もともと古い建物にとても興味があるのですが、「プライドと偏見」という映画を見て、18世紀末のイギリスの邸宅にかなり惹かれました。
「秘密の花園」という映画もかなり素晴らしいです。

他にこういったお城や邸宅や庭園などが見られる映画がありましたら、教えて欲しいのです。イギリス意外でもかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

事細かにどのようなものがどれくらいでていたかなどは覚えていないのですが、宮殿や時代を感じるお城がでてくるような映画はけっこうありそうですね。



「エリザベス」「恋に落ちたシェイクスピア」「理想の結婚」「ハムレット」「恋の闇 愛の光」「オネーギンの恋文」「トロイ」

などは時代ものでもありますので、随所でそういう建物が出てくると思います。
また、邸宅と庭がよくでてくるものといえば、庭自体が事件のテーマになるのでちょっとちがってくるかもしれませんがユアンマクレガー主演の「悪魔のくちづけ」
17世紀の英国で裕福な領主夫婦が、美しさと裕福さを誇示するような庭園の建設を頼むという設定のサスペンスです。
造園シーンが多くでてきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

造園がテーマのサスペンスってかなり惹かれますネ!他のもレンタルやさんで探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/07 16:10

イギリス上流階級の邸宅がじゃかじゃか出てくるのは、ジェームス・アイヴォリー監督の映画にいくつかあると思います。


「モーリス」とか「眺めのいい部屋」とか。
あと、「マルセルの城」というフランス映画では、南フランスの城が出てきます。
ルキノ・ヴィスコンティの映画も、ヴィスコンティ自身が貴族だったこともあってでしょうか、貴族の館や城が出てくるのが多いと思います。
「イノセント」は貴族の不倫話ですが、冒頭から優雅な音楽会です。
「神々の黄昏」は、ノイバンシュタイン城を造り、また作曲家ワーグナーを庇護したバイエルン国王・ルートヴィヒ2世の話ですが、かなり長くて暗い映画です^^;私は好きですけど。
そういえば、ソフィア・コッポラ監督(フランシス・コッポラの娘です)もうすぐ「マリー・アントワネット」が封切りになりますよね?あれも宮殿がじゃんじゃん出てきそうですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お勧めの映画、探してみてみます。いつか本物を見にいきたいものです。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/07 16:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスで撮影された映画にアメリカ俳優が出ていたらイギリス・アメリカ合作ですかアメリカ映画ですか

イギリスで撮影された映画に、アメリカ人の俳優・女優が出ていたら、イギリス・アメリカ合作映画なのですか、それとも、アメリカ映画ですか。

Aベストアンサー

撮影された場所や、出演者の国籍は関係なく
どこの国の製作会社がその映画を制作したかによって決まります
例えば「007」はイギリス映画ですが
1983年公開の「Never Say Never Again」は
007シリーズ第4作目「007 サンダーボール作戦」のリメイクなのに
アメリカ映画で、「007」を冠せられず、
単なるスパイアクション映画扱いです

Qプライドと偏見(2005年)を面接で説明したい。

こんにちは、就職活動中の学生です。


私は映画が小学生の時から好きで大学では映画研究会に所属し自主制作もしていました。


なので面接では面接官から「一番好きな映画は何ですか」と質問されることが多くあります。


私としてはプライドと偏見(2005年 イギリス)が一番好きな映画なのですが、ストーリー的に説明しにくいため、別の映画を説明をしています。


しかし、本当はプライドと偏見を見てほしいのに別の映画を説明しないといけないため、あまり気持ちよく話すことができません。


なので誰か面接でのプライドと偏見の説明をうまく考えられる方がいれば教えてください。とても参考にしたいです。


私は自主制作でカメラを担当していましたが、面接官にとって映像美だとか技術的なことを話しても分からないと思うので、ストーリーを中心に(技術も少しぐらいならいいですが)、プライドと偏見を見たいと思わせるような説明を考えて頂ければと思います。


どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には#1さんに賛成ですが加えて言うと、私はいまだに公私共に、一般受けヴァージョンとコア受けヴァージョンを*並行して*提示しています。そうすれば、一般受けも理解する人間だとわかってもらえるし、かといって、一般受けだけだと人間が浅いんじゃないかと思われかねないからです。

つまり、「人気のある作品では、何々のこんなところが好きです。でも本当に好きなのは、何々という作品の映像美です。ご覧になったことはありますか?」という具合に言います。

注意したいのが、ここで例えば「ご存じないと思いますが」と決め付けてしまうと、面接官をバカにしたことになってしまいます。

説明してみて、わかってもらえたら、話がはずむチャンス。わかってもらえなかったら、「これをうまく説明できるようになるのが、私にとっての課題です」などと言えば好印象。

また、社会に出てからも、いかにして自分が何かに熱意を持ち、その熱意を相手に伝えるかが鍵となります。したがって、せっかくすでに熱意を持っているものがあるのなら、それを伝えようとしない手はない。伝えようとすれば、自ずと表情も生き生きとして、素のステキな本人を見てもらえる。

ただし、注意したいのは、熱意ばかりを前面に出しすぎて支離滅裂になるのは避けること。「プライドと偏見」を見てほしいなら、どこを見てほしいか、そこに焦点を絞ってアピールしてみるといいかもしれません。例えば、「あのシーンで私の考え方が変わりました」とか「あの切り返しは、きっとどなたが見ても身震いするはず」などと。そういうポイントを事前に探しているうちに、ご自身でも作品のよさを再発見できるでしょう。

ちなみに、「プライドと偏見」なみにメジャーな作品だと、むしろ相手のほうが詳しい場合も少なくないと思いますよ。原作やスタッフの話が出た場合も想定して備えを。わからないならわからないなりに、気負わずに。いずれにしても、面接官は「誰でも答えられる答え以外の答え」を求めています。

基本的には#1さんに賛成ですが加えて言うと、私はいまだに公私共に、一般受けヴァージョンとコア受けヴァージョンを*並行して*提示しています。そうすれば、一般受けも理解する人間だとわかってもらえるし、かといって、一般受けだけだと人間が浅いんじゃないかと思われかねないからです。

つまり、「人気のある作品では、何々のこんなところが好きです。でも本当に好きなのは、何々という作品の映像美です。ご覧になったことはありますか?」という具合に言います。

注意したいのが、ここで例えば「ご存じな...続きを読む

Qイギリス映画におけるイギリス社会

イギリス映画を通してイギリス社会を学んでいます。エッセイで、戦後の2つの異なる年代を舞台にしたイギリス映画を選び、それぞれの映画における、イギリス社会の描写を比較し論じるという課題があるのですが、一つは80年代のサッチャー政権下におけるイギリス社会問題を扱った2006年の「This is England」を選びました。しかし比較するもう一つの映画を決めれずにいます。ガイリッチーの「Lock, stock and two smoking barrels」、ダニーボイルの「trainspotting」、ケンローチの「Kes」、はたまた、60年代のキッチンシンクシネマ(Saturday night and sunday morningなど)や、フリーシネマ、スウィンギンロンドン、など、どれを選べばよいのか迷っています。お勧めの作品がありましたら、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

イギリスの社会のこと自体はたいして詳しくないのですが、イギリス映画を語る上のムーブメントで”怒れる若者たち=Angry Young Men”というのがあります。
もともとは1950年代に登場した、社会に反抗した若い世代を取りあげた戯曲や小説から来ているのですが、これが映画にも波及し、イギリス映画史に残る傑作群を生み出しました。
主な作品は
「土曜の夜と日曜の朝」(キッチンシンクシネマというのがよくわかりませんが、怒れる若者たちの代表作です)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16103

「長距離ランナーの孤独」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14736

「蜜の味」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22902

「if もしも‥‥」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2027

といった作品があります。ただ日本では未DVD化の作品が多いのですが。

DVDで鑑賞しやすいものだと社会派のケンローチ作品がいいんじゃないかと思います。
子供が主人公の「ケス」よりも近年の社会事情を背景にした「この自由な世界で」はどうでしょうか?
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330796

がらっと違ったものでは冷戦下のスパイものなんてのも面白いかも?
007シリーズはかなり娯楽的な要素を盛り込んでいますが、同時代のスパイものでハリーパーマーシリーズというのがあります。こちらはわりとリアルに作られています。
国際諜報局
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=7772

パーマーの危機脱出
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17620

10億ドルの頭脳
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10488


社会風俗的なものだと
スィンギングロンドンや、その少し前のモッズ世代を描いた
「ナック」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16656
「アルフィー」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1489
「欲望」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=24266
あるいはビートルズの映画などもいいかもしれません。

ごくごく一般的な人間にスポットを充てたものだと恋愛ものですが
「逢びき」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=298
「フォローミー」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=19932
といった作品が有名です。
この2本はイギリス映画界が生んだ世界的巨匠デビッド・リーンとキャロル・リード作品で、どちらもサーの称号を与えられた監督として知られています。

イギリスの社会のこと自体はたいして詳しくないのですが、イギリス映画を語る上のムーブメントで”怒れる若者たち=Angry Young Men”というのがあります。
もともとは1950年代に登場した、社会に反抗した若い世代を取りあげた戯曲や小説から来ているのですが、これが映画にも波及し、イギリス映画史に残る傑作群を生み出しました。
主な作品は
「土曜の夜と日曜の朝」(キッチンシンクシネマというのがよくわかりませんが、怒れる若者たちの代表作です)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16103

「...続きを読む

Qかなり昔の映画なのですが、「・・・ラットウォーズ?」的なタイトルで映画

かなり昔の映画なのですが、「・・・ラットウォーズ?」的なタイトルで映画を撮る連中の話だったような・・。思い出せず気持ち悪いです。ご教授ください!

Aベストアンサー

2001年公開の「セシル・B ザ・シネマ・ウォーズ」が内容的に近いかも。

ただ10年ぐらい前ですので、かなり昔ではないですが。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=163086

Q中国映画でお姫様が山賊にさらわれてかなり強くなる映画

いつもお世話になっています。

突然、映画のワンシーンを思い出したんですが、本当にワンシーンしか思いだせずに困っています。これだけのヒントでタイトルを思い出せる方、よろしくお願いします。

★多分、香港映画でそんなに古くはないはず

★お姫さまかお嬢さまか、とにかくお金持ちの娘(主人公か脇役かは不明)が、集団で荒地を横断してる時に山賊に襲われる

★その娘は殺されずにすんだけど、山賊の頭をしつこく追いかける

★なぜか娘と山賊は、洞窟みたいな所で一緒に暮らし始めて、恋人同士みたいになっている

★娘はめっちゃくちゃ強くなってる

★何年後かに、娘は自分の家に帰る。山賊は多分殺されるか逮捕されるかする。

Aベストアンサー

 こんにちは、ichigoappleさん。
 それは間違いなく邦題「グリーン・デスティニー」だと思います。これだとすると、「お金持ちの娘」は主人公です。
 剣をめぐる話で、チョウ・ユンファとミシェル・ヨーもでてきませんでしたか?ワイヤーアクションで竹林の中や食堂で戦うシーンがあったと思います。
 「皆きっと自分こそがチャン・ツィイーを発見したと思った映画」って感じでしたね。とにかく存在感があって・・・。
 印象的なシーンはたくさんあるのに、そこだけ覚えてらっしゃるんですね(*^^*)。私たちもあの、ローがイェンを「餌付け」するシーンはいっしょに踊り歌いながら見ています(笑)。
 余談ながら、日本では2組の男女の話、として紹介されたけれど原題の「臥虎蔵龍」から考えるとロー(龍)とイェン(虎)の話ということみたいです。

http://www.spe.co.jp/movie/greendestiny/

参考URL:http://www.spe.co.jp/movie/greendestiny/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報