一般に「事務所労災」と呼んでいます。

Q入れ歯かインプラントか

56歳男性。もともと歯は強い方ではなくいろいろと治療しています。
右上の歯はブリッジが入ってます。今回左下の一番奥歯なのですが
虫歯治療をして銀歯がかぶさってますが、その根の歯が割れてしまっているので
抜歯して入れ歯かインプラントにしなければと、かかりつけの歯医者に言われました。
インプラントはその歯医者ではできないので大学病院を紹介するということでした。
一番の奥歯なのでブリッジはできなく、入れ歯かインプラントをと言われて
考えてくださいと言われました。今はインプラントも有名になりましたが
健康保健外ということで1本40万くらいかかるようです。
どちらを選んだらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

●奥は見えないからハイブリットセラミックにすれば、2割くらいコストダウンすると思います。
●しかし、入れ歯は毎日はずしてクリーニングする感じですが安くすみますね。
それに、インプラントも交換が必要で10年くらいしか持たないときいてます。確かに入れ歯も交換する時期があると思います。その多くは、外しっぱなしの時間が長くなり、あごと合わなくなるからということです。歳とともに縮むのでその限りではないですが、、、。

いずれも、これっきりの費用ではないので、コストを優先する方がいいと思います。
次に交換といったとき66です。そのとき高級な義歯を手放すのが惜しくて、だましだまし使い歯周病を招くという可能性が濃厚になりそうです。もともと丈夫でないということは心配です。
入れ歯なら、しっかり管理していれば清潔に使っていけます。

入れ歯もピンキリですので今はいいものをいれるとしても、再工事するころには
保険のもので安くすることもできます。土台を今から入れ歯にしておけば、楽だと思います。

もし、根がのこるなら、入れ歯は食感がおちるというので、根だけでも実歯を残すインプラントがいいとおもいますが、抜歯するなら同じなので安い入れ歯がいいと思います。

●奥は見えないからハイブリットセラミックにすれば、2割くらいコストダウンすると思います。
●しかし、入れ歯は毎日はずしてクリーニングする感じですが安くすみますね。
それに、インプラントも交換が必要で10年くらいしか持たないときいてます。確かに入れ歯も交換する時期があると思います。その多くは、外しっぱなしの時間が長くなり、あごと合わなくなるからということです。歳とともに縮むのでその限りではないですが、、、。

いずれも、これっきりの費用ではないので、コストを優先する方がいいと思い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報